801055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

Profile


M.BAN

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2006.05.27
XML
カテゴリ:野球
「今更」という感が無きにしも非ずですが
モナコGP予選の結果です。

・第1ピリオド
 マッサのクラッシュがあり、赤旗中断の場面がありましたが、
 大きな混乱はありませんでした。

 17位 アルバース、18位 モンテイロ、
 19位 スピード、 20位 琢磨
 21位 モンタニー そしてノータイムに終わったマッサが
 22位という結果になりました。

 「大きな混乱はなかった」と記しましたが、マッサの
 赤旗中断は、フェラーリチームとしては、「最悪」の
 タイミングで起きたアクシデントでした。

 フェラーリは、マッサとミハエルの2台が、ほぼ同時に
 タイムアタックに入ろうとしていました。
 そのタイミングでマッサが赤旗中断の原因を作ったのですから、
 ミハエルのアタックラップはフイになり、結果として
 13位というギリギリの順位での第1ピリオド通過と
 なりました。

 もちろん、チーム側としても、ノックアウトされた面子と
 タイムを見てのミハエルの13番手通過では
 あったのでしょうが、下位での通過というのは
 やはり気持ちのいいものでは無いと思います。

 今シーズンが始まる前から、マッサのフェラーリ入りに
 ついては、その実力を疑問視する声が出ていたように思います。
 少なくとも、マッサの「実績」はフェラーリドライバーとして
 充分な実績でないことは、間違いのないことだとは思います。

 このモナコに至る6戦においても、マッサの働きが
 充分であったようには思えません。
 徐々にではありますが、パフォーマンスは改善の方向に
 向っているとは思いますが、フェラーリの2ndドライバー
 として、充分な働きであるとは、とてもではありませんが
 言えるものではないと思います。

 今回の、ミハエルのアタック中のクラッシュというのは、
 マッサの評価に対して影響を与えるものであったように
 思えます。
 

・第2ピリオド
 11位 ラルフ 12位 クリエン、13位 リウッツィ、
 14位 バトン 15位 ヴィルヌーヴ、
 16位 ハイドフェルド が、この第2ピリオドで
 姿を消すことになりました。

 ここ数戦、フリー走行では上位に食い込んでくる
 クリエンですが、その結果が予選に反映されているようには
 思えません。
 恐らくは、新品タイヤを使うタイミングによる
 フリー走行での順位の上昇なのでしょうが、
 何らかの「見直し」があってもよさそうな気がしてきます。

 ヴィルヌーブ、ハイドフェルドのBMW勢が、
 揃って第2ピリオドで姿を消しました。
 
 第2ピリオドで敗退することは珍しくないのですが、
 セッション順位が15・16位と、揃って下位に並んでの
 結果は、これまであまり見ることの出来なかった
 結果であるように思います。
 BMWのマシンの、メカニカルグリップの低さが
 露呈したと考えるのがいいのでしょうかね?

 ホンダ・トヨタ勢では、ラルフが11位、そしてバトンが
 14位と、思わぬところで足をすくわれてしまう結果と
 なりました。

 ただ、トヨタに関しては、チーム側から、それほど悲観的な
 コメントは発表されていません。

 バトンに関しては、多くのミシュランユーザが
 訴えているように、ユーズドタイヤと新品タイヤでの
 ハンドリングの違いが大きく影響した結果のようです。
 
 ただ2チームとも、フリー走行のときから
 あまりパッとしたタイムではなかったように
 思います。
 トヨタのフリー走行3でのタイムは、あまりにも
 遅すぎますので、恐らくは新品タイヤを使用しなかった
 結果によるものなのでしょう。
 この点を考慮すると、ホンダの1台が最終ピリオドに
 進めないのは、ある意味「順当」だったのかも
 知れません。


・最終ピリオド 
 1位 ミハエル  2位 アロンソ  3位 ウェーバー、
 4位 ライコネン、5位 フィジケラ、6位 モントーヤ、
 7位 バリチェロ、8位 トゥルーリ、9位 クルサード、
10位 ロズベルグ という結果になりました。

 予選第2ピリオドまでの流れを見ていますと、
 ミハエルのPP獲得は、正直「意外」な気がしました。
 
 まぁ、最終局面で、ミハエルの「駐車」により
 黄旗が振られスローダウンを余儀なくされた影響が
 捨てきれないとは思います。

 ところでアロンソは、ここモナコでは、未だ表彰台に
 上がった経験が無いそうですね。
 
 意外な感じもしますが、モナコ初表彰台が初優勝になるのか
 注目のレースになるように思います。

 ミハエルは、セナに並ぶ6勝目の期待がかかりますが
 正直今回は、分が悪いような気がします。
 
 もしもミハエルが優勝するのであれば、如何にアロンソ以下の
 後続を、ブロックし続けられるかが勝敗の鍵を握ることに
 なるように思います

 予選結果はこちら
 
 

 
 






Last updated  2006.05.28 19:19:09
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.