859448 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

Profile


M.BAN

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2013.08.13
XML
カテゴリ:美味しいもの
仕事で伊豆市に行ってきました。

三島から伊豆中央道を経て、大仁~修善寺と
走っていきますと、「中伊豆ワイナリー」の
看板を、ちょくちょく見かけるようになりました。

「中伊豆ワイナリー?」と思いながら
看板を見ていますと、当然名前の通り
ワインの醸造設備があるようなのですが、
「ホテルもあるでよ」的な文言も見受けられます。

さすが伊豆!ワイナリーに泊まれるなんて
なんて素敵なことでしょう!などと思いつつ、
午前中の仕事をこなして、午後から沼津へ戻る途中、
「宿泊施設もあるのだから、ランチぐらい
食べれるでしょう」と、勝手に思い込んで
車を走らせてみました。

近くを走る国道136号線から、中伊豆ワイナリーへ
向かうわけですが、思ったよりも距離があります。
曲がりくねった山道を走り、到着したところに
目指す「中伊豆ワイナリーヒルズ」がありました。
中伊豆ワイナリーヒルズ

DSC_0092.JPG

まぁ、写真のように、おしゃれな建物がありまして
一見して観光施設であることがわかります。
そりゃ、国道に散々広告が出ているわけですから
観光施設であることは間違いないわけですが、
もうちょっとマニアックというか、「ワインを
ストイックに作ってます」的な雰囲気を期待していたので
「あぁ、こんな感じなのね。。。」と、少々テンションは
下がってしまいます。

で、建物の中に入りまして、ワインを物色。
本来ですと、テイスティングなどが出来るわけですが、
車を運転中ということもあって、試飲は諦めざるを得ず、
購入品も記載されている「辛口」だとか「〇〇の風味」などと
いった言葉を信用するしかありません。

結果として、その文言自体に実態とかけ離れた
美辞麗句が記載されていたとは思いませんが、
正直な話、コストパフォーマンスとしては
あまりお勧めはできないかと思います。

それに、あくまでも個人の感想ではありますが、
「赤の重め」というのは、僕自身は国内産ワインでは
なかなか難しい領域だと思っていますが、
こちらの販売店では、結構臆面もなく記載されて
いるのですよね。
まぁ、これに関しては、僕個人としては
あまりアピールできるレベルではないように
感じました。

ちなみに、この施設、訪れてから知ったのですが、
カラオケボックスなどを展開されている
シダックスさんが経営されているようです。

ま、この辺りは、情報として事前に承知していれば
仕事の合間に、わざわざ寄り道までして
訪れたかなぁ?と、個人的には事前の情報不足を
反省している次第です。

夏休みに、お子様連れで、アルコールが入って
いるならば、なんでもOKよ!的な感じで
観光施設と割り切って訪れるのであれば、
それはそれでアリなんだと思う次第です。







Last updated  2013.08.24 19:02:43
コメント(0) | コメントを書く
[美味しいもの] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.