869547 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕が僕らしくあるために

PR

Profile


M.BAN

Calendar

Category

野球

(513)

仕事

(115)

芸能

(70)

趣味

(92)

美味しいもの

(88)

現場

(125)

ひとり言

(663)

Recent Posts

Archives

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2015.01.17
XML
カテゴリ:ひとり言
阪神大震災から20年経つのですねぇ。。。

あの時は、僕が社会人の1年目で、3連休明けということもあり
「会社に行きたくないなぁ・・・」などと思いながら
寝たことを思い出します。

明け方、遠くから波の引くような音が聞こえてきて
寝ぼけた頭で「なんだろう?」と思った数秒後、
遊園地のアトラクションでも出会わないような、
身体全体を激しく左右に揺さぶられる振動に、
ベットの中で布団を頭から被り「ウワッ~!」と
大声を出しました。

枕もとにあった本棚から
何冊もの本が落ちてきて身体に当たる衝撃に
「地震だ」とようやく気づきました。

普段、カッコを付けるわけではないですが、
「いつ死んでもいい」などと思うことが
無いわけでもないのですが、あの揺れの中で
自分の死を間近に感じ、「死にたくない」と
「死ぬのが怖い」と感じたことは、
忘れてはいけない感覚なのだと今でも思っています。

揺れが収まったのち、部屋の電気がつかず、
懐中電灯で照らした部屋の中は、
喩えではなく足の踏み場もない状況で、
棚の上の物はTVを含めて全て床に落ちていました。

TVは停電のために点かず、乾電池でスイッチの入った
ラジオから聞こえてきたのは「震源地は淡路島」というニュースで、
てっきり南海道地震だと思っていたので虚を突かれた覚えがあります。

揺れは激しく感じたものの、後の発表では
今で言うところの「震度5強」でしたので、
実家の壁に亀裂が入ったり、瓦がズレたりという
軽微な被害はありましたが、家族に怪我はなく
止まっていた電気とガスもしばらくの後に復旧し、
回復が遅れていた水道も、その日の夜には辛うじて
チョロチョロと流れはじめました。

この文を書いていて、水洗トイレを流す水がなく
風呂の残り湯で流したことを思い出しましたが、
今の生活ではユニットバスでシャワーを
浴びるだけですので、同じことが起こった場合
どうしようもないことに寒気を覚えますし、
携帯電話のバッテリー等を別にしますと、
電池で動くラジオなども持っていませんので、
今の生活のほうが、対震災後という面では
対応力が低くなっているように思います。

いずれにせよ、阪神大震災以降、都市部などで
起こる震災を始めとする自然災害への備えや
警戒感は、日本全体で格段に上がったようには
思いますが、「頭で考えていること」と
「実際にできること」は違うわけですし、
あの震災の最中、地域によっての被害度の差からくる
認識の違いには、本当に驚いたものでした。

阪神大震災にせよ東日本大震災にせよ一言に言っても、
多くの方が被害を受けたことは間違いないとは
思いますが、住んでいた地域、震災に遭遇された場所によって
その感じ方は千差万別でしょうし、もっと言えば
所詮人間の感受性というものは、自らが経験したことでなければ
実感できないものだということを、
もっと謙虚に認めるべきだと僕は思います。

この20年の間に、本当にいろいろなことがありました。
それは、震災に纏わることでもそうですし、
僕自身を含め、当然のことながら皆様におかれても
そうなのだと思います。
そして、その起こったことから感じたこと、考えたことも
沢山あると思います。

その感じたこと、考えたことが
次の機会に、もしくは何かの機会に
良い方向に辿り着くための道標となることを
心がけていきたいと思います。









Last updated  2015.01.17 10:24:50
コメント(0) | コメントを書く
[ひとり言] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.