655802 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オセロ

たばこ

私はヘビースモーカーではないけど、タバコは吸います。
つきあい程度って思ってくれても結構です。
私が始めてタバコを吸ったのは短大入学のときです。
短大に入学したときタバコを吸ってる集団に嫌気すら感じタバコを吸う人を偏見していた子でした。
だけど、今はタバコを自分が吸ってます。
始めて吸ったときの事を今でもしっかり覚えてます。
なんか短大に行けなくて孤独でどうしようもない気持ち。
ネットで仲がよかった子がタバコを吸っていたのです。
それでその子に「タバコってどうやって吸うの?」って聞き
その子が吸ってるタバコと同じものを自分のアパートの自販機でドキドキしながら買ったのを覚えてます。
始めて買ったタバコはピアニシモア。
すんごいドキドキして部屋に戻ってそっと包装してあるビニールをとりました。もう、本当に未知の世界をみた私は感動しました。
それで、吸い方すら分からなく、恥ずかしい話私はタバコの吸う所の紙をビリビリ破いてしまってました。
それでネットの子に怒られました。
結局1本は無駄にしたわけですね・・・
それで、やっと吸い方を分かった私。ライターがないことに気づきました。
それで唯一あったチャッカマンで火をつけました。はじめはマズッって思ったけどなんか煙をみてるととても落ち着きその日2本すった記憶があります。でも、誰にもいいませんでした。
悪いことをしたという罪悪感があったからです。もう吸わないって決めてタバコも隠しました。
でも、やっぱりあの煙が見たくてまた吸いました。
吸うと言うより煙りをみていました。
そんなある日突然アパートに両親がきて私がタバコを吸ってることがばれました。すごく怒られたし、落胆されました。
でも、それがすごくホッとしたことを覚えてます。
私のいい子っていう像が壊れるのがちょっとうれしかったのです。
でも、速攻タバコを取り上げられました。
でも、またタバコを買っては吸ってしまう私がいました。
そして実家に戻ってからもそっとタバコを吸う時がありました。
今は親も何もいいませんが。
昔は言われました。恥ずかしいって。
私もそう思ってました。
でも、今はタバコを吸うことに何も思いません。
ただ、自分の中で決めてるのは職場では吸わないってこと。あまり人にタバコを吸うことはいいません。それはどこかまだいい子=タバコを吸わないっていうイメージがあるからです。
そして、絶対に喫煙場所以外では吸いません。これはマナーだと思うので。
後、タバコを相手が吸う子なら吸うけど、吸わない人なら私も吸わないです。つまりつきあいタバコみたいなものです。
やっぱりタバコを吸う人の集団にいれば気持ち悪くなりますし。
一人タバコを吸うぐらいが一番です。
なんかタバコを煙りを見てるとホッとして。
でも、タバコを一緒に吸える人は大好きです。なんとなく。
後、これだけは絶対しないのが、歩きタバコです。
これはタバコを吸ったときからも決めていたことだし、泰子にも言われたことだからです。タバコの火が歩いてる人に当たったら大変だからです。
これは納得できるので絶対に私はしません。

こんな私の姿を知ってるのは数人の人と親だけです。
祖母も兄も、先生も知りません。誰にも言わないんです。
これが私の裏かもしれません。そっと隠れるように吸う私。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.