656280 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オセロ

21歳になっても親に対しての思いは変わらない。
少しも変わってない。いや、よけい悪くなってるように思う。
完全に自分から切り離した人間として考えてる。
親はよく言う。「お前の事が心配だから・・・」
私は嫌いな言葉。それは嘘の言葉だから嫌い。
心配?嘘もいいかげんにしてほしい。
心配してるならどうして「あの子はもう終わったから」っていうの?
終わった人を心配したりする?
だから私は親のその言葉が大嫌い。嘘の固まり。
心配なんてしてもないのに、ちょっと親らしい言葉を並べたりするから。
私に何回その終わってるっていう言葉を言った?
私はいつ終わった?
私が病気になって病院に行ったときからそういいはじめたよね。
あの子は終わったって。
そう言われることが昔は悲しくて頑張ってきた。
でも今はもう違う。
私は終わってない。だから、辛いけどバカみたいって思うだけ。
今度終わったなんて言ったら許さない。
私は今生きてる。終わらせたりしない。
毎日今を一生懸命生きてる。だれが終わってるんだ。
終わってるというならお前の心だ。
その終わった心。かわいそうに。あわれ。そう思うようになった。
もう私は昔と違う。
こんなことで凹んだりしない。
私はあなた達があわれでかわいそうな人だと思うだけ。
そして、親の言葉は全部偽善でしかないということ。これが今私が思うあなたたちへの思い。
母の日、父の日。私は偽善でプレゼントを渡すだけ。
終わったといわれた娘からのプレゼントは不満だろうけど。
私と親は偽善な関係でしかない。これが今も変わらない私達の家庭。
壊れてるけど外からは仲のよい家庭をふるまっている。
こんなものこそ腐ってる。
大嫌い。親ほど嫌いなものはないかもしれない。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.