034738 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ロルフィング・リサーチ

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

ヨガ×ロルフィング

(1)

首のトラブル

(1)

手・腕・肩のトラブル

(1)

足・腰のトラブル

(0)

アーティスト

(2)

筋膜

(1)

Anatomy Trains

(1)

呼吸

(1)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

全2件 (2件中 1-2件目)

1

アーティスト

2008.11.01
XML
カテゴリ:アーティスト
プロの音楽家のためのロルフィング
~Tessy Brungardtとの対話~


※訳者注※
この記事はStructural Integration, September 2008の中で紹介された
公認ロルファーCarolyn Pikeによる公認アドバンスロルファーTessy Brungardtへのインタビューからの抜粋。
音楽家にとってのロルフィングの利点などが紹介されていますが
今回はTessyがジストニアと戦いながら両手でのピアノ演奏復帰したレオン・フレイシャー氏のことについて話している箇所を紹介。





(レオン・フレイシャー氏の件で)私がシェアできることは全て公表されており、それに対して付け加えることも新しいことも何もありませんが、私たちのワークとの関係についてのメインポイントを再び述べ、未だある困惑を明確にしたいと思います。

今から話すことは短く、多くの興味深い詳細な説明を省きますが、きっとそれらは様々な記事で見つけることができるでしょう。

レオン・フレイシャーの右手のジストニアは1960年代に現れはじめ、あまりに深刻で、彼の両手によるピアノキャリアに終止符をうたせることになりました。その当時ジストニアは知られておらず、話題になることもなかったのです。彼は様々な治療、技術、そして薬を試しましたが、どれも効果はありませんでした。彼は彼のキャリアを続け、彼の音楽への気持ちを表現し続けました。そして同時に彼は、全てのフラストレーションを乗り越えながら、診断や解決策を探し続けたのです。

彼が試した多くのものの中にボトックス注射とロルフィングがあります。彼が初めてこれらを試した時、彼のジストニアには何も変化は起こりませんでした。ボトックスは彼の手をリラックスさせるのに多少の効き目はありましたが、その手でピアノを弾けるようになるには、ほど遠かったのです。ロルフィングも確かに彼のからだの構造の手助けにはなりましたが、彼の右手は何も変わりませんでした。

その後1995年、彼は彼の奥様を通じて私のところへいらっしゃいました。私はとても長い時間を彼の右腕と右手にとても具体的なワークをしました。変化は少しずつ増えていき、彼は演奏が以前よりもできるようになり始めるのを可能にしました。

そこで彼は再びボトックス注射に挑戦するのです。この時は、からだの組織がボトックスに対して変化を起こすだけの柔軟性ができていたせいか、注射は彼の右手での演奏を助けていきました。

彼にとってはロルフィングとボトックスのコンビネーションが最も効果があったのです。彼の腕がよくなってくるにつれ、私は彼のからだの他の箇所へもワークを施せるようになり、常に動きのパターンに働きかけるようになりました。そしてこれからも私達は共に歩んでいくでしょう。

これだけ覚えていてほしいのですが、ジストニアは脳の障害であり、治療法はないのです。彼が私達のワークから得たものは、彼の右手に演奏を可能にするのに十分であった症状の改善です。奇跡のようで、実際本当に注目に値することですが、その奇跡はこのケースでは明らかに制限されています。

彼は多くの曲を美しく演奏できますが、全てが昔のように演奏できるわけではありません。もちろん、それでもとても素晴らしいことです。私とフレイシャー氏がした、そして現在も進行しているワークは、多くの音楽家に必要とされるワークのタイプの実例です。彼らは彼らの問題に特別なワークやムーブメント・アウェアネス(動きの意識)が必要であり、通常彼らと楽器との関係性を何らかの形で変える必要があります。ロルフィングのプラクティショナーとクライアントは共に、気長に、小さな変化に満足していかなくてはいけません。そしてメンテナンスすることが最大の手助けになるのです。



Tessy Brungardt:
アドバンスロルフィング・インストラクター
公認アドバンスロルファー/ロルフムーブメント・プラクティショナー
米国メリーランド州バルチモアでロルフィングをしている。
アカデミー賞ノミネート作品であるショートフィルム『Two Hands: The Leon Fleisher Story』(監督:Nathaniel Kahn)の中でフレイシャー氏の右手の復帰に関してインタビューに答えている。


Structural Integration, September 2008


※この記事はBODY BY ROLFINGによって翻訳されました。






最終更新日  2008.11.02 01:39:28

2007.06.18
カテゴリ:アーティスト
再び感覚と共に ピープル誌(1998年2月26日号)

- 30年後、ピアニスト・レオン フライシャーは力を失っていた右手の使用を復活した -


(前略)

 1964年、フライシャー(当時36歳)は彼の世代の中で最もすばらしいアメリカ人のピアニストであると広く考えられていました。その頃彼は、彼の右手小指が弱くなってくるという問題に気付き始めたのです。そのため、彼はそれまでよりも一生懸命、以前より長い時間練習するようになりました。フライシャーはその頃のことを「指が反応するのを嫌がっているようだった」と言います。フライシャー(現在67歳)はバルチモアにある彼の家のリビングルームで「実際、不本意にも指が(ピアノを弾くために)指を丸めることを拒んでいるようだった」とも話します。悲惨なことに、その後右手の薬指も同じ状態になり、その10ヶ月後には右手の残りの指も同じ状態になりました。クリーブランド・オーケストラと予定していたツアーもキャンセルし、泣く泣く他の予定もキャンセルせざるをえませんでした。その右手の回復の兆候が全く見られなかった時、彼は彼の輝かしいキャリアが突然の終わりを迎えたのだと認識しました。「私は絶望していました。自殺という言葉が心を過ぎりました。」と彼は言います。

 その過程の中で医者はどう治せるのかわかっていませんでした。(彼の症状である、筋肉や組織が反復性の過剰使用によって傷つけられてしまうという症状に、1980年にようやく反復性ストレス疾患という名前がつきました)。彼の右手はとても丸まってしまっていたため、自分の名前を書くことが何とかできるくらいで、フライシャーはいろいろなセラピーを次から次へと受けました。「コルチゾン注射を打ったり、神経が脊柱のどれかによって圧迫されていないか調べる為脊柱に染色剤をいれX線で撮影したり、手の神経に針を刺し刺激を与え反応にかかる時間をみる神経誘発テストを行ったり、すべて素晴らしいものでした」。

 彼はまた薬も色々試しました。パーキンソン病患者に一時解放を与えられるL-ドパ、筋肉に弛緩を起こすボツリヌス中毒を引き起こすボツリヌス菌などです。そういった通常考えられるトリートメントに効果は得られず、フライシャーは催眠療法、鍼、バイオフィードバックなどの代替医療に目を向けました。彼は数週間エルハルト式セミナートレーニング(自己啓発のトレーニング)にさえも参加しました。医者に心身の問題かもしれないと言われ、精神科医にも会いに行きました。

(中略)


 そして昨年2月、13年間連れ添っている彼の妻でありバルチモアのガウチャー大学で音楽を教えるピアニストである、キャサリン・ジェイコブソン(48歳)は彼を説得してディープコネクティブティシューへアプローチするロルフィングと呼ばれるものを受けさせます。彼女はフルートの演奏の質を上げる為にロルフィングを受けていたのです。フライシャーは練習後いつも手のストレッチや休息をとるようにしていたので、彼の指の筋肉を過度に収縮させてしまっていることはないと信じていました。しかし、たった3回ロルフィングを受けた後に、彼は彼の右手が緩んだように感じたのです。彼のロルファーであるテシー・ブルンガードは「私は彼の手、腕、手首の組織を、私の指や指関節や時には肘を使ってワークします。彼の腕の組織は柔らかくなり始めました」と言いました。

(中略)

 彼が両手で演ずるピアニストとしてのカーネギーホールでの成功後、手がさらに強くなるにつれて、ニューヨーク・タイムズは“彼の努力だけではなく、彼のピアノの演奏技術”を賞賛しました。フライシャーはサンフランシスコ・シンフォニーとベルリン・フィルハーモニーとの競演を予定しています。彼は彼の苦しい体験を通じて成長したと感じています。「以前はただの両手が使えるピアニストでした。しかし私の身におこったことは私の人生、意識、そして人間性を膨らませました」と彼は言います。


訳者あとがき:
今現在もレオン・フライシャーは活躍しており、今年行われたアカデミー賞ではショート・ドキュメンタリー・フィルムに彼の復帰第一弾CDのタイトルと同じ“Two Hands”という名の作品がノミネートされました。(2007年4月現在)


※この記事はBODY BY ROLFINGによって翻訳されました。






最終更新日  2007.06.19 00:20:17

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.