034735 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ロルフィング・リサーチ

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

ヨガ×ロルフィング

(1)

首のトラブル

(1)

手・腕・肩のトラブル

(1)

足・腰のトラブル

(0)

アーティスト

(2)

筋膜

(1)

Anatomy Trains

(1)

呼吸

(1)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

全1件 (1件中 1-1件目)

1

Anatomy Trains

2008.07.29
XML
カテゴリ:Anatomy Trains
『アナトミー・トレインズとは?』

Anatomy Trains(アナトミー・トレインズ)は、筋筋膜のつながりを示すシステムであり、軟組織をマッピングする革命的に新しい方法でもあります。
これにより筋膜へのワークを通じて、筋膜組織の中にある緊張パターンを解いていく方法へと発展していきます。

アナトミートレインには12のラインがあり、それぞれに1つの筋筋膜のつながりが存在します。
それぞれの筋筋膜(これは東洋の経絡と重複する部分もありますが、実際には完全に西洋的解剖学を基礎をしています)は、筋筋膜の一連のつながりから成り立っています。その一連のつながりは、次から次へとほぼ真っ直ぐなラインを導く、切れ目なく続く筋肉や筋膜の構造です。

この方法で見ていくと、12の筋筋膜ラインが明らかになります。(鍼灸の経絡も12ありますが、それとは一致しません)
からだの前・後・体側を走る3つの“主要な”ライン、4つ目のラインはスパイラルライン、そして軸骨格から手の4つの“コーナー”へと走りそれぞれの腕を通る4つのラインです。
そして、上肢帯と骨盤帯は3つの機能的なラインを通じてからだの前後を交差し、安定されます。

最後にそれら全ての11のラインは、私達のコアであるとても複雑な“くらげのように柔らかい”深部のラインをとりまくように形成されているのです。






最終更新日  2008.07.29 15:21:46

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.