252341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bohemian's Cafe (楽天バージョン)

禅のお話

・・・僕の好きな禅のお話です・・・

 

ある寺で和尚が高価な壺を手にしながら

弟子に言った。

 

「わしは困っておる。おまえの力を借りたいのじゃ。

実はこの壺には、まだ小さな雛だったときに入れた

雉が入っておる。もう随分大きくなり

壺も
狭くなったので出してやりたい。

だが、困ったことに出口が小さくて

出そうにも出せない。

壺を割ればよいが、この寺に伝わる価値ある壺じゃ。

壊したくない。

そう
かといって、雉をこのまま閉じこめておけば

やがて動きがとれず死んでしまう。

どうか、壺を壊さずに雉を外に出す方法はないものかのう?」

 

弟子は、愛する和尚のため、なんとかしようと

その日から四六時中解決策を模索した。

だが、何日、何ヶ月経っても方法が思いつかない。

そんな間にも雉は成長し

どんどん大きくなってしまうと思うと、弟子は焦った。

だが、諦めるわけにはいかない。

弟子は模索し続けた・・・。

 

ある朝、弟子はついに思いついたのか

満面に笑みを浮かべ

外にかけ出し、こう叫んだ。

「おお!雉は初めから外に出ていたんだ!」

yama1
© 2004 All rights reserved by Bohemian's Cafe



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.