152750 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ボク、小太郎!

PR

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

病気

2013年11月29日
XML
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
急に真冬の寒さが身に沁みるようになって来ましたね

皆さん元気に過ごしてますか・・・。

小太郎は流動食に慣れてきて、

そんなに嫌がらずに食べてくれます。

というか、強制的に流し込んでいるんですが・・(笑)

そのせいか、少しずつではあるけど

他のものも受け付けるようになりました。

大好きだった柔らかいささみジャーキーは

1本を食べきれるようになったので

硬いドライフーズをやめて、

もっちりふっくらの柔らかフーズに替えてみました。

そしたら、これは少しずつだけど食べるようになったので

何回かに分けて食べさせています。

でも、1日の量はわずかなので体重はどんどん減っています。

2週間前ぐらいに計ったときは2.7Kgでした。

今はもっと減ったかもしれません。

今日は風が強くて、さっきおしっこで庭に出た時は

強風に負けてよろよろ倒れこんでしまいました。

最近は座りっぱなしで動いていないので、

足腰が弱ってきてるようです。

20131129.jpg






最終更新日  2013年11月29日 15時01分23秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年11月22日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
20131122-1.jpg

この頃はほとんど食べ物を口にしなくなりました。

仕方がないので缶詰の流動食を

薬を飲ませる時のスポイドを使って強制的に流し込みます。

朝と夕は薬を混ぜて一緒にやります。

なので、この小さなスポイドで一日3回しか食べません。

時々、大好きだったジャーキーを小さくちぎってやると

食べることもあるので、大体そんな感じ。

20131122-2.jpg

食べてないので体力も衰えてきて

歩くのもフラフラして頼りないです。

庭に出してやっても、ちょっと前までは勝手に

このシャッターの下をくぐって出て行ってしまったのに

今ではこうやって座ってるだけで、歩く気にならないようです。

毛がふんわりしてるので見た目は分からないけど

触ってみると骨ばかりで、去年の洋服がどれもブカブカニなりました。






最終更新日  2013年11月22日 15時37分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年11月18日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
20131118.gif

最近は横になってゴロンと寝ることが少なくなりました。

というか、ゴロンとできない様子です。

眠くてたまらない時も、こうやって座ったまま眠ってます。

だんだん頭が下がってきて、

ビクッとして体勢を立て直し眠ってます。

夜、ハウスの中で寝る時も、ずーっと座って寝てるようです。

今日もポコの机の下で舟をこいでいます。






最終更新日  2013年11月18日 15時44分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月14日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
20131114.jpg

先日はポコの弟の四十九日法要で東京へ行くことのなったので

小太郎は病院へ預けることになった。

休日は病院の時間がPM5:00までなので、時間内に帰れず

病院で1泊することになった。

最近はご飯を全然食べなくて、いろいろ考えて人の食べるものも

食べてくれれば食べさせていました。

なので、病院にいた丸一日、何も食べなかったようです。

その上、眠らなかったのか家に帰ったらこのように爆睡です。

やっぱり家がいいんだなぁ~って思いました。


さて、ご飯については問題です。

ブロガーさんに教えてもらった鳥のささ身とか缶詰とかも

最初は食べてくれるけど、2度目からは食べません。

ソーセージは良く食べていたので、それも続けていたら

最近は食べなくなりました。

おやつ類も、口に入れても舌でペッと押し出してしまいます。

毎日違ったものを与えなくてはいけないようです。

これも甘やかしたせいで

わがままになってしまったってことかなぁ・・・・。

無理に食べさせると、「オェッ オェッ!」って戻してるようです。

それと、最近はオシッコがしたいと膝の上に乗ってきたり

手を置いたりして教えます。

そのことに気がつかないでいると、辺りでしてしまいます。

以前だったら、自分でトイレに走っていってたのに

この頃は教える時は抱いていって庭でするようにしてたので

おしっこは外でするものと思ってしまったような感じです。

今まで10年間はトイレでしてたのに、

これもわがままになったって事かなぁ・・・・。

このように、毎日が小太郎とのせめぎ合いです。






最終更新日  2013年11月14日 16時02分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年10月22日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
3日ほど前のことでした。

いつものように夕方、家の外に出たんです。

普段よりゆっくりした足取りで、角まで行かないうちに

自分から戻り始めました。

そして途中で座り込んでしまったんです。

それまで家にいたときは普段どおりで

何の異常もなかったんですよ。。。

仕方なく抱きかかえて玄関を入ろうとした時

「ヒィ~ヒィー」って悲鳴をあげ

頭をガクッと後ろにのけぞらせて、

全身の力が抜けてしまったようになったのです。

私もびっくりして抱きかかえたまま玄関に座り込んでしまいました。

「小太郎!小太郎!」

呼びかけるしかありません。。。。。

冷蔵庫にニトロは入っているけど

ぐったりしてる小太郎をおろして取りに行くこともできません。

酸素室に入れなきゃとも思いましたが

パニクッたまま動くことができません。

小太郎が死んでしまう・・・・と考えてしまいました。。。

どれくらい玄関で座り込んでいたのか

多分、何秒か位だろうけど、すごい時間が流れた気がした。。。

そして、小太郎の身体に少し力が戻ってきました。

早速酸素室へ急行、ニトロも入れました。





小太郎は頑張っています。強い生命力を持っています。

だんだん回復してきて、また元のように動き回れるようになりました。

でも、おしっこをあちこちにするようになってしまいました。

畳の上でも廊下でも・・・今までこんなことはなかったのに

だから、目の届かないときはこのようにサークル内に

酸素室、ベッド、トイレ、水と全部まとめて

床全面にトイレシーツを敷くことになりました。

それと最近、ご飯を全然食べません。

仕方がないので、おやつ系の食べ物で過ごしていますが

これも多めに食べると、戻してしまうようになりました。

体調を気にして、最近シャンプーもしてないし

やせて貧相な身体になって可愛そうです・・・。

20131022.jpg






最終更新日  2013年10月23日 10時45分46秒
コメント(12) | コメントを書く
2013年09月19日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
20130919.jpg

昨日は4泊5日の入院生活を終えて家に帰ってきました。

慣れない病院の酸素室に閉じ込められて

きっと、心細くて眠られなかったのでしょうね。

ご飯も食べていなかったので、帰ってからはポコの手から

ドライフーズもしっかり食べたし

その後はお気に入りの階段下の冷却板の上で爆睡してました。

いつもならちょっと動く気配を感じるとすぐにそばにやってくるのに

この時ばかりは、相当物音を立てても気づく様子もありませんでした。

犬って本当に我慢強い動物だし(犬に限らないかもしれない)

人間と違って少しぐらい痛いとか気分が悪いとかあっても

表情も変わらないし、普段と同じ行動をとろうとします。

外へも出たがるし、嬉しいとくるくる回って喜ぶし

元気なんじゃん!って勘違いしそうです。

でも、それに流されずしっかり管理してやることが難しそうです・・・。






最終更新日  2013年09月19日 16時39分53秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年09月17日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
20130917a.jpg

昨日面会した時の写真です。

三日間ご飯を食べていないということだったので、酸素室を開けてもらって

直接手のひらに載せて食べさせてみました。

いつもご飯はなかなか食べないので、

こうやって食べさせる癖が付いてしまったようです。

で、腹が減っていたと見えてちゃんと食べてくれました。

明日、心臓の専門医が見に来てくれるので、

今後のことはその診察後に決定します

ということになった。



今日、3時過ぎに病院から電話があって、

新しい薬を増やして退院できますと連絡があった。

早速迎えにいってきました。

エコーの結果、心臓がかなり弱っていて、血液を送り出す力が弱い

従って末端まで血液が行き届かず採血もできなかった。

心臓は目いっぱい大きくなっているので、

心臓を動かす筋肉がスペースがなくて動きができにくい状態。

これを何とか薬の力で助けるということらしい・・・・

20130917c.jpg

スピロノラクトン、ベトメディン、エナカルド、ラシックス

今まで服用していたこの4種類に加えて、

カルグート、ニトローンの2種類が追加になり

非常用のニトログリセリンを加えて7種類の薬を処方されました。

薬代も含めて今回の入院費は70,532円でした。


20130917b.jpg

帰ってきた小太郎の足には点滴の跡が両足にあって

なんか痛々しいです。

なるべく動き回らないように、酸素室を有効利用するように

苦しそうだったらニトロを使用するように等々

いろいろ注意事項を聞いてきました。

これから緊張の日々が続きそうです。。。






最終更新日  2013年09月17日 17時22分18秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年09月15日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
点滴

昨日面会に行ったときは、まだぐったりしていて

呼びかけても反応が鈍く、ただ目だけでチラッと見る程度でした。

ずーっと酸素室に入ったままで、心臓の薬を点滴で入れていました。

写真のグリーンとオレンジの機械がその点滴の装置です。



今日も面会してきました。

昨日よりは少し元気になってきたようです。

相変わらず点滴は続いていましたが、反応もしっかりしてきて

呼びかけるとしっかりした目で見つめてきます。

しかし、ごはんをぜんぜん食べてないと言ってました。

今日で三日めなので明日もう一度レントゲンを撮って

その後どうするか考えましょうとのこと

今日は目の輝きに力があったので、ちょっと安堵しました。

小太郎なりにがんばっているようです・・・・・。






最終更新日  2013年09月15日 15時05分22秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年09月14日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
最初の発作が落ち着いて、

小太郎は入り口付近のドアの前で眠っていたので

ちょっと安心してPCに向かって仕事に没頭していました。

3~4時間たったでしょうか、

突然バタンと何かが倒れる音がして振り返ってみたら

いつの間にか小太郎が私のすぐ後ろまで来ていて

倒れていました!!

「小太郎!!!!!!」って声をかけると同時くらいに

今まで聴いたことがないような声で

「キュゥゥゥ~~~~ン」というような

叫びともうめきともわからないような大きな声で啼きました。



「小太郎!小太郎!小太郎!!」

私はすっかり動揺してしまって名前を呼ぶことしかできません。

そのうち小太郎は手足をピンと伸ばして

硬直したように背中で転がります。

「小太郎!小太郎!小太郎!!!!!」

やっぱり何度も何度も呼びかけました。

おしっこも漏らしています。

ぬれた床をティッシュに含ませながら、

小太郎の身体をさすってやりました。

こんなに苦しんでいるのに何もしてやることができません・・・・・・・。

硬直していたのは数秒かもしrないけど、

私にとっては長い長い時間に感じられた。



暫くして発作もおさまり始め、

小太郎と呼びかけると私の顔を見るようになりました。

そうだ、心臓マッサージをしなきゃと思い出したけど

全くやり方がわかりません。

再び酸素を口の周りにかけながら暫く胸の辺りをさすってやりました。

病院へ行かなきゃと思ったけど、

今この状態で車で運ぶことなんて絶対無理です。

電話もしたかったけど、

両手を使っているのでこっちのほうが優先です。

小太郎の呼吸は荒くて、とても苦しそうなんです。

「小太郎!小太郎!」

相変わらず名前を呼ぶことしかできない自分を信じるように

小太郎は時々目を合わせてくれます。

「大丈夫だよ。お父さんここにいるから大丈夫だよ・・・」



どれくらいの時間そうしていたのか・・・

そのうち小太郎は起き上がって座ってくれました。

一時はこのまま死んでしまうのかという考えがよぎったけど

小太郎はまた起き上がってくれたのです。

大丈夫、大丈夫なんだ・・・

今度は自分に言い聞かせるように心でつぶやいて

病院へ電話をしました。

状況を説明して先生に待機してもらい病院へ行くことにしました。

車の準備をするため部屋を出ようとすると、

小太郎は心配そうに目で追ってきます。

「すぐ戻ってくるから大丈夫だよ!」



病院ではすぐにレントゲンだけ撮って酸素室へ

待合室で時計を見たら5時半でした。

レントゲン結果では心臓が最大限に大きくなっていて水もたまってる。

血液が身体に回ってないようで採血ができなくて

血液検査ができないとの事

とりあえず利尿剤の注射を打ったので、

様子を見て元気が出てきたら薬も飲ませる。

このまま入院させてくださいということになった。

入院の承諾書を記入する時、私たちは診察時間後も暫くはいますが

夜間はいませんのでその時何かあったら

そのことを承知してくださいと言われた。

家へ帰ってからもそのことがずーっと頭に残ります。

もし、夜中に誰にも見取られずに・・・・・・・

やっぱり、連れ帰ったほうが良かったか・・・・・・





なかなか眠られない一夜が明けました。

今のところ電話もないので胸をなでおろしています。

もうすぐ面会時間になるので行って来ます。~!







最終更新日  2013年09月14日 09時55分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月13日
テーマ:狆(チン)(254)
カテゴリ:病気
20130913.jpg

午前中はいつもと変わらない様子の小太郎だったのですが

午後、いつものように2階の仕事部屋につれてきた時

部屋に下ろすと同時に、急に異変が起こり

呼吸が苦しくなって唇や舌が紫色になってきました。

足にも力が入らなくなり座っていられないのか

ズズーーっと崩れ落ちるように寝転んでしまいました。

そして、おしっこまで垂れ流しています・・・・・・・・。

こんな状態になったのは初めてです!!

酸素室は1階だし、この状態で1階まで運ぶのは無理そうだし

とっさの判断で重い機械のほうだけ運んできて

吸入ホースを繋いで口元に当ててやりました。

「大丈夫、大丈夫・・・・」

小太郎に言うというより自分に言ってるように

何度も何度も声をかけ続けていました。

ずーっと身体もさすっていたら、だんだん落ち着いてきて

舌の色もピンク色に変わってきました。

自分でも前足に力を入れて座れるようになりました。

この写真はその時のものです。

暫くすると立ち上がって歩けるようになり、水も飲みました。

いつもの心臓病の先生に連絡してみたら

虚脱状態になったようで、そうなったら病院で心臓マッサージが必要

車で病院へ行くのも難しいくらいの状態で一刻を争う

今回はすぐに酸素をかけたことはいい判断だったそうです。

次にこんな状態がいつ起こるかは予測できないし、

何がきっかけで起こるかもわからないとのこと。

今回は時間帯も病院の休診タイム(3時まで)だったので

今後は「先生」 → → 「病院」の連係プレイを確認しました。

発作がおさまれば取り合えずは問題ないということで

明日、もう一度状況を報告することになりました。

一時は自分の心臓もドキドキでしたが、今は小太郎も静かに寝ています。






最終更新日  2013年09月13日 23時19分42秒
コメント(2) | コメントを書く

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.