092381 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

本須賀海岸 カフェレストラン ボナンザ

コーヒーの血栓溶解酵素活性への働き

野菜不足や脂肪過多の食生活、溜まる一方のストレスの影響などで、血栓が原因の病気が増えています。血液が固まってできる血栓は、血の巡りを妨げ、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを引き起こすほか、老人性痴呆症の原因にもなると言われています。

最近話題になったロングフライト症候群も血栓が原因で起こります
過去においては、コーヒーは心臓病の危険因子とされた時代もありました。
しかし、血栓溶解酵素の研究に長年取り組んでいる倉敷芸術科学大学の須見洋行教授により、コーヒー成分には、血栓を溶かす酵素を活性化する働きがあることが明らかになったのです。

血栓を溶かす酵素を刺激するコーヒー成分
食べ物や飲み物とゆうのは、一般に皆さんが考える以上に、すぐに体に影響するもんなんです。栄養分が吸収され、体を作っていくのには時間がかかりますが、一種の薬効のような効果はすごく早い。朝に食べたものが夕方には効くほどで、大きな
影響もあります、 そこで 私は、血栓を溶かす働きを食品から探しているわけです。
血栓とゆうと、心筋梗塞などの原因となるものですよね?
血栓は、ご存知のとおり血液中にできる血の固まりです。固め働きをする細胞の代表が、血小板です。
血小板板は、血管が傷ついたりすると、すぐにアメーバのように形を変え、貼りついて出血を止めますものすごく感度が良く周りの状況や電気的な変化をセンサーが察知するのです。
血栓というと、心筋梗塞や脳梗塞をひきおこす悪者としてとらえられますが、血を固める働きそのものは、なくてはならにものです。
ネズミなどは、人間よりもはるかに血が固まりやすくできています。そもそも強い動物とゆうのは、血
を固める能力がとても強い。その分、心筋梗塞になりやすいはずなのに、なりません。それは同時に
溶かす酵素とのバランスが良いからなんですね。ネズミはロングフライト症候群にはならないわけです。人間だって、若い人は心筋梗塞
になりにくい。詰まった血栓を溶かす働きがしっかり作用しているからです。

固める力と溶かす力のバランスが悪いと、血管が血栓で詰まってしまうわけですね。


そうです。できた血栓を速やかに溶かすことが必要なのです。
心筋梗塞の薬としては、尿に含まれるウロキナーゼという血栓溶解酵素を使ったものなどが
あります。でも薬とゆうのは半減期が短く、効果を発揮するのは、注射してから4~20分
ほど。1時間かけて点滴しても、その間は効果が持続しますが、点滴が終わると効果もストップ
し、後は尿として出てしまいます。血液中の安定性が非常に悪いんですね。だから、常に血栓を溶かす
酵素を作り出す必要があるのです。そこで注目されたのが、血管の内皮細胞の働きです。
長い間内皮細胞は、血管が漏れないようにしているだけだと考えられていました。
しかし最近、それ以外の役割があることが明らかになってきました。血管の内皮細胞にはセンサー
があり、血栓ができて血液がながれにくくなると、その下流の内皮細胞のセンサーが変化を感知し、
血栓を溶かすTPAという酵素を出す働きをしていたのです。
そうです じゃーん コーヒー成分によって、TPAがたくさん出ることがわかったんです。
コーヒーを飲むと出来た血栓をとかしてくれ、詰まりにくくなる。つまり血の巡りが良くなる
とゆうことですね。 それは、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながる可能性を示唆しています。
通常は、内皮細胞からTPAの出る量はほんのわずかですが、コーヒー成分によって、多い場合
だと30~35倍になることが明らかになりました。これは大きい\(◎o◎)/昼間働いているとき
は、血管のの細胞への刺激も多く、TPAも活発に合成されています。でも歳をとると、活動が鈍く
なり、酵素も活発に出ません。そおいう人たちに、コーヒーが、酵素を出すためのひとつの刺激として
働けばいいと考えています。


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.