042849 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小笠原でイルカな生活

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

小笠原の海

2008.01.28
XML
カテゴリ:小笠原の海
スカシカシパン!!

最近、話題になってますね~!
知ってます??
しょこたんがブログに書いたようで、そこから人気(?)がでたようです。

スカシカシパン
  スカシカシパン

海に住んでる生き物です。
ウニの仲間です。
 ・・・ノート
体が扁平で、カシパンに似てるからカシパンと言う名前がついたんでしょうが、今回はこの逆な出来事が!
コンビニのローソンがこれをパンにしてしまったんです!!大笑い
しょこたんと共同開発したようで、今月の終わりに発売!
味はシュガーマーガリン。
私が内地にいたら是非手にとりたい一品ですね。
でも、芸能人の影響力ってすごいですね・・・こんなマイナーな生き物がいちやくメジャーにのし上がってしまうんですから雫

こんなスカシカシパン君。
小笠原にもちゃ~んといますよ!
私も以前に会ってます。見つけたときはビックリしましたけどね。この存在を知らずに海の中で見つけると、ただのゴミのようで・・・
メジャーになった今、是非、海の中でも会ってみてくださいな!
砂地に注目です!!






最終更新日  2008.01.28 15:44:25
コメント(2) | コメントを書く


2007.07.07
カテゴリ:小笠原の海
 マンタ!!!
マンタ
 これはこないだ海に行ったときに会ったマンタ写真カメラ
 ここんところ父島周りでマンタによく会ってるみたいですよスマイル
 冬場は二見湾内に餌を捕りに良くあらわれ、夏場は巽湾や南島周辺、父島の東側などに良く姿をあらわします。もちろん会う確立が高いだけで他の場所で見かけることもあれば会わない日もあります。

 マンタスイムもおもっしろいですよ~!!
 イルカと同じように、発見するとマスク・足ヒレをつけて海に!一緒に泳ぎますよ~ちょき
 マンタのしっぽには毒はないので安心を!あの大きな体に巻きつかれることもない(多分・・・)ので思う存分楽しんじゃってください!!
 お客様の中にはあの巨体にびびっちゃう人も少なくないんですよ。
 冬場に会う二見湾の中のマンタは餌捕りに夢中でかなり至近距離で泳げます!でも、プランクトンが多すぎて透明度は悪いから写真にはいまひとつ。でも、目の前でぐるぐる宙返り(餌捕りの時に良くする行動)する姿が見れたりと、超面白い!!
 夏場は夏場で透明度の高い真っ青な海で見るマンタは綺麗ですよ!!!写真には最高!!でも、このときのマンタは泳ぎが速いことが多いのよ・・・涙ぽろり口元を見るとよく分かるんだけど、
マンタ2
 この写真のように、口の端が丸まって棒状になってるでしょ。分かるかな?これが名前の由来でもあるんだけど、糸巻きに似てるから、
 “ オニイトマキエイ ”
これが本来の和名。マンタは学名でもあり、通称名。
 餌をとるときはこれが手のように伸びてるんだけど、ただ泳いでいるときはこうやて丸まってるんですよ。
 これを憶えておくとマンタの動きがわかるから面白いよ。
 
 マンタと泳ぐ時は自分もマンタになりきる!これが楽しむ一番の方法グッド
 一緒に手を伸ばし飛ぶように泳いでみたり、宙返りすると一緒に回ってくれるかもよ~うっしっし

 でも、もっと確実にマンタと一緒に回って遊ぶ方法は・・・
 マンタの後ろにくっつくこと!!
 マンタから見えるか見えないかのところにいると、マンタはこっちのことが気になって宙返りをするんです。嘘か真か・・・やってみるとわかりますようっしっし

 ねっ、マンタに会いたくなってきたでしょ~!?

 小笠原に来てイルカ船・ダイビング船に乗ることがあれば、移動中こそマンタに会うチャンス!!
 このときに海をぼーっと眺めててごらん。海の中に黒い影があったら、とりあえず叫んでみようスピーカ
 そこにはマンタがいるかも!?
 つい先日はこの状況で海に入ったあるダイビングショップが・・・キャー!!マンタじゃなくてジンベエザメだったてびっくり!!(6月30日のログブックに詳細+写真が!)
 な~んてビックリな出来事に遭遇したらしいですよ。
 移動中も目の離せない小笠原ですよ!!!






最終更新日  2007.07.07 16:35:16
コメント(2) | コメントを書く
2007.07.05
カテゴリ:小笠原の海
 今日も暑い1日晴れ
 午後から暑さを和らげるために、釣浜へ!!
 釣浜
 ここは父島の中でもサンゴが綺麗で魚もいっぱい!!それでもって来る人は少ない。妊婦にはうってつけの海岸。
 久しぶりに海岸でのスノーケル。思ったよりも水温が暖かく、ほっスマイル水も綺麗で気持ち良かったですよ~。
 魚もいっぱいいましたよ!!
 あいかわらずクマノミもいて、オレンジ色の可愛い子供の姿も。小笠原にいるクマノミは2本線の“ クマノミ ”。小さい頃は馴染みのあるオレンジ色なんだけど大人になると黒色に。それはそれで味のある子ですよ。

 他にも・・・
 ホシゴンベ
 この子は “ ホシゴンベ ”
 サンゴの上をよ~く見ると、ちょこんっとのっかてますよ。いったい何処を見て、何を思ってるんだろう・・・??
 じっとしてるから見つけやすいはず!もちろん近づくと逃げちゃうからそーっと近づくようにね。

 そして、この写真!!
 キホシゴンベ
 魚がいっぱい写ってるのが分かるかな!?
 黒い点々が熱帯魚です。
 “ キホシスズメダイ ”の大群!!!
 ほんっとにいっぱいいました!!このキホシにクマザサハナムロが混じったときはあまりにもの綺麗さに見とれちゃいましたよ目がハート

 海の中を楽しんだ後は、おやつタイムケーキ
 ぽかぽか日和の中、青い海を眺めながらのポテチはおいしかたぁ~!
 小笠原に住んで良かったと思うひと時でしたスマイル






最終更新日  2007.07.05 19:35:58
コメント(1) | コメントを書く
2007.06.16
カテゴリ:小笠原の海
 
 つい2時間ほど前、赤灯台下のサンゴがまた産卵しましたよ~!
 前回の5月31日、6月1日に続き2回目。
 今回も大潮!今年は大潮の潮周りで産卵のようですね。そんな気分だったのかな・・・うっしっし

 赤灯台の手前、漁協付近に来ると潮の香りに混じって生臭いにおいが・・・
 久しぶりに嗅いだあの独特の生臭い臭い、けして良い匂いとはいえないけど私にとっては年1回のイベントみたいなものですね。

 写真の真っ黒な海面に浮いてる白い帯のようなものがサンゴの卵。海も濁濁。でも、今年はこの海の中で産卵が見れないかと思うと、ちょっと寂しい涙ぽろり

 HP“BoninDolphin"に今までのサンゴの産卵情報が載せてるから、是非見てみて!
      サンゴの産卵






最終更新日  2007.06.16 23:16:22
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.03
カテゴリ:小笠原の海
 今年もサンゴの産卵が始まりましたよ!
 二見湾の奥に群生している“ スギノキミドリイシ ”の産卵が始まりました。今年は5月31日、6月1日、2日と満月の大潮に産卵しましたね。やっぱりここのサンゴは何をきっかけに産卵をするのか・・・?やっぱり分からん失敗

サンゴの産卵 07
 昨日の朝、いつもと同じ出勤道。でも、久しぶりに嗅ぐ生臭いに臭い・・・これは!ちょっと寄り道をすると、やっぱり~!港の隅がピンクに染まってました。写真でみるとただの汚い海に見えちゃうんだけどね雫
 でも、これは何よりもの証拠。サンゴの卵の集まりですよきらきら
 
 きっと今月にもう1回ぐらいあるはず!海に入れないのが悔しいけど、楽しみだぁ~!






最終更新日  2007.06.03 21:03:16
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.