024768 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

香港からBonjour♪

PR

Calendar

Comments

bonnes idees@ その後お元気でしたか? meibooさん 暖かいコメントありがとうご…
meiboo@ きれいですね! 素敵な花たちですね~。 こちらにいると…
bonnes idees@ 良かった~! hirottyさん ようやくアップしました(汗…
hirotty@ ありがとう!! 素敵にブログにUPさせてくれてありがと…
bonnes idees@ たぶん一生読み続けるだろう本ですよね。。。 hirottyさん 四苦八苦後、PC復活! へぇ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


bonnes idees

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List

Headline News

2008年04月09日
XML
カテゴリ:旅の思い出
~ Le monde du qualia~

●旅の終りに、何を感じたかまとめたいと思う。

旅行の楽しみとは何?

私の場合、

・人との出逢い(違う考え方、文化との出逢い)
・自然のデザインを全身で感じること(そこにしかないものは特に魅力的)

つまり五感を使いこなすこと。新しい何かを知ること。

そうする事によって
知らないうちに凝りかまった既成概念が崩れ、新しい感覚がやってくる。


だから旅をする度に生まれ変わる気がする。
(他を知ることで自分が作られる)


この感覚的なものの感じ方に個人差があると感じたのは、フローリストの時。
「こんな感じ」の「感じ」がまったく通じないことがある。

また私に興味を持ってくれる人に共通するのも、
この感覚資質が近いからなのかもしれない。


そして私がパリに興味を持ったり、その他欧米の色々なもの、
アンティークや日本古来の伝統文化にも憧れて、
それに触れる度解放された気分になるのは、
こういった「質感」を感じることができるからなのかもしれない。

(逆にいえば、日本の都会ではそれがあまり感じられないような気がする)


石畳のぼこぼこ、フローリングのデコボコ、包み紙のがさがさはある人にとっては、
居心地が悪い状態。

私にとってはすべて「味」がある質感であり、またそこに愛らしさ、愛おしさを感じる。
モノに「キャラクター=人格」を感じる。


20代の時、広告代理店の人と知り合った。


この感覚の違いをどう説明したら良いかを尋ねると、
それは「心のヒダヒダの違いではないかな?」と教えてくれた。

「心のヒダヒダ?」
「そう、そのヒダの凹凸には個人差があって、
そこに情報がピタッと入る人とそうでない人がいる。きっとあなたはそのヒダが深い。」
「。。。。。。」

褒め言葉なのか、何なのかを長い間噛みしめたがその時はよくわからなかった。

でも旅行に行くとその感覚をフルで使っている気がする。
もしその感覚が旅行を楽しめることにつながるなら、ありがたい。



誰に頼まれたわけでもなく、自分が生きるために環境に合わせたシステムを
編み出した「マングローブの森」。

全てが共生し、水を絶えず入れ換えしながら、その根が海の生物の育成場所となる。
この無駄のないシステムを、自分の人生に応用するならどうすれば良いだろう?

20代~30代前半あんなに苦しかった時間を経て、今はすがすがしい気分でいられるのは、水を入れ替えたから?

これから何を育てようか?。。。


......Merci beaucoup......






Last updated  2008年04月09日 14時45分47秒
[旅の思い出] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.