024794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

香港からBonjour♪

PR

Calendar

Comments

bonnes idees@ その後お元気でしたか? meibooさん 暖かいコメントありがとうご…
meiboo@ きれいですね! 素敵な花たちですね~。 こちらにいると…
bonnes idees@ 良かった~! hirottyさん ようやくアップしました(汗…
hirotty@ ありがとう!! 素敵にブログにUPさせてくれてありがと…
bonnes idees@ たぶん一生読み続けるだろう本ですよね。。。 hirottyさん 四苦八苦後、PC復活! へぇ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


bonnes idees

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List

Headline News

2008年05月07日
XML
カテゴリ:フランス語
~BONJOUR de Hong Kong♪~

●フランス語のレッスン初日。
こちらのインターナショナルスクールで小学生に
フランス語を教えているカナダ人の家に集合♪


本当に「香港からBonjour♪」が実現しました(笑)
このチャンスに感謝しております!
~Je remercie pour cette chance!~



日本で週一回のフランス語のレッスンをabc(アーベーセー)から初めて、
まもなく香港へ。

今日はあの時の複雑な気持ちを、噛みしめております。


嬉しかったのは、クラスメートのポーランド人、ブラジル人も初心者。

でもブラジル人の彼は発音が似ている部分もあって
すぐなれそうな気配。。。

欧米人の良さは細かいことを気にせずに、間違えることも恐れず
どんどんザックリ理解していくこと。

●今回は英語を使っても良いので、気分的に楽です。。。
私が日本でフランス語レッスン初日に愕然としたのは、
フランス人の先生が日本語をひとつもわからず、英語も禁止。

どうやってわからないところを聞いたら良いの~~~~!(泣)

自宅では迷いながらもひとつひとつ単語を辞書で調べ、
女性名詞、男性名詞、発音やアクセント記号の確認そして書く練習、、、、、

なんて手間がかかる言語をやり始めちゃったんだろう!と
後悔したのは1度や2度ではありません。
おかげで自習の習慣がつきましたが(苦笑)

予習をしないと全くわからず、一生懸命やったわりには授業でlisteningが困難。
週1回のくせに、毎回打ちひしがれてうなだれて家に帰っていましたっけ。(涙)


でも続けようと思ったのは、フランス語やフランス文化に魅力があったから!
私にとってフランス語習得は、「モテル女性をくどこうとしている男性」みたいな感じ!?
変な例えですが。。。(笑)


●今日はまず、3人が知っているフランス語を披露しレベルチェック。
ブログのおかげで書くのは少し慣れましたが、話すとなると
すぐ出てきません。

みんなのレベルも似たり寄ったり。
結果、教科書「taxi」の1からやることに!(ホっ。)


まずは「発音練習」「名前の言い方」「数字の読み方」から。

発音ですぐストッ~プ!
日本人が英語でも苦手な「R」が更にフランス語では難しい。。。


喉をゴロゴロ言わせなきゃいけないのです(苦笑)


でも生徒は3人と少人数なので、手とり足とり教えてくれてこれまで
わからなかった「R」の感覚をどうにか掴めました。
あとは練習あるのみ。。。(汗)



●そして数字!
日本でやった教科書と違い、1~1000まで一覧で見れてわかりやすい!

しかしフランス語の数字って難解。
算数みたい~
(↓イントネーションは東北弁風でお願いします!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例)

10→dix(ディス)
60→soixante(スワソ~ントゥ)

70は→soixante-dix(スワソ~ントゥディス)
<つまり60+10=70と数える>

80に至っては更にやっかい。

4→quatre(キャトォ)※喉を「r」でゴロっ。
20→vingt (ヴァン)

80→quatre-vingts(キャトォヴァン)
<つまり4×20みたいな感じ? しかも最後にsがつく上、発音しない 泣。>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

70と80に差し掛かった時に、やな予感。

いつも冗談がきついポーランド人が
What’s wrong with you guys(=french people)!!!
~あなたたちはいったいどうなっちゃってるの!!!~と言い放ちます(苦笑)

3人顔を見合わせて、フゥ~。。。

面倒です。と~っても。。。
いつの日か慣れるのだろうか?

●その他挨拶の会話もいくつか習って、1時間半が経過。

レッスン時間は2時間でも料金は同じでしたが、
ポーランド人が「もう充分。。。」と初日はこれにて終了となりました。


彼女は中国語も習い始めていたのですが、フランス語の大変さが
わかったようで、中国語はやめることにするそうです。

ブラジル人も以前中国語を習っていましたが、難しい上
仕事で使わなければやり続けても意味がないと、結局レべル4でやめたそうです。




私が思うにいくら中国人の人口が十億人以上で、中国経済が世界経済を揺るがしたとしても、
欧米人は英語を使い続け、中国人が英語を凄い勢いで覚えるのだと思います。

ただ中国人と直接やりとりするコネクターのような人は、
「中国語ができるメリットは無限大」なのかもしれませんが、
私は習おうという気さえ今のところありません。

もし私が中国の人とお友達になれるとしたら、
絶対英語が話せる人!と思ってしまいます。
(なぜなら英語を話すということは、他文化を
理解しようと言う姿勢があるから)


●私は生きているうちに、英語とフランス語さえマスターできたら
充分です。何分不器用なので欲張らないことにします。

それにしてもポーランド人のご主人はフランス人。
これまでは英語でやりとりしていたらしいけど、
いざフランス語を知ったら、もう英語と何もかも違ってると
既に失速気味。(ポーランド語とも全くかけ離れているらしいです)


大丈夫。彼女ならすぐにマスターできますって!
何てったって彼女からもらうメールの英語は中学生みたいなのに、
日常会話はネイティブみたいなんですから(苦笑)
すぐコツを掴んで慣れそうです。

ブラジル人もやれやれという感じでしたが、中国語をそこまでやったんですから
フランス語はコツコツこなすはず。


●問題は私。
欧米人と違い、会話の口火を自分から切らない限り、
気づけば「聞いている人」になってきている!?

そう、日本人の習慣がそうなんですよね~
相手の話を良く聞く。(良い文化だが、世界に出ると出遅れる。。。)

ベラベラ話し続けるのが普通の、欧米人のコミュニケーションスタイル。
いかんいかん。これからまた流れに乗っていきますから♪

でも今日ポーランド人から「日本人はおとなしいはずでしょう?」と言われ、
おとなしくしていた方が良いのかな~なんて少し悩んでみたり。。。

う~ん。ちょっと混乱してきました(汗)


帰途、ストレスが溜まったので、HMVに寄り、
「CLASSICAL 2008」を買いました(笑)
http://www.amazon.co.jp/Classical-2008-Bryn-Terfel/dp/B000VQQYLC


Sarah BrightmanのTime to say goodbyeを聞き、
湯気のようにゆらゆらストレスが立ち上り、
邪念よ、Bye Bye~♪


音楽は良いですね♪ 癒されました。
(注:全部聞いたら良いのは数曲だけでしたが 苦笑)

今夜カナダ人から借りた映画も見て、更に修復しようっと!



いやでもこれから覚えなきゃいけないのは、フランス語の数字。
今夜から寝る前に、羊をフランス語で数えてみようかしら?

81 quatre-vingts-un,
82 quatre-vingts-deux,
83 quatre-vingts-trois.............






寝れないって!(泣)

号泣Merci Beaucoup。。。。。。。。







Last updated  2008年05月07日 20時01分01秒
[フランス語] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.