344091 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

2008年04月13日
XML
カテゴリ:ネコ
「でんちゃん、はげてます!!!」

すっかり春めいてきたある日、外を眺めるでんにはげを発見!
そういえば小さい頃、皮膚糸状菌症になったっけ・・・?今回は・・・?
一応かかりつけ医のところに連れては行きましたが、今回はあまり心配していませんでした。

理由その1:でん本人が痒がっていない。
理由その2:はげ部分の地肌がきれい。単なる地肌。
理由その3:周りの毛を軽く引っ張っても抜けない。皮膚糸状菌症のときは軽く引っ張ると束で抜けていた。

獣医さんも「はげでは死なない!」と力強く言ってくれました。

軟膏も処方されたのですが、気休めかな?程度。

このことをきっかけに思い出したのですが、皮膚糸状菌症に関してわかりやすい記事を見つけたのでご紹介します。






最終更新日  2008年04月13日 18時20分42秒
コメント(4) | コメントを書く
[ネコ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.