343281 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

2008年07月17日
XML
カテゴリ:ライダーの栄養学
ブログタイトルと関係ない話題です。(7/24一部編集)

(1)アミノバイタル プロ 



メーカー(味の素)の商品説明ページはこちら ↓

http://www.aminovital.com/products/pro.html

アミノ酸に関する説明は同じく味の素の「アミノ酸大百科」がわかりやすいです。 ↓

http://www.ajinomoto.co.jp/amino/


アミノバイタル プロ の解体 BCAA編

病院勤務の私はBCAA=肝臓病の患者さんの栄養管理に必要な栄養素、という認識でした。

なぜ肝臓病の患者さんの栄養管理にBCAAが必要なのか。

(1)タンパク質を消化する過程で腸内細菌によりアンモニアが生成される。

(2)肝臓が正常であればアンモニアは肝臓で無毒化され尿素となって(腎臓が正常であれば)腎臓から排泄される。

(3)しかし肝機能が低下するとアンモニアを処理出来なくなってしまう。

(4)「筋肉は第二の肝臓」と呼ばれている。肝臓が処理し切れなくなったアンモニアを筋肉が処理しようとする。

(5)このときBCAA:分岐鎖アミノ酸が使われる。→BCAAの減少。

(6)必要なエネルギーが得られないとき、筋肉は自分自身(タンパク質)を分解してBCAA:分岐鎖アミノ酸を作り出して利用する。→筋肉量の減少。







最終更新日  2008年07月24日 10時58分27秒
コメント(0) | コメントを書く
[ライダーの栄養学] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.