344394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

2008年10月05日
XML
カテゴリ:息抜き

事前の学習どおり、インドでは細分化された○○屋が存在し、当然パンク修理屋もいた。気がつけば道のあちこちにパンク修理屋がいたので、ニーズも多いのだと思う。

パンク修理の方法は機械を使う部分が少ないだけで、日本とあまり変わらないと思った。

途中までは。

 

(1)タイヤをホイールごと車からはずす。(これはドライバーの仕事。パンク修理屋は手伝わない。分業が徹底している、ような気がする)

(2)バールのようなもの、というかバールそのものを差し込んで、ホイールからタイヤをはずす。

私は日本ではこの作業はでっかい轆轤(ろくろ、こんな漢字だったとは)のような機械でやっているところしか見たことない。インドでは体重を利用しつつ足を使って上手にはずしていた。

(3)チューブを取り出す。

(4)空気を送り込んで(コンプレッサーはインドのパンク修理屋さん、どこででも見かけた。標準装備らしい)、穴を探す。

 

 

 







最終更新日  2008年10月05日 18時06分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[息抜き] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.