343991 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

2008年12月14日
XML
細胞膜
は自由に通します
電解質などのほとんどの物質の出入りは制御しています

※電解質とは・・・水に溶けると電気的に分解するもの。例えば塩(NaCl)は水に溶けるとナトリウムイオン(Na+)と塩素イオン(Cl-)になる。


毛細血管壁
は自由に通します
電解質も自由に通します
低分子物質(アミノ酸など)は自由に通します
・血漿タンパク(アルブミンなど)の高分子物質は通しません


以前聞いた講義では毛細血管の隙間は分子量50000は通れるが、分子量70000は通れないそうです。対して腎の糸球体は分子量70000までなら通過できるそうです。






最終更新日  2009年01月18日 13時05分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[体液について 脱水 輸液など] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.