341155 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

2009年08月16日
XML

一番最初にお断りしておくと、「夏バテ予防の積極的塩摂取」については、腎機能の低下した方、高血圧の方、塩を減らすように医療機関・保健機関で言われている方はおやめください。

 

シリア・ヨルダン旅行記にも書きましたが、砂漠の国において夏バテ予防(夏バテ予防、とまで風呂敷を広げるとちょっと広げすぎか・・・?正確には脱水予防)を意図し、あえて積極的に塩分(NaCl)を摂取しました。

私は通常業務でいつもいつも「減塩しましょう」と患者さんに話をしています。

栄養士・管理栄養士は全員学校で「日本人は塩分をとりすぎている(から減塩の必要性を伝えていかなくてはいけない)」と再三習っています。

 

という大いなる潮流に小さなアンチテーゼを提案したく(オオゲサ????はははは)、今回は積極的な塩分摂取について私見を書き連ねたいと思います。

塩分とはいうまでもなくNaClですが、夏バテ防止のために大事なのはNaなので、以下はNaについて、となります。 

 

(1)Naの出納 入ってくるNa

塩分(NaCl)を含む飲食物。(今回は輸液はしないもの、とする)

 

 

 

(2)Naの出納 出て行くNa

(A)尿 

・・・糸球体で濾過されたNaは尿細管で再吸収される。再吸収の%を調節する事でNaが体外に出過ぎて不足しないように、逆に過剰にもなり過ぎないように腎臓が管理してくれる。

 

(B)汗

・気温28度以下、体温平熱、汗をかかない状態では 

Na喪失量は0 

※不感蒸泄は水分は一日に約15ml/kg/日水分を喪失しますが、Na喪失量はゼロです。←これ、けっこう間違えやすいらしい。

・気温28~32度、発熱38度以上、軽度発汗では 

Na喪失量は10~20mEq(メック)←←←参考までに塩(NaCl)に換算すると0.58~1.15g

・気温32度以上、持続する中程度の発汗では 

Na喪失量は20~40mEq ←←←参考までに塩(NaCl)に換算すると1.15~2.30g

・気温が著しく高く 高度発汗が持続する場合は 

Na喪失量は 40mEq以上 ←←←塩換算で2.30g以上

 

(C)消化液 

下痢や嘔吐などで大量の消化液が失われるとNaも失われる。が、今回は考慮しない。

 

猫ブログ

 







最終更新日  2009年08月16日 10時48分32秒
コメント(0) | コメントを書く
[体液について 脱水 輸液など] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.