338164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

2009年08月16日
XML

「夏バテ予防の積極的塩摂取」については、腎機能の低下した方、高血圧の方、医療機関・保健機関で減塩するようにいわれている方はおやめください。

 

発汗によりNaは失われますが、汗に含まれるNaの濃度は一定ではありません。

たくさん発汗すればするほど汗に含まれるNaの濃度は高くなります。

たとえば 1000mlの汗をかいたときに失われるNaは約10mEqだそうですが、

3000mlの汗をかいたときに失われるNaは約30mEqではなく、約40mEqだそうです。

これは、汗腺を通って汗が体外にでるまでに、汗の量が少ない場合はNaの再吸収が行われるのですが、汗の量が多くなってくると再吸収が間に合わずに、Na濃度の高い汗になってしまうから、だそうです。

ですので、たくさん汗をかけばかくほど失われるNaの量は飛躍的に増えます。

 

大量の汗をかいたときに、ミネラルウォーターやお茶を飲む、という方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、大量の汗をかいた=大量の水分と大量のNaが失われた ときには水分の補給だけではダメなのです。Naの補給も必要なのです。

体から大量の水分と大量のNaが失われたときに 水分だけを補給する と、

体液の浸透圧が下がります。

そうすると体は浸透圧を正常な範囲に戻そうとして、尿量を増やして水を体外へ出そうとします。

その結果、失われた水分を一時的に補っても、やがて体外へ出されてしまうのです。

ですので、大量の汗で体から水分とNaが失われた場合には、水とNaを両方補う必要があります。

 

シリア・ヨルダン旅行中においては、ミネラルウォーターはどこでも買えますので、毎度の食事で(その後の行動で失われるであろう)Naを積極的に摂るようにしたのでした。

 

なお、Naの出納 出て行くNa (C)消化液 で「今回は考慮しない」とかきましたが、ちょっとだけ言い足しておくと、下痢や嘔吐でも水分とNaが一緒に失われるので、水分補給と同時にNaも補給すべきだと思います。

 

 

猫ブログ







最終更新日  2009年08月16日 11時42分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[体液について 脱水 輸液など] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.