000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫の慢性腎不全における食事療法の理論と実践

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ボノ太

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

猫三昧×3 9猫飼いさん

コメント新着

TitanGel@ Gel Titan この投稿のことも理解できる。だから、 Ti…
ぷううううううう@ Re:ネコにミネラルウオーターを飲ませても大丈夫か? その5(03/27) 基本的に猫にミネラルウォーターは昔から…
ボノ太@ Re:ぺとりごと(10/20) おはようございます。ぺとりごとさん …
ぺとりごと@ ぺとりごと はじめまして。 でんくん、14歳おめでと…
ボノ太@ Re[1]:体液について 番外編3 スターリングの法則2(01/22) こんばんは。宮本賢治さん。 コメントあ…

フリーページ

ニューストピックス

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

体液について 脱水 輸液など

2009年08月16日
XML

「夏バテ予防の積極的塩摂取」については、腎機能の低下した方、高血圧の方、医療機関・保健機関で減塩するよういわれている方はやめてください。

 

私は以前ドクターの講演で「減塩を続けていれば汗にでてくるNaの量も減る(から心配せずに減塩しなさい)」と聞いた記憶があります。

私の中での解釈は次のとおりです。

人間の体は適応能力があるので、長期にわたって減塩をしていれば汗中のNa排泄量も減るのだろう、と思う。

けれども、それには相応の期間が必要なのではないか、と思う。

だから、旅行先でいきなり過酷な気象条件下にさらされるような場合には、(Naをキープしようとする体の適応・・・・この場合は汗中のNa排泄量を減らすこと、がついてこないと思うので) Naを意識して摂ったほうがいいだろう、と思うのです。

 

日常業務において、けっこうな頻度で低Na血症の患者さんに出会います。

もちろん私は透析部門がある病院に勤めているので、腎機能は低下~廃絶している場合が多く、そのために電解質バランスが乱れている患者さんが多いのだと思います。

そういう患者さんに管理栄養士ができる事ってなんだろう??? 

Naについては、本当に奥が深く、まだまだ分からない事だらけです。

 

Naについてうんうん悩んでいるうちに、ふと、「Na保持能、あるいは逆の考え方としてのNa排泄能には個人差があって、Na保持能が弱い人は、特に夏にNa喪失を招きやすく、それが夏バテの原因のひとつなのではないか・・・???」と思いついたので、こんな日記を書いてみました。

誤解、曲解など多々あるかもしれません。コメント欄でご指摘いただければ幸いです。

 

猫ブログ 







最終更新日  2009年08月16日 12時10分57秒
コメント(0) | コメントを書く

「夏バテ予防の積極的塩摂取」については、腎機能の低下した方、高血圧の方、医療機関・保健機関で減塩するようにいわれている方はおやめください。

 

発汗によりNaは失われますが、汗に含まれるNaの濃度は一定ではありません。

たくさん発汗すればするほど汗に含まれるNaの濃度は高くなります。

たとえば 1000mlの汗をかいたときに失われるNaは約10mEqだそうですが、

3000mlの汗をかいたときに失われるNaは約30mEqではなく、約40mEqだそうです。

これは、汗腺を通って汗が体外にでるまでに、汗の量が少ない場合はNaの再吸収が行われるのですが、汗の量が多くなってくると再吸収が間に合わずに、Na濃度の高い汗になってしまうから、だそうです。

ですので、たくさん汗をかけばかくほど失われるNaの量は飛躍的に増えます。

 

大量の汗をかいたときに、ミネラルウォーターやお茶を飲む、という方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、大量の汗をかいた=大量の水分と大量のNaが失われた ときには水分の補給だけではダメなのです。Naの補給も必要なのです。

体から大量の水分と大量のNaが失われたときに 水分だけを補給する と、

体液の浸透圧が下がります。

そうすると体は浸透圧を正常な範囲に戻そうとして、尿量を増やして水を体外へ出そうとします。

その結果、失われた水分を一時的に補っても、やがて体外へ出されてしまうのです。

ですので、大量の汗で体から水分とNaが失われた場合には、水とNaを両方補う必要があります。

 

シリア・ヨルダン旅行中においては、ミネラルウォーターはどこでも買えますので、毎度の食事で(その後の行動で失われるであろう)Naを積極的に摂るようにしたのでした。

 

なお、Naの出納 出て行くNa (C)消化液 で「今回は考慮しない」とかきましたが、ちょっとだけ言い足しておくと、下痢や嘔吐でも水分とNaが一緒に失われるので、水分補給と同時にNaも補給すべきだと思います。

 

 

猫ブログ







最終更新日  2009年08月16日 11時42分39秒
コメント(0) | コメントを書く

一番最初にお断りしておくと、「夏バテ予防の積極的塩摂取」については、腎機能の低下した方、高血圧の方、塩を減らすように医療機関・保健機関で言われている方はおやめください。

 

シリア・ヨルダン旅行記にも書きましたが、砂漠の国において夏バテ予防(夏バテ予防、とまで風呂敷を広げるとちょっと広げすぎか・・・?正確には脱水予防)を意図し、あえて積極的に塩分(NaCl)を摂取しました。

私は通常業務でいつもいつも「減塩しましょう」と患者さんに話をしています。

栄養士・管理栄養士は全員学校で「日本人は塩分をとりすぎている(から減塩の必要性を伝えていかなくてはいけない)」と再三習っています。

 

という大いなる潮流に小さなアンチテーゼを提案したく(オオゲサ????はははは)、今回は積極的な塩分摂取について私見を書き連ねたいと思います。

塩分とはいうまでもなくNaClですが、夏バテ防止のために大事なのはNaなので、以下はNaについて、となります。 

 

(1)Naの出納 入ってくるNa

塩分(NaCl)を含む飲食物。(今回は輸液はしないもの、とする)

 

 

 

(2)Naの出納 出て行くNa

(A)尿 

・・・糸球体で濾過されたNaは尿細管で再吸収される。再吸収の%を調節する事でNaが体外に出過ぎて不足しないように、逆に過剰にもなり過ぎないように腎臓が管理してくれる。

 

(B)汗

・気温28度以下、体温平熱、汗をかかない状態では 

Na喪失量は0 

※不感蒸泄は水分は一日に約15ml/kg/日水分を喪失しますが、Na喪失量はゼロです。←これ、けっこう間違えやすいらしい。

・気温28~32度、発熱38度以上、軽度発汗では 

Na喪失量は10~20mEq(メック)←←←参考までに塩(NaCl)に換算すると0.58~1.15g

・気温32度以上、持続する中程度の発汗では 

Na喪失量は20~40mEq ←←←参考までに塩(NaCl)に換算すると1.15~2.30g

・気温が著しく高く 高度発汗が持続する場合は 

Na喪失量は 40mEq以上 ←←←塩換算で2.30g以上

 

(C)消化液 

下痢や嘔吐などで大量の消化液が失われるとNaも失われる。が、今回は考慮しない。

 

猫ブログ

 







最終更新日  2009年08月16日 10時48分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月05日

GYAOS様 のBBS で皮下輸液静脈輸液の事が話題になっていた事がありました。

体液シリーズを書いているさなかでしたが、皮下輸液の事がよく分からなかったので、触れませんでした。

体液シリーズが一区切りついたある日、以前集めたネットの情報の中に皮下輸液と静脈輸液についてメリットデメリットが分かりやすく書いてある記事を見つけましたので、ご紹介します。

人と動物の絆を考えた伴侶動物の医療とは

 

私なりにまとめますと、

(1)静脈輸液は、早急に水分や栄養の補給できるというメリットがある。

(2)しかし、猫の血管は細く、使える血管が限られているので、長期に渡って使うことが難しい。(人間の場合も特に高齢の方ですと、血管が細く、血管確保が大変だと聞きます)。

(3)入院にせよ通院にせよ、費用が高額になる。

(4)皮下輸液は、方法が比較的簡単で、大抵の猫はさほど嫌がらずに注射することができる。

(5)しかし、一度に大量の輸液を行うことができないため、静脈輸液に比べると治療効果は劣る。

(6)費用は比較的安価である。

 

この記事には輸液で水と栄養を補給、 とありますが、おそらく水と電解質の補給、という事でしょう。5%ブドウ糖液を仮に100ml入れても、エネルギー源はブドウ糖5g(5×4kcal=20kcal)なので、熱量の補給という意味ではあまり期待できないと思います。

 

腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ

 







最終更新日  2009年02月05日 17時51分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月25日

今日の日記も対象は猫さんではなく、人間です。

(楽天アフィリエイトで検索したのですが、見つからなかったので画像無しです)

アクアソリタ

味の素株式会社の医療部門がつくっています。

ーーーーー以下 アクアソリタのパンフレットより抜粋ーーーーー

吸収されやすさを考えて上手に水分・電解質を摂るために生まれた経口補水飲料です。

水分補給に最適な飲料は?

「水(ミネラルウォーター)では…?」 


電解質がほとんどなく、また、吸収すると体液が薄まるので、体は浸透圧を元に戻すために、水分を尿として出してしまう。


  →水分を体内に保持し、尿として出してしまわないように、Na、Kを中心とした電解質が必要。


「一般的なスポーツドリンクでは…?」


アイソトニック(体液と同じ浸透圧)なので、体液と浸透圧に差がなく、腸管から水分が吸収されにくい。


  →ハイポトニック(体液より低浸透圧)ならば、浸透圧差で体内に水分が吸収されやすい。

アクアソリタは低浸透圧(約175mOsm/l)です。

ーーーーー以上ーーーーー

試飲した感想 「ポカリスエットの甘さがなくなってバナナ風味(←個人的に難あり)」

慢性的に脱水をする猫さんにも経口補水液、経口補水飲料の有効性が確立されるといいな~と思っています。


余談ですが。
アクアソリタって、私はバナナ風味に感じるのですが、営業さんは「さわやか梅風味です!」と言います。梅とバナナって間違えるかな・・・私の味覚(嗅覚?)ってそんなに変???と思うのですが、正直にここでは「バナナ風味」と書いておきます。

 

腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ

 







最終更新日  2009年01月25日 16時56分14秒
コメント(6) | コメントを書く


今日の日記は猫が対象なのではなく、人間が対象です。

ーーーーー以下、OS-1のパンフレットより抜粋ーーーーー

ORS(Oral Rehydration Solution)=経口補水液とは

水分と電解質をすばやく補給できるようにナトリウムとブドウ糖の濃度を調整した飲料です。

1970年代のコレラ感染による下痢に伴う脱水状態時にORSの使用をWHOが推奨して以来、発展途上国を中心に大きな成果をあげました。

その後何度かの改定を経て現在にいたります。

ORSによる水・電解質の補給は点滴のような特殊な器具や技術が不要なので、安全かつ簡便という利点があります。

状態が安定していて経口摂取可能な方の水・電解質補給方法の一つとして、ぜひORSを選択肢に加えてください。

ーーーーー以上ーーーーーー

 

試飲した感想 「ポカリスエットから甘さが減って塩味が増えた味」

猫さんの脱水に対してもORSの有効性が確立されるといいのですが・・・。私としては、(救急な場合を除いて)輸液するより自宅で経口で水・電解質を補給させたいので。 

 

余談ですが。 

私が始めてこの商品を大塚製薬の営業さんから紹介された時は、「夏のライダーの脱水対策にいいんじゃない・・・」と思いました。

ある日、「八耐のスポンサーになって、この商品をライダー達にアピールしなよ」と営業さんに勧めたのですが、「いや、これ、病者用食品ですから・・・」とむげに断られました。(ちぇっ)

 

腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ


 







最終更新日  2009年01月25日 16時32分54秒
コメント(0) | コメントを書く

 

9猫飼いさんよりコメント欄で情報をいただきました。(ありがとうございます!)

赤ちゃん用の体重計を猫さん用として使っていらっしゃるそうです。

 

ざっと検索し、上記のベビースケールが

(1)価格 15800円

(2)精度 0~10kgまで10g単位で測定できる

の2点において「いいな」、と思います。

 

余談ですが。

私、このショップで買い物した事あります。職場用の塩素濃度計をここで買いました。名刺が同封されていて、その名刺には小さな温度計がついていました。

腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ







最終更新日  2009年01月25日 16時01分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月24日

もし、でんが脱水になったらどうするか? を考えました。

(1)まず主治医のところに連れて行く。

(2)症状が落ち着いて自宅管理になったら、デジタル体重計(コンマ2桁まで正確に測れる体重計)を買いにいく。

(3)必ず朝晩一日2回は体重を測る。

脱水にせよ浮腫にせよ、体液の異常(不足・過剰)は体重の増減に現れます。
短期間での体重の増減は体内の水分量の増減だと推測できますので、まずは体重測定をします。

脱水の程度と症状(「輸液・栄養読本」 株式会社大塚製薬工場作成)によると、人間の場合は
体重減少3%ので軽症の脱水
体重減少6%で中等症の脱水
体重減少9%で重症の脱水
となっています。

目安として5%の体重減少(でんは今、4.5kgなので、225gの体重減少)があったらすぐに獣医さんのところに連れて行きます。

もちろん体重減少がなくても、様子がおかしかったらすぐに獣医さんのところに連れて行きますが、体重の変化に気をつけていたら、より早く脱水に対応できるかもしれないな・・・と思っています。(でも間違っているかもしれません)。


蛇足かもしれませんが…
体重計は得意な範囲が決まっているそうです。(得意な範囲を外れると誤差が大きくなるらしい)。人間を計る前提で作られた体重計は、おそらく得意範囲は30kgから120kgくらいでしょうから、猫さんをそのまま乗せても正確には計れないかもしれません。
猫さんの体重を人間用の体重計で測定するときは、抱っこしてから計り、自分の体重を後で引いて算出してください。


腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ

 







最終更新日  2009年01月24日 23時18分37秒
コメント(4) | コメントを書く

なぜ(腎不全の)猫さんに脱水が多いのでしょうか?

これは完全に私個人の考え、推測ですので、「いや、違うだろう」というご意見がございましたらぜひコメント欄にお寄せください。

前回の拙日記で大きく二つの理由をあげました。今回はもう少し細かく考えてみようと思います。

(A)尿量を減らせない

1)もしかしたら、腎機能が低下したために、尿が濃縮できなくなり、薄くて大量の尿が出るためかもしれない。
2)もしかしたら、腎機能低下とは別に、ADHの分泌に障害があり、尿量が減らせないのかもしれない。

(B)水を飲めない

1)もしかしたら、のどの渇きを認識できないでいるのかもしれない。(人間でも高齢になるとのどの渇きは感じにくくなるといわれています)。
2)もしかしたら、のどが渇いていても、それをうまく飼い主さんに伝えられないのかもしれない。

(C)その他

1)もしかしたら、人間よりも体重あたりの水分量が少ないのかもしれない。(人間は体重の約60%が水分ですが、猫さんはそれよりも少ないのかもしれない)。ゆえに少量の水分の喪失で容易に脱水になるのかもしれない。

 

腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ

 







最終更新日  2009年01月24日 22時52分38秒
コメント(0) | コメントを書く
なぜ猫に脱水が多いかを推測する前に、なぜ私(健康な人間)は脱水にならないのでしょうか?

(1)発汗などで体から水分が失われると
(2)体液の浸透圧が上がる。
(3)体液の浸透圧が上がると、抗利尿ホルモン(ADH) の分泌が刺激され、尿量が減る。
(4)また、浸透圧が上がると、口渇中枢が刺激され、のどが渇く。
(5)のどの渇きにより水を飲む事と、尿量を減らすことで、体内の水分を保持しようとする。


…という事から推測すると、猫さんに脱水が多い理由は

(A)尿量を減らせない
(B)水を飲めない

どちらかなのではないかしら・・・と思ったのです。(続く)

(猫さんに脱水が多い理由は完全に私個人の考え&推測ですので、「それ、違う」というご意見ありましたら、ぜひコメント欄にお寄せください)

腎不全で苦しむ猫さんを減らしたい。と思って続けているブログです。

猫ブログ

 







最終更新日  2009年01月24日 22時21分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.