000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

盆栽投資日記

盆栽投資日記

2005/02/02
XML
カテゴリ:思い出話
ワオ・コーポレーションで損した私は思いました


「将来の利益がある程度予想できて、これ以上下がらないくらい割安な株を探そう」


ということでやっとPERやPBRなんかの指標を
勉強しだしました。


狙い目の株は
・現在の資産に対して株価が大幅に割安な株(PBRが低い株)
・間違っても赤字になるような企業ではなく安定して配当を将来も出せるような株
・身近にある企業で業務内容が自分にも理解できるような株

でした

・・ということで買ったのが

マルキョウという株です

買った理由は
・PBRが大幅に低い(確か0.2ぐらいだったと思います)
・配当を安定して出しており業種がスーパーなので将来的に赤字になるようなことは考えにくい
・この店舗でバイトで働いた事がありなじみがある。

ということによるものでした



・・ということで
結果、私はこの株ではなんとか利益を得る事ができました。

出来高が少なく、値動きがあまりなかったのでじれったい思いはしましたが
買値から全然株価が下がることがなかったです。

まぁ今考えればマルキョウも買う株の基準として
いろいろとツッコミたいところはあるんですが
株を買う基本的な考え方は間違ってないと思ってます



証券分析の父、グレアムの言葉にこんな言葉があります

計量的に割安な株で分散投資されたポートフォリオを積み重ねていくことこそが、ほとんどの人にとって最も適した投資手法である


私の場合でももし

「株の指標の内どれか一つだけしかみないで投資する」

なんて「制限プレイ」をつけて株式投資をするとしたら
迷わす「PBRだけをみて投資する」を選びます


ハズレ企業が多いROEやROAだけをみて投資する
なんて怖くてできないですからね

「低PBR銘柄はパフォーマンスが高い」

なんて過去のデータもあるみたいですし
もしかしたらこの「制限プレイ」で株をするだけで
安定してインデックスに勝てるかもしれませんね











最終更新日  2005/02/02 07:15:53 AM
コメント(2) | コメントを書く
[思い出話] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.