000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

盆栽投資日記

盆栽投資日記

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

お気に入りのモノの話

2013/07/12
XML
ロレックスの時計を買いました。
オイスターパーペチュアルデイトというモデルです。



買ったのは中古品です。
新品は買った瞬間に「新品プレミアム」がなくなりValueが激減しますからね。
箱が無いモノだったので、お値打ちな価格でした。



ロレックスの時計と聞いて「浪費じゃないの?」と思う人がいるかもしれません。
でも、そうでありません。

ロレックスは中古品といえ、売買相場が安定しているので、売値と買値の差が、それほどでもないのです。
たぶん15年後に売却しても、そこそこの価格で、速やかに、確実に売れます。
もしかしたら、買値とそう変わらない値段で売れるかもしれません。




・・・




1.保有している期間の満足度
2.無くしてしまうリスク
3.売却時の想定価格と買値の予想差
4.オーバーホール等の想定修繕費用
5.何十万もの、お金を「時計の形」で寝かしてしまうことになるので、
  仮に、その資金を運用した場合の運用益との差額



上記を総合的に、考えて、意志決定しました。
一流の個人投資家なら5の差がスゴイので、機能的に問題ない安価な時計にするのかもしれませんが、
私は1を重視したいので5は無視しました。



誰でも持ってる感のあるロレックスですが、実際つけてみるとホント品質は素晴らしいです。
仕事も、がんばれる感じで、気分が良いです。








最終更新日  2013/07/13 03:20:08 AM
コメント(0) | コメントを書く


2011/06/18


GEKKOのカットソージャケットです。
一時期、こればーっかり着てました。

キチンとしてるけど、気心地はカーディガンぐらいなんで、
これで飲み会にいって、「上着かけますか?」と言われても「いいです」といつも答えます。
リラックスできます。

ただ、ちょっと値段が高いのと、着るときに、細いせいもあって、
袖を通しにくいのが難点かな。

3年前ぐらいに買って、着倒したので、さすがにくたびれてます(笑)








最終更新日  2011/06/18 04:54:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/09/24
靴の修理をしました。




修理したのはコレ。






ロイド・フットウェアのストレートチップ。
買ったのは8年前かな?
ずいぶん前です。



前に普通の靴修理の店に持っていったら、
中のシートを黒い変な色のシートをつけられて雰囲気が台無しになっちゃったので、
今回は専門の所に持って行きました。



ヒールなんかは、普通、ビブラムソールだとかの品しか置いてない店が大半なのに、
この店はオリジナルのダイナイトソールも置いてあったり(今回はビブラムで対応)
中のシートも元のヤツと同じ色合いの革を選ばせてくれたりと、なかなかナイスな対応。



いいかげんソールの全交換もしなければと思っていたけど、
靴底を見てもらって「まだいけますよ。」とのお言葉。
良しと思い預けて1週間。。。



戻ってきました!!

HI370043.JPG


中敷および巻革の色は原色に近い肌色で質感もグッド。
ビブラムソールも良い感じです。
いやー見違えるようにキレイになりました。


HI370041.JPG


で、8年経過して今回修理したのがこの靴。
上の新品の写真と比べてみるのも興味深い。




ロイドの中では一番安いタイプだけど、
キチンと手入れすれば、まだまだ履けそうです。








最終更新日  2007/09/25 01:21:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2007/09/16


前からコップは100均で買ったやつを使っていたのだけど、
さすがに長期使用ってどうなの?と思っていた今日この頃。
「お客さんが来たとき用も含めて考えて何か買おう」!と。



結果、DURALEXのコップとなりました。
今回は6個セットで購入。



適度な重さが良い感じ。やっぱりプラスチックよりコッチだな。
口が広いので洗うのも楽です。



長く使えそうです~。








最終更新日  2007/09/16 08:29:44 PM
コメント(1) | コメントを書く
2006/11/23



BRIEFING B4 Liner



仕事用に使うカバンを変えてみました。
ブリーフィングのB4ライナーです。



前はTUMIのカバンを使っていたのですが、
TUMIのカバンって、みんな持ってますからね。
被ることが多いわけです。



社外の人と被るならともかく、
社内の人と同じカバンだと気まずいです。
目上の方だとさらに・・・。



ブリーフィングのカバンは、
TUMIほどに持ってる人が多くないので、その点安心です。
被ることはあまり無いと思います。



ポケットが多くて使いやすいです。
TUMIほど重くないのもポイントです。



ただ、ちょっとカジュアルっぽい印象はあるので、
硬い会社に勤めている人は厳しいかな?



ずっと売り切れだったので買えて良かったです。








最終更新日  2006/11/23 08:46:03 PM
コメント(4) | コメントを書く
2006/09/06
ポラロイドI-zone



インスタントカメラのオモチャみたいなヤツ。
結構、気に入ってバシバシ写真とってます。



ケータイデジカメでさえ200万画素とか300万画素になってるこの時代。
明らかに画質で劣るこのカメラの存在は薄い感じなんですけど、




不思議な魅力があります。




このカメラの魅力はプリクラみたいに手帳に直ぐに貼る事ができる事です。
私の場合、いつも携帯しているモールスキンの手帳に貼っています。
ヒマなときボンヤリ見ることができるのが楽しいです。



デジカメでも同じような事はできるのだけど、
データから写真という形になるまで手間と時間がかかるんですよね。
その点、このカメラは「撮る→貼る」の一連のアクションが簡単にできて良いです。



フィルム代も写真が小さいので他のポラロイドのフィルムより安いです。
生産中止なのでいつまで買えるのか分からないけど、できるだけ長く使っていきたいです。








最終更新日  2006/09/07 03:46:21 AM
コメント(4) | コメントを書く
2006/06/04
久々に靴磨きをしてみる。



革靴を長持ちさせるためには必要不可欠なものです。
最近サボり気味なので一通りやる。



1)全体的なブラッシング


でっかいブラシで靴全体をブラッシング。
ホントは毎日やらなければいけないのだろうけど
忘れがち。




2)ステインリムーバーで汚れを落とす


汚れがよく落ちる魔法の水


M.モゥブレィ ステインリムーバー


これとシャツの切れ端を使い靴の汚れと古い靴墨なんかを落とす。
革の表面がサラの状態に戻るのがよく分かる。
靴が「気持ちいい!ああさっぱりする」と言っているように思える。


うん。




3)デリケートクリームを塗る


革に潤いを与える魔法のクリーム


M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)デリケートクリーム


これは気分次第でやるときとやらないときがある。
革の表面がカサカサになってきてる感じがしたらこれを使う。




4)コルドヌリ・アングレーズのビーワックスを塗る


蜂から分泌されたワックスを配合した魔法のワックス(魔法ばっか!)


コルドヌリ・アングレーズビーワックス◇【ミディアムブラウン ガラスビン・100ml】


ツヤが抑え目なところとなんとなく高級感があるのが良い。
あんまりたくさん使うとダメ。
ほどほどが良い。




5)ブラシで全体的に靴墨を行き渡らせる。


サッサッと全体的にまんべんなくやる。




6)グローブクロスで靴全体を磨く。


こんな感じのヤツ(ブランドこだわり無し)
で全体を磨く。


M.モゥブレィグローブクロス◇【スポンジタイプ】


ビーワックスの場合は一生懸命磨いたところで、
それほど艶がでるわけでは無い。
これもほどほどで。




7)まとめ


なんども靴磨きをしてくると靴への愛着が生まれてくる。
気持ち的にも落ち着いていい感じ。


そろそろ修理にださないといけない靴もいくつかあるなぁ・・・。
さてさて。








最終更新日  2006/06/05 03:31:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/05/29
徳島県の鳴門にある


大塚国際美術館


に行ってきました。




行く前の知識はオロナミンCで有名な大塚グループの美術館らしいってぐらいのもの。
なんの下調べもせずに現地にいってきました。




で、




まず驚いたのが値段。



なんと、



3150円!!



「えー!普通は美術館の入館料って1000円ぐらいのもんでしょ。
3150円(しかも駐車場代が別途200円かかる)って絶対ボッタクリだ!!」



とは思うものの仕方ないのでお金を払って美術館のなかに入る。
すごい長いエレベータを上がってみると・・・。



レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナリザ」  ゴッホ「ひまわり」   ムンク「叫び」  レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」  ピカソ「ゲルニカ」   ミレー「落穂ひろい」   ミケランジェロ「最後の審判」   モネ「睡蓮」  ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」   フェルメール「真珠の耳飾の少女」・・・。




等々の教科書の中で見た事のある絵ばっかり!





凄い!





・・・。




と思ったのは最初の10分だけでした。
実はこれらは全てセラミックに原寸大で印刷されているレプリカ。
つまりニセモノなのです。



表面がツルツルしているのでまぁ分かりますよね。
大きな絵だとセラミックのつなぎ目も分かるし。



最初にその事に気づいたときはちょっとガッカリしました。
でも、これだけの絵をこのような形で一覧で見れるというのは
それはそれで価値のある事なのだと思います。



ちなみに私が一番いいなと思ったのは音楽が流れるスクロヴェーニ礼拝堂です。
この中に入るとなんか別の次元に入ったみたいな不思議な感じがして良かったです。
なんか美術館というより博覧会のアトラクションって感じに近いけど。



美術館めぐりが好きな本物志向の方はやっぱりダメなのだろうけど、
たまにはこのような非現実的な空間に浸るというのもいいもんです。
頭の中がカラッポの状態になってすっきりします。









最終更新日  2006/05/30 09:58:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/05/14
最近、洗濯機を買い換えました。



前の洗濯機は人からもらった古い洗濯機でして、
まぁ、普通に使うには問題ないのですがフタの一箇所が割れていまして・・・。



"割れ窓理論"を持ち出すまでもなく、この壊れた洗濯機を長年見続けるというのは、
おそらく私自身の心に悪影響を及ぼすのではないだろうかと思いまして、
思い切って新しい洗濯機に買い換えました。



(結構な額の商品券を頂いたのも理由の一つ)



で、買ったのはコレ。



【限定入荷】世界初!「空気(オゾン)で洗う(除菌・消臭)。」洗濯9kg 乾燥6kg三洋ドラム式洗濯...



世界初!空気で(オゾン)で洗う!ドラム式洗濯乾燥機(AQUA)



この「オゾンで洗う」という箇所に惹かれて買っちゃいました。



まぁ、実際はオゾン自体で洗うというのではなく、
洗う前に、



オゾンパワー・・・ 注入!<(・ω・)



とオゾンを洗濯物に注入して、
このオゾンパワーのおかげで汚れが落ちやすくなるそうです。
たぶん、いやおそらく、そんな気がします。



あとオゾンだけでなくドラム式洗濯乾燥機なので、
乾燥機も使えるのですが、


乾燥機って、



すごーく 便利



です。


乾燥時間を長めに設定すればもう外に干さなくて良くなります。
洗濯物を干す時間、洗濯物をとりこむ時間が節約できます。
もっと早く買っておけばよかったです



このまえの「一瞬でシャツをたたむ技」
との組み合わせで服を洗濯するのが楽しくなりました。



・・・。



それと、えーっと、
店頭でこの洗濯機を見たときに、



「ドラゴンボールっぽい?!」



って思ったのは私だけでしょうか?
あ、いや、中に入ったら体力回復しそうっていうかそんな感じ。
デザインが”未来”を意識させる洗濯機というのも気に入っています。








最終更新日  2006/05/15 12:44:39 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/04/02
リネン100%ノンパイル・バスタオル 0325アップ祭10 0330アップ祭10




帝国繊維のアイリッシュ・リネンのバスタオル。
北アイルランドのハードマンズ社の麻糸を使っています。



リネン・・・って知ってますか?
吸水性と乾燥性が抜群で、かさばらない素材、
らしいです。



"らしい"というのも私、
このタオルを買うまでリネンって、
見たことも触った事もなかったんですよね。



いろいろ調べていくとかなり評判が良いので、
思い切ってネットで注文。
実物を見た感想は・・・



「この薄っぺらい布切れが5,000円だぁ?失敗した」



です。



・・・とはいえ使ってみないと評価はできないし、
と思い風呂上りに使ってみると・・・



「!!!」



驚きました。
サッと軽くタオルを使うだけで吸水してくれる・・・。
念入りに体をふかなくても全然OKです。



髪も直ぐに乾くので、ドライヤーが要らなくなりました。
毎日のドライヤー時間を節約できます。



これほどまでの素材だったとは・・・。
リネン恐るべしです。



マイお気に入りランキングで、
このタオルが一気にランキングベスト3に入ってしまいました。



___________________________________________________________________________________________________________________________________



実はこの帝国繊維。
私は株も持っているのですが、
今までこの企業のメイン商材の"リネン"ってよく知らなかったんですよね。



今はネット社会ですから、リネンの画像を見たり、リネンの説明文を読む事は簡単にできます。
ある程度は、そうする事でリネンがどんな素材なのかは理解できます。
でも、どうしても手触りとか、吸水性だとかは、実物を見てみないと実感できません。



今回、この商品を使ってみて、なるほどリネンがどんな素材なのか良く分かりました。
帝国繊維が安定して高ROICなのも納得です。



・・・。



短期保有か長期保有か、または、理系か文系かみたいな事も関係しているのでしょうけど、
私の場合、投資先の企業のコア商材を何らかの形で実感したいという気持ちが強いです。



この帝国繊維だったら、
リネンがどういう特性を持つ素材なのか?
触ってみたいし、



ダヴィンチだったら、
運用している不動産はどんな不動産なのか?
見に行きたいし、



岩塚製菓だったら、
作っている煎餅の味は美味しいのかどうか?
食べてみたいし、



当然、それだけではダメだということは理解しているつもりですが、
どうしても切り離して考える事はできません。



投資パフォーマンスが高いとか、低いとかとは別の意識、
なんというか探究心を満たすみたいなものでしょうかね。









最終更新日  2006/04/04 12:36:45 AM
コメント(2) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.