665240 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

iNocci's 旅のLounge

PR

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

国際線(Fクラス)

2011.04.19
XML
テーマ:航空業界(1642)
往路と同じようにキャビン探検…その4はデジャヴ?

ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その14
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part5 JL732>(Dinner)


本当にラスト搭乗となるであろうJALのB747-400国際線仕様。
機材番号まで往路(昨日)と同じですが、とりあえず取材うっしっし

HKG124-B744階段.jpg
『B747-400のキャビンの特徴 - 階段があると探検のしがいがある(笑)』

HKG125-エコUpperDeck.jpg
『アッパーデッキのエコノミークラス - 見方によっては小型機?』

HKG126-ビジMainDeck.jpg
『メインデッキのビジネスクラス - 旧タイプの座席はチト狭い印象が』

HKG127-右側主翼.jpg
『左側主翼の写真 - ウィングレットもあり好きなアングル』

HKG128-エコMainDeck.jpg
『メインデッキのエコノミークラス - ほぼ満席』

で、ファーストクラスに戻り往路と似たような写真を念のために撮ります(汗)

HKG129-First後方.jpg
『ファーストクラスを後方から - この何もない空間は何とも贅沢』

HKG130-SeatPitch1.jpg
『シートピッチチェックを横から - フルフラットにしても余裕』

HKG131-SeatPitch2.jpg
『シートピッチチェックを縦から - 今回ケロヨンは登場せず…』

HKG132-SeatPitch3.jpg
『記念に?一番前の列を(成田で)撮影 - ソロタイプじゃないけど十分』

HKG133-MiniBar.jpg
『ファーストクラス後方にあるミニBAR - お洒落にディスプレイ』

と、とても満足致しました

これだけ動き回れば4時間のフライトもあっという間泣き笑い
気付けば降下を開始しておりました。

で、その時のできごとを2つほど。

【1つめ】
帰りの便も「JALのB747-400に乗りたくて旅行してます」と挨拶の時にCAさんに正直に白状したところ、CAさんの手書きのメッセージや小さな模型(子ども向け?(笑))他を丁寧なご挨拶と共にいただきました
チト恥ずかしかったけど、とても嬉しかったですあっかんべー

【2つめ】
これは前方に座っていた人にですが、どうやら誕生日が近かったらしく(小さな声ですが)3名のCAさんによるハッピーバースデーの合唱がありました。
あと、プレートを特別につけた機内食用のケーキが振る舞われていたような?
同様に、チト恥ずかしそうでしたが喜んでいた感じでした泣き笑い


う~ん、さすがファーストクラス!
この日は8名の乗客を3名のCAさんが担当するだけあって、細かいサービスです目がハート


その後、20:08にR/W16Rに着陸し10分後にスポットインしたら、贅沢すぎる1泊2日の香港旅行も終了。「やっぱりファーストクラスは別世界!」という満足感と、次はどうやって乗ろうかを考えつつ入国審査場に向かいます。


--- <Part6 Japan>(ホテル日航成田)へ続く ---



 ~雑談~

 本来であればココで旅行も旅行記も終了なんですが、この時は愚かにも、更にJALに
 魂を売って国内も移動します(笑)
 もう少しだけ、この旅行記にお付き合いいただけると嬉しいです。


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.05.11 23:43:40
コメント(4) | コメントを書く


2011.04.18
テーマ:航空業界(1642)
さぁ! 胃袋耐久レース・ファイナルラウンド、開始です(笑)

ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その13
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part5 JL732>(Dinner)


上空にのぼり安定飛行に入ると、機内サービスの開始。
まずはウェルカムシャンパンが振る舞われますカクテル

HKG113-WelcomeDrink.jpg
『JL732便Fクラスのウェルカムシャンパン - B747-400に乾杯(笑)』

続いて食事の準備が始まり、テーブルクロスが敷かれて、おつまみがサーブされます。
飲物は調子に乗って「森伊蔵」すーっと飲める美味しいお酒でした。
(下戸な私が、よく飲みきったと、我ながら感心(爆))

HKG114-おつまみ.jpg
『食前のおつまみ - 飲物は水と見せかけて芋焼酎の森伊蔵』


続いて、ディナー用にテーブルセットがされます。

HKG115-TableSet.jpg
『これより胃袋耐久レースの開始!』

では、昨日の往路に引続き、フルコース料理をご堪能下さい音符


前菜:
 タンドリーチキン/パルムハーツ/フェタチーズ

HKG116-前菜1.jpg
『前菜のタンドリーチキン他 - 飲物はドイツワインの白』

HKG117-前菜2.jpg
『ちょっと雰囲気を出して同行者の前菜を撮影♪』


スープ:
 キャロットレモングラススープ

HKG118-スープ.jpg
『キャロットレモングラススープ - 美味でございました』


サラダ:
 低農薬特別栽培のフレッシュサラダ

HKG119-サラダ.jpg
『機内でシャキシャキした野菜を食べるのは贅沢なこと』


メイン:
 牛フィレステーキ へーゼルナッツと香草風味 ポートワインソース添え

HKG120-メイン肉.jpg
『往路と同じく牛肉料理をチョイス - 美味でございました』


※なお、この他にチョイスできる料理は…
  ・リングイニパスタ トマトとマッシュルームのソース添え
  ・舌平目のソテー レッドペッパーオリーブサルサ添え
  ・京料理のコース



デザート:
 チーズ、フルーツ、ケーキの取り合わせ

HKG121-デザート.jpg
『デザートはカートでサービス - CAさんが撮影』

HKG122-フルーツ.jpg
『私のデザート - フルーツ取り合わせ』

HKG123-ケーキ.jpg
『同行者のデザート - ケーキの取り合わせと紅茶』

とても満足!スマイル
マジで限界を迎えたので、しばしフルフラットにして休憩眠い..


--- <Part5 JL732>(Cabin)へ続く ---



 ~雑談~

 ファーストクラスの食事、さすがのお味と分量です。
 そして、これを味わえるクラスを利用する場合は、もれなくラウンジミールが
 付いてくるんですよねー。
 そしてマニア魂で両方を履修し、毎度大変なことになってしまうわけです(笑)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.05.10 23:45:58
コメント(8) | コメントを書く
2011.04.17
テーマ:航空業界(1642)
二日連続で国際線ファーストクラスに搭乗。あまりにも贅沢すぎる行程です(汗)

ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その12
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part5 JL732>(Boarding)


【日付】 2010/09/10
【区間】 Hong Kong (HKG) → Tokyo (NRT)
【距離】 1,823 miles
【便名】 JL732
【航空】 Japan Airlines
【機種】 B747-400 (JA8077)
【座席】 02H (First Class)
HKG020-Map_JL731-732.jpg


ラウンジ巡りで体力を使った感がありますが、ここからがメインウィンク
搭乗時刻も迫ってきたところで、JL732便の搭乗口40に向かいます歩く人

って…直ぐに搭乗はせずに、ゆっくりと写真を撮ってから搭乗するのが、最近の流れ(笑)

HKG105-JL732_B744右横.jpg
『JL732便・香港行き B747-400(JA8077) - 昨日の往路便と同じ機材番号』

HKG106-JL732_搭乗券.jpg
『JL732便ファーストクラスの搭乗券 - やっぱり面白味がない…泣』

JALのB747-400国際線仕様を撮る機会は、ここが本当のラストになると思われるので、心ゆくまで写真撮影を楽しみますカメラ
満足したところで、白黒の面白味のない搭乗券を手に改札を突破。

HKG107-JL732_搭乗案内.jpg
『搭乗口40の出発案内 - 只今搭乗中♪』

HKG108-Gate40.jpg
『出発改札 - ファースト・ビジネス・上級会員は左側へ』

HKG109-Gate40搭乗.jpg
『ボーディングブリッジに入る前でも撮影 - 香港のは全面ガラス張りで素敵』

HKG110-JL732_B744左横.jpg
『更にJL732便をアップで撮影 - 退役すると思うと価値も上がる?』

ボーディングブリッジへは、手前の通路からは入ります。
(香港は手前がアッパークラス、奥がエコノミークラスと分かれています。)

この辺から、ウキウキ感も更に加速!きらきら

HKG111-ブリッジ入口.jpg
『ボーディングブリッジの分かれ目 - 今回は手前を左折』

HKG112-JL732_L1ドア.jpg
『いよいよ搭乗! - ドアから入る直前の写真を撮る習慣が(笑)』

搭乗券を見せて、座席まで案内してもらったら、担当のCAさんより
「iNocci様、本日はJALファーストクラスのご搭乗ありがとうございます。担当の○○です。…」
と挨拶をうけ、アメニティを貰いつつ、リラクシングウェア(機内着)にトイレで着替えます。

この辺りで、既にファーストクラスのサービスにメロメロになっております目がハート(笑)

さて、JL732便は定刻の15:00にプッシュバック開始。
滑走路に移動中に、今度はチーフパーサーさんからご丁寧な挨拶をいただきます。

そして、15:21ぶR/W25Rより離陸します。
いよいよ胃袋耐久レースの最終ラウンドの機内食、開始です(笑)


--- <Part5 JL732>(Dinner)へ続く ---



 ~雑談~

 この機内着、なかなか着心地がよいもので、何よりも嬉しいのは持帰り可能。
 襟のタグに「JAL First Class」と入っているのもマニア心を捉えております♪
 当然に往復とも頂いたので、スーツケースの半分は空の状態で、かつ、お土産も
 買っていないのに、成田の時点では入りきらないほどの荷物に…
 さすがです、ファーストクラス(笑)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.05.13 22:02:32
コメント(3) | コメントを書く
2011.04.10
テーマ:航空業界(1642)
JALのB747-400のファーストクラス(スカイスリーパー)を完全取材!

ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その6
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part2 JL731>(First Class)


機内食も終わり、機内が静まった頃に、いよいよファーストクラスの取材。
まずは、ボタン1つで曇ったり外が見えたりする窓のあるトイレから…

HKG051-First用トイレ.jpg
『ファーストクラス用のトイレ - 窓があるのが特徴的』

世界的にも珍しいと思われるこのトイレ窓、私の中ではファーストのシンボルの1つだったりしますうっしっし

さて、キャビンに戻り取材続行カメラ

HKG052-FirstClass1.jpg
『ファーストクラスの様子を後ろから - ジャンボ(B747-400)の鼻の部分に12席』

HKG053-FirstClass2.jpg
『ファーストクラスの様子を前方から - この何もない空間がファーストの余裕?』

HKG054-雑誌とお酒.jpg
『壁のところに雑誌類やお酒・飲物が常備 - ただし自分で取りに行くことはナイ』

はい、この広い空間がファーストクラス。
ビジネスなら3席、エコノミーなら5席は置くであろう空間、ちょっと贅沢すぎ?
(新しいソロタイプの機材は、この真中の空間にも座席があったようです。)

なお、ギャレーとの間の壁には、常に雑誌類、お酒、飲物、御つまみ等が常備されておりましたグッド
まぁ、簡単なバーですねカクテル

ただし、CAさんも常にコチラに気を配ってくれているので、自分で取りに行くことは稀です(笑)


では、お次は座席チェック!

HKG055-シートピッチ.jpg
『シートピッチチェック - 窓4つ分のゆとりの空間』

HKG056-フルフラット.jpg
『フルフラットにした状態の座席 - 寝心地も良い』

HKG057-ケロヨン.jpg
『もちろん贅沢者のケロヨン登場! - ファーストクラスにご満悦?』

HKG058-FirstClass3.jpg
『機内の様子を同行者の座席から - B747-400の先頭部分も個室感があって好き』

【動画】JALのB747-400ファーストクラスの様子はコチラ

ケロヨンも登場したし、大満足であります!ウィンク

こんだけ暴れれば4時間チョイの香港への旅も、あっという間。
香港時間13:08にR/W25Rに着陸し、13:15にスポットインしたら、夢のような空の旅も終了下向き矢印

HKG059-香港空港カート.jpg
『各社ファーストクラス利用者はカートでイミグレまで運んでくれる』

お世話になったCAさんに挨拶をし降機バイバイ
ゲートでスタンバイしているファースト客用のカートでイミグレまで進み、香港入国となります。


--- <Part3 香港>(Stay)へ続く ---



 ~雑談~

 ファーストクラス、1人のCAさんに対する乗客数は3人程度。
 そのため、担当CAさんは、こちらとの会話の内容をよく覚えておりました。
 (あまりに奇抜で要チェック人物と思われたのではない!…多分)
 そして、降機時ともなると知り合いのような感覚になっている気分です。

 近距離便では姿を消した日系のファーストクラス、また設定されないかなぁ~


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.04.21 23:21:00
コメント(4) | コメントを書く
2011.04.09
テーマ:航空業界(1642)
フルコースの機内食をお楽しみ下さい♪

ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その5
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part2 JL731>(Lunch)


機内の撮影も満足し、ひと段落したところで機内食スタート!食事
まずは、大きな座席テーブルに、真っ白なテーブルクロスを敷いてくれます。

なお、各サービスは(足元に余裕があるため)前方からお辞儀つきで行ってくれますグッド
他のクラスのように横から…ではないから、通路側の人に迷惑を掛けることもナシ?

HKG041-Menu.jpg
『Fクラス用のメニュー&ワインリスト - シェフのおすすめメニュー(洋食)を選択』

HKG042-TableSet.jpg
『こんな感じでセットされる - リボンがお洒落』

HKG043-パン.jpg
『料理に先立ってパンがサーブされる - 右側が米粉パンだったような』

では、ここからフルコース料理をご堪能下さい音符


前菜:
 フランス産鴨のフォアグラ ポテト、トマトコンフィのミルフイユ

HKG044-前菜.jpg
『前菜のフォアグラ - 飲物はボルドーの赤』


スープ:
 コンソメスープ じゅん菜添え

HKG045-スープ.jpg
『コンソメスープ - 国内線の飲物としてもあるが全然別物(笑)』


メイン(自分):
 特選和牛フィレ肉のシャトーブリアンステーキ
 ポートワインとバルサミコ酢のグレービーソース


HKG046-メイン肉.jpg
『メインの牛肉料理+低農薬特別栽培のフレッシュサラダ』

赤ワインの銘柄:
「Chateau Leoville Poyferre」
「Bouchard Pere & Fils Chambolle-Musigny」

さすがに、結構なお値段するのね…びっくり


メイン(同行者):
 舌平目のパンソテー ラタトゥイユのソース

HKG047-メイン魚.jpg
『メインの魚料理 - ワインはドイツの白』


※なお、この他にメインとして鶏料理を選べます。また京料理のコースもあります。


デザート:
 世界のチーズ取り合わせ、フルーツ取り合わせ
 バニラアイスクリーム、オレンジチーズアイスクリーム


HKG048-デザート.jpg
『デザートはカートでサービス - 好きなモノを好きなだけ選べる』

HKG049-フルーツ.jpg
『私のデザート - フルーツ取り合わせ+アイスクリーム2種』

HKG050-チーズ.jpg
『同行者のデザート - チーズ取り合わせ+バニラアイス』

とても満足!スマイル
お腹もきつくなったので、しばしの休憩をします眠い..


--- <Part2 JL731>(First Class)へ続く ---



 ~雑談~

 この便のチーフパーサーさんは、ソムリエの資格をお持ちの方でした。
 (葡萄の形をしたピンバッチをしていたので、多分そうでしょう。)
 自分には無縁の資格なだけに、さすがファーストクラス、凄いな~と感心しました。


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.04.21 23:29:39
コメント(4) | コメントを書く
2011.04.08
テーマ:航空業界(1642)
最後となりそうなJALの国際線ジャンボ搭乗、故に全クラスの取材を!

ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その4
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part2 JL731>(Cabin)


最初のシャンパンのサービスが終了して、次の機内食サービスが始まるまでの間に、折角なので他のクラスも撮影うっしっし
(この時間帯なら、エコノミーもカートがでていない可能性が高いので、移動がスムーズ…のハズが実際にはカートがでていました(汗))

まずはL2ドア付近にある階段をあがり、アッパーデッキのエコノミークラスより開始。

HKG031-B744階段.jpg
『ジャンボ機の象徴? - 機内にある階段を上に』

HKG032-エコUpperDeck.jpg
『アッパーデッキ(エコノミークラス)の様子 - 個人的には好きな空間』

次に、メインデッキに戻り、手前のビジネスクラスから後ろのエコノミークラスに向かいます歩く人

HKG033-ビジMainDeck.jpg
『ビジネスクラスの様子 - ビジネスクラス後方より』

HKG034-右側主翼.jpg
『進行方向右側の主翼 - このウィングレッドがB747-400』

HKG035-エコMainDeck.jpg
『エコノミークラスの様子 - メインデッキ後方より』

なお、この日の搭乗率は見た感じ、ほぼ満席でしたびっくり

一通り歩いて&撮影して満足したところで、自分の座席に戻ります歩く人

HKG036-ファースト.jpg
『ファーストクラスの様子 - この便で空席があるのは多分ここだけ』

HKG037-Coke.jpg
『座席に戻るとドリンクのサービス - コーラを頼む』

HKG038-Tea.jpg
『同行者が頼んだ紅茶 - こちらの方が正解だったか』

座席に戻ると、ランチの前のドリンク(+おつまみ)のサービス。
食事に合わせてワインを頼もうと思っているから、ここは大人しくコーラをお願いします。

が…コーラは至って普通。写真栄えを考えるなら紅茶が正解でした(笑)

HKG039-大阪上空.jpg
『気付けば既に大阪上空 - 天気が良いためよく見える』

HKG040-関西空港.jpg
『関西空港だけをアップで撮影 - 原寸大では離陸中の飛行機も写っていた』

さて気が付くと、機は既に大阪上空。
ファーストに乗って、機内を歩き回っていると、大阪もあっという間(笑)

そして…いよいよフルコースによる機内食の始まりです音符


--- <Part2 JL731>(Lunch)へ続く ---



 ~雑談~

 実は、チーフパーサーさんの挨拶の際に「今回はジャンボの引退を惜しんで乗ります」
 お伝えしたので、我々が写真を撮りに移動して戻ったのを見計らって、機内食等のサービスを
 始めてくれたように感じました。
 個人の都合に合わせて臨機応変にというサービス、ファーストクラスを実感しました。


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.04.18 23:35:47
コメント(4) | コメントを書く
2011.04.07
テーマ:航空業界(1642)
いよいよ今回の旅行のメイン、JALのジャンボに搭乗!

飛行機文章中のHKGは香港国際空港のことです。
ひらめき<旅行記Top>こちら


JALありがとうジャンボの前に - その3
- JAL国際線ファーストクラス利用編 -


<Part2 JL731>(Boarding)


【日付】 2010/09/09
【区間】 Tokyo (NRT) → Hong Kong (HKG)
【距離】 1,823 miles
【便名】 JL731
【航空】 Japan Airlines
【機種】 B747-400 (JA8077)
【座席】 03K (First Class)
HKG020-Map_JL731-732.jpg


ラウンジから歩くこと数分、JAL731便が出発する62番ゲートに到着。
丁度ボーディングが始まったタイミングでの到着でした。

HKG021-Gate62.jpg
『62番ゲートの様子 - 結構な混雑』

早速、優先搭乗を利用して…ではなく、ラストになるであろうJALジャンボの搭乗なので、飛行機の写真を撮ってから、ゆっくりと搭乗します。

HKG022-JL731_B744横.jpg
『JL731便・香港行き B747-400(JA8077)を横方向から - 搭乗待合室より』

HKG023-JL731_B744.jpg
『JL731便・香港行き B747-400(JA8077)を前方向から - 搭乗待合室より』

HKG024-JL731_搭乗券.jpg
『JAL731便ファーストクラスの搭乗券 - 赤い色を失い面白味のないモノに…泣』

ふぅー満足スマイル
では、そろそろ搭乗します歩く人

HKG025-Boarding.jpg
『62番ゲート搭乗口の様子 - 実はまだ長蛇の列』

HKG026-Class案内.jpg
『運命のクラス別分かれ道(笑) - 今回は左に進みます♪』

HKG027-搭乗前.jpg
『いよいよ搭乗 - 何度乗っても一番わくわくする瞬間』

搭乗直前の段階で記念撮影をしていると、L1ドアにいたCAさんから
 「お写真をお撮りしましょうか?」
と聞かれ、自分を入れた記念撮影(少々恥ずかしい?)

その後に搭乗券を見せると
 「ファーストクラスはこちらでございます。」
と座席まで案内していただきました。

流石、優雅なファーストクラスのサービスですきらきら

(が、きっと搭乗前に莫迦全開で写真を撮っている我々がF客とはビックリだったろうなーと勝手に想像しております(笑))


座席につくと、担当のCAさんから
 「iNocci様、本日はファーストクラスにご搭乗、誠にありがとうございます。香港までご一緒させていただきます、担当の○○でございます。……」
と丁寧なご挨拶をうけ、その後にアメニティ、機内着(持帰り可能)などをいただきます。

HKG028-アメニティ.jpg
『JALファーストクラスのアメニティ - 近距離線でもポーチ入りは嬉しい』

その後、ドアクローズを経て、JAL731便は定刻にプッシュバック開始。
(このタイミングで、今度はチーフCAさんから丁寧な挨拶を受けます。)

R/W34Lより香港に向けて離陸していきます。

離陸後、東京湾を横断し湘南上空に差し掛かった頃、ここでウェルカムシャンパンの登場カクテル

HKG029-Champagne1.jpg
『ウェルカムドリンクのシャンパン - 少し時代遅れのシートTVと共に』

HKG030-Champagne2.jpg
『シャンパンの部分だけ再度撮影』

外国他社のように、これを地上で行わない理由は未だに分かりませんが、とにもかくにも、優雅なファーストクラスの機内サービスの開始です目がハート


--- <Part2 JL731>(Cabin)へ続く ---



 ~雑談~

 搭乗券に色が付いていた頃は、ボーディングブリッジを歩いてくる人が持っている
 搭乗券の色で「F(赤)、C(青)、EY(緑)」と判断していたようですが、今のように
 共通で白い搭乗券が使われるようになってからは、どうしているんでしょうか?

 やっぱり身なりとかオーラ?
 なら、特典航空券でも乗る私のようなタイプは、判定しづらいだろうな~と思います(爆)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.04.17 21:13:16
コメント(3) | コメントを書く
2010.10.17
テーマ:航空業界(1642)
長かった旅行記も最終回!!! 遂に成田空港に着陸です (T_T)

ノートこの旅行は現地レポもあります。旅の概略はこちらへ♪
ひらめき<旅行記Top>こちら


'08 欧州鉄道紀行 - その42


<Part9 CI100>(Landing)


帰路6回目の食事の後、ファーストクラスの客室を少しだけ撮影したら、流石に休憩。
座席をフルフラットにして、夢の世界にワープします眠い..

EUR426-CI100_FirstCabin.jpg
『ファーストクラス客室を後方から - 乗客3名につき気兼ねなく撮影♪』

EUR427-CI100_FullFlat.jpg
『座席をフルフラットにした状態 - 毛布と共に寝心地もヨシ!』

EUR428-CI100_就寝時目線.jpg
『フルフラットにしたときの目線 - 1AK席はほぼ個室』

…で、現実の夢の世界に戻ってきたら、意外と時間が経っていてビックリ!ショック
よっぽど疲れていたようです(汗)

往路は頭痛のため半分寝てしまったので、復路はしっかり記録と記憶に焼き付けようと思っていましたが、ここでもファーストクラスの本来の使い方をしてしまいました泣き笑い

さて、目覚めて座席を少し戻したところで、事前注文していた免税品をCAさんが
「iNocci様、ご注文頂いておりました免税品をお持ちいたしました。」
と届けてくれました。

…タイミングが絶妙だったので、機会を伺ってたのね。流石ファーストですきらきら
(着陸寸前まで起きなかったら、CAさんも慌てるんでしょう。)

以上で全てのイベントが終了し、CI100便は成田に向けて最終の着陸態勢に入ります。
13:21にR/W16Rに着陸、13:34に85番スポット(2タミのサテライト側)に到着。

EUR429-CI100_1A席.jpg
『個室感たっぷりの1A席 - その代わり肘掛が他に比べ細い』

今回の旅行を締めくくった座席に別れを告げ、CAさんの笑顔に見送られながら降機します。

EUR430-CI100_NRT-Term2.jpg
『サテライトから新交通でイミグレに向かう』

ほぼ移動、食事は胃袋耐久か質素系、体力が必要な旅だと思いますが、こんな旅が大好きなので、また近いうちにチャレンジしたいなーと思いつつ、入国審査場に向かいます。


--- 完 ---



 ~雑談~

 いやーとても長い旅行記に、最後までの付き合い、ありがとうございました o(^_^)v
 ちょっと張り切りすぎて、全42話、写真の枚数も430枚になり、記録更新です。

 そんな間にも何度か旅行に行き、気がつけばネタが10本近く貯まっている現状(汗)
 もう少しシンプルにするかもしれませんが、引き続き、ヨロシクお願い致します m(_ _)m 


左矢印Prev飛行機旅行記Top






Last updated  2010.10.20 19:23:39
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.16
テーマ:航空業界(1642)
胃袋耐久レースも最後。絶対に胃が倍ぐらいになった…

ノートこの旅行は現地レポもあります。旅の概略はこちらへ♪
ひらめき<旅行記Top>こちら


'08 欧州鉄道紀行 - その41


<Part9 CI100>(Lunch)


定時より約20分遅れてから動き出したCI100便、ゆっくりと滑走路に向かいます。

EUR420-CI100_TakeOff.jpg
『窓から見た滑走路と飛行機 - かなりデジタル補正してます』

順番待ちで順番まで時間がかかりますが、今回は気になりません
むしろ、「もっと遅れてもOKよん」位の心の余裕がありますうっしっし(爆)

さて、際限なく遅れるわけもなく、09:31に台北を離陸。一路、成田を目指します。
離陸後、安定飛行に入ると、お食事タイム。遂に来た最終決戦です(笑)

なお、ファーストクラスのサービスとして事前に食事内容を選択していましたが、食事前に
「iNocci様、本日は牛肉をご希望されていますが、ご変更されますか?」
と確認してくれますウィンク

HPでは「満席の場合は事前選択でない場合は、希望に沿えないこともあります」と書いてありましたが、逆に空いていれば選び放題なんッスねちょき

当初のチョイスのまま、まずは、食前の飲物から。
ここは、お気に入りのキンモクセイのお茶をいただきます。

EUR421-CI100_食前茶.jpg
『キンモクセイのお茶 - 香りも良くてお気に入り』

さぁ、ここから次々と料理が運ばれてきますよ!

EUR422-CI100_Lunch前菜.jpg
『アペタイザー:ガチョウのレバーのパテと鰻のゼリー寄せ』

EUR423-CI100_Lunchサラダ.jpg
『サラダ:季節の新鮮サラダ サウザンアイランドドレッシング』

EUR424-CI100_Lunchメイン.jpg
『メインディッシュ:牛テンダーロインのグリル オレンジとクミン風味』

EUR425-CI100_Lunchデザート.jpg
『デザート:スイスチョコレートムースマンゴー添え 季節の新鮮果物』

※料理名は当時のチャイナエアHPより

何とか勝ちました。戦い抜きました!
もちろん、各料理とも非常に美味しかったのは確かです泣き笑い

流石に、胃を休めるため、ここで座席をフルフラットにして、しばし休憩眠い..


--- <Part9 CI100>(Landing)へ続く ---



 ~雑談~

 最終回を待たずして、復路も「おまけ」を発動!

 ===おまけ===
 今回のフライトを、中央欧州標準時(サマータイム)にて記してみました。
 8/22
 06:00 NHホテルWien 朝食(第1回目の食事)
 07:50 ウィーン JETラウンジ(軽食)
 09:22 CI064便・ウィーン出発(09:35 離陸)
 10:00 CI064便・機内食「昼食」(第2回目の食事)
 14:58 CI064便・アブダビ到着(14:52 着陸)
 15:10 アブダビ共用ラウンジ(フルーツ)
 16:05 CI064便・アブダビ出発(16:14 離陸)
 16:57 CI064便・機内食「夕食」(第3回目の食事)
 23:52 CI064便・機内食「朝食」(第4回目の食事)
 8/23
 01:06 CI064便・台北到着(01:00 着陸)
 01:40 台北CIラウンジ(第5回目の食事)+01:50 シャワー
 03:15 CI100便・台北出発(03:31 離陸)
 03:50 CI100便・機内食「昼食」(第6回目の食事)
 06:34 CI100便・成田到着(06:21 着陸)

 ウィーン出発から成田到着までは21時間12分でしたショック
 乗継時間の影響もありますが、成田からアムスが23時間35分だったので、少し短い(笑)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2010.10.17 20:45:52
コメント(8) | コメントを書く
2010.10.15
テーマ:航空業界(1642)
旅行最後のフライトはファーストクラス♪ 張り切って行こー!

ノートこの旅行は現地レポもあります。旅の概略はこちらへ♪
ひらめき<旅行記Top>こちら


'08 欧州鉄道紀行 - その40


<Part9 CI100>(Boarding)


【区間】 Taipei(TPE) -> Tokyo(NRT)
【距離】 1,330 miles
【機種】 B747-400 (B-18212)  China Airlines


短いようで長い、長いようで短かった旅行も最終局面。

EUR412-CI100_搭乗案内.jpg
『CI100便の出発案内 - ラウンジに近いD4ゲートから出発』

旅行最後のフライトとなるCI100便、成田行き搭乗口にウキウキで向かいます。
「これからB747-400のファーストクラス」と思うと、自然とニンマリ(笑)スマイル

搭乗案内みて階段を下りると、搭乗機とご対面~

EUR413-CI100_B747-400.jpg
『CI100便・成田行き B747-400(B-18212) 』

EUR414-CI100_搭乗券.jpg
『CI100便ファーストクラスの搭乗券 - ウィーンで発券(つまらん)』

大好きなB747-400の写真をバシバシ撮るお姿、優雅さのカケラもない状態です(爆)

撮影に満足したところで、ウィーンで発券された、ひっじょーにシンプルなタイプの搭乗券を握り締め、いざ改札へ歩く人

全く面白味のない搭乗券に、係員さんが一瞬「?」になりますが、搭乗券の便名・座席番号と(なぜか)手許の資料を照合したら、「ありがとね(日本語)」といってモギってくれました。

(他にもウィーンからのお客さんが居たハズなので、乗継チェックですかね?)

なお、台北発券だとFは中華航空のロゴが入った赤いオリジナル券らしい。
そっちが、いーなーしょんぼり

EUR415-CI100_搭乗口.jpg
『搭乗口の改札 - 頭等(F)+商務(C)と経済(Y)で分かれてる』

無事に改札を突破し、ボーディングブリッジを左側に進むと…CAさんのお出迎え。
チケットを見せ座席番号1Aを確認すると、座席まで案内してくれます。

この辺が、やっぱり、ファーストのサービスですダブルハート

EUR416-CI100_FirstClass.jpg
『チャイナエアラインB747-400のファーストクラスキャビン』

EUR417-CI100_FirstSeat.jpg
『座席ピッチも広い - 反対側の1K席を撮影』

そして、座席に着くと、今度は担当のCA(日本人)さんから

「iNocci様、本日はご搭乗ありがとうございます。東京までお世話させていただきます、担当のNと申します。」

と挨拶を受け、同時に座席やシートベルトの案内を軽くしてくれました。
そして、スリッパを袋から出して揃えて置いてくれる気配りも発揮。
(場合によっては「記念品(戦利品)がぁ~」と軽く泣くかも?)

この辺も、やっぱり、ファーストのサービスです目がハート

その後は新聞とウェルカムドリンクのサービス。
まだ朝9時頃ですが、気分的にシャンパンを頂いちゃいましたカクテル
(ついでに、とても広いシートピッチもチェック。流石にケロヨンは登場せず。)

EUR418-CI100_Welcome.jpg
『ウェルカムシャンパン - まだ午前9時』
EUR419-CI100_SeatPitch.jpg
『シートピッチチェック』

そんな高揚気分を堪能していると、09:15にプッシュバック開始。
4つのエンジンをスタートさせ、CI100便は離陸滑走路へと向かいます。


--- <Part9 CI100>(Lunch)へ続く ---



 ~雑談~

 この時のファースト乗客は合計で3名。
 他の2名は台湾人の若者男女(多分、自分より若い。芸能人かも?)でした。
 で、担当のCAさんも3名だったみたいで、完全にマンツーマン状態。
 これなら、“「快適な空の旅をお楽しみ」下さい-イエス!”と即答できます(笑)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2010.10.16 23:03:30
コメント(6) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.