000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

iNocci's 旅のLounge

PR

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

国際線(Yクラス)

2012.01.27
XML
テーマ:航空業界(1729)
成田に戻ってきました。まさか、この1週間後に似たようなことをやるとは…

ひらめき<旅行記Top>こちら


そうだ!クアラ、行こう。 - その14


<Part1 Singapore>(JL712 Landing)


機内食を堪能した後は、シートピッチチェックを行いますウィンク
座席自体は、やっぱりクラスJっぽいのですが、シートピッチはビジネスクラス以上!きらきら
ここ(プレエコ最前列)は大当たりの座席と思いますグッド プレエコの最前列、凄いわ~

KUL086-JL722preEco1.jpg
『安全のしおり&プレエコのご案内』

KUL087-JL722preEco2.jpg
『シートピッチチェック - プレエコ最前列はビジ以上のピッチ』

KUL088-JL722preEco3.jpg
『プレエコの座席 - リクライニングの角度はフルでも浅いかも』

KUL089-JL722つばさ.jpg
『晴天の中を順調に飛行中 - 機材番号はJA704J』

KUL090-JL722軽食.jpg
『着陸前に配られるケーキ - 個人的に大好きな食感』

という感じですウィンク
帰りの機内では半分くらい寝てしまい、気付いたら着陸前の軽食(?)タイム。
その後、徐々に高度を下げJAL712便は15:40に成田に到着。

「JALのキャンペーンで片道につき1万超のマイルを稼ぐだけの旅にしては満足度が高かったなぁ」という思いと共に、入国審査場へと向かいます歩く人
(※当時、JALが国際線ダブルマイルキャンペーンをやっていたが故の奇跡の獲得マイル数)


--- <Part2 UA803>(成田空港へ)へ続く ---



 ~雑談~

 成田⇔シンガポール線、JALでは(ANAも)「B747-400 → B777-200 → B767-300」と徐々に
 小型化しております。
 この旅行では B777-200 の時代でしたので、プレエコにエコ料金で乗れるタイミングでした。
 こんな美味しい話は、ナカナカないかな?
 まぁ、JALはシンガポール線にB787を導入するらしいので、今後はどうでしょう?


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2012.02.26 23:10:28
コメント(2) | コメントを書く


2012.01.26
テーマ:航空業界(1729)
成田行きのJALに乗り込みます。帰りもプレエコ席で、今度はバルクヘッド♪

ひらめき<旅行記Top>こちら


そうだ!クアラ、行こう。 - その13


<Part1 Singapore>(JL712 Boarding)



【日付】 2010/05/09
【区間】 Singapore (SIN)  → Tokyo (NRT)
【距離】 3,312 miles
【便名】 JL712
【航空】 Japan Airlines
【機種】 B777-200ER (JA704J)
【座席】 17H (Premium Economy)
KUL014-Map_NRT-SIN.jpg


ラウンジで欲望の限りを尽くしたところで、時間が来たので搭乗口へと向かいます歩く人
(欲望の限りが空いているラウンジの取材というのが、マニアたる証拠の一部(笑))

KUL080-SIN_T1内部.jpg
『シンガポール空港の中をゲートに向かって移動中』

KUL081-JL722搭乗案内.jpg
『JAL712便の搭乗案内 - この下にセキュリティチェックがある』

シンガポール空港、多くにおいて素晴らしい空港と思いますが、このゲート前のセキュリティだけはイケてないなぁと、毎度感じます。
トイレにも行けないし、水の持込が厳しい昨今では飲物も持ち込めないし…バツ

KUL082-JL722_B772.jpg
『JL712便・東京成田行き - 一番手前のB777-200ER』

KUL083-JL722搭乗券.jpg
『JL712便の搭乗券 - やっぱりエコノミーの象徴Yの印刷が大きい』

さて、帰りのJAL712便も、プレエコ席がある長距離仕様のB777-200。
チェックイン時の担当者の配慮により、プレエコ席の一番前がアサインされました。
(元々はプレエコ席の事前指定分が×だったため、非常口座席を指定していました。)

JAL専属じゃないと思われる係りのお兄さん、ありがと~!きらきら
(…ってよく、そこの部分がプレエコ開放った分かったなぁと本気で感心です。)

KUL084-JL722プレエコ.jpg
『プレエコ座席を正面から - 成田に着いたときに撮影』

KUL085-JL722機内食.jpg
『JAL712便の機内食 - まずまずの美味しさ』

ということで、エコノミー料金では最も快適な座席に陣取って、機内食を堪能食事
胃袋的に厳しいかと思いきや、意外と美味しくいただけましたグッド


--- <Part1 Singapore>(JL712 Landing)へ続く ---



 ~雑談~

 あっ!という間にシンガポールを離れました。
 東京までのフライト時間は7時間。
 ラウンジで3時間の飲み食い後なので、機内食はツライかと思いきや意外と平気。
 旅行(移動中に限る)は、本当に体重が増える原因です (T_T)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2012.02.25 17:46:37
コメント(5) | コメントを書く
2011.11.26
テーマ:航空業界(1729)
夜のシンガポールに到着! プレエコ、結構良かった。

ひらめき<旅行記Top>こちら


そうだ!クアラ、行こう。 - その4


<Part1 Singapore>(JL711 Cabin)


機内食サービスの後、落ち着いたのを見計らって、座席チェック&機内探検歩く人

KUL024-JL711preEco1.jpg
『JALプレミアムエコノミー座席 - 前の座席が倒れてこないのが良い』

KUL025-JL711preEco2.jpg
『シートピッチチェック - 足元に少し余裕のある広さ』

KUL026-安全のしおり.jpg
『安全のしおり類 - この撮影も定番になったなぁ』

KUL027-JL711preEco3.jpg
『プレエコを後ろから撮影 - 配列は2-4-2の横8列』

プレエコ座席、結構良い感じですウィンク

シートピッチ的には国内線のクラスJという感じですが、何よりも前の座席が倒れてこないシェル背面なので、窓側に座っていても通路に出やすいのが素敵きらきら

…ただ、シートが2-4-2の配列のため、4の真中はチト厳しいかもしれません。

では、お次は後ろの真エコノミークラスへ。

KUL028-JL711Economy1.jpg
『プレエコとエコノミーの境 - 同じエコノミーのためカーテンは閉められず』

KUL029-JL711Economy2.jpg
『エコノミークラスを一番後ろから - モニタ付きの十分な設備』

はい、こんな感じですスマイル

その後、座席に戻り少し寝て起きると、機は既に南シナ海上空。
シンガポールに向け徐々に降下を開始し、着陸は定刻の午前12時過ぎ(現地時間)。

KUL030-JL711モニタ.jpg
『フライトマップを撮影 - そろそろシンガポールに向け降下開始』

KUL031-ChangiAirport.jpg
『真夜中のシンガポール・チャンギ空港に到着』

真夜中でも賑わうシンガポール空港の入国審査を抜け、タクシーで本日の宿に向かいます。


--- <Part1 Singapore>(Hotel)へ続く ---



 ~雑談~

 プレエコ、下手なビジネスクラスよりも快適でした。
 気分的には、シンガポール位(フライト時間7時間位)なら十分かな~と思います。
 今となっては近距離便では殆ど乗れないのが、残念!


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.12.28 01:31:40
コメント(3) | コメントを書く
2011.11.25
テーマ:航空業界(1729)
シンガポールに向けて離陸! 

ひらめき<旅行記Top>こちら


そうだ!クアラ、行こう。 - その3


<Part1 Singapore>(JL711 Boarding)


【日付】 2010/05/07
【区間】 Tokyo (NRT) → Singapore (SIN)
【距離】 3,312 miles
【便名】 JL711
【航空】 Japan Airlines
【機種】 B777-200ER (JA705J)
【座席】 18A (Premium Economy)
KUL014-Map_NRT-SIN.jpg


お腹の7割をカレーが占める状態で、搭乗口に到着。
とりあえず、乗る飛行機の写真を撮りますカメラ

KUL015-JL711_B772.jpg
『JL711便・シンガポール行き - B777-200ER』

KUL016-JL711搭乗券.jpg
『JL711便の搭乗券 - エコノミーの象徴Yの印刷が大きい』

KUL017-JL711搭乗案内.jpg
『JL711便の搭乗案内 - BAとのコードシェア』

ウロチョロと写真を撮っている間に搭乗開始。
素直に並んで(というか、搭乗する頃には優先搭乗を使うほどの並んでいなかった…)、搭乗券を片手に改札を突破。

いよいよ、機内に入ります歩く人

KUL018-JL711搭乗中.jpg
『ボーディングブリッジから機材を撮影 - 乗ります!って感じ』

KUL019-JL711座席.jpg
『シートに座ったときの目線 - 座席自体はプレエコ』

KUL020-JL711つばさ.jpg
『夕日を浴びるエンジン - つばさの上の席は嫌いではない』

今回の座席はプレミアムエコノミーの座席ウィンク
この座席自体はエコノミーで販売していますが、機材繰りの関係でエコノミーの料金でプレエコに乗れるお得な席でした(当時)
(シンガポール線にはプレエコの設定がなかったため、エコ料金でプレエコに乗れました。)

さて、機は定刻にプッシュバック開始。
夕日に染まる成田の滑走路を順調に離陸していきます。

離陸後しばらくすると、機内食タイム食事

KUL021-JL711カート.jpg
『カートで機内食をサービス中』

KUL022-JL711機内食.jpg
『エコノミークラス機内食 - チト物足りない?』

KUL023-JL711デザート.jpg
『食後のデザート - バニラアイスとコーヒー』

ラウンジで限界近くまで食べても、完食できる感じの機内食。
普通に乗ったら、多少の自衛策は必要かもしれません。

とは言いつつも、美味しく頂いて満足。
そして、食後の運動と称して、ちょっと機内を歩き回ります。


--- <Part1 Singapore>(JL711 Cabin)へ続く ---



 ~雑談~

 今から振り返ると、シンガポール便って、B747-400からB777-200に変わって、
 現在はB767-300なんですよね~
 そんなに需要がないのかな?と思うも、SQはA380飛ばしているし…
 やっぱり、サービスの差が原因か。頑張れ、ニッポン!


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.12.25 21:22:55
コメント(4) | コメントを書く
2011.10.03
テーマ:航空業界(1729)
1月編に続いて同じ便を利用ですが、便名がJO981からJO949に変わってる。

ひらめき<旅行記Top>こちら


週末海外!のりでグアム - Ext3


<Part5 JO949>(Boarding)


【日付】 2010/06/27
【区間】 Tokyo (NRT) → Guam (GUM)
【距離】 1,651 miles
【便名】 JO949
【航空】 JALways
【機種】 B767-300ER (JA602J)
【座席】 61C (Economy Class)
Guam072-Map_NRT-GUM.jpg


半年前の記憶が鮮明によみがえりつつ、同じような道筋で搭乗口に向かいます歩く人

Guam120-JO949搭乗案内.jpg
『JO949便の搭乗案内 - AAとの共同運航便』

Guam121-JO949_B763.jpg
『JO949便・グアム行き - さすがに機材番号まで同じではなかった』

で、今回もエコノミークラスでご旅行。
テンションをあげるでもなく、大人しく座席に鎮座し、出発を待ちます眠い..

JO949便は、21:30定刻にプッシュバックが開始され一路グアムへ。

Guam122-Economy座席.jpg
『エコノミークラスの座席 - 短時間なら十分快適♪』

Guam123-Economy機内.jpg
『エコノミークラスの様子 - 今回もほぼ満席の搭乗率』

Guam124-機内誌他.jpg
『やっぱり"安全のしおり他"を撮影してしまふ』

離陸後は、同行者がいようが、いつもと同じ行動パターンうっしっし
サッとエコノミーを取材してから、機内食タイムに備えます。

Guam125-JO949機内食1.jpg
『お弁当スタイルの機内食 - 飲物はシャンパンとコーラをいただく』

Guam126-JO949機内食2.jpg
『機内食の内容(焼きソバ?) - 今回はびみょ~』

機内食は1月の時よりイマイチな感じでプチ凹み。
時間も時間なので、機内食があるだけありがたい、という考えもありますが(笑)

そんなこんなで、あとは個人用モニターを楽しんで終了。
真夜中の午前2時にグアム空港に到着です!


--- <Part6 GUAM Again>(1日目)へ続く ---



 ~雑談~

 相変わらず無茶な時間に飛ばしてる便ですが、かなりの需要がありますね。
 そもそも安いってのが最大のメリットですが…小さな子ども連れもいたりして、
 軽くビックリするのはシングルだからか(汗)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.10.22 17:41:19
コメント(3) | コメントを書く
2011.09.30
テーマ:航空業界(1729)
超強行スケジュール旅行も、ようやく終了となります。

ひらめき<旅行記Top>こちら


週末海外!のりでグアム - その14


<Part4 JO982>(Boarding)


【日付】 2010/01/26
【区間】 Guam (GUM) → Tokyo (NRT)
【距離】 1,651 miles
【便名】 JO982
【航空】 JALways
【機種】 B767-300ER (JA623J)
【座席】 20A (Economy Class)
Guam072-Map_NRT-GUM.jpg



危うくラウンジで爆睡しそうになりますが、時間を気にしつつ、根性で起きて搭乗口へほえー
午前3時台後半のボーディングです眠い..

Guam104-JO982搭乗口.jpg
『早朝より早い時間のボーディング - 乗り遅れる人はいないのかな?』

時間が時間なだけに、周りの人々も着席後はお休みモード。
そんな中、JO892便は4:06にプッシュバック開始して、4:15に日本に向けて離陸です。

(グアム空港、空港の周りにも家があるように思うけど、容赦ないね(笑))

Guam105-個人モニタ.jpg
『機内の個人モニター - 日本時間はまだ午前3時半』

Guam106-JO982機内食1.jpg
『お弁当スタイルの機内食 - 行きとは包みの色が違う』

Guam107-JO982機内食2.jpg
『機内食の内容 - リアルに軽食』

離陸後、安定飛行に入ったら、往路と同じようなお弁当スタイルの機内食。

私はもちろん、取材の為にガッツリ食べますグッド
内容は往路より簡単で量も少ないのですが…このサービスの時間は日本時間で午前3時50分(グアム時間は午前4時50分)のため、寝てる人も多いから懸命な判断かな。

Guam108-Economy機内.jpg
『エコノミークラス機内の様子 - 静かなもんです』

そして、機内食後は、私も爆睡眠い..
気がつくと、そろそろ成田着陸という感じでした。

Guam109-成田に到着.jpg
『成田空港に到着 - まだ午前6時半』

Guam110-JO982_B763.jpg
『乗ってきたJO982便・B767-300 - グアムでは写真が撮れず…』

午前6時半、JO982便は定刻に成田空港に到着。

まだ身体が起きていませんが、ふらふらと入国審査を突破し…
今日は火曜日の朝、恐ろしいことにコレから会社に向かいます(笑)


--- 6月編へ続く ---



 ~雑談~

 凄い強行スケジュールでした。
 もっとも、このグアム便は、往路も復路も厳しい時間設定のためツアー代金が安かった
 という魅力はありました。国内ツアー料金と殆ど同額。
 まさか、このツアーを半年以内に再履修するとは…(汗)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.10.16 00:52:49
コメント(6) | コメントを書く
2011.09.26
テーマ:航空業界(1729)
ようやくグアムに向けて離陸! ここまでが長かった(笑)

ひらめき<旅行記Top>こちら


週末海外!のりでグアム - その10


<Part2 JO981>(to Guam)


【日付】 2010/01/24
【区間】 Tokyo (NRT) → Guam (GUM)
【距離】 1,651 miles
【便名】 JO981
【航空】 JALways
【機種】 B767-300ER (JA620J)
【座席】 23K (Economy Class)
Guam072-Map_NRT-GUM.jpg


ラウンジ履修をしつつ、お酒を飲んだので、ほろ酔いで搭乗口に到着。
ちょっと早めに着いてしまったので、搭乗機の写真を撮りつつ座席で休憩失敗

Guam073-搭乗案内.jpg
『搭乗口手前にある案内 - 左がハワイ・右がグアムのリゾート時間帯』

Guam074-JO981_B763.jpg
『JO981便・グアム行き - 比較的新しいB767-300ER』

Guam075-JO981搭乗券.jpg
『JO981便の搭乗券 - 本当に味気のないものに…』

Guam076-JO981搭乗案内.jpg
『JO981便の搭乗案内 - 列が短くなるのを待ってから搭乗』

しばしの休憩で酔いがチョッと醒めたグッド
同行者と一緒に、列が短くなるのを待ってから、搭乗券を片手にゲートを突破します歩く人

座席について、機内誌を少し眺めてしばらく、定刻の21:30にプッシュバック。
夜の成田空港をグアムに向けて、離陸。
ようやく、国外に向けて出発しました(笑)

離陸後、安定飛行になると、お弁当スタイルの機内食サービスの開始食事

Guam077-安全のしおり.jpg
『安全のしおり他とコントローラー』

Guam078-個人モニタ.jpg
『個人用モニター - グアムまで約3時間』

Guam079-JO981機内食1.jpg
『お弁当スタイルの機内食 - こうやって配られる』

Guam080-JO981機内食2.jpg
『機内食の内容(タコライス) - なかなかのお味』

食後は、個人用モニターを楽しみつつ休息タイム眠い..
でも、取材は怠りません(笑)

Guam081-SeatPitch.jpg
『シートピッチチェック - 普通の幅も足置きがある』

Guam082-Economy機内.jpg
『エコノミークラスの様子 - ほぼ満席の搭乗率』

その後、離陸後3時間(現地時間は午前2時前)にグアム空港に到着。

Guam083-グアム空港.jpg
『真夜中のグアム空港に到着 - この時間でも多くの人が…』

真夜中なのに長蛇の列となっている入国審査をみて凹みつつ、長らく待った後にイミグレを突破してグアムに入国となりました泣き笑い


--- <Part3 GUAM>(昼間)へ続く ---



 ~雑談~

 ツアー料金が安いのか、夜便を使ったツアーは他社でも大人気なようで…
 グアム到着後に、深夜2時という時間にも関わらず、成田や関西からのデルタ航空、
 ソウルからの大韓航空(大型と思われる)他が続々と到着。
 入国審査のレーンも10以上あると思われるのに、指紋登録などで時間が掛かるのか、
 待ち時間の長いこと…

 結局、現地時間で午前2時に着いたのに、入国できたのは午前4時頃…
 真夜中に2時間近い待ちは、辛かったです(泣)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.10.09 22:42:45
コメント(2) | コメントを書く
2011.08.27
テーマ:航空業界(1729)
帰りの(A330)の方が行き(A340)より機内設備が良かったです。

ひらめき<旅行記Top>こちら


中国東方で上海Expo - その7


<Part3 MU523>(去東京)


【日付】 2010/09/19
【区間】 Shanghai (PVG)  → Tokyo (NRT)
【距離】 1,111 miles
【便名】 MU523
【航空】 China Eastern Airlines
【機種】 A330-300 (B-6097)
【座席】 22D (Economy Class)
上海001-Map_Mu524-523.jpg


ラウンジを使うわけでも空港を探検するでもないのに、チェックインのタイミングが遅かったのか、市内で買うのに比べて数倍もするお土産を少し見ていたら、もう搭乗開始が迫っている時刻びっくり

急ぎ足で搭乗口に向かいますマラソン

上海041-MU523搭乗案内.jpg
『中国東方航空MU523便の搭乗案内』

搭乗案内を確認しつつ、搭乗券を手に改札を突破。

なお、この搭乗券は左にも右にもぎれる部分がある不思議なタイプで、最終的に真中の部分が手元に戻ります。(改札で1回、ボーディングブリッジ手前で1回もぎられたような…)

上海042-MU523搭乗券.jpg
『MU523便の搭乗券 - 中国東方航空オリジナル』

上海043-MU_A330-300.jpg
『中国東方航空MU523便 - 東京行きのA330-300』

上海044-MU機体側面.jpg
『帰りも中国東方航空に搭乗 - ボーディングブリッジより』

改めまして、機内へ。
帰りは特に遅れることなく、定刻にプッシュバック開始。
R/W16より離陸し、約2時間半の空の旅が始まりますウィンク

上海045-Economy機内.jpg
『A330-300エコノミークラスの様子 - 満席近い搭乗率』

上海046-Seatpitch.jpg
『シートピッチチェック - 往路のA340型と同じ』

上海047-CupHolder.jpg
『便利なカップホルダー - 往路のA340型にはなかった』

上海048-MU523機内食.jpg
『エコノミークラス機内食 - まぁこんなモンでしょう』

上海049-大空とつばさ.jpg
『機内後方の丸窓よりつばさを撮影』

が、往路に機内誌を熟読し、かつ復路もシートTVがないため、暇~
エコノミークラスだと、取材もあっさり終わるので、機内食を食べたら後は軽く睡眠眠い..
(出発時刻が朝9時過ぎの便のため、寝不足気味につきあっさり夢の世界へ。)

気づけば、成田に向けて降下を開始しておりました。
で、ほぼ定刻の12:58にR/W16Rに着陸。
約2年ぶりの社員旅行も、無事に終了となりました。

上海050-ビジネス座席.jpg
『中国東方航空A330-300のビジネスクラス』

なお、個人的には降機時に見たビジネスクラスが以外に立派で驚いたと共に「これは取材のしがいがあるかも」と密かに、いつか乗るぞと決意しているのでした(笑)


--- 完 ---



 ~雑談~

 久々の短編となった海外旅行記に、お付き合いいただきありがとうございました。
 いや~今回の旅行の感想は、とにかく「人が多かった」です(笑) 勢いはありますね。

 今回は、少しアッサリした内容の旅行になったので、次回があればコッテリ内容になるよう
 虎視眈々と次のチャンスを狙っております♪


左矢印Prev飛行機旅行記Top






Last updated  2011.11.21 00:39:00
コメント(6) | コメントを書く
2011.08.21
テーマ:航空業界(1729)
初履修となる中国東方航空で上海に向かいます。

!内容は2010年09月に旅行したときのものです。
ひらめき<旅行記Top>こちら


中国東方で上海Expo - その1


<Part1 MU524>(去上海)


【日付】 2010/09/16
【区間】 Tokyo (NRT) → Shanghai (PVG)
【距離】 1,111 miles
【便名】 MU524
【航空】 China Eastern Airlines
【機種】 A340-300 (B-2384)
【座席】 31E (Economy Class)
上海001-Map_Mu524-523.jpg


香港旅行から、わずか1週間後。またまた、やって参りました成田空港第2ターミナル。
ここまで頻繁に来ると、成田空港に通勤しているかのような気分になります(笑)

上海002-NRT外観.jpg
『成田空港第2ターミナルの外観 - お気に入りのアングルです』

さておき、参加者が全員集まったところで、数グループに分かれてチェックイン。
「近くに固まって座れればOK」だけお願いしつつ、ちょっと時間が掛かったものの無事終了オーケー

…ふと見ると、自分の座席が窓側でも通路側でもない事に気づき、軽く凹みますショック
(2-4-2の4の真中の席(泣)ノォォォ!)

上海003-MUカウンター.jpg
『中国東方航空のチェックインカウンター - JALが代行』

チェックインを終えたら、すぐに出国…しますが、免税店を軽く覗いたら、後は搭乗待合室にて待機。

普段なら「ラウンジを取材」と称して大暴れしている時間、これがなければ2時間前のチェックインでも十分に時間が余ることを再確認しました(笑)

(それでも、近くに停まっていたイラン航空のB747-SPに吸い寄せられるように、写真を撮りに行ったりしますがうっしっし

さて、到着便の遅延もあり、更に時間を持て余したところで、ようやくの搭乗開始です。

上海004-MU_A340-300.jpg
『中国東方航空MU524便 - 上海行きのA340-300』

上海005-MU524搭乗券.jpg
『MU524便の搭乗券 - 各クラス共通タイプ?』

上海006-MU524搭乗案内.jpg
『MU524便の搭乗案内 - JALとのコードシェア便』

上海007-Economy座席.jpg
『エコノミークラス座席(他人の席) - シートTVはナシ!』

上海008-Seatpitch.jpg
『シートピッチチェック - エコノミーでも少し狭い?』

機内に入って「初履修の航空会社の雰囲気」を感じていると、いつの間にかプッシュバック開始。
約1時間の遅れで、成田空港を後にします。

上海009-機内誌.jpg
『機内誌と安全のしおり - 初履修につき熟読(笑)』

上海010-MU524機内食.jpg
『エコノミークラス機内食 - まぁこんなモンでしょ』

上海011-窓とつばさ.jpg
『窓から見たウィングレット - これもお気に入りのアングル』

離陸後は…まぁ派手に動き回ることもなく、基本は大人しく座席に鎮座。
それでも、約2時間半のフライトはあっという間に感じられ、16:18に上海浦東に到着。

「設備は予想通りだったけど、CAさんの対応は良かった」という感想を抱きつつ、初の上海の地に足を踏み入れます歩く人


--- <Part2 上海>(1日目)へ続く ---



 ~雑談~

 座席指定が難しいグループチェックインがため、久々にエコノミーの真中席を味わいました。
 アッパークラスの有難みはもちろんのこと、エコノミーでも事前に通路側が座席指定ができる
 有難みも噛みしめるフライトとなりました(笑)


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.09.08 23:46:25
コメント(9) | コメントを書く
2011.03.15
テーマ:航空業界(1729)
あっという間のイギリス滞在を終え、ドイツに向かいます。

飛行機文章中のFRAはフランクフルト・マイン空港のことです。
ひらめき<旅行記Top>こちら


A380で超弾丸Xmas欧州の旅 - その18


<Part6 BA916>(Boarding)


【日付】 2010/12/23
【区間】 London (LHR) → Frankfrut (FRA)
【距離】 396 miles
【便名】 BA916
【航空】 British Airways (BA)
【機種】 A319 (G-EUPR)
【座席】 09B (Economy Class)
EUR150-Map_BA916.jpg


シャワーを浴びてスッキリしたところで、BA916便の搭乗口に向かいます歩く人
ラウンジから歩くこと数分、少しの余裕を持ってゲートに到着。

EUR151-LHR出発Lobby.jpg
『ヒースロー空港ターミナル5 - 出発ロビーの様子』

が、やはり寒波の影響で少し遅れるらしいので、大人しく出発ロビーで待機ほえー
そして、一つ前の便がキャンセルになったらしく、この便は小型機故に満席の模様です。

EUR152-BA916_A319.jpg
『BA916便・フランクフルト行き A319(G-EUPR)』

EUR153-BA916搭乗券.jpg
『BA916便の搭乗券 - やっぱり面白みが…ない』

結果的には約20分の遅れで搭乗開始の案内。
最終便ということもあり、皆様いそいそと乗り込みますマラソン

EUR154-BA916出発案内.jpg
『BA916便の搭乗案内 - 寒波の影響でやや遅れ』

スムーズな搭乗後、BA916便は19:56にプッシュバック開始し、20:06にR/W09Rよりフランクフルトに向けて離陸します。

そして、私は睡魔に負けじと取材の開始(笑)
(冬のヨーロッパ、日が暮れるのが早いだけに午後8時でも真夜中のような錯覚。更に時差ボケが重なり、目を開けているのが辛かった記憶はあります(笑))

EUR155-BA916機内.jpg
『BA916便の機内の様子 - FRA行き最終便だけあって静か』

さて、BAのFirst Class Counterでアサインされて座っているのが09B席。
予約数に応じてビジネスクラスの座席数を変化させているのか、前から10列位まではビジネスクラスの座席らしく、少しだけ豪華ですきらきら
(国際線のような劇的な変化ではなく、エコノミーとの差は本当に少し。)

ただし、私が座るB席とE席(座席配置は3+3のため、要はその真中の席)はビジネスクラスとして使用するときは、カクテルテーブル的に使うため販売しない席。

そのためか、他の席に比べて微妙に横幅が狭い上に座り心地も微妙、テーブルも「頑張って付けました」的な感じのするものですショック
(結論は、座るなら前方通路側のCかD席がお勧め。)

まぁ、9列目は非常口座席のためシートピッチは広かったのが救い?

EUR156-BA916_Seat1.jpg
『09B席に座った時の目線 - 真中の部分がビジの場合のカクテルテーブル?』

EUR157-BA916_Seat2.jpg
『シートピッチチェック - 09列は非常口のため機内で一番広い?』

EUR158-Table1.jpg
『閉じた状態のテーブル』
EUR159-Table2.jpg
『開いた状態のテーブル』

そんな座席周りのチェックを終えると、ドリンクとスナックの機内サービス。
コーラを頼むとスライスしたレモンを付けてくれたのが素敵&好印象ですグッド

EUR160-BA916_Service.jpg
『ドリンク&スナックのサービス - コーラにレモンを添えてくれるのが素敵』

満席のため、あまり派手に取材はできず大人しく座っていると、もうフランクフルト。
22:07に雪の降るR/W07Rに着陸したら、約1時間の空の旅も終了。

今回の欧州巡り最後の国、ドイツに入国です!
…そして、同行者の預け荷物(リュック)がヒースローに置き去りの事件が発生しますショック


--- <Part7 Frankfrut>(Hotel)へ続く ---



 ~雑談~

 東行きの飛行機のため、時差の関係で遅い時間にFRAに着陸するBA916便。
 それ故に、少しの遅れでも中央駅に向かう電車の時間が気になっておりました。
 が、同行者の預けた荷物が出てこず、待ち時間+手続きで1時間近くがあの世へ…
 しかも、到着したのが鉄道駅に直結していないターミナル2。
 幸いにも終電には間に合いましたが…

 今回の教訓:「混乱している時は手荷物を預けてはならぬ!失敗


左矢印Prev飛行機旅行記TopNext右矢印






Last updated  2011.03.22 23:39:13
コメント(2) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.