000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にゃんだミケコの手作りな日々

PR

X

Profile


にゃんだミケコ

Free Space

​​

​​​​

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Shopping List

2017年11月07日
XML
本の項目に
地球の大きさ、銀河との距離・質量・何でできているかなど
初めて計測された時の事が出てきたものの、

星の知識がないので、観測の仕方によって導き出すが
今一歩、想像にかけてわからない。

とりあえず、手造り望遠鏡を作ってみた。

ダイソーで400円、限定かに味チップスター2箱で400円弱


見てやっと月の模様が「肉眼よりまし」ぐらい。

むちゃしてスマホで写真とってみた。

古いIXIY10000(だったか?)デジカメの焦点が一応合う



で、いざ、月を撮ろうとしたら



1)三脚がなければ不可能
2)筒の中に非反射シートとかいうのを貼らないと
  月の光が乱反射
3)月の光が強すぎて露光知識がないからうまく設定できなかた
4)デジカメの拡大と合わすと倍率はすごいが、焦点が定まらなく結局模様みえず
  ただの光の玉

夜の寒い2時間かけて頑張ったけど、ダンボールと、小さい三脚では
私の手造り望遠鏡ではどうにもならんかった

山と月では、見上げる角度が違いすぎる!

最後にはうっかり、ダンボールを落としてしまい、
人が行けない屋根の上なので

翌朝はやくから、ガムテープと延長コード使って
回収に悪戦苦闘疲れた



同じ手造りなら、これが人気らしいです
ボディーにデコレして楽しめるし、スマホも接続して撮影できるとか。

  ​
ケニス 手作り天体望遠鏡(スピカ)KT-4 (1-141-135)。※お取り寄せ商品です。
4266円でこれの方がいいかも(三脚があれば)


望遠鏡は無駄に倍率良くてもだめらしく、三脚がしっかりしたものが重要らしい。

ぽったしかに!わずかなブレが本当に観測をむずかしくします。

昔、家に安物の望遠鏡があったけど、
三脚がしっかりしてなくて
位置合わせが大変でした。






Last updated  2017年11月07日 12時00分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[宇宙と物理にびっくりな自分] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.