056588 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にゃんだミケコの手作りな日々

PR

Profile


にゃんだミケコ

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Shopping List

2019年09月17日
XML
カテゴリ:お出かけ
​​
久しぶりに来ました愛媛県
お城の下の駐車場に停めて美術館へ


お目当てがロシア美人だったのですが(右側看板)
ラッキーなことにピッピが初日。
ただ、ピッピは有名ですが、見たことは無い。

まず最初に、「口と足で表現する世界の芸術家たち」は、
体のハンデを持つ人たちの絵で、 力強いタッチが印象的。

日本人と外国の人の絵とは、あきらかに雰囲気に違いがあり、
何がつがうのか、しばらく考えていました。
熟練の差というよりは
箱に納めたような日本人気質が出ている のかなぁと思いました。​


ぞくぞくする目つきです(*´∀`*)
「ロマンティック・ロシア」
見慣れている絵画と言えば、日本、フランス、アメリカ。
ふだん見慣れる絵画と違い、色合いの雰囲気が違っていて、
やはり生活圏の色が反映されるんだなぁと思ったのが、グレー系が多い。
その、暗い色合いのなかにわずかな春や夏をいとおしみ、
自然の淡い光を捉えるのがとてもきれいでした。


あと、画家は黄金比率を使用するので
比率を観察しました大笑い

なにげに、波がZ状に連なり、目線が見せたいところへいくようにしていたり、
X構造だったり、
月影が中心の女性と後ろの木にあたり、縦長に光が立ち上がるようにしてたりと
今までの見方と変えて見てたので楽しかったです


有名だけど、よく知らない。
入り口に実写放映のものをながしていました。
見たことある気もする・・・1回ぐらい。
たぶん田舎なので放映されてない。

作家のリングドレーンの思いや偉大さを知って感銘をうけました


少し前、
​ただ描く、だけではなく、哲学が必要だ​
海外在住の日本画家が書いてました。
どういうことだろうと思ってました。


YouTubeのココアアートのコウゾウさんも
哲学を文章化(アステェート?)をし、表現する事を言われてました。
あと、絵を見るには、何故この絵が描かれたか、
時代背景を知らなければいけないので歴史も勉強すると言われてました。


なんとなく、わかっても、よくわからない事項でした(*´∀`*)


ピッピの作者、アストリッド・ リンドグレーンの
時代背景とともに、込められた思いから出てきた作品にふれて、
やっとわかりました。

たぶんn(笑)



アストリッド・ リンドグレーンさんが
子供を叱ったエピソードに涙が出ました!

昔から、悪いことをしたら罰する、
聖書にもあるとおり、罰するためにムチを探したけどなかったので
幼い息子に探してきなさいと、外へ出した。
なかなか帰ってこず、
ムチになるものがなかったので、石を拾ってきていた。
彼女はそれを見て泣いて
戒めに台所にずっと石を置いていたそうです。

子供の尊厳、
不幸な子供が大人になって、増幅していくのを防ぎたい

そんな思いでした。
私もその場で泣いてしまいました号泣号泣号泣号泣号泣



と、いう話を同僚Mちゃんに言ったら
「それ本当の話〜?」
斜め目線な意見を言われた(*´∀`*)


いまの若い親御さんに見てほしい


​ピッピの家

ピッピは、アストリッドさんが子供に話して聞かせるのに生まれたのだけど、

ピッピが子供なのに一人で住んでいるのも
この時代、ロシア革命(だったと思う)だか、戦争だかで
親が急に亡くなる子供がいて、
強くたくましく生きて欲しい思いで書いていたとか。

金貨も持ってるし、力持ちで、泥棒も倒すし、家事から子供を助け出すし、
たくましいスーパーチャイルドです。

おばさま方「あの子、親がいなんですって」

ピッピ「ママは天使で雲の穴から見ています。パパは南の島の王様よ」

みたいな事を言うのです
時代背景を知っていると、背伸びして生きるピッピがいたいたしい。


こちらは、「ロッタちゃん」シリーズで
隣の家に家出して、納屋を片付けて自分の部屋を作ってしまった再現。


アストリッド・ リンドグレーンさんはお札にも使用されています。
当時の財務省が選定のときに
「20札は毎日使われるから、アストリッドが使われていたら毎日が楽しいな
みたいな意見だったとか。
お札にはアストリッドさんとピッピのイラストが入ってました

結局、11時半〜15時半まで居ました(*´∀`*)つかれたww







Last updated  2019年09月17日 14時50分18秒
コメント(0) | コメントを書く
[お出かけ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.