081380 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にゃんだミケコの手作りな日々

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

絵本

2020年12月18日
XML
カテゴリ:絵本
​​​先ほど本が届いたポストので
早速よんでみました大笑い


わたしのげぼく [ 上野そら ]
何やら評判がよさげだったので買った

「わたしのげぼく」上野そら・作 くまくら珠美・絵

あらすじをネットで見ていたので
ストーリー展開は想像がつく





想像がつく・・・・








つくんだよ・・・・・







号泣号泣号泣号泣号泣号泣号泣号泣号泣号泣号泣


ええ〜!?
ひょっとして私って、涙もろいの????

涙と鼻水でデロデロ〜
ここ、会社なんですが・・・号泣号泣







いろいろ余計な事を考えて見てしまう私。

評価で見たとおり、子供用の本というより
猫好きの大人用って感じです。


はじめの方は、短めの文で
丁度いいかんじだけど

後半は文が多くなる
げぼく(飼い主の男の子)への未練と心配と
いろいろあふれ出てくる感じなんだけど

もっとシンプルでいいんじゃないか、とは思った。


絵が素敵で、もろ私の好みどきどきハートぽっ





とはいえ、なんで泣く!?


あ、「100万回生きたねこ」もそうだ!

ツーンとして、素直な性格じゃない

そこへ、たった一人の大好きな人という
キーワードを持ってこられると
大笑い私は泣くみたいだぞ?​​​


考えて見れば、私も素直じゃなく、
どう接して良いかわからず、
ダメだなあとよく思うのです。

だから、重ね合わせているのかもしれません






Last updated  2020年12月18日 15時42分27秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:絵本
​​​唯一、持っている絵本。

ネコヅメのよる/町田尚子作

猫の毛をどう処理して描けばいいのか困っていたので
書くのが上手い町田さんの本を参考に買った。

目がハート猫好きはテンションがあがる本

読み取りの力が弱い私は「へ〜」ぐらいで終わった。



Twitterに町田尚子さんを登録した。

なんかタイミングが悪かったのか、
見る度に、安倍首相の悪口であふれていて、
ショック「これが絵本作家・・・・・」
嫌になって消した。




絵本も誰かにやろうと考えて、ホコリが積もった。




最近、絵本を書いてみたい!と思って
作家さんの創作手順や、
子供の視点を聞いていて
再度、「ネコヅメのよる」を​開いてみた。


ネコヅメのよる/町田尚子【合計3000円以上で送料無料】

​大人は、文字を追うので速いが、​
​子供は絵を端から端まで見るので、​
大人が読み終わっても「読み終わっていない」状態らしく
「もっかい読んで!」となるらしい。

それを注意しながら見たら、
まったく気づいていないものに気づいた
(というか観察力が無いショック

猫じゃらしがページ毎に落ちている。

たぶん、子供は「ここにもある!」って探すのが楽しいかもしれない。

そしてラストの猫たちが一斉に、総立ちするシーン。

ページの切り替わりで、にょきっとなって
スマイルたのしい〜



びっくりという、感想とは言えないような、感想です。



ちょっとディスる感じだったので止めようと思ってたのですが、
昨日のお月様を見てパロディを思いついた。

下矢印ネコヅメのよるはこんな感じのシーン


下矢印というシーンを思いながら月を見たら・・・


​​そう、乱視の私にはこう見える!!
・・・あ、失敗してるww
5コに見えるのよね。

薄いお月様なので大笑い「まるで爪切りの夜!」






Last updated  2020年12月18日 13時55分14秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.