054521 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にゃんだミケコの手作りな日々

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

カメラ

2011年10月04日
XML
カテゴリ:カメラ

2011-10-04 12:30:14

行きつけの、手打ちうどん

温玉ぶっかけを食べてたら

結び目があった。

びっくりダブルハート当たりだ!

午後はいいことがありましたよ赤ハート







Last updated  2011年10月04日 12時35分23秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年10月01日
カテゴリ:カメラ






Last updated  2011年10月01日 17時09分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月12日
カテゴリ:カメラ

スマイル高知を朝3時に出発し、

女二人は9時ごろ直島に到着しました。

 

も~周りは、若々しい大学生ばかり。

女性が圧倒的に多いですね。

直島の宮浦港に到着

01.jpg

ガラス張りで、さすがアートの島です。

直島銭湯「Iピンクハート湯」裏の

「Little Plum(リトルプラム)」さんで

自転車を500円レンタルし、いざ出発。

 

連れは坂道に悲鳴をあげていますが、

佐田岬や、しまなみ街道の坂道に比べれば、かわいい赤ハート

02.jpg

きれいな港。

きれいだが、違和感がすごくある。

 

よく考えると、港町特有の、定置網とか、浮き輪がごろごろしていないし、

干物とかも干されていない。

どこの料理屋も鮮魚がない、(むろん肉はない)

最後に寄った店で聞くと、こんなに船があるのに、

ほとんどが自分で釣るか、市場で買って食べるそうだ。

養殖がメインの漁師さんなんだね。

03.jpg

「本村港」地区にある「玄米心食あいすなお」さんで

ごはんを戴く。まだ11時。

ご飯もおいしいが、店員も男前だ赤ハート

05.jpg

連れが煙草を吸いたいと、縁側で食事。

暑いし・・・ショックあんた、日焼けが怖くないのか!?

 

聞くと、日焼け止めをいっさい塗っていないって・・・

びっくりさすが強者。

私なんて塗ってても、こんがり焼けるのに食パン

 

04.jpg

「家プロジェクト」は撮影禁止だし、

もしこれから行く人がいたら、楽しみ激減なので

他のものを・・・消火栓、むっちゃ古いです。

 

スマイル「島プロジェクト」、個人的には「石橋」が気に入りました。

6件の中で唯一、作者の意図や見どころ、感じどころを

係りのおじさんが教えてくれたから。

 

それに、滝の絵は銀が年月で黒ずんでいくことで

長い月日でさらに作品の風合いを変えていくことや、

絵なのに滝がとてもすずやかで、迫力があり、

床や、障子の両面、庭にまで

「つながった流れ」で構想されていて、すばらしかった。

 

「石橋」家は、石橋さんという塩づくりのリッチなお家柄だったらしい。

 

06.jpg

「草間彌生」さんのかぼちゃ。

すべてはこれ見たさに夏休みの行先を直島にした。


パッケージにもこだわった存在感抜群のアイテム☆草間彌生 YAYOI KUSAMA☆かぼちゃ ハイヒール 蝶 キーリング/キーホルダー ビニールバッグ【同梱3点以上送料無料対象】【moncachetteプレゼントセール】【楽ギフ_包装選択】【10P02Aug11】【mb0812】 

ベネッセの地区にまで来ましたが、不安が的中。

よくわからずに来たけど、下の平坦を自転車で行けないショック!!

 

とりあえず、自転車のことがあるから、

ベネッセをあきらめて 

急な坂道をのぼり、山頂にある「地中美術館」を目指す。

 

押してじゃなきゃ登れないけど、

意外にラク勝ち。

 

07.jpg

美しいですね(ほぼ山頂付近)

これだけ美しいが、意外に釣り人も泳ぐ子供もいないし、

波もないので、高知人にはなんだかぶきみです。

 

08.jpg

「地中美術館」は変なシステムで、チケット売り場が別場所にあり、

しかも。時間制でチケット販売。

 

「地中美術館」に入って納得。

無制限に入場させたら、すし詰め状態になるぐらい少スペースが多い。

 

「モネ」の部屋

意外に濃い色を使ってるんだなと知った。

床を大理石の小さいタイルで敷き詰めているので

スリッパに履き替える。

 

こっそり、素足で触ってみたら、むちゃくちゃ感触がいい。

スリッパで歩いても絨毯を歩いてるように心地がいい。

 

もし宝くじ6億当てたら、大理石のタイル床にしようスマイルきらきら

 

「安藤忠雄」の設計、きれいでした。

通路の平行に斜め切りしたのを、

おもわず「きれい」とつぶやいた

 

「ジェームズ・タレル」

とても快晴の空を切り取った天窓、

白に光と色のしかけがとてもきれいでした~

(仕掛けのせいで、待たされるので時間にゆとりを。)

 

 「ウォルター・デ・アリア」

私は一番、気に入りましたスマイルダブルハート

切り取った天窓の四角い空が、

2.2mのほぼ完璧な球体に映り込んで

とてもおもしろい。

 

日差しが斜めに入り、

階段が白く切り取られて映り込んでいるんですが、

そこに立つと、自分がくっきり球体に映って、

妙にスポットライトをあびた気分でうれしくなりました。

 

チケット売り場で「ここは顔でスタッフを決めているのか?」と思ったが

美術館内にも男前がいて、連れがおおはしゃぎ。

 

09.jpg

「地中美術館」から、元きた「宮浦港」までは下り坂ですぐでした。

港にある「草間彌生」さんの赤かぼちゃ。

子供たちが中おおはしゃぎウィンク

 

港のコインロッカーからおふろセットを取出し、

レンタル自転車を返却し、

10.jpg

「Iピンクハート湯」に入りました¥500

最終便間近だし、混んでるだろうと思ったら、

外で撮影のみの人が多く、すんなり入れた。

 

湯船が小さいから、長湯をする人も居ないからだろう。

 

出向までまだ時間があったので、

港前のたこ焼き屋で食事をしました。

 

タコ飯がつめたかったが、おいしく、

焼きそばもおいしかった。

店員の兄さんも男前だった。

 

この島の人(もしくは移住?)はみな鼻筋が通ってるなぁ







Last updated  2011年08月14日 21時29分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月09日
テーマ:よさこい(482)
カテゴリ:カメラ

2011-08-14 19:49:45

よさこい前夜祭と

うちのトラちゃん(猫)が星になった日が同じになるとは・・・

 

生まれてこの方、高知に生まれたのに

よさこい目的に市内に入ったのは1回程度。

 

そんな、めんどくさがりの私にお誘いがあり、

行ってきました前夜祭。

 

内心、テレビでいいのでは?

 

内心、あの狭い中央公園、

いいかげん、ギリシャの闘技場のように改造せんかな

 

とか、

 

いっそ国道を閉鎖して電車通りでやるべきでは?

 

などと、狭さにへきえきしていたが、

一緒に行った連れが、

サボテンのような強い心臓で

ナイスポジションをゲット!!してくれ、

後方とはいえ、よく見える場所で見ることができましたスマイル

 

前夜祭、初めから最終まで見ました。

はじめて。

やっぱ、生はいいな目ダブルハート

 

それにいつも、優勝争いで名前だけはしっている

十人十色、ほにや、

やっぱ「見せる」ことをよく知っているなぁと感激したのでした

 2011-08-14 19:49:45

夜には花火も一緒に見ることができて

感激極まり目ダブルハートダブルハート

 

しかし、最終的に、

連れにジュースをおごらなかったので

ご機嫌斜めになりましたショック下向き矢印下向き矢印下向き矢印

 

おまえ、ケチすぎ、自分で買え!!

(私は晩御飯代も出した)

 

このまま、二度と会うこともないかもしれない。

 

夏が終わったかな泣き笑い


テレビ番組でも紹介されたまさに飯とも!鰹の一本釣り高知県中土佐町久礼の漁師さんが作った食べるラー油漁師のラー油 かつお入り 「ラー油かつお」瓶入り


高知の海の幸をお届け♪土佐のかつおめし しょうゆ味(2~3合)

 







Last updated  2011年08月14日 20時09分44秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年05月07日
カテゴリ:カメラ

連休に、撮影ごっこと称して

室戸岬、さらには隣の徳島県宍喰にまで行くことになった。

 

しかし、連れは一眼レフ。

私はIXY1000

 

こやつ、高かったくせに手ぶれ補正も無く

非常に扱いづらいやつなのだ

 

さて、一眼レフには勝てぬのだから

話題の大笑いトイカメラでも買ってみようかとおもった。


しかし、不幸な事にパソコンが壊れ、

基盤をとりかえることに。

おおよそ5万はかかる号泣

 

泣く泣くあきらめ、フォトショップで

トイカメラ風に画像加工をこころみました

 

201105044.jpg

201105045.jpg

予行練習に、デジカメで

MAXに赤と青をマニュアル設定。

201105047.jpg

この加工はいいかんじ??

201105046.jpg

201105048.jpg

201105041.jpg

201105043.jpg

201105042.jpg

2011050410.jpg

201105049.jpg

旅先は

こんな加工でもしなければ

絵にならないぐらいの曇天でした。

 

しかし、これじゃ

どこに行ってきたの

皆目かわからんの~大笑い







Last updated  2011年05月07日 13時06分25秒
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.