210304 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ビジネスと人生の成功法則

2006年08月03日
XML
テーマ:たわごと(20556)
カテゴリ:8.人間関係
[管理人]

今TVで功名が辻をやってますよね。

面白いので家族に強制的に「見るぞ~」って、さそってその後の家族間の話題にしてます。

信長が「本能寺の変」で亡くなります…
明智光秀の恨みを買って。

光秀は毛利元就にも訪ねて、家来にどうかって面接受けるんですけど落とされるんですよね。
あまりにも冴えすぎていて、主君を裏切る臭いを感じ取られ、丁重に断られたんです。

そんな危ない光秀を信長は敵に回すように、嫌われる事をいっぱいやってしまいます。
そして、あっけなく50歳も越えられずに死んでしまいました!


その後、農家出身の豊臣秀吉が後を継いで天下統一に向うわけですが。

秀吉の性格って、真似できそうで出来ない。
馬鹿をするのは簡単そうで、そうではないんですよね。
馬鹿になるほど人望があるといいますが…。
(どんな馬鹿かは、ビジベンの「仕事に役立ったビジネス書」をご覧ください)


そんなに簡単ではないです。

でも、そんなに吉本新喜劇のような馬鹿はやらなくても、こんな馬鹿はできると思うんです、若ければ。

その一節をご紹介しますね。

[お金ではなく、人のご縁ででっかく生きろ!中村文昭]

(ホテルでアルバイトしている著者…)
キャベツが足りなくなって、料理長が「だれか手があいているやつ、買って来い!」と、2千円を放ったのです。チャンス到来でした。とっさにそれを拾った僕は、駆け出しました。
走って走って、大汗をかきながら、あっというまに戻ってきたので、料理長はびっくりしました。

[管理人]

このことで料理長は著者を覚えてくれました。

沢山のアルバイトの中で著者は特別な立場に立ちました。
そして居酒屋に誘われて事情を聞かれ助け舟を貰います…

そうして著者の希望通り、実現に向けて最短距離をいくようになったのです。

(社長=師と共に野菜を販売したお金でお店を出すわけですが、カウンターに入って、やったこともない事を何処かで学んで来て、やらなければならなかったのです。調理場でアルバイトから始めた著者にチャンスが到来したとは、このことなのです。…その後、自分でもお店を持ちスタートするようになるのですが。)

これって、著者は坂本竜馬…とか自称ですが、そのような名前をあげますが、どちらかというと、豊臣秀吉の出世街道を行く姿を思い浮かべるのです。

また、このキャベツを猛スピードで買ってくる姿が忘れられません。

え?見たわけではないんですが、読んでて浮んできたシーンが頭に焼き付いているんです。

これ、読んで相当時間が経ちましたけど…
素敵な場面で…皆さんにも読んでもらいたい所なんです。


あ~暑い!
今日も34℃くらいの気温でしょうか??
理屈では人は動きませんね。
必要なのは、若さ、やる気、体力、素直さ、謙虚な姿勢…ですね。
著者の師がおっしゃられる通りです。

理屈に走り過ぎないように、若者は汗をかいて、相手を喜ばしましょう!
それでは~








最終更新日  2006年08月03日 19時37分37秒
[8.人間関係] カテゴリの最新記事

PR

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.