000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

プロフィール


ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.07.05
XML
カテゴリ:ラノベ
こんにちは♪

本日の1冊はこちら(*'▽')

内容紹介(出版社より)

「ボクと結婚して、子作りしよ」

王都襲撃事件の犯人は、カイゼルのかつての仲間である賢者・エトラだった。
カイゼルはエトラが事件を起こした真意を追究すべく、アプローチを試みる。
賢者であると同時に、生粋のギャンブラーであるエトラは、真相を明かす条件としてカイゼルに一つの勝負を持ちかける。
それは、限られた極短い期間でどちらがより生徒を成長させられるか、という対決。
しかし、エトラには「人にものを教えるのが極度にヘタクソである」という、無自覚ながらも致命的な弱点があって……!
父親を慕う可愛い娘たちと贈る最強父娘ファンタジー、第3幕!


前の巻で名前だけ出てきたカイゼルのかつての仲間であり、もう一人の”賢者”エトラが登場!!!
前回のレジーナの時もそうでしたが、カイゼルの仲間には常識というものは無いのか?

両方とも王都に滞在する人物の実力を試すという目的は一緒なのに、どちらも結構無茶苦茶してる・・・
方や辻斬りのようなことをして、方や王都襲撃を行い、実力を測るという・・・
ほんと無茶苦茶ですね((((;゚Д゚))))

今回話のメインとなるのは三女のメリル
カイゼル以外何もいらないとまで言っている問題児ですが、同じ”賢者”という肩書を持ちながらも圧倒的な実力差を持つエトラに今の考えが危険なことを指摘されます。。。
実際学園に通うのもカイゼルが講師として学園に通っていることと、魔法を研究するのにうってつけの環境だからという本来の年齢で考えられる『友好を深める』といったことは全く興味もないため行っていません。
確かに、少数ですが自ら一人で過ごしたり、いじめなどの問題から一人にならざるをえなかった人もいるかもしれませんが、せっかくなら友人の一人や二人作ってもらいたいのが親心というもの・・・

実際『友達を作れ』と言われてすぐに作れるならすでにいると思いますが(*'▽')
今までそういったものが必要ないと思っていた彼女もまた途方に暮れます。。。
本当に”友達”って難しいですよね・・・
おかげでメリルは精神的に一歩前進することに・・・
カイゼルやほかの姉妹と共に子供を見る気持ちで成長したなぁと実感。。。

そして1巻からの伏線がここで回収!!!
何故エンシェントドラゴンが三姉妹に対してあのようなことを言っていたのか・・・
まぁ、ある程度予想はできてて当たった形になりましたが、皆さんはどうです?

1巻がカイゼルがメイン、2巻は長女であるエルザがメイン、そして今巻である3巻は3女のメリルがメインだったことを考えると次は次女のアンナがメインで話が進むのでしょうか?
一つの謎が解けたことにより、ここからさらに物語が進んでいくと思います。
カイゼルは3姉妹を守り切ることはできるのか、次巻も楽しみです(^^♪







最終更新日  2021.09.07 22:28:36
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.