076374 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

プロフィール


ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

雑談

(3)

ラノベ

(394)

コミック

(30)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.20
XML
カテゴリ:ラノベ
​こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')

魔物の主スライムのリムルは、

魔国連邦の盟主として着々と勢力を強めていた。

魔王カリオンの支配する『獣王国ユーラザニア』との国交、さらにはドワーフ王国ともより良好な関係を築き上げ、盤石の態勢を整えつつあった。


そんな折、リムルはある夢を見る。

それは自ら捕食した“爆炎の支配者”井沢静江からの、教え子だった子供たちを救って欲しいという悲痛な叫び。

そしてリムルは子供達に会うべく、

『イングラシ王国』へと旅立つーー爆炎の想いを受け継ぐ者として。


​本格的に対外関係を築いていく第4巻
アニメ第1期もこの巻までの話ですね(^^♪

今までは森の中で完結していた状況がこの巻では本格的に森の外に目を向けて行動を開始!!!
話には出ていたドワーフ王国との街道整備、魔王カリオンとの協定に基づく使節団の派遣と国家としての事業も開始され、国作りものとしても軌道に乗り特産品などの交易品の交渉や、ポーションの性能や価格決定など個人的には面白い場面も(*'▽')

国作りとは別にシズの残滓が訴えかける異世界(この世界)に呼び出された子供たちに会うべくジュラの森を離れて行動開始。
今まではドワーフ王国に行っただけであとは森の中の話でしたが、ここでこの世界に住まう人間の暮らしも出てきます。
メインの部分ではないのであまり細かい描写はありませんでしたが、やはり国家・種族が違うということでいろいろと違う部分も。
さらに”冒険者”という職業についてはここでよくわかるように。

そして問題の子供たちですが、、、
ほのぼのとしつつもやはり問題解決のために頑張りますが、いいものですね。
知らない土地で信用できる人が少ない状況であそこまでまっすぐ成長しており、素直な5人。web版もアニメ第2期あたりまでしか読んでいないので、今後この5人がどのような成長をして物語にかかわってくるようになるのか、それともここで出番が終わるのかちょっと楽しみではあります(*'▽')

それにしても”ラプラス”と会話をしていた人物ですが。。。
まんま黒幕っぽいけどこの人物も今後物語にどうかかわっていくのか注目していきたいですね。






最終更新日  2021.10.20 23:11:47
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.