113064 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

プロフィール


ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

2022.07
2022.06
2022.05

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.11.05
XML
カテゴリ:ラノベ
​こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')
恋人代行のアルバイト代で姉の負担を減らしたい斯波龍馬と、弟には大学生活と恋愛を楽しんでほしい龍馬の姉・カヤ。二人の意見がぶつかる中、龍馬はカヤから過去に恋人代行で経験したトラブルと大切な家族には辛い思いをしてほしくないという切実な想いを痛切に感じ、恋人代行を辞めることを決意する。
 数日後、愛羅との契約関係を解消した龍馬だったが、姫乃には恋人代行での失敗があり、告げることができなかった。
 そんな中、姫乃から電話で「冬休み期間中、お家にきてほしいの」とお願いされ、姫乃の家で一日過ごすのだが……。
 レンタル関係から始まるリアルラブストーリー、堂々完結。
​友人に紹介されたことから始めた恋人代行から始まったラブコメも最終巻。

web版では現在残念なことに更新が止まっていますが、web版とは違った展開になっていたので、2重に楽しむことができました。
web版では今回登場した3人それぞれに焦点を当てていますが、書籍版である本作では、年齢も近く、一番最初にお客様として接触した姫乃をメインにした構成に。

メインを一人に添えたことで、龍馬の行動が徐々に姫乃を中心とした考えになっていき、2巻のラストでは契約を破っても彼女とのひと時を優先していたことからもわかります。
そして、物語をきれいに終わらせるために、今回の題材である”恋人代行”も含めた『高額時給』の仕事の闇の部分も踏まえて龍馬を説得し、自分の気持ちを優先させるように仕向けているので、スムーズにラストまで読むことができました。

ちょっと残念に思ったのは、ラストのほうが相当駆け足になっていたと感じてしまいました。
まず、関係をリセットするためと恐らく人気or作者様のお気に入りでもある愛羅とのエピソードが多く、メインとなる姫乃とのエピソードが短かったかな?
短いからこそ内容を濃くし、姫乃の魅力を詰め込んだと思いますが、もう少し何かできたかなと思いました。
一番かわいそうなのは葉月さんなのは間違いないと思いますけどね。。。

それでも最後には姫乃の魅力を前面にだしつつ、最高のハッピーエンドまで行けたのは素晴らしいと思います。
最後に3巻という短い巻数ですが、デビュー作の完結おめでとうございます!
すでに新刊が出ていますが、そちらも応援しています(^^♪






最終更新日  2021.11.05 00:09:03
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.