117870 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

プロフィール

ウトガルト

ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.03.15
XML
カテゴリ:ラノベ
​こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')
シャロットを救い出し、新たに神姫として迎えた後宮部隊。闇の闘技場を壊滅させたり、ティティの地元を助けたり、活躍を続けるロクたちに、立ちふさがったのはーー魔王! 後宮ハーレム教官ファンタジー、堂々完結!
​ まずは完結おめでとうございます!
 ずるずると話を長引かせるよりは駆け足であってもきれいに完結されていたので良かったと思います。
 ハーレム系王道ファンタジーが好きな方はきっと楽しめる内容になっているので、短い巻での完結ということで一度手に取ってみてはどうでしょうか?


 1巻では後宮に追放され、様々な試行錯誤と後宮に暮らす女性たちの問題も解決しながら自分たちの有用性を国に示し、成り上がる展開がとてもよかったです。
 後宮と言っている時点で登場人物が多いのも覚悟していましたが、その後あまり人数も増えることがなく最後までほぼ固定メンバーで行ってくれたのでそれぞれの特徴をしっかり把握できた点もよし。

 2巻と3巻ではハーレムメンバーの故郷に行ってそれぞれの力を覚醒させたり、その地域の問題を解決するというファンタジーものの王道展開を繰り返す展開に...
 3巻ではラスボス戦+その幹部との戦闘があったのですが、今までのイベントと尺が同じくらいだったのはページ数の都合だったのか?
 もう少しラストへ向かって盛り上がりがあったほうが個人的にはよかったと思います。


 全体的にテンポがよく、イベントごとに話が切れるので読書が苦手な人も少しずつ読める作品だと思います。
 しかし、読書やファンタジーが本当に好きな人には賛否が分かれる作品かと...

 展開が早くなおかつ王道なので特に難しく考えることなく気軽に読める点ではいいかと...
 ただ、途中からどうしても同じ展開が延々と繰り返されるので結構ぐだっていたように感じる点もあり、これ以上引き延ばしてもどうしようもなかったのでここで綺麗に収めたのでその点はよかった。


 なんにしろ、無事完結おめでとうございます。
 次回作も頑張ってください。






最終更新日  2022.03.15 00:06:54
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.