000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

全1件 (1件中 1-1件目)

1

カテゴリ未分類

2022.03.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')
「に、似合うかな……? このドレス……」メインヒロイン役を勝ち取ったアイちゃん。喜ぶ俺たちを前に、グラビア撮影・ラジオ出演の仕事が舞い込んだ。しかし緊張して喋れなくなる彼女をプロデュースすることに!?
​ 結末がわかっているためとても安心してニヤニヤしながら読める作品なので、純愛ものが好きな人はいけると思います。

 1巻で退所の危機を脱し、少しずつ仕事も増えていき順風満帆化と思いきや今度の課題は『露出』!!?
 しかも、優香だけでなく凛音・寧々も同じような問題を抱えていて…(;'∀')
 トップ声優という目標に目指して二人三脚で駆け上がる姿が今巻も素晴らしかったです。


 一昔前の声優ならいざ知らず、最近の声優はメディアへの露出が多いと思いますし、逆に露出していない声優のほうが少ないのではと思えるほどいろんなところに出ている印象があります。(もちろん顔出しNGの声優もいるので一概には言いませんが…)
 それでもトップ声優を目指す優香にとって露出に限らず来た仕事については『来るもの拒まず』の精神で何でもこなさなければならないのは理解していますが、当初を思うと不安がある一件...

 案の定うまくいくはずがなく、、、
 てんぱっている姿はそれはそれでとてもかわいらしかったですけどね(^^♪
 ああいうのってあとで思い返してみると笑い話にできる場合と黒歴史になるかのどちらかですが、彼女たちの場合恐らく笑い話になるのでしょうね( *´艸`)

 そんな初めてが多い状況でも”次”に失敗しないように反省や対策を共に考える優香と奏太の関係はある意味理想の関係だと思います。


 そして今巻では優香ももちろん露出という問題を抱えていますが、もう一人悩みを抱え、奏太に相談する人が出てきます。
 3人が3人とも知り合いということで1番は自分の事務所+担当声優(最推し)の優香であることは変わらないですが、それでも見捨てるのは違うという意思はとても尊重できます。
 それがもとで優香との関係が揺らぐことになるのですが、ラストがわかっているからどうやって巻き返すのかが気になるという感じで不安になることはなく、逆にニヤニヤしながら読めました( *´艸`)


 幕間の未来の話では当時を振り返ったり、今と比べての比較ができる場面になっているので、そこは意識しながら読んでも面白いですね。
 個人的にはこの幕間結構好きです。


 順当に行けば次巻では残り1人の問題が何かしら浮上してくると思います。
 その問題を奏太はどのように解決し、また優香をトップ声優へするべく次の手はどのようなものか楽しみなものがいっぱいの作品です。






最終更新日  2022.03.17 00:11:14
コメント(0) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1


© Rakuten Group, Inc.