ブーメラン日記

世界大会日誌(その5)

 

【世界大会日誌(その5)】


 
 今日は、「青少年の為の科学の祭典(北九州大会)」で、子供たちにブーメラン(ルームラング)を教えていたのですが、ブーメランはやたらと人気があり、5時間で300人くらいの子供たちにブーメランを体験してもらいました。お昼休憩の後の3時間半はぶっ続けで、、とにかく、並んでくれている人の列が減らないのですよ、、「俺を殺す気か~!」と叫びたくなる様な状態で、今へとへとなのですが、、この「世界大会日誌」だけは一刻も早く書かないと、どんどん忘れて行きますので、、。(間違った記載がある場合はどしどしご指摘ください)

 どこまで書いたかな、、

 団体戦のスケジュール表が出てきましたので、資料的にスケジュールも書いておきます。

 Day1

 Endurance
 Aussi-Round
 Supercatch
 MTA
 Relay

 Day2

 Trick-Doubling
 Accuracy
 Relay
 Aussi-Round
 Supercatch

 Day3

 Accuracy
 Trick-Doubling
 MTA

 Day4

 Endurance
 Supercatch
 Relay

 本来はDay3に、Supercatch→Endurance→MTA→Trick-Doubling→Accuracy→Relayの予定でしたが、雨のために3日目はあまり走らなくていい競技をすることになりました。MTAは、下の状態が回復したので急遽やる事になって、MTAを会場に持ってきていない選手が、宿舎までブーメランを取りに行くどたばたもありました。(笑)

 ドイツのポールさんは、僕に向かって「ブーメランを全部持って来ていない選手がいるなんて信じられないよ!ブーメランは俺たちのベイビーなんだぜ!」とご立腹でした。(笑)

 ※愛媛の近藤さんもMTAを忘れていて、宿舎に戻るバスに乗っていたのですが、「雨が降ったいたので、大事なMTA(木製)が濡れたらあかんと思ってBAGに入れなかったんですよ」とコメント。 コチラもブーメランを思う気持が強くて置いてきてしまったのですよね~(^^ゞ

 時間を遡って、、書き忘れていた事柄をランダムで書きます。

 まず、何日だったかな、、とにかく、大会が始まる前に少しだけ練習が出来た時に、FC3の作者であるダグ選手のブーメランを投げさせて戴く幸運がありました。そのブーメランはかなり重たくて、ドラゴンの模様がエッチングで施されていて、ダグさんが投げると40mくらいを綺麗に戻って来ていました。

 で、僕も投げさせて戴いたのですが、、最長到達距離のあたりで、ボツっと落下。(立てすぎてました)

 2投目、少し寝かせて投げたのですが、、寝かし方が足らなかったのかパワー不足なのか、今度もボツっと最長到達地点で落下、、で、、そのブーメランを見失ってしまいました。(汗)

 ロストしては大変と必死に探していると、ダグさんがブーメランを発見!「この角度からブーメランを探すと、ブーメランが光って発見しやすいんだ!」と、ブーメラン捜索のコツを伝授して戴きました。m(__)m (ダグさんはいいおじさんで、僕によく声をかけてくれました)あと、ドイツのボーンズチームの選手(名前は分からないのですが、レフティの選手)も個人戦の間、色々と声をかけてくれえました。本当にええ人が多いです。

 そして、これもいつだったかな、、オークションがあって、最初は全額JBAに寄付って事で、なかなか品物が集まらず、50%バックって事にしたら、かなり沢山の品物が集りました。

 僕も、「WJBCチームTシャツ」と「飛ばせブーメランのCD」と「ブーメランバッジ」のセットと、を出品。どちらも意外と好評で、Tシャツは¥3500で、CD&バッジは¥2000で落札されました。MACさんがWJBCTシャツをセリだしたのにはかなり焦りましたが、、(^_^;)(MACさんは僕の隣にいたので、僕が値段を吊り上げている様に思われないかと、、)

 会場の準備のバタバタで、どんな品物が出品されているのかまったくチェックが出来ず、なかなかオークションのセリに参加する事が出来なかったのですが、アメリカの風神チームのTシャツを¥1000で競り落とし、(グレッグが早めにコールしてくれた様な気がします)

 そして、「投げると笛が鳴るブーメランです!」との声に、思わず参戦!アレックスとのセリに勝って¥1000で落札!どこか海外のブーメランだと思っていて喜んだのもつかの間、、そのブーメランは京都のA君が出品していた100円ショップで購入した、ジャンクブーメランだったのです、、(^_^;)

 で、100円ショップで売っているブーメランを持っていても仕方が無いので、そのブーメランはアレックスに「海外のブーメランと間違えてたんだけど、コレは日本で買えるブーメランなので、プレゼントするよ」と言ってあげちゃいました。(アレックスに喜んでもらったので、、ヨシとしましょう)

 7月13日(木)

 団体戦終了!

 結果は、

 順位    チーム名      国        TOTAL
  1    B Motions   Germany   201
  2   Fuujins Posse   USA     189
  3     Swiss   Switzerland    171.5
  4   Zidanes Angels  France  167
  5     侍             Japan    155
  6   Yama Otoko        USA       154.5
  7      Knochen        Germany   144
  8      あっぱれ            Japan     100.5
  9   Mooba Booma    Australia   95.5
  10    Zinedines         France     83.5
  11       BIT                Italy      80
  12   Ninja Veterans     Int        65
  13    ライジングサン     Japan       52.5
  14     HooLing       Int Women  21

 でした! 

 団体戦の後には、すぐにアメリカの選手が中心に進めるブーメランのお祭り「Gel Day」が始まりました!

 音楽にDJと、会場の雰囲気は一気にアメリカンに!

 団体戦に出場していない、個人戦のみの選手も参加できるって事で、楽しみにしていたのですが、、

 いきなりレベルルが高い変則トリックキャッチが始まり、、側転して片手キャッチなんてのをされた時点で、池上さんと2人ですごすごとリタイヤ。(苦笑)その側転を決めたフランスの選手は次の日片手を吊っていました。(^_^;)

 同じく水戸のエイビー選手も、この日の2枚翼の競技で片手を痛めてしまったのですが、海外の選手に全く負けないパワーで2枚翼ブーメランをガンガン戻しているエイビーさんの姿は、変則トリックでリタイヤしてしまった自分には非常に頼もしく映りました。(パワーで負けない日本人はエイビーさんくらいじゃないかと思います)

 つづく

 「世界大会日誌(その6)」へ!


 ↓団体戦の優勝チーム「B-MOTIONS」(撮影:古川貴浩)

 B-MOTIONS



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.