ブーメラン日記

世界大会日誌(その7)

 

【世界大会日誌(その7)】



 個人戦の初日、、

 最初の種目、ファーストキャッチで、フロストと同じ組でしたが、同じく日本人の飯塚君と細谷君とも同じ組で、少しはホットしました。

 しかし、、

 飯塚君から、「このグループは凄い人ばかりですよ!僕を含めて(笑)」と言われ、ますます緊張する私。

 実は、フロストとは結構話す機会があって、彼は非常にフレンドリーで、いつもにこやかに話しかけてくれていたのですが、、この日はピリピリした雰囲気で、話し掛けるなんて雰囲気ではありませんでした。陽気なアメリカンのスティーブも同じ組だったのですが、コチラも硬い表情で、同じく僕などが話し掛けていい雰囲気ではありませんでした。(汗)

 で、いよいよ競技開始!

 飯塚君、ステーブ、バウアー、フランス人、フロストと、、全員が殆ど動かず、全員がノードロップです。

 あとで、「フロストの17秒を間近で見れて凄かったでしょう!」とトギーさんに言われましたが、、フロストの17秒は見ていながら見ていない感じで、、あまり記憶に残っていません。(苦笑)

 で、フロストの次が僕、、

 本当は1投目には4枚翼のスナイパーG4を投げる予定だったのですが、、とても4枚翼を投げれる雰囲気では無くて、3枚翼のPPを握り出陣しました。(練習ではこの3枚翼の調子が良かったのですが、、)

 緊張している様な緊張していない様な、、しかし、緊張していたのでしょうね、、いきなり1投目をポロッとドロップ。その後も1ドロップしてしまい合計2ドロップで、5キャッチのタイムは50秒台でした。

 僕の後に投げた、フランスのパトリシュさんもポロポロとドロップ。(ああ~ドロップしたのが俺だけで無くて良かった、、このおっさんが俺の前に投げてくれてたら、もっと楽に投げれてたやろうな、、)なんて事を考えて、、それで少し落ち着けた様な気がします。

 2回目は、5投目を除いて微妙に円外に乱れましたが、なんとかノードロップで投げ終える事が出来て、とにかくホッとしましたね、、。

 タイムは、ブーメランの乱れを表す32,5秒。ちなみに順位は67位でした。

 2つ目の競技はMTA、、僕が一番苦手な競技です。

 MTAは、北九州で殆ど練習が出来ておらず、旭川に来てからMTAを投げまくろうと思っていたのですが、、旭川ではまったくと言っていいくらい練習が出来ませんでた。3枚翼のMTAは、濱口さんと少しだけ練習しましたが、練習での最高タイムは15秒くらいでした。

 この日も風が強くて、1投げ目は3枚翼を投げました。

 ちゃんとキャッチが出来ているかを確認する為に、同じグループの選手が投げる人と一緒に走るのですが、僕の投げると時に走ってくれる選手と言うのが、、フロストだったのです。

 国内の大会ではとにかくキャッチを重視して、MTAは軽く投げてしまう事が多かったのですが、この日はとにかくフルパワーで投げようと決めました。

 1投目、気合を込めたので、「アッ!」と自然と声が出たのですが、自分のイメージよりもかなり低目に投げてしまい、「ああ~」って声も出してしまいました。

 「アッ!ああ~」

 投げミスではありましたが、タイムは15秒台。1投目で、練習での最高タイムをクリア出来ました。

 MTAはムラタさんが同じ組に加わっていたので、FCと比べると、かなりリラックスできてました。

 この後、ムラタさんとは、オージー、トリック、アキュラシーまでは同じグループでしたね。

  (最初から最後まで同じグループだったのは、フロストと細谷君の2人だけでした)

 2投目も3枚翼を投げましたが、コレも低く投げ過ぎて、、

 「アッ! ああ~」

 だけど、全力で投げているので前にはかなり飛んでいて、タイムは18秒台まで伸びました。

 3投目に、、この日のクライマックスが訪れます。

 いや、、この日のクライマックスではなくて、この大会を通しての、クライマックスです!

 僕の力では、3枚翼で18秒台以上のタイムは出ないだろうと判断し、風が強いけど、2枚翼(ゴルゴMTAロング)を投げる事にしました。とにかく、記録は残っていますので、後は思いっきり投げるだけです。

 3投目、、

 「アッ! ああ~」

 またの自分のイメージよりも低く投げてしまいましたが、ブーメランは綺麗にホバーしています。

 しかし、風に流されて、とにかく走りました!

 上には高く上がらなかったけど、50mサークルの端から端まで走り、

 キャッチ!

 (50mのラインを超えちゃってるかも、、)と思い、僕の真横まで走ってくれていたフロストに

 「In?(入ってる)」と聞くと、

 フロストはにこやかに笑いながら、

 「Yes!it,s  in! it.s in!(入ってる入ってる!)」

 そして「よくやった!」と言いながら、右手をハイタッチの位置に持って来てくれて、、

 その手に、僕がハイタッチをしました、、

 (ああ、、俺、、今フロストとハイタッチをしたよ、、フロストがハイタッチをしてくれたよ、、)

 もの凄く感激しました。

 その時のタイムは、23,6秒。(56位)

 それは、僕の競技会でのMTA自己ベストのタイムでした。(練習では30秒越えや、ネット越えロストも一応はアリます(^^ゞ)

 フランスのパトリッシュも、「お前の叫び声はナイスだ!まるでサムライの様だ!」と声をかけてくれました。

 そうだ、、

 パトリッシュも、FCの時に「よくやった!」と言って、ハイタッチをしてくれました。(パトリッシュからのハイタッチも嬉しかったです、、)

 ※MTAの4投目は同じくゴルゴMTAロングを投げて18秒台。5投目はベークのMTAを投げ、スパイラル落下でした。最終スロー以外は全部低目に投げてしまいました、、それだけ力が入っていたのでしょうね、、。

 ※「マサさん、あの、2回声を出すのは何か意味があるんですか?」とムラタさんに真面目に訊かれちゃって、「いや、、2回目のは、全部低く投げちゃってるので、、それで失敗したああ~なんですよ、、」と答えたら、大笑いされちゃいました。(笑) だけど、こんな会話でリラックスが出来るんですよね。

 つづく

 ※確かに、黒気知さんのご指摘通り、写真が無いとつらいですね。デジカメを持って行ってなかったので、、フィルムの写真もまだ現像に出せていませんし、、。(現像してくれる場所減りましたよね~(^_^;) )僕の心のカメラにはバッチリと写っているんだけどね、、。

 「世界大会日誌(その8)」へ!

 ↓MTA!(撮影:古川貴浩)

 MTA



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.