ブーメラン日記

競技ブーメラン(トリック&ダブリング)

 
******『競技ブーメラン(トリック&ダブリング)』******


 普通の人(体操選手とかではなくて)にとって、一番難しい種目は、このトリック(トリックキャッチ)&ダブリングになると思います。トリックキャッチは、指定されたキャッチを順番に行い、そのキャッチの難易度によってポイントが加算されます。

 ダブリングの方は、さらに難易度が高くなり、ブーメランを2本同時に投げて、それぞれ、時間差を付けて舞い降りるようにチューニングされたブーメランを、指定された方法でキャッチしなければなりません。

 ある意味、「ファーストキャッチ」と共に、「競技ブーメラン」の花形であると思いますが、体の固い方にとっては、非常に辛い競技ですね(笑)。

 ブーメランのキャッチにポイントを置いた、アクロバッティックで、魅せる要素の大きな競技・・・それが「トリックキャッチ&ダブリング」です。

 
 <必要条件>

#1・・・半径2mの中心円内から投げること。
#2・・・中心点から20m以上の飛距離があること。
#3・・・指定されたキャッチの方法でキャッチすること。
#4・・・3名以上が同時に競技する場合は、号令に従って一斉に投げること。

 
 <ポイント>

※指定された方法のキャッチが成功した場合に決められた得点があたえられます。

※キャッチの順序、種類、ポイントは以下のとおりです。

 まずは『トリックキャッチ』から、

 1投目・・・左手片手キャッチ(2点)
 2投目・・・右手片手キャッチ(2点)
 3投目・・・背中キャッチ(3点)
 4投目・・・股下キャッチ(3点)
 5投目・・・イーグルキャッチ(4点)
 6投目・・・ハッキーキャッチ(6点)
 7投目・・・トンネルキャッチ(6点)
 8投目・・・片手背中キャッチ(7点)
 9投目・・・片手股下キャッチ(7点)
10投目・・・足キャッチ(10点)

 ※キャッチの解説

(イーグルキャッチ:ブーメランを押さえ込むように、上から片手でキャッチ)
(ハッキーキャッチ:ブーメランを膝から下の部分で蹴り上げてキャッチ)
(トンネルキャッチ:両足を地面に付けたまま、股下から手を伸ばしてキャッチ)
(足キャッチ:ブーメランを両足で挟んでキャッチ)

 次ぎは、『ダブリング』です。

 1投目・・・背中キャッチ(3点)+股下キャッチ(3点)
 2投目・・・左手片手キャッチ(2点)+ハッキーキャッチ(6点)
 3投目・・・右手片手キャッチ(2点)+トンネルキャッチ(6点)
 4投目・・・片手背中キャッチ(7点)+片手股下キャッチ(7点)
 5投目・・・イーグルキャッチ(4点)+足キャッチ(10点)

 ※2つの種類のキャッチは、どちらが先でもOKです。
 ※1本目のキャッチが失敗した場合は、2本目も同じキャッチにトライできます。

 パーフェクトは100点です!

↓トリック&ダブリング用ブーメラン(トリックライド)

トリックライド


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.