ブーメラン日記

爆笑ブーメラン用語辞典

******『爆笑ブーメラン用語辞典』******


 爆笑かどうかは分かりませんが、楽しく、分かりやすく「ブーメラン用語」を解説させて戴きます。(あくまでも、ブーメラン初心者、及び一般ピープル対象ですので、ブーメランマニアの方には少々物足りないと思いますが、、ご了承ください)

【A】

『A氏』・・・熊本のブーメラン製作者。A氏のブーメランは、日本人仕様で投げやすく、簡単なものが多い。(性能が良いと、言い換える事も出来る)

【B】

『BBB』・・・Boomerang Brothers Band の略称。WJBCに出来たバンド。レパートリィは、まだ1曲「飛ばせ!ブーメラン(ブーメランのテーマ)」しかない。

【F】

『FC』・・・ブーメランの競技種目、「ファーストキャッチ」の略なのだが、ファーストキャッチ用の速~いブーメランのことも「FC」と言います。FCは麻薬のようなブーメランで、一度ハマると、その悦楽的な世界から、なかなか抜け出す事が出来ません。

『FC-3』・・・アメリカの頑固親父が作るFC用ブーメラン。そのスピードは刺激的です!(初速150キロ!)

【J】

『JBA』・・・日本ブーメラン協会の略称。1982年に「日本ブーメランの会」として発足し、1986年「日本ブーメラン協会」と改称し、現在に至る。(ここは、真面目に、、)

【K】

『KBN』・・・正式名称は、「関西ブーメランネットワーク」。日本ブーメラン界のど真ん中を歩いている、いわば馬場さんがいた頃の「全日本プロレス」的な、ブーメランサークル。(試合では関西弁が炸裂する)

【M】

『MASA』・・・このサイトの製作者で管理人。ここでは(MASA@WJBC)。ブーメランショップ「キウイ・ハウス」の店長。ブーメランクラブ「WJBC」代表。9つのサイトを運営している。(うち6個はブーメラン関係というから驚きである)

 その6個とは、

「WEST JAPAN BOOMERANG CLUB」
「ブーメランマニアの部屋」
「ブーメランのお店」
「不思議な雑貨屋さん」
「ビッグモール(ブーメランのお店)」
「ブーメラン日記」

『MTA』・・・M(めっちゃ)T(高く)A(上がる)ブーメランである、、、それで、いいのか?(ーー;) ※正しくは、ブーメランの滞空時間を競う、競技用のブーメランの事です。
 
【W】

『WJBC』・・・「WEST JAPAN BOOMERANG CLUB」の略称。2000年1月、九州で初めて出来たブーメランクラブ。代表は、このHPの管理人でもある「MASA」。会員数は200名だが、コアなメンバーは30名ほど(^_^;)。本部は福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1AIM2階「キウイ・ハウス」内。今、一番「旬」なブーメランクラブです。(言い過ぎか?)

【ア】

『アキュラシー』・・・正確さ。円の中心からブーメランを投げ、その円の中心に落とす競技。(簡単なようで難しい)

『足キャッチ』・・・寝転んだ状態で、ブーメランを足で挟み取ると言う、「なんですか~!」と笑ってしまいそうなキャッチ方法。(^^ゞ(コレ、かなり難しいです)

【ハ】

『八ッキーキャッチ』・・・膝より下の部分でブーメランを蹴り上げて、両手又は片手で行うキャッチ。(このキャッチの練習中、ブーメランを折ることが多い、、(T_T))

【マ】

『マンマクディジュ倶楽部』・・・WJBCに出来た、民族楽器演奏サークル。メインはディジュリドゥだが、そのへんに転がっているゴミ箱なんかも楽器にしてしまう。

【キ】

『キウイ・ハウス』・・・北九州市小倉北区浅野3-8-1AIM2階にある、日本一のブーメランショップ。200種類以上のブーメランを、常に在庫している。ブーメランの他にも、ジャグリング用品・アジアン雑貨・アジアン衣料・レスラーマスクなんかも売っている。店長のMASAは、ブーメランのお客さんが来ると、急に饒舌になる。(常連さんと、お茶をしてサボる事も多い(^^ゞ)

『九州選手権』・・・来年の3月に豊前市の天地山公園で開催される、ブーメランの九州チャンピオンを決める大会。優勝者にはチャンピオンベルトが巻かれるとの噂もある。

【ク】

『く』・・・めっちゃインパクトのある名称のブーメランサークル。メンバーは京大生を中心。しかし、、く、く、く、く、、凄い名前付けたよね。(座布団3枚!)

『黒奇知』・・・MASAの同級生。(同い年って事です)自称「謎の中国人」。WJBC掲示板の、書き込みキング!m(__)m

【コ】

『近藤さん』・・・四国の女性ブーメラー。元国体やり投げ選手のパワーは半端じゃなく凄いです。

【ゴ】
 
『ゴルゴ』・・・日本を代表するブーメラン選手、ムラタさんの愛称。その風貌からゴルゴと呼ばれていますが、冷酷非情なゴルゴ13とは違い、非情に優しい方です。ムラタさんが製作するブーメランにも、「ゴルゴ」というネームを付けさせて戴いています。

【シ】

『シャチホコキャッチ』・・・うつむきに寝そべった状態で、シャチホコのように足を反らせ、その反らせた足でブーメランをキャッチすると言う、超D難度のキャッチ方法。(WJBCにはまだこのキャッチの成功者は出ていない)

【ジ】

『ジャグリング』・・・2枚のブーメランを交互に投げ、どれだけ落とさずに投げ続ける事が出来るかを競う競技。(ヘタクソだと、もの凄く疲れます)

『ジョイフル』・・・WJBCのオフ会は、いつも「ジョイフル」。ドリンクバー80円は安すぎです!

【ト】

『トギー』・・・KBNの代表・ワールドカップの常連・そして、ゲーマー。(ゲーム会社のN社に顔が利くとの噂も)


『飛ばせ!ブーメラン(ブーメマンのテーマ)』・・・ブーメマンのテーマソング。歌詞は以下の通りです。

 Em     Bm    Em       Bm
風を読み 方向定め 角度を合わせ いざ投げん
Em     Bm     Em      Bm 
空を切り 嵐を呼んで 大空へ向け いざ行かん
C      G          F           G 
俺の右手に持たれたそれは 呼ばずと知れたブーメラン
C      F       G
ブーメマン ブーメマン 俺が投げれば宇宙まで
C      F       G       F
ブーメマン ブーメマン 飛ばせ ブーメラン

<2番>
危険を避けて ゴーグルを付け 広いフィールドで いざ投げん
敵に向かわず 己に向かい 幸せ目指し いざ行かん
大空高く舞い上がるそれは 言わずと知れたブーメラン
ブーメマン ブーメマン 君の心の彼方まで 
ブーメマン ブーメマン 届け ブーメラン

<3番>
ファーストキャッチ MTA トリックキャッチ いざ投げん
オージーラウンド アキュラシー 連続キャッチ いざ行かん
ワールドカップ チャンピオンに チャレンジするぞブーメラン
ブーメマン ブーメマン 果てしない大空へ 
ブーメマン ブーメマン 飛ばせ ブーメラン

【フ】

『フリスビー投げ』・・・ブーメランを一度も投げた事が無い人が投げる、ブーメランの投げ方。(危険なのでフリスビー投げはしないで下さい)

【ブ】

『ブーマー』・・・ブーメランを投げるチーマー。ってのはウソで、ブーメランを投げる人たち。考案はムラタさんか?(確かめないといけませんね)

『ブーメマン』・・・「ブーメランのお店」&「WJBC」のHPに掲載中の、ブーメランの投げ方を解説しているマンガのメインキャラクター。「投げ方の解説」としては、ギャグを折り込みつつも、ポイントは鋭く押さえている。

『ブーメラー』・・・ブーメランを投げる人たち。(MASAが考案)

『ブーメラン』・・・一般的には「へ」の字の形をした、戻ってくる棒ってイメージでしょうが、実は、ブーメランには、様々な形があります。(このHPの「ブーメランアルバム」を見てね~!)※一般人は「ブーメラン」を「ラーメン」と読み間違え、ブーメランマニアは「ラーメン」を「ブーメラン」と読み間違える(笑)。

『ブーメラン仮面』・・・「WJBC」が主催する、「ちびっこブーメラン教室」で、子供達にブーメランを教える謎のマスクマン。得意技は、室内ブーメランのジャグリング。「ブーメラン仮面」は現在3号まで増殖中。

『ブーメランホルダー』・・・「キウイ・ハウス」初のオリジナル商品。ベルトに通して、ブーメランを装着する事が出来るホルダー。(常にブーメランを格好良く持ち歩きたい方の必須アイテム)

『ブーメ談』・・・ブーメランの話題だけで盛り上がっている会話の事。「WJBC」のオフ会では、「ブーメ談」が2時間程続く。

【リ】

『リッパー系』・・・立派に出来たブーメランの総称。「Ripper」・切り裂くの意。つまり、なまじ半端にキャッチすると手を切ってしまうくらいに鋭く削ってあるブーメランのことを指す、、ってのは嘘で、本当は空気を切り裂いて、遠くまで飛んでいく長距離ブーメランのことを指す。(ロングディスタンスブーメラン・LDブーメランともいう)「WJBC」で生まれた造語で、「スペースリッパー」などのLDブーメランから生まれた用語。

『リンゴ割り』・・・TV局の方から、何故だかよく依頼される企画。KBNのトギー氏が一度TVの番組で成功させている。(マネキンの上にリンゴを置き、戻って来たブーメランでリンゴを打ち落としてました)


 ※序々に増やして行く予定です!(時々覗いてね!)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.