000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

芭蕉葎○

PR

フリーページ

プロフィール


りちゅまる

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

博多~岐阜/こども… 【亞】2さん

藤沢あゆみのやれる… 藤沢あゆみさん
恋愛病院『ラブホス… 片瀬 萩乃/けろたんさん

コメント新着

いつでも絶好調!@ Re:ブログ旅終了(04/02) 絶好調です! (。・_・。)ノ!おやすみ! …
いつでも絶好調!@ Re:温泉に行こう2(03/28) 絶好調です! (*^・ェ・)ノ ども♪ 温泉…
りちゅまる@ Re[1]:初老(03/26) いつでも絶好調!さん >絶好調です! (=…
いつでも絶好調!@ Re:初老(03/26) 絶好調です! (=`o´=)んっ~ まだ早い…
マイケルX@ Re:ただいま(03/20) おかえり! また、近況など宜しく!

バックナンバー

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月

ニューストピックス

2004年08月05日
XML
カテゴリ:1リットルの涙
以前は「1リットルの涙」と混同してレビューを書いたのですが
あれから1年以上経って、再度手にとって見ると
自分も精神的に成長したのか違う部分が見えてきているので
新しく書き下ろしたいと思う。
1リットルの涙」を読んだ前提が無いものを書いてみたいと思った。

2005年11月1日 葎○

いのちのハードル「1リットルの涙」母の手記レビュー


母親の気持ちがこんなに辛いものだと思わなかった……

家族全員の間を取り持つ潤滑油のような役割でもあり
家族全員に安らぎを与える太陽のような役割でもある

もちろんではあるが、太陽は一切安らいでいない
1日1日が終えたことに安堵し感謝し、わずかの間布団に潜っては
また、激動の日常に立ち向かっていく

母親と言う存在はみんなそうなのであろうが、

「いのちのハードル」の著者の潮香さんはその究極であった

難病・脊髄小脳変性症を患う[娘]亜也ちゃんやその妹・弟、
そして夫に対して、いつも心を先回りして感謝して

毎日を送っていた。

保健士と言う忙しい仕事に就きながら
亜也ちゃんのわずかな変化を見逃さずに医者に告げ、対策を立て
自分の辛い顔を見せないように亜也ちゃんの前では化粧し
明るい服を来ていつもニコニコしていた。

読み終えて、はっきり言える事がある……
亜也ちゃんはとても幸せだったと思う

こんなに人を愛して人に愛されてたのですからね^^

でも、勘違いしてはいけない事
最近、自分の子供を殺めてしまったり暴力を振るう親がいるが
あれは、ニュースとして目立つから多いように感じるだけであって

母親とはみんな潮香さんのように、
強い忍耐力と海のように広い愛を持ち合わせている

決してあなたやあなたの心は1人ではない
その証拠に生まれてから最初に教えてもらうのは、
言葉ではなく大らかな母親の愛である。







最終更新日  2005年11月01日 11時13分29秒
コメント(15) | コメントを書く
[1リットルの涙] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.