444870 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

キャンプ ボーダーコリー レガシィ アイアム ディアベル スーパーカブ ビート

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

ハンドルクランプ turu164さん

続・マストドン kunykingさん

アウトドア キャン… らくらくーんさん
DELICA de LIFE L.Sさん
ベルオちんの日々 ベルオさん

コメント新着

levin15412@ Re[1]:昨日から次男の用意(03/31) kunykingさん あの道を走っていた時間はま…
kunyking@ Re:昨日から次男の用意(03/31) あの道は上り下りで性格の異なる国道です…
levin15412@ Re:原付スクーターで国道を走ると(02/26) 4スト、インジェクション、水冷、規制前…
kunyking@ Re:原付スクーターで国道を走ると(02/26) この件 たぶんあなたの地区のような平地…
levin15412@ Re[1]:自然治癒(01/24) kunykingさん もうこれ以上は、ブーストア…

フリーページ

ニューストピックス

全4833件 (4833件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年04月30日
XML
カテゴリ:ボーダーコリー
年を取り、あまり長距離を歩きたがらなくなった、ボーダーコリーのレビン。爪が伸びるんです。これを爪切りで切ってやるんですが、かなり嫌がるんで、最近は2人がかりで一人が抑え、1人がさっと切ってやる。ところがいやいやと足を振るので、素早く切ってやろうとするのも大変。前日は前足だけでやめ、次の日左足を切っていると、これがちょっと切りすぎて、血管から大出血!!。床にみるみる血だまりができる。犬の爪は伸ばしすぎると中に血管も伸びてきて、大変なんです。これはいかんと、左足だけで終了。さらに昨日残りの右足、よく寝ているときに、1本だけはきれいに切れたが、そこからまた警戒され、結局また押さえて切った。これで無事終了。しかし、爪とか切るとか言っただけで逃げるようになった(笑)。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月30日 07時07分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月29日
カテゴリ:ディアベル’15
2代目の通夜に行ってきた。大勢で見送ってやってほしいという初代のフェイスブックに応えて、たくさんの参列者。この春の初代引退、2代目が継いだばかりなのにこんなことがあるなんて・・・。全国はもとより海外からも参列者が来ていたようだ。気丈に玄関先で丁寧に参列者を迎える初代と初代婦人。挨拶ができたが、大変つらい中でも、来ていただいた皆に挨拶しようとする姿勢は、なかなかできることではない。
たくさんの席が用意されていたが、座り切れない人々が会場の外まで・・・。
喪主は若奥様で、挨拶は初代が。「息子にまだ引退するなと言われたんだな、・・・・・。」って。
神社神道式だったが、会場後ろにはバイクなども展示され、動画が流され、おしゃれな音楽も。
今日もたくさんの参列者だろう。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月29日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月28日
カテゴリ:スーパーカブ90
暇ができたので、近所のバイク用品店に行ってみた。ディップスティック式の油温計でもないかな?と。ところが見つからない・・・。あちこち見て回って、違う車種用はあったが、こちらに合うものがない。仕方ないのでタコメーターを見てみる。丸いやつはやはり大きく目立つ。デジタル式は四角くハンドルの上に張り付けることができそうだ。これなら目立たなくていい。メーターを走りながら回転上下動が激しい時に読むのは難しいだろうが、ピークを目盛ることもできるようで、あとで確認はできる。油温計がなかったので、代わりにこれを行ってみようかな?、という気持ちと、ちょっと高いな、通販で買おうかな?という気持ちがせめぎあうが、折角来たので買ってしまえという気持ちが勝った(笑)。
ということで買って帰り、早速装着。


rblog-20170427171622-00.jpg

買ったものは、電源は電池式で、パルスを取るのもプラグコードに巻き付けるだけの簡単な奴。これなら外す時も簡単。と言ってもやはりレッグシールドから外す。プラグコードに巻き付け、アースもとらないといけないようなので、ホーンのところに仮につけ、エンジン始動、見事動いた。
安心して装着に入る。本体はメーター右側にべりべりっとはがれるやつで装着、コードをアクセルワイヤーなどの穴から首の下に出し、車体の電源コードとまとめる。アースはホーンと友締め、プラグコードに巻き付けたコードは、絶縁テープでぐるぐるにまく。ハンドルを回して無理がかからないことを確認。

rblog-20170427171622-01.jpg

再度エンジンをかけて確認、写真は数字の移り変わるところでシャッターが下りおかしいが、きっちり数字を示す。時計にもなるし、ピークホールドもできる。
あっ、設定を忘れていた(笑)。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月28日 06時10分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月27日
カテゴリ:スーパーカブ90
昨日は家にだれもおらず、出ることができなかった。ということでネットで情報集め。GT380のメッキリアフェンダーが出品されていた。私は使わないが、これを先輩カブ90につけたら面白いだろうなー。テールランプが大きすぎるなら、それを小さな奴に交換してもいいかも?。太足キットなるホイールの幅をちょっと広げ、太いタイヤが付くようにしたものがあった。写真を見てみると、裸にしたようなカブにはよく似合う。ライトもウインカーもテールランプもありとあらゆる選択肢がある。まあ私はやらないが(笑)。
タコメーターを調べてみた。機械式もあるが今は電気式が多い。安いものは追従性が悪いようだ。すぐ錆びるものもあるようだ。デジタル表示は回転数が読みにくいが、スマートな装着ができる。丸いものはどこにつけても後付け感があり、欠点だ。何回転まで表示できればいいのか?。付けたパーツのメーカーは、1万回転以上は捨ててある、と書いてあったので、1万回転まで表示されればいいはずだ。

油温計を調べてみた。先日バイパスを走ったときにかなり高温になった気がしたのだ。ドレンボルトからとる奴は後々漏れの原因となったり、オイル交換の時に面倒そうだ。電源もとらないといけないのかな?。ディップ式のやつは簡単そうだ。走っている最中には見えないが、しょっちゅう見なくてもカブなので大丈夫だろう。ただディップ式のやつの適応にカブがなぜか載っていない。モンキーなどはあるので、同じエンジンだから大丈夫と思うが、なぜだろう?。ディップ式は走っている最中はオイルが撹拌され、クランクケース内のとび回る油温とクランクケース内の温度だ、と注意事項に書かれてあった。ケース内の温度は油温より高くなるはず。エンジンが動いている最中は、純粋な油温より高めに表示されそうな気がする。まあ参考にはなるだろう。

又暇にバイク用品店でも覗いてみよう。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月27日 07時11分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月26日
カテゴリ:スーパーカブ90
まだキャブ交換前の状態で、うるさいし割れるような音だったので、整音と消音を兼ねてステンパイプを入れ、バッフル最後尾の穴を2つつぶした状態でいい感じになっていたが、キャブを替え、さらにハイカムを入れたところでなんだか音が下がった?。というか低音になった。全然耳障りでなくなり、スプロケのハイギアード化でさらに音がおとなしくなったので、これは効率重視に最後尾2つのバッフルの穴を開放しようと、バッフルを取り出した。すすけて真っ黒のバッフルにドリルで穴を開ける。角はもともとあった穴に併せ、斜めにする。無事2つ穴を開けた。



rblog-20170425202614-00.jpg

もともと穴が斜めに開いていたので、そこで笛のようなピヨピヨ音が鳴っていたが、穴をふさいで止まっていた。これが今回また斜めに開けたので、ちょっと復活。まあきれいに開けていないので遠く聞こえる程度。
ちょうどいい感じなのかな?。開ける前より良くなった感じ。ここらでバランスが取れているのかも。これ以上開けて、低速が落ちても困る。

rblog-20170425202614-01.jpg

ついでに穴の中を写してみた。このレンコンのような穴が、秘密の一つなのだろう。その奥がどうなっていつのかは知らない。このマフラーはキャブ、ハイカム込みで開発されたのだろう。フルノーマルで装着ではうるさくって仕方ないものが、全部装着で落ち着いた音になった。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月26日 06時10分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月25日
カテゴリ:スーパーカブ90
rblog-20170425144603-00.jpg
今朝仕事で乗っていき、帰りに給油した。前回仕様からクラッチ、キャブ、エアクリなど変わっている。前は40キロほどだったが、今回はいかに・・・?。計算してみると49.3km/lとなった。途中で仕様がどんどん変わっていったので、この仕様の燃費とは言えない。次回がこの仕様での燃費となるので楽しみだ。
試乗で走ったときに、バイパスを車の流れに乗ろうと無理して回していたが、その時にかなり高温になる傾向がみられた。マフラーの中間あたりが少し焼けてきた。マフラーエンドをメーカー設定より少し細くし、さらにバッフルの最後尾の穴を2つふさいだ形にしているので、抜けが少し悪いのかも?。最後尾の穴2つをちゃんと開けようかな?。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月25日 15時01分46秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ディアベル’15
昨日ネットのニュースで事故を知り、本人父親のフェイスブックで亡くなったのを知り、全国ニュースにもなった。最初のニュースでは詳細は一切なかったが、もしかして?と検索していて知った。私の愛車の購入先で、もう何年もお世話になっている店だ。この春から先代が引退し、あとを継いだばかり。これからって時にこんなことになった。飛ばすならサーキットで・・・、とか、一般道よりサーキットのほうが安全、などと聞くが、出しているスピードはけた違い。
よく知らない人たちが、ネットのニュースにコメントしている。想像だけでひどいことを書いている。腹立たしい。
ご冥福をお祈りいたします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月25日 06時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月24日
カテゴリ:スーパーカブ90
計画していたことが全部できた。マフラー交換、キャブ交換、エアクリ交換、スプロケ交換、ついでにシートをちょっと後ろに加工。
天気もいいので試乗することにした。行先は例の先輩宅だ。全体的にトルクが上がった。しかし、排気量は純正のままなので、知れている。これ以上にするには、ボアアップなど排気量アップしかないだろうが、純正の耐久性は大幅に損なうことになりそうだ。そうしたい場合はおとなしく大排気量のバイクに乗り換えたほうが良いような気がする。レースをするなら別だが、普段使いがしにくくなりそうだ。
全体にちょっとずつ上乗せされたトルクに、1丁大きいフロントのスプロケで、全体的にエンジンの回転数が下がり、排気音も抑えられこれはいい感じ。それで前と同じ回転域まできれいに力強く回れば最高速も伸びるところだが、昨日は風が強く、風圧に負けてそう伸びなかった。カブは乗車姿勢がまっすぐなので、風圧の影響が大きい。それに勝てるだけのパワーは出ていない。純正15丁とどうなのかは比べていないが、16丁でもうちの坂を登るのと、全体的な低回転化がエンジンの負担を減らすのでは?と思えるので、当分はこのまま行ってみよう。
ただタコメーターはあってもいいかな?。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月24日 07時58分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月23日
カテゴリ:スーパーカブ90
rblog-20170423063857-00.jpg

我が家にモンキーR用に買ってあった古いスプロケットがあった。装着せずしまい込んでいた。カブの純正は15T、買ってあったのが16T。同じ系統のエンジンだしいけるはず、と思い、見比べても大丈夫そうなのでやることにした。
散々1つずつやっては変化を見てきたが、最後に面倒になった(笑)。
純正を外す、チェーンが基準よりちょっとたるみ気味だったのでそのままいけるかと思ったが、はまらなかったので、チェーンを緩める。16Tのスプロケにチェーンをかけてスプラインにはめ、ボルトを締める。これがどうしてもきっちりとまらない。スプラインとスプロケの歯に遊びがある感じ。何かワッシャー的なものがあるはずなのか?と外した純正を見てもそんなものはない。とりあえずチェーンを張って試乗だ。
元通りにすべて組み立て、走って見る。カムで一回り太ったトルクで1丁上げたスプロケでも何の違和感もない。カムの慣らしも必要かと、あまり回さないよう走ったので、その真価は味わっていないことになるが、とりあえずパーツの装着は間違っていないようで、ちゃんと走った。これでカム周りにもきっちりオイルが回ったはずなので、次回乗るときはもっと回してみよう。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月23日 12時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:スーパーカブ90
rblog-20170422170310-00.jpg

写真では反射してTマークが写っていないが、実際ははっきり見える。しかし、本体側のしるしはどこ?。これがどうもわからなかったので、反対にカムスプロケの合わせマークを頼りに、Tマークの位置を確認しておいた。

rblog-20170422170310-01.jpg

正しいことが何だかわかっていないが、やり方もいろいろあるようで、カムスプロケのボルトを外して、カムスプロケをチェーンから外してしまうやり方もあるが、カムスプロケをチェーンにつけたままシリンダー側に押し込んでカムを抜く方法もあるようだ。後者を選び、さらにカムスプロケとチェーンが外れないように針金で縛って押し込んでおいた。これなら後で引っ張り出すのも楽だ。

rblog-20170422170310-02.jpg

カム本体はラジオペンチで引っ張り出した。順調に進んでいる。

rblog-20170422170310-03.jpg

アジャスターのふたを開ける。パッキンもきれいで再利用可。

rblog-20170422170310-04.jpg

ベアリングを保持するぐるりに擦り傷みたいなものが見える。ベアリングでカムだけ回るはずだが、高回転にでもなったらベアリング周囲も回ってしまうのか?。さて、新しいカムを入れる前にアジャスターを緩めようとして、アジャストレンチが新しいキャブに当たって使えないことが分かった。下側は大丈夫だが、上も調整が必要だ。他の工具を使ってと一旦考えたが、ちょうどいいものが見当たらなかったので、やはりアジャストレンチを使うべく、邪魔なキャブを外すことにした。

rblog-20170422170310-05.jpg

自分でつけたので、外すのは簡単、これでアジャストレンチが使えるようになった。アジャスターを緩め、ゆるゆるにする。こうしてカムを入れやすくする。

rblog-20170422170310-06.jpg

説明書には純正カムのノックピンを外して付け替えろとあったが、ハイカムにはノックピンが付いていた。それをそのまま使う。止めるボルトも新しい6角が付いていた。写真でわかるが、山の頂上辺りが広くなっている。カムが閉じるのを遅らせるのかな?。
注意事項通り、オイルをカム山、ベアリング部分、オイル吹き出し穴など全体にたっぷり塗ってから、純正の付いていた向きを間違えないように入れこむ。シリンダー側にカム山の来るイメージになる。きっちりはまったらスプロケットを取り付けるのだが、カム山の重さで時計回りに回ってしまう。これはカムスプロケとチェーンを留めていた針金を使って、ねじ穴を合わせながらマイナスドライバーでてこの原理でノックピンに合わせる。ちょっと手間取ったが、カムチェーンテンショナーを緩めてやるやり方より、オイルの無駄がなくていい。
6角をきっちり締めて、丸いカバーの古いガスケットをきれいにはがし、新しいガスケットを入れてふたをする。アジャスターを新しい工具で調整。結局0.05ミリらしいので、あの薄いやつを差し込んで締め込み、ちょっと力を入れて抜けるくらいにする。
調整できたら、ふたをして、キャブを元に戻す。さあ、エンジンをかけてみよう。見事一発で掛かり、変な異音もなくきれいに回る。それを確認したところで、もう一つやってみる気になる。一つ一つやってきたが、ここらでもう完成にしたくなった。続きはまた。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年04月23日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4833件 (4833件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.