1295289 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

徒然日記「多事某論」 楽天支部

2005.08.26
XML
テーマ:ニュース(70178)
第77回「バカの壁・再」65
~ガンダム種2と原子力と原発~


ガンダム種2 44話 ふたりのラスク 最終更新日 2005/08/25 02:42:19 PM (やまもと2004)
ガンダム種は、核兵器は使用できない世界。
しかし、前作といい今回のこのレクイエムといい、核兵器に匹敵、もしくはそれ以上の破壊力を持つ最終兵器が登場する。

その核の平和利用というば、真っ先に上げられるのが、原子力発電。

核燃料は使用できないと決めて、
それに代わるエネルギー源を開発せよって政策を打ち出せば、
開発出来るんじゃないの?。
■まぁ無知は罪と言ったのは誰だったか忘れましたがこれは酷い。

>核燃料は使用できないと決めて、
>それに代わるエネルギー源を開発せよって政策を打ち出せば、
>開発出来るんじゃないの?。


そりゃそれだけに時間と金をかければ可能でしょうよ。
しかし、開発できるまでの間はどうするんでしょうね?

現状では我が国の全発電量の原子力発電の占める割合は約30~35%と言われており、比率で表すと

原子力>天然ガス(LNG)>石炭>石油>水力>その他

概ねこの様な順番になります。

さて、彼の言うように原子力を使わないと決めたとしましょう。
そうするとそれ以外でカバーしなければいけません。

石油・石炭・天然ガス等の化石燃料では排出する二酸化炭素による地球温暖化問題が浮上します。
二酸化炭素を排出しないという意味ではクリーンな水力でもダム建設には自然破壊という問題がつきまといます。
その他に分類されている太陽光や風力に関しては
私書箱へのお手紙 2005年07月24日21時07分 (gainerさん)
こちら↓を参照すると面白いことが。
Q4 新エネルギーで原子力の代替はできないのですか?
http://www.mext-monju.jp/qa/setsumei_ans/q04.htm
>百万kW級の発電所を建設するには、太陽光では琵琶湖と同程度、風力発電では琵琶湖の1.7倍程度の面積が必要となります。

>我が国の現在の原子力発電設備容量は、合計で45百万kW程度です。これを全て新エネルギーで代替すると仮定した場合、上記の45倍の設置面積が必要となります。

原子力を代替するだけで3万平方キロメートル(琵琶湖面積約670平方キロメートル×45)の面積が必要になるそうです。
■と言う投書を以前「第65回「バカの壁・再」53(その4)~ぼたんと原発と興善と(その4)~」に対して頂きましたが、短い文章の中で本質をついた発言をなさっておられますが、仮に太陽光だけで原子力全てを代替するとなれば琵琶湖の45倍もの面積が必要になる訳ですねぇ。


某S氏注 2005/8/27
但し、この数値について疑問点があるという指摘が佐倉河さんから寄せられました。
現在精査中ですので結果がまとまり次第UPします。


つい先日読んだゴルゴ13の「2万5千年の荒野」に示唆に富んだやり取りがありました。
この話のあらすじは
所長のことば・第9回 2004年 8月24日 火曜日 (SF考証研究所)
 時はロサンゼルス・オリンピック開催の2週間ほど前、舞台はロサンゼルス北方80kmのヤーマス原子力発電所。作業員の一人が不注意から、クレーンで運んでいた太い鋼管を蒸気排出用の逃がし弁に当ててしまう。プラントの安全課長・バリーは逃がし弁の整備を所長に進言するが、ジョンソン所長はそれを受理しなかったばかりか、手を回してバリーを発電所から締め出してしまう。ロス五輪で使われる電力の一部をヤーマス原発でまかなう手筈になっているという、政治的理由からである。
 そしてロス五輪1週間前の試運転の日。ヤーマス原発を運営する電力会社の会長・リーバマンや大統領補佐官をも招いてお披露目パーティが開かれるが、壊れた逃がし弁が原因で事故が発生。
 パーティ会場は逃げ惑う来賓で大混乱。予期せぬその混乱に紛れて、物語中に描かれていない依頼主からの依頼を受け、ゴルゴはリーバマン会長を狙撃する。
 一方、バリーもまた原発近くまでやって来て、異変に気付いて所内に入る(その途中でゴルゴの狙撃を目撃するが、その時点では標的がリーバマン会長であることに気付かない)。
 バリー達は部下たちと共に懸命に事態の収拾に臨むが、逃がし弁がどうしても開かず、事態は悪化するばかり。このままでは逃げ場のなくなった蒸気によって原子炉が破壊されてしまう……。万事休すか。
 そんな中、バリーはリーバマンの死というもう一つの悪いニュースを知り、ゴルゴがその犯人だと思い当たる。バリーはゴルゴの驚異的な狙撃能力を認識し、弁近くの薄い管の狙撃を依頼して蒸気を逃がすという奇手を思いつく。そしてバリーは、避難キャンプの中に紛れていたゴルゴを見つけ出し、リーバマン殺しの目撃者としての『自分の命』と50万ドルとを報酬に、管の狙撃を依頼した。
 ゴルゴとバリー、そしてその部下は放射線防護服に身を包み、プラント内部に突入。部下たちが人海戦術で狙撃の足場を作り、狙撃手たるゴルゴとプラントの設計者たるバリーが足場に立つ。果たして、狙撃は成功したが、狙撃後しばらくして噴出した蒸気の直撃をくらい、バリーは死んでしまう。
 バリーの犠牲によって原子炉の崩壊は避けられたが、ジョンソン所長は「死人に口無し」とばかりに、バリーに全ての罪を擦り付けて事故の真相を隠そうとする。記者会見に臨む彼の部下・パーマー室長にも真相隠しを強要するが、パーマーは良心の呵責に耐えかね、ついに大勢の記者を前に真相をぶちまける……。
■と言う話です。

で、引用させて貰ったHPにも書かれていますが最後のやり取りが原子力に関する問題を余すところ無く描写しているといってもいいやり取りなのですね。

文庫版P305より
記者達
「お、恐ろしいことだ………やはり原子力は危険だな………」
「ま、まったくだ………」

パーマー
「いいえ、原子力も基本的には石油や石炭と同じなのです、ただ、原子炉は一たび炉心そのものが暴走したら今の科学の力では押さえることができないのです。
その事実を認めた上で、様々な改良がなされ何重もの安全装置が施されて、今や技術的に原子炉には何ら問題はありません。」

記者
「じゃあ、なぜ事故が起こったんだ!?」

パーマー
「いずれ石炭や石油は枯渇します、今更、木炭やローソクの生活に戻れますか……?」
原子力は、絶対に必要なのです………」

記者
「すぐにそれだ! 答えになっていない!
太陽熱や風力発電、波力発電もあるじゃあないか!」

パーマー
「ええ、それらの研究も大切です、しかし、実用までまだ100年はかかります。100年の間どうしますか?」
その点、原子力発電はすでに実用化され全発電量の20%をまかなっているのです。
問題は機械(マシン)ではなく人間(マン)なのです。」

記者
「技術ではなく、それを扱う人間の問題だというんですね?」

パーマー
「そう、技術者の問題です。
技師の養成が、一番大切です!私は一人の優秀な技術者を知っていました!」
そして、失いました………
彼のような技師を育てれば原子力の安全性は今よりずっと向上するでしょう。
まず我々のやるべき事は“心ある”技師の育成です!!
コモン・バリーのような素晴らしい技師の養成なのです!!」

記者
「しかし、人間のやることだ! 必ずまた事故は起こるだろう!?」

パーマー
「………ないとは言えません…………」

記者
「じゃあいったいどうすればいいんだ!?」

記者
「そうだっ そうだ!! それが問題なんだ!!」

(他の記者も騒ぎ出す)

パーマー
「………………(無言のまま俯く)」

記者
「答えてくれ!!
 どうしたらいいんだ!?」

パーマー
「そう……我々はどうしたらいいんでしょう…………?
どうしたらいいんでしょうか!?」

ナレーション
「一九八三年現在、世界には原子力発電所は建設中も含め511基あり、全発電量の8%を担っている。
 日本には36基あり、総発電量の20%を占め、10年後には30%以上になると予想されている。」


私は鬼平犯科帳の大ファンですが、流石さいとう・たかを先生ですね。
調べてみたところゴルゴ13ファンの中でもこの作品は名作と言われているらしく、ふつうの安易なヒーロー物だったら「ゴルゴの狙撃成功→直後の技師の事故死」でそれなりに劇的に盛り上がったところで終わってしまうところをそうではなく、その後に実に深いやり取りを書いておられます。

原子力を持ち上げず、かといって浅薄な反原発にも流れず、中立的に物事を考えさせようという視点は誠に見事ですね。

まぁそれとは比べるのも失礼な根本的に「あーしたらこーするから何とかなるんじゃねえの?」と言う程度の知的レベルの高いとは言えない発言ですから、それについては全く触れられていません。

「対案無き批判ほど無意味なものはない」と言いますが、今回の場合はアニメの感想を具体的なデータは一切無しで無理矢理自分の政治的主張に絡めて主張という典型的な炎上する日記の代表例とも言えるわけで、しかもその日記に対するツッコミに対しては
Re:ガンダム種2 44話 ふたりのラスク(08/25) (やまもと2004)
(前略)
 もし、どうしてもコメントしたければトラックバックをしてご自分のHPでどうぞ。

Re:う~ん。(08/25) 2005/08/26 11:33:14 AM (やまもと2004)
某S氏さん
>コメント欄は、不特定多数の目に触れるものです。
したがいまして、
一般常識の欠如、品性の欠如、論理性の欠如、などの理由で見苦しいコメントに関しては、管理人として、排除いたします。
■とまぁ見事な対応をなさっていますね。

>一般常識の欠如、品性の欠如、論理性の欠如、などの理由で見苦しいコメント

とはあんたの日記とコメントを指すんだよと書いたらものの見事に削除されました。
まぁ呆れてモノも言えませんね。

参考リンク






Last updated  2005.08.26 16:34:40
コメント(19) | コメントを書く
[「バカの壁」シリーズ] カテゴリの最新記事

PR

Favorite Blog

Freepage List

Category

Comments

RENOU@ 再確認 反日な人たちは無知で反日やってるっての…
ナナシィ1190@ 流石 >もし、私が、ある国と私の考えが違う、…
みるく@ 北朝鮮 よく軍事パレードに出てきますね。 移…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.