000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆キセキ☆

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

補助なし自転車練習編

2013.07.10
XML
長男くん、無事に自転車運転免許証をもらえましたグッド

長男くんの通う小学校では、
3年生になると、自転車教室があり、
それに合格すると、自転車運転免許証がもらえます。

警察の方たちも来て、
校庭に信号機のある交差点や、八の字コースやニョロニョロコース(←もっとほかの言い方があると思うけど、長男くんの言ったことそのまま書いてますうっしっし)などが出現するんだって。

親もお手伝いで行っていいんだけど、
お仕事で行けませんでした涙ぽろり

長男くん曰く、八の字よりもニョロニョロの方が難しかったって言ってました。



運動神経がブチキレている長男くん。

補助なし自転車に乗れるようになったのは、去年。

私が、「長男くん、まだ補助なし乗れないんだけど」とボヤいてたら、
友達から「神宮で無料の自転車教室があって、それに行くと1回で乗れるようになるんだって。」
と教えてもらい、
その気満々で行ったら、長男くん、乗れるようになるまで3回目もかかったという。。。

・・・人の3倍運動神経がのびきってるってことですかね。。ショック

でも、ま、無事、免許証がもらえたってことで、めでたし。めでたしスマイル




以下、懐かしの神宮前の自転車教室でもらったパンフの写し書きです。

体にあった自転車で、練習しましょう。

ペダルと外した自転車にまたがって、
バランスを取る練習から始めれば、
初めての人でも、短時間で自転車に乗れるようになります。

・動きやすい服装で。
必ず靴をはき、体にぴったりした動きやすい服装で練習しましょう。
走る時は安全のため、ヘルメット、手袋、スニーカーをお勧めします。

・ひざが、軽く曲がる高さに。
自転車は体に合わせた大きさを選び、
サドルの高さは、
またいだときに、両足が地面にしっかりついて、
ひざが軽く曲がる位置に固定します。

・左手が後ろブレーキ。
ブレーキレバーは右手が前ブレーキ、
左手が後ろブレーキ。
止まる時は、必ず、左手の後ろブレーキからかけます。

●ペダルをとって●
☆「乗る時」「降りる時」は、必ず、左側から!

・ペダルをはずす
左右のペダルとも、ペダルの根元を専用レンチで、うしろ方向に回すと外れます。
つけるときは、前方向にねじ込むと、閉まります。

・左側からまたがる
ハンドルを軽く握り、視線は、走る前方を見るようにします。
手前の血面を見ると、バランスがとりにくくなります。

・両足で蹴る
両足で同時に地面を蹴り、前に走り出します。
ある程度、強く蹴れば、バランスがとりやすくなります。

・両足を上げる
前に動き始めたら、すぐに両足を地面から揚げ、自転車が止まるまで、バランスを取りながら走ります。
慣れてくると、長い間足を上げたまま走れるようになります。

・止まる時は、左足から
止まる時は、必ず、左足から先に地面につけて止まる習慣をつけましょう。
慣れてきたら、ブレーキをかけて止まる練習もしましょう。

上記に慣れてきたら、ペダルをつけて練習です。
●ペダルをつけて●
・靴の真ん中に、乗せる
ペダルに足を乗せるときは、靴の真ん中にペダルがくるようにすると、
バランス良くこぐことができます。
慣れてきたら、親指の付け根をペダルの中心に乗せると、さらに、こぎやすくなります。

スタンドを立てて、こぐ練習をしてから
走り出す前に、必ず両足こぎの練習をします。
スタンドを立てたら必ずロックをかけ、前方を見ながら両足に同じように力をかけて、
スムーズに回転できるようになるまで練習します。

・左足で蹴る
下におろしたペダルに右足を乗せ、
左足だけで地面を蹴りながら(ケンケンをするように)走り出します。

・左足を乗せる
バランスがとれたら、
左右をペダルに乗せスタンドを立てて練習した時の感じを思い出しながら、
両足でこいでみましょう。

・ハンドルを左右に曲げてみる
まっすぐ走れるようになったらもう安心。
ハンドル操作を覚えるために、S字を描いて走る練習をしましょう。
曲がる方向に視線を動かすと自然に曲がることができるようになります。

☆ブレーキのかけ方の練習もしましょう
両足こぎができるようになったら、ブレーキのかけ方の練習をします。
必ず、左手の後ろブレーキから先に掛け、
次に右手の前ブレーキをかける習慣をつけましょう。

☆スピードが出すぎたら、ブレーキで!
スピードが出すぎたら、必ずブレーキをかけて速度を調整します。
速く走っているときに右手の前ブレーキからかけると大変危険です。
必ず、左手の後ろブレーキを先にかけてから、
右手の前ブレーキをかけて速度を落とす練習をしましょう。




長々と書きましたが、
次男くんのお友達たちは、ペダルなしの自転車を乗り回し、
そのまま、補助なし自転車に乗れてる子多数。

公園に持ってきてくれるお友達がいて、
毎回、取り合いになるほど子供たちに大人気ウィンク

楽しみながら、バランス感覚を養って、
そのまま補助なし自転車にも乗れるようになるんだから、オ・ト・クグッド
(急にキャラ違う雫

以前は、ブレーキがついてなくて、安全面で問題になったりもしたけど、
ブレーキ付きが出てきたので、これなら安心して遊ばせられるウィンク

神宮前の自転車教室では、
止まる時は足ではなくブレーキで止まらないと、次の段階へ進めなかったし、

実際に補助なし自転車に乗るようになったら、
ブレーキで止まる癖をつけておかないと心配ですもんねウィンク

だから、買うなら断然、ブレーキ付きの方が安心・安全グッド


37%OFF【楽天ランキング入賞】ストライダー より安い!三輪車の代わり&自転車の準備にカッコイイデザインでお子様も大喜び【先行販売】 【レビューを書いて送料無料】 話題のペダルなし自転車 あしこぎライダー / 足こぎライダーNEW (改良版) 選べる2色カラー 「ブルー/レッド」 学習用ブレーキ付き バランス感覚 足こぎ 自転車


にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
にほんブログ村
ポチっとよろしくお願いします☆
励みになります!






最終更新日  2013.08.23 04:35:14
コメント(0) | コメントを書く


2012.12.09
タイトルに古い印象があるのは置いといて・・雫

先週、神宮の自転車教室3回目でようやく補助なし自転車が乗れるようになった長男くん。
帰宅後、近くの公園に行ったが、その公園も坂道があったりして、
うまくスピードに乗れず、あまり上手に乗ることができなかった。

その日の夜、長男くんの希望で、
家から直線距離で行ける大好きなくるくる寿司に自転車で行こうとしたところ、
歩いている人や自転車やバス停などが障害物となって恐いとか、
暗くて恐いとか、
歩道が狭いとか、
結局、転んで鼻血が出て号泣して、
押しながらくるくる寿司へ行く羽目に。。

その後、平日は児童館から帰ってくるのが5時なので、暗いし、
自転車の練習もしてなかった長男くん。

パパが、感覚を忘れない内に、また広いところで練習させようと、
神宮へ行こうとしたら、
今週はマラソン大会とやらで、午前中はレンタルサイクルをしていないとのこと。
午後からOKだったらしいが、午後からはお仕事なので、
急きょ、他にサイクリングロードがある公園を探した。

で、若洲公園へ車

公園内のサイクリングロード自転車となめていた私だけど、
今日は強風荒波
海に面しているこの公園は吹きっさらし状態で、向かい風になるとスピードもなかなか出ない。。
しかも、坂道があったりするし、
全長6Kmという距離も日ごろ、運動不足の私には堪えた。。ほえー

肝心の長男くんは、今日は、文句も言わず、がんばり、
最後の上り坂なんて、私が立ちこぎでヒーヒー言っていたのに、
一生懸命こいで上りきってた。

やればできるじゃんグッド

パパは、「来週も来るか」と言い残して、会社へ去って行きましたバイバイ

ゲートブリッジのたもとにある公園で、帰りは渡って帰ることもできたのに、
長男くんがお腹ぺこぺこすぎて、
寄り道したくないとのことだったので、
今日はがんばった長男くんの意見を聞いて、
最寄りのくるくる寿司へ直行し、帰宅しました家

・・ホントどこまでくるくる寿司好きなのかしら。。
卒業は突然やってくるのかしら??

でも、今日は本当にがんばった長男くん
実践あるのみだから、家の近くでも乗らせたいんだけど、
なんせ車やら人やら自転車やら、道が狭いやらで、
ちょっと恐いわ。。


※神宮外苑の自転車教室についての補足※

だいたいいつも9時位を目安に目的地に着くようにしていました。

幼児部と小学生以上の部に分かれていて、
幼児部は定員に達するのも早いようだったけど、
小学生以上の部は常に定員割れのような感じでした。

ペダルをとった自転車に乗り、
バランスバイクのように地面を蹴ってバランス感覚を養います。

私が見ていた印象では、

・何回か地面を蹴り、スピードに乗ってフラフラせずに直線を走ること、
・足をつかずにカーブして曲がれるようになること、
・ブレーキで止まれること、
・前を向いて走ること

以上の4点ができるようになったら、
ペダルをつけて実践!
という感じでした。

それから、親のアピールもあるかも?!

私は3回目だけ一緒に行き、
声かけを一生懸命してました。

途中、トイレに行って帰ってきたら、
1時間くらい乗ってた長男くんはバテバテな感じで休んでたので、
ちょっとお茶休憩させて、
「今日はペダルつけるところまでがんばって!」と
練習を再開させたら、
すぐにおじさんが長男くんを呼んでペダルをつけてくれました。

長男くんは、ペダルなしの状態で足もつかずにカーブをちゃんと曲がれていたので、
ペダルをつけたら止まることなく、
すぐに上手に乗れていました。






最終更新日  2013.06.12 20:32:24
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.