747489 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ドタバタ自動車屋の日記

PR

X

プロフィール


物知りBOSS

フリーページ

バックナンバー

2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2013年08月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
8月の締めも、無事に終わっていよいよ9月度のスタートです。

しかし、この8月の締めでも、3名のドライバーが会社を去りました。

7月の締めで、会社の規定が変わり7名がいっぺんに退職したと思ったら、この締めでも3名が退職すると言う事態が・・・

車庫では、休車になったタクシーが、主を失って寂しくたたずんでいます。

たった60人くらいの規模の会社で、2ヶ月間で10名の退職者って、異常ではないでしょうか?

かく言う私も、9月の締めで近隣の駅を担当する他の会社に移籍することを決意しました。

先輩ドライバーが、7月の締めで退職して先行して移籍して、既に活躍している会社へお誘いがあり、養成費用の立替などの条件が揃いそうなので、決心した次第です。

この先輩ドライバーは、現在私が担当する駅では常にトップの売上を誇る優秀なドライバーで、私も非常に尊敬するドライバーです。

その先輩ドライバーが、移籍した会社の社長に推薦する形でオファーをいただきました。

もし、移籍して現在と同じ売上を維持できると、普通に給料が7~8万円アップします。

それでも、移籍する会社も歩合率は普通で、決して他よりいい訳ではありません。

今の会社が、異常に歩合率が悪いだけで、歩合率の高いところに移籍すれば、同じだけの売上を上げるだけで、給料は10万以上アップすると言う、とんでもない会社に在籍しているだけのことです。

先輩や、仲間の乗務員、同じ駅に一緒に勤務する他社の乗務員も、非常に親切で仕事のしやすい環境ですが、肝心の会社がどうにもならない理不尽な会社であることだけが、本当に哀しいし情けないです。

私が退職すると、私の担当する駅で私の会社の乗務員で一番若い社員は、なんと58歳ということになります。

若手の社員は、あらかた退職してしまい、いよいよ年金タクシーになろうとしています。

伝統と歴史のある会社だけに、目を覚まして欲しいのですが・・・

堕落して、親会社に対してゴマスリばかりと、自身の保身に時間を費やしている連中が会社を私物化しているようじゃ、会社に未来はないですね?

改善する余地がないと判断して、私も清く移籍を決意した次第です。












私は、バナバ茶を飲み始めて、約3ヶ月で体重が4.5kg減り、血糖値が180→120まで減少しました。現在も継続して飲んでいます。









下のタグを1日1回クリックして下さい!!

ブログランキングに登録しています。下記のタグをクリックして下さいね(笑)
お願い~お願い~お・ね・が・い・だ・か・ら(笑)
ランキング1 ぶろぐ

















最終更新日  2013年11月16日 16時16分23秒
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.