845246 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぼたんの花

2010/03/07
XML
朝青龍について大きく報道されると、私は、”今度は、マスコミは、どんな重要なニュースを隠しているのかしら”と疑ってしまう。お相撲は、最近、殆ど観ないが(というよりテレビを点けない時が多いから)、私が子供の頃、父はお相撲をよく観ていて、大事な一番になると、どちらの力士が勝つか、よく当てた。それは、部屋同士での勝敗の貸し借りがあるからだ、と父は言っていた。父も、もう亡くなっているので、詳しいことはわからないが、これは”八百長”といういうことではないのだろう。

朝青龍は、”品格というのがよくわからないんですよね~”と言っていたことがある。


それなら、まず、横綱の条件である”品格”が、わからない力士を横綱にしたことが、間違いであった、と考えるべきではないか。”品格”というものは、日本人だけにわかるものでもないし、日本人でも理解できない人もいるだろう。無口なだけが品格ということでもない。外国人力士でも横綱に限らず、品格のある力士も多かった。

”品格をどうこう言うなら外国人を力士にするな”という人もいるけれど、それは大きな間違い。朝青龍が品格を理解しないこと=外国人には不適格とするのが安直な考え方。日本人力士がなぜ少ないのか、と原因を考えれば、外国人力士が問題ということにはならない。

この程度のことで、日本のマスコミが、大勢であのモンゴルに押しかけていたことについては、報道陣の方々に反省をして欲しい。朝青龍を横綱にしたことについては、いろいろな理由があったかもしれないが、この日本のマスゴミが、朝青龍の行動について、どうこう言う資格はあるだろうか?また、親方が適任であったか、と問われることであり、親方は、それなりの処分はされているけれど、朝青龍を横綱に昇格させたことへの反省もすべき。




音声が出ます。お仕事中の方はお気をつけて
we have to stop!
マイケル2.jpg
2001.911後、マイケルは一生懸命、演説しています。




バンクーバーオリンピックの浅田真央ちゃんとキム・ヨナちゃんの対決。フィギアスケートは、昔からファンだったが、最近は殆ど観ていない。女子のショートプログラムとフリーは、会社で、仕事中にもかかわらず、専務の意向で、みんなで観ていた。正直な感想、私は真央ちゃんのショートプログラムは、ミスは無かったものの、スピード不足と演技の硬さがあったように見えたので、これは、”ヨナちゃんに負けるかもしれないですね”と言ったら、まるで非国民を見る様に私を見ながら、”じゃ、10点くらいの差で負ける?”と専務が口を尖らせて言った。 ”ん~、そこまでの差は無いと思いますが・・・”と私。

次のキム・ヨナちゃんの演技を見て”これは、真央ちゃん、負けますね”と私が言ったら、再び、専務に睨まれた。翌々日、今度は、専務たちとは一緒に観ずに、私は、女子更衣室で1人で女子のフリーを観ていた。キム・ヨナちゃんは、あまりにも無難にこなし、真央ちゃんは、トリプルアクセルをそつなくこなしたが、ミスもあった。ミスのあった真央ちゃんの点数が低すぎると、どうこう言えなくても、キム・ヨナちゃんの演技の得点は、私も高すぎると感じた。


むかーし、尻餅をついたジャネット・リンちゃんが、金メダルを(金ではなく銅メダルだそうです。3/10追記)とったことも知っている私としては、そういう背景のある女子フィギアの世界において、容姿の点では、とても不利な伊藤みどりちゃん、ジャンプだけでは、女子がメダルをとれるとは、考えていなかった人も当時は多かった伊藤みどりちゃんが入賞したり、メダルをとったことに私は、大感激していた。


伊藤みどりちゃんがジュニアの頃から、いつかきっとメダルをとれる!と私は、いい続けていた。そして、銀メダルを獲得し、四年前には、荒川静香さんも金メダルをとった。得点のつけ方は、いろいろと工夫を重ねているようだが、確かに真央ちゃんの点数より、キム・ヨナちゃんの高得点には疑問が残る。真央ちゃんがノーミスであったとしても勝てないような得点。


フィギアスケートについて、長年、観察しているステキな奥さまが、二年前からキム・ヨナちゃんと真央ちゃんの点差について、疑問を持っていたようだ。陰謀があった、と(笑)。確かにバンクーバーに向けて、そういう動きが水面下であったことも否定できないだろう。


が、近年、オリンピックの開会式、閉会式に異常なほどの演出に辟易している私にとって、もう”オリンピックはスポーツの祭典”である、という認識がなくなっている。以前のようなシンプルな開会式、選手の入場行進と選手宣誓。とくに閉会式は、競技が終わってリラックスしている選手たち、まったく演出されない選手同士の交流や行動に感激していた私には、オリンピックを特別に熱心に応援する事も最近は無い。


金メダルをとったキム・ヨナちゃんを批判した2チャンネルに、サイバー攻撃があり、それが韓国からだといわれる。日本の2チャンネルは、ネットウヨク的書き込みが多い、とされるけれど、韓国の場合は、新聞記事などにそういった類の記事が多く、逆にネットを利用する人たちの多くは、占領時の日本を擁護する人が多かったと聞いている。それが、今回のようなネットの戦い。しかし、ネットの世界、誰が後ろで操っているのかは、まったくわからない。日本の2チャンネルも然り。たかが女子フィギアの採点のことで、これ以上、隣国とお互いに険悪な関係になるのはやめて欲しい。


東洋系の人には不利だった昔に比べれば、女子フィギアで金銀胴メダルをとれる、ということに、私には、かなりの変化が感じられ、喜んでいる。世界選手権なども、伊藤みどりちゃんが引退してから、殆ど見ていないので、真央ちゃんへの評価がどれほどなのか、私は知らないが、かなりの点差をつけられているようだ。私自身が、真央ちゃんに対して、伊藤みどりちゃんほどの思い入れが無いのかもしれない。男子フィギアの高橋大輔選手の点数が低い事も疑問だが、私は彼にとても期待している。金銭的にも大変だときくけれど、ぜひ彼には続けて欲しいと思っている。


今回のオリンピックは、お隣、韓国が金メダルをとれたことに、前回、金メダルをとれた日本として、”キム・ヨナちゃん!おめでとう!”と素直に言ってあげたい。そして真央ちゃんに対しては”キム・ヨナちゃんの得点を塗り替えたい”と言う気持ちを捨てて、”自分自身への挑戦”として、次回のオリンピックを目指して欲しい。私が伊藤みどりちゃんを応援していたのも、そういう彼女の姿勢だったように思う。他の選手に勝つというより、自分が3回転半、4回転を飛ぶことに目標を置いて、試合に臨んでいた彼女の姿勢が好きだったからだと思う。


表彰台で、真央ちゃんとヨナちゃんが、ハグしているところは殆ど報道に流れない。真央ちゃんとヨナちゃんは共通点も多く、本人達より周りのファンが異常に対抗意識を持っているようなので、そんな雰囲気にヨナちゃんも真央ちゃんも、のみこまれないようにして欲しい。


例え、またキム・ヨナちゃんが、真央ちゃんより、次回、高得点をとったとしても、自分自身の技術に対し、高い目標に挑めば、世界の人が真央ちゃんを応援し、認めてくれると思う。







Last updated  2010/03/10 08:15:31 PM
コメント(98) | コメントを書く
[日常・映画・本・その他] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


もっと技術重視してほしい   鳩ポッポ9098 さん
>キム・ヨナちゃんの演技の得点は、私も高すぎると感じた。

今のルールではしょうがないかもしれません。男子金メダリストのライサチェクを上回るとか、バカじゃないのかと思ったりしますけど。

>二年前からキム・ヨナちゃんと真央ちゃんの点差について、疑問を持っていたようだ。陰謀があった、と(笑)。

陰謀というか、ルールの大幅な変更があったのは事実。ジャンプの得意な日本人選手に悉く不利であり、安藤選手も最近は全然4回転飛ばなくなりました。肉体的にキツい事もあるかもしれませんが。

>ネットを利用する人たちの多くは、占領時の日本を擁護する人が多かったと聞いている。

ないです(笑)北朝鮮には融和的な世代がありますけど。今回の反発は、いくらなんでもキムの点数が高すぎる(まあ、ルール変更になってからずっとそうでしたけど)事と、浅田選手のトリプルアクセルを評価しなかったのが韓国人の審判唯一人だったという事が原因です。

>他の選手に勝つというより、自分が3回転半、4回転を飛ぶことに目標を置いて、試合に臨んでいた彼女の姿勢が好きだったからだと思う。

スケートショーじゃないんです。彼ら彼女らは勝負の世界にいる以上、相手あっての戦いにならざるを得ない。今回の浅田選手やプルシェンコのように不運な人もいれば、荒川選手のようにスルツカヤのミスで金メダルを得る人もいる。全てライバルとの相対評価で彼らの「価値」は決まる。

だからこそ、技術力の高さを公正に評価すべきなのですが、近年のフィギュアがどうも演技という非常に主観的な要素が強まっている事は危惧すべき事。トリプルアクセルを飛ばないと絶対勝てない上に、成功しても評価されないのでは、浅田選手にあまりにも不利でありますし、演技構成に莫大な金をかけないといけないというのも、何とも馬鹿らしい話。 (2010/03/11 01:44:49 PM)

あら   ぼたんの花 さん
こんな日記にコメントをいただけるとは・・・

昨日、偶然にBSで、ダイジェスト版を遅くまで見てしまいした。

>ないです(笑)北朝鮮には融和的な世代がありますけど。


あるんですよ(笑)。韓国でのメディアは”反日”が多いのですが、ネットの世界は、日本も反韓だけではないですが、2チャンネル系ネットウヨクが目立ちますよね。そういう意味です。

>ジャンプの得意な日本人選手に悉く不利であり

これは、ジャンプなどにも言えることですが、冬季に限らず、オリンピック全体にいえることなんですよ。私と鳩さんとの年齢差が顕著(笑)


>近年のフィギュアがどうも演技という非常に主観的な要素が強まっている事は危惧すべき事

これは昔のほうが酷かったですよ。有色人種がいくら上手だとしても”見た眼で”無理だったんです(爆)

フィギアは見た眼で勝負!・・が、ありますからね。

昔は、得点をつけると、各審査員ごとに表示されたのです。現在は、会場ではどういう表示かわかりませんが、総合得点のみテレビ画面に表示されますね。たぶん会場でもそうでしょう。

で、2002年の不正から技術面での評価員がいて(ジャンプの鑑定員)審査員が審査する、そして一番高い得点と一番低い得点を除いた平均点が出るようです。

しかし、コンピュータです。。。ま、そこまで細工をするかどうかは別としても、カナダの女子のメダルとキムヨナちゃんのメダルは、最初から決まっていた、ということで”陰謀”というようです。
(2010/03/12 01:11:32 PM)

昨日、久しぶりに姉と話したのですが   ぼたんの花 さん
今回、選曲で勝敗は決まっていたと(笑)


浅田真央ちゃんは、ラフマニノフ、キムヨナちゃんは、ショートが007、フリーが、ガーシュインでした。
姉曰く、”フィギアでは、もうロシア系は古い、ガーシュンはアメリカ人が喜ぶから”(なんでアメリカ?)

実は、会社で見ていた時、私もこの曲について、専務に同じことを言ったのですよ。

専務は、”曲で点数がかわる~?”そんなことないだろうと。

姉と私は、性格がまったく違うのですが、なぜかここだけは意見が一致。

が、姉は、ランビエルが好み(昔からこういうタイプが姉の好み)、私は、応援は高橋選手ですが、プルシェンコが好みです(昔と違っている好み・笑) (2010/03/12 01:37:07 PM)

総評   鳩ポッポ9098 さん
ボクは、スペインのフェルナンデスを応援してましたが、流石にオリンピックの壁は高かったようです。今回、高橋はSPが良すぎたので駄目だろうと思ってましたが、ランビエールの追走を振り切り、よく粘ったなと思います。序盤で大本命のジュベールやウィアーが脱落したのも大きいですが、実力以上の結果が出る、勝負事の醍醐味を見られた気がします。あと、今回は女子Sの世代交代?が進みましたね。荒川・コーエン・スルツカヤと前回大会のメダリストが全員居ないと、何だか物足りない気がします。

>今回、選曲で勝敗は決まっていたと(笑)

ここ最近、ずっとあれですね。昔ランビエールが007でやってた時はいいなと思ってましたが、キムがあれでやると正直なところ気分が悪い。

>専務は、”曲で点数がかわる~?”そんなことないだろうと。

選曲は、れっきとした採点基準ですね。 (2010/03/13 04:21:44 PM)

競技人口が少ないからでしょう   鳩ポッポ9098 さん
>ネットの世界は、日本も反韓だけではないですが、2チャンネル系ネットウヨクが目立ちますよね。そういう意味です。

韓国社会で「親日派」という言葉は、「売国奴」を意味します。公然と親日派を名乗っている論者は、殆どが海外在住ですし。ネットは、最も過激なのは論を待ちません。

>これは、ジャンプなどにも言えることですが、冬季に限らず、オリンピック全体にいえることなんですよ。

スピードや跳躍力等を競う競技なら、誰も文句のつけようがないでしょ。基本的にやる事は同じなのですから。今回は、練習中に死人が出たり、失格・棄権が大量発生するなど、運営に問題が大ありでしたけど、まあそれも同条件なのだからしょうがない。格闘技やチーム競技も、誤審は往々にしてありますけれど、後で検証できます。しかし、フィギュアは、採点の仕方が分かっていても、技術点以外はそんなもんかなとしか思えないのが実に気色悪い。特に今回のように、技術点が不当に低いと、何だか後味がとても悪い。

伊藤みどりはその卓越したスピードと跳躍力で難易度の高い技を次々と成功させましたが、当時「ゴムボール」と揶揄されたように、芸術的な点があまり評価されませんでしたね。

>これは昔のほうが酷かったですよ。有色人種がいくら上手だとしても”見た眼で”無理だったんです(爆)

そういう要素はあるにせよ、純粋に競技人口が少なかっただけだと思いますけどね。現代でも冬季五輪に黒人選手が殆ど見られません。スピードスケートなんて、彼らが参加してくれば、いとも簡単に記録が塗り替えられそうですけど。ウィンタースポーツは、何れも金がかかるものばかり。競技人口が少ないからジュニアの頃からトップでなければ、まずもって出場はムリな上にスポンサーもつきません。 (2010/03/13 04:24:46 PM)

Re:競技人口が少ないからでしょう(03/07)   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん
1.>韓国社会で「親日派」という言葉は、「売国奴」を意味します。公然と親日派を名乗っている論者は、殆どが海外在住ですし。ネットは、最も過激なのは論を待ちません。

1.なんの呼び知隙もなく、、というより勉強せず、
友達が経営する陶芸教室のツアーで、
1999年の10月に初めて韓国へ行きました。
教室としては、ツアーに行く前にある程度の勉強会を
開いて、簡単な韓国語や、韓国の陶芸の歴史などを
学んだようですが、私は空きがあったので、
ついでに誘われてたこともあり、今よりずっと多忙であったこともあり
(教室の生徒では無いので)
なんの予備知識もないまま、行きました。

旅行社が企画するツアーと違って、陶芸の勉強でしたので
マニアックで、また、料金も高かったのですが
そこで出会った人たちは、とても親日的でした。

ただ、ある程度の年齢のガイドさんたちは、やはり
説明する箇所のところどころに”反日”的なものが
織り込まれていました。

それは、お互いさまではないでしょうか?

昔は、企業がこぞって韓国へ買春旅行に行きました。
大企業も、当たり前のように接客にも利用しました。

そういうことが出来るのは、やはり韓国人を下に見るところがあるからでしょう。

またその当時は、娘が日本人の接客をすることを
家族が知っていても、”反日的”には、ならなかった、
と当時の会社での上司たちに聞きました。




(2010/03/16 05:32:55 PM)

続き   ぼたんの花 さん
そこで、民度をあげえるためにもある程度の
反日的教育は仕方がなかったのでは?と私は考えます。

勿論、日本にとっては、困ったことですが、
60余年前の罪は、勿論ありますが
今、現代に起こっているアメリカのアフガン・イラク侵攻を
なぜ批判しない?過去の日本より大きな声で国民が批判すべき!
まして、韓国は派兵をしているのですから。

それを考えると・・日本と韓国って似たところがありませんか???

で、その時、お会いした20代後半の若いガイドさんに
聞いたところ、”マスコミや政府は嘘ばかり言うから信用していないです”との答。

私たちが、お会いした陶芸家や、工芸大学の生徒、そして
その大学の教授(と言ってもその時30代後半で、清水に修業に来ていたそうで)
も、みなさんとても心の底から親切でしたよ。

あまりうわべだけで判断しなほうが良いかと。

(2010/03/16 05:33:12 PM)

韓国のリーマンだけは買わねえ!   鳩ポッポ9098 さん
>そういうことが出来るのは、やはり韓国人を下に見るところがあるからでしょう。

キーセン観光って奴ですか。別に下に見ているからではないです。風俗的にほめられた事ではありませんが、所詮は需給バランスの問題。相手が日本人でもフィリピーナでも露助でも、そこに需要と供給があればビジネスは成立するのですから。韓国の場合は、それを国が積極的に外貨獲得の手段に使ったという点が非常に問題ですけど。

>反日的教育は仕方がなかったのでは?と私は考えます。

そういう他人に責任転嫁する態度が一番民度を低くしているのです。狂牛病であれだけ大騒ぎしたくせに、入ってきたら品切れになるような所を見ていると、ここ百数十年の朝鮮の歴史、20年程の経済史とオーヴァーラップせざるを得ません。

他人の世話になって力をつけてきたら、調子に乗って他の勢力を利用しようとして自滅する。これの繰り返し。野村が韓国のリーマンだけは買わねえ!と判断したのも分かります。まあ、現在の大統領は優秀ですけど、前任者の失政の火消しで命縮んだんじゃなかろうかと思いますわ(笑) (2010/03/17 02:23:15 AM)

付き合いは最小限にしたい   鳩ポッポ9098 さん
>みなさんとても心の底から親切でしたよ。

そりゃ、歴史認識の話をしなければお金落としてくれる日本人観光客の機嫌を損なうような事誰が言いますかいな。歴史認識の話をしてごらんなさい。袋叩きにされますよ(笑)

ちなみに、ボクの韓国人の友人は言ってましたよ。韓国人には、日本に対して嫉妬心と敵愾心と憧憬の入り混じった奇妙な感覚を持っていると。その人も、日本に来るまでは阪神淡路の震災は日本人の自業自得と考えていたといいますが、それが一般的認識であるというのは驚き。別に日本人はシナ人が四川の大地震で大量死しても、シナ人の自業自得なんて思ったりしませんもの。

なんか、火病じゃないけれど韓国人は特有の民族的な精神疾患でもあるんじゃないのかと思ったりもします。こういう絵を子供が書いて、何も注意しないばかりか公共の場に晒す神経というのが、本当に想像を絶する物があります。
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1550

正直、あの民族はNo thanks。言い合いをするのも煩わしいので、付き合いは最小限にしたいです。 (2010/03/17 02:27:36 AM)

その一   ぼたんの花 さん
この絵は、何年か前にもここに貼った方がいました。

しかし、、、よく考えると日本人と似ていますね。
これは素直?に表現していますが、
日本人の内心は、どうでしょうか?
他国へ災害が起きて喜ぶようなことは、表面的、内面的にも
ないと私も思っています。

“靖国”という映画、中国人の監督が製作した映画を
ご覧になりましたか?

あの映画の南京大虐殺の写真云々は、おいといて
8月15日にみられる靖国での光景は
私たち日本人、殆どの人達の感情、行動ではないでしょうか?
あの映画の中で、学生風の日本人が、ウヨク的な人達の集まりに
反対意見を言う場面があります。

その反対意見を言った学生に、ウヨク的な男性たちが
取り囲み、追い詰めて乱暴をします。
その時に言う言葉が
“お前は、中国人か!中国人か!中国人か!”
学生は、日本人ですが反対意見を言う人に対し
“中国人”と決めつける、これは私のこのブログでもありました。
私が、隣国の人のことを悪く言うことに対し、擁護すると
“ぼたんという花は、中国の国花だ、中国人だろう“
韓国人の方を庇ったら、“そういうことを言うと、
“ぼたんは、韓国人だ”と思うよ、と。
別に私は、朝鮮半島の人だと思われても、構いません、
というと、“やっぱり”と言われます。

こうみると、民度の低さは、隣国と大差がないのでは
ないのでしょうか?

(2010/03/17 05:32:58 PM)

その二   ぼたんの花 さん
正直に言うと、私も今までに出会った中国人の方とは
どうも波長が合いません。中国の方より、韓国、朝鮮の国籍の方のほうが
(日本在住の方ですが)話しが通じることが多いです。

で、日々の暮らしの中で、私は価値観も考え方も、まるっきり違う人がいます。
鳩さんのように、まだ、お子さんがいない方は、仕事以外の付き合いは
気のあった人たちだけとの交流でしょうが、親になると、地域の自治会、子供会、子供の同級生や、スポーツクラブなど、否応なしに引き出されます。

その中で、基本的な考え方が違う人にも多く出会います。
でも、同じ日本人だ、というところで、辛うじて繋がっていることってありますよ。価値観が同じ、考え方が似ている、というのは、グローバル?した
現代では、国籍はあまり関係ないのでは?

映画“靖国”の中で、“ヘンなガイジン”が、プラカードを持って靖国に現れます。小泉首相の靖国参拝を支持する、と言います。
そうすると、今度は、そのガイジンにサインを求める人や、満面笑みを浮かべ
英語で話しかける人々が出てきます。。。。。

この状態って、日々、日本で見られる光景ですよね?
また、米国で働いている息子の子供、孫が、日本語より上手に
英語を話すことを自慢する人達もいます。
孫が、中国語や韓国語を日本語より上手に話すようになっても
同じように満面に笑みを浮かべて、自慢して話すでしょうか?

日本人の多くが“アジア”という言葉を使うときは、自国の日本が、アジアという中に入っていない、と指摘されました。(中国人の監督で親日家ですが
名前を忘れました)

(2010/03/17 05:33:41 PM)

その三   ぼたんの花 さん
しかし、靖国信仰の方たちに“媚米派エセウヨク”が、多いということのほうが、私にとっては、摩訶不思議なことですが(爆)、袋叩きにあって鼻血をだした無抵抗のこの青年が、パトカーに乗せられ、暴力をふるった“媚米派エセウヨク”の方たちが、連行されない、というこの情景も、今の日本をよくあらわしている映画だ、と大きく議論されないこの部分にとても妙な感じがしました。

しかし、日本人として、一番問題にしなくてはいけないことは、最後のほうで映し出される原爆、キノコ雲のシーンです。あの映像にはどういう意味があるのか、リ・イン監督が立教大学にパネリストとして、いらした時に聞きたかったのですが、ジャン・ユンカーマン監督も来ていましたので、質問時間が少なく、また、ジャン・ユンカーマン監督ばかり、もてはやす会場の雰囲気にリ・インさんは、ちょっと不愉快だったようですが、これが日本人の特性でしょうね。ジャン・ユンカーマンさんには、911自作自演説をどう思うか、と聞きたかったのですが、この日は、発言する人が多くて、私は空気を読んで発言をひかえましたが、聞けばよかった。

しかし、リ・イン監督は、終了後、会場に残っていたところを見つけて、手短に質問しました。“911自作自演説をどう思われます?”と。そうしたら手を組んで、首をかしげていました。疑っていないようでした。

その質問だけで終わりにしましたが、最後に私が“9条より大切なのは25条ですよね”と言ったら本当に嬉しそうに微笑みました。その日は9条が大人気でしたので。

その時、もう一人の中国人の監督が(名前忘れた)、25条の大切さをうったえていました。それは、従軍慰安婦にも通じるものです。

(2010/03/17 05:34:17 PM)

その四   ぼたんの花 さん
韓国へ買春旅行に行くご主人を、その当時の奥様達は、どう見送ったのでしょうか?そういう日本人の感覚は、“グローバル”には通じない感覚だということを私たちは、認識する必要があるでしょうね。

(2010/03/17 05:35:02 PM)

アジアってのが恣意的な枠組   鳩ポッポ9098 さん
>他国へ災害が起きて喜ぶようなことは、表面的、内面的にもないと私も思っています。

いやね、喜んでもいいんですよ。普段から憎らしいと思ってる人に災いが降りかかってざまあみろってのは、あるかもしれません。

しかし、学歴も見識もある人が、自業自得って思える感覚が理解できないのです。だって全然因果関係ないですもん。日本の悪徳性と天災に。つまり、彼らは何か日本人に起こるたびに、それを日本の悪徳性との因果で見ている、だから日本人が幸せになるとなんでチョッパリどもが!!!と怒り出し、日本人が不幸になると自業自得だ、反省と謝罪しろとなる(笑)

>日本人の多くが“アジア”という言葉を使うときは、自国の日本が、アジアという中に入っていない、と指摘されました。

ええ、アジアという枠組み自体が欧米人の造った価値観ですから。元々アジアとは、中近東、特にトルコの領域の事を指していましたが、欧米人の視野が拡大するにつれ、アジアの範囲が異常に拡大してしまっただけの事。だから、今では古い意味でのアジアを指す時は「小アジア」なんてイミフな言い方をします。

日本はシナの冊封にも属さず、主従関係もごく一時期を除いて結んだ事がありません。シナとは文化交流があったにすぎません。それは明治以降に欧米と文化交流を強めたのと程度の差でしかありません。従って、日本はアジアだからどうのこうのというのは、歴史的経緯を全く理解していない論調。所詮、朝鮮もシナも空間的・領域的に隣国であるというだけの話です。 (2010/03/18 03:02:44 AM)

事なかれ故のフルボッコ   鳩ポッポ9098 さん
>こうみると、民度の低さは、隣国と大差がないのではないのでしょうか?

日本人ってのは、世間という物を物凄く気にする民族です。「ムラ意識」を強く持っています。
言わばとても風見鶏的で事なかれ主義。従って、ムラの中で異端児がいると、彼をフルボッコにする性質がある。左翼の内ゲバもこれ。右翼を攻撃するよりも、革マルと中核、総評と同盟で血みどろの喧嘩しているのを傍から見ていると、何だかなぁという感じ。事なかれ故に中で蹴り合いするのは、日本人のお家芸。この件だって、靖国神社だからそういう事をやったのであり、新宿駅でそんな事するバカは、酔っ払い以外いないでしょ(笑)

でも、一方で日本人は公共心も非常に強いですし、考えが対立する時は話し合いという名の談合をします。これが韓国人には決定的に欠けています。調整能力の欠如とでも言えるでしょう。そして、それを指摘すると、すぐに怒りだす。まるでガキです。

日本人がいくら韓国に反感を持っていても、あんな絵を子供が学校で描いてきて褒める親はまずいない。こんな物を公共の場に貼りつける神経は、はっきり言って異常です。しかし、日本のマスコミは、一切これを報道しませんでしたね。何故かドイツとポーランドのメディアで取り上げられて大問題になったそうですが。 (2010/03/18 03:09:28 AM)

英語のうまさなんて、いまどき自慢にもなりゃしない   鳩ポッポ9098 さん
>また、米国で働いている息子の子供、孫が、日本語より上手に英語を話すことを自慢する人達もいます。

そりゃ、ちょっと古い感覚でしょうな。昔は、英語ができるってのは、専業の通訳でもなけりゃ、一流商社マンとかそんな人に限られていました。日本で商社が異常に大きくなったのも、英語を話せる人がメーカーや販売店に極端に少なかったこともあります。

しかし、実際やってみると、英語を話すだけならバカでも出来る。そんなに語彙力なくても、何とかなるもんです。でも、そこで仕事をしていい給料を貰おうと思ったら、それだけじゃ絶対ムリ。ある程度以上のレベルになれば、はっきり言って言語のうまさだけでは、何の自慢にもなりゃしません。そういう意味では、仕事していけているというのは、言語以外にも認められる素養があるという事ですから、誇っていいかもしれません。

朝鮮語やらシナ語やらは、今や第二外国語の多数派ですよ。学部生のほとんどが、ドイツ語かフランス語をとっていた時代じゃありません。第三位の地位にあったスペイン語がいつの間にか少数派に落ちているのは、スペ語派としては悲しい限りですが、これも時代の流れって奴ですかね。 (2010/03/18 03:13:38 AM)

性産業と賭博産業はグローバル(笑)   鳩ポッポ9098 さん
>袋叩きにあって鼻血をだした無抵抗のこの青年が、パトカーに乗せられ、暴力をふるった“媚米派エセウヨク”の方たちが、連行されない

ただ単に保護しただけでしょ。警察は事なかれ主義だからよっぽど酷い事をしない限り、連行したりしませんよ。右翼だらけのところに殴り込みかけて右翼をしょっ引く事も無けりゃ、左翼だらけの所へ殴り込みかけて左翼を引っ張る事もない。ただ、貼り付いて、いざこざが起こった時に、酔っ払いの喧嘩と同じ要領で仲裁に入って、被害者から事情を聴くだけ。

逆に北京オリンピックの時、チベット国旗をバイクに巻きつけて走っていた人を制止して、「煽るんじゃねーよ、バカ」みたいに言ってる警官の動画が、ようつべで流れてますよ。沿道は、真っ赤っかにシナ共産党の旗で埋め尽くされているのにね。要は、仕事増えるのが嫌なだけ。

>そういう日本人の感覚は、“グローバル”には通じない感覚だということを私たちは、認識する必要があるでしょうね。

日本人女性は欧米人に大人気ですが、彼らは「ゲイシャ」のイメージで見ています。だから、日本人女性が反発すると、暴力をふるう。所詮、そんな物です。かつて米軍が駐留していた時は、日本にも軍人相手のパンパンがいたように、又、東欧や南米で今でも人身売買が行われているように、性産業と賭博産業は、ある意味最もグローバル(笑)

最近、何だか「日本人はロリコン」みたいに槍玉に挙げられていますが、ろういう事件が日本よりも圧倒的に多い国々にお叱りを受けるのは、どうも納得いかないねえ、というかんじ(笑) (2010/03/18 03:17:20 AM)

Re:朝青龍 と キム・ヨナちゃん(03/07)   ぼたんの花 さん
1.>英語のうまさなんて、いまどき自慢にもなりゃしない


1.私が言っている意味と、鳩さんのレスとちょっとニュアンスが違うのです。
まだ、日本語もたどたどしい子供が“英語を話せるようになった”、と喜ぶのは
白系の外国人を見て、満面の笑みを浮かべてサインをもらう、という行動と同じ感覚だと言いたいのです。

もちろん、アメリカに住めば、大人より子供のほうが先に言葉を覚えるかもしれません。しかし、まだ母国語をよく理解しない子供が先に英語を覚えること、それを自慢する背景です。これが中国語や韓国語だったらそれほど喜ぶのだろうか?ということです。



何かのアンケートで、海外に留学をしたい、と希望する学生が減った、と言っていましたし、商社だったか、企業に勤める若い人たちのアンケートでも海外赴任は、したくない、という社員が圧倒的多数、とも言っていたように聞きました。

そういう背景があり、中国語や韓国語、となるのかもしれませんが。

で、前政権の時に公立学校で小学校から英語を教えるか、否か、という議論がありましたが、私の住んでいるローカルな地域、わが市では、もう、小学校一年から英語を教えるそうで、入学前の説明会で言われたそうです。。。議論する前に実行するのでしょうね。

ま、英語が出来ないより出来たほうが、ずっと良いですが、鳩さんの言われるように話せるだけじゃダメだということでしょうね。


それ以前に思考能力やデータなど、どれほど持っているか、自分の考えを持っているのかで、初めて英語がいかせるし、海外の人達と意思の疎通がはかれるのですから。

(2010/03/18 05:49:22 PM)

続き   ぼたんの花 さん
2.>性産業と賭博産業はグローバル化

2.これも、私の言っている意味が鳩さんとは少し違うのです。鳩さんの言われる通り、戦時中にこういった性の問題は、つきものです。しかし、少し前の日本では、殆どの奥様たちが、会社の旅行や接待で買春旅行に行くことに対し、否定的ではなかったのです。勿論、社会全般が否定的では無かった。もちろん日本の婦人団体が新聞に全面広告を出した、ということもあったようです。“殿方、恥という字をご存じですか?”という見出しで。しかし、日本の社会の反応は、、、その広告を見て“苦笑”する、大らかに笑ってしまう、という程度、感覚でした。

イラクでの米兵の素行の悪さは酷いものです。

実際、イラクの女子大生(フセイン下では、女子大生が大勢いた)は、米兵と交渉して、お金をもらうという人もあったようです。そうしなければ生きていけない、という事情もあった。しかし、そうではない女性のほうが圧倒的に多かった。イスラームで禁止されている自殺をした人も多かったようです。

米兵のそういった行動に対し、それらを米軍が見て見ぬふりしていることはあっても、それを政府が“仕方が無いこと”などとは口が裂けても言わない。表ざたになれば、表面的であっても“否定”や“謝罪”、“軍事裁判”をします。
(沖縄の件でも明らかなように軍事裁判も形式だけで、軍内部では深刻に考えてはいないのですが)

(2010/03/18 05:50:34 PM)

続き 2   ぼたんの花 さん
日本以外の国ではどうでしょうか?大手の旅行代理店が、最初からそういう目的の旅行を堂々と計画はしないでしょう。それも、皆、一流企業、商社や、中小企業でも比較的健全な?会社が、団体でツアーを組んで、白昼、堂々とは、いかないでしょう。

そう考えると、グローバルな視点から客観的に見て、それらを受け入れた韓国も然り、日本人もかなり民度が低いと言わざるを得ません。そういう感覚は、他の諸外国には理解してもらえない、ということで、また、それを理解してもらおうなんて言ったら非難を浴びるでしょうね。

そういう態度がきっと隣国に見えるのでしょうね。
(2010/03/18 05:51:02 PM)

Re:事なかれ故のフルボッコ(03/07)   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

1.>本人ってのは、世間という物を物凄く気にする民族です。「ムラ意識」を強く持っています。
>言わばとても風見鶏的で事なかれ主義。従って、ムラの中で異端児がいると、彼をフルボッコにする性質がある。左翼の内ゲバもこれ。右翼を攻撃するよりも、革マルと中核、総評と同盟で血みどろの喧嘩しているのを傍から見ていると、何だかなぁという感じ。事なかれ故に中で蹴り合いするのは、日本人のお家芸。この件だって、靖国神社だからそういう事をやったのであり、新宿駅でそんな事するバカは、酔っ払い以外いないでしょ(笑)


1.この部分は共感しますね(笑)

2.>日本人がいくら韓国に反感を持っていても、あんな絵を子供が学校で描いてきて褒める親はまずいない。こんな物を公共の場に貼りつける神経は、はっきり言って異常です。

2.この部分も共感しますが、友達のお嬢さんが韓国でホームスティして
韓国の人たちと交流した時、
日本の修学旅行生に対して、石を投げる事に関して
やはりあちらのお母さんたちも問題意識を
持っていたようですよ。
友達のお子さんも私の姪と同じめにあって
いましたから歳が離れていても同じ経験を
しているのは、やはり問題ですが
なぜ日本の学校が、あえてそういうところを訪問させるのでしょう?
これには、何か裏がありそうですね。

で、中国四川省の地震のとき、日本の自衛隊は評判がよかったようですよ。
(2010/03/18 09:14:09 PM)

追加   ぼたんの花 さん

地震で亡くなった中国人の死体を前に隊員が
両手を合わせていた写真が新聞に載ったようです。


で、”靖国だから袋叩きにした、新宿ではしないだろう”

これが問題なんだと思います。

戦火の中、日本軍がしたことも、沖縄に上陸した
米国人並に
中国人は恐怖を感じたのでしょうね。

日本に中国軍が上陸したら、同じように60余年たった
今でも日本人は中国人を批判しているでしょう。

今、銀座は中国系を含め外資に買い漁られているようですが
日本は不景気だから仕方がない、としても
あまり良い気分に私はなれません。


そういう意味で、日本が米国に進出したり、
中国本土へ土足であがれば、やはり良いものではないのでしょうね。
(2010/03/18 09:14:33 PM)

やっぱり古い感覚じゃないでしょか   鳩ポッポ9098 さん
>母国語をよく理解しない子供が先に英語を覚えること、それを自慢する背景です。

それは、だから古い感覚なんですよ。昔の一部のエリートや国際人だけの特権だった感覚が残っており、アメリカが自分達の陣営の遥かに力の及ばない大親分だった認識が抜けないから、誇らしく思うわけで。そういう人はある意味学歴社会の犠牲者だと言えます。又、英語を話せなくても大して不利益がなかった故の右肩上がりのいい時代だったという事も言えるかもしれませんね。まあ、今でも国内勤務なら英語なんてクソの役にも立ちませんけど。

>そういう背景があり、中国語や韓国語、となるのかもしれませんが。

いや、これも必要性の問題なんですよ。昔はドイツ語が出来ないと(書けないと)医者になれませんでしたね。今でも、「クランケ」なんてキザな言い方をする医者がいますけど(笑)基礎工学分野でもドイツから学んだ所は非常に多い。一方で、法律学や哲学、芸術などは、フランスから多く流入しましたので、その手の需要もかなりあった。だから、話せなくても何かの役に立つかもと、みんなドイツ語かフランス語を取ったんですね。

ところが、今は文化的な要因の方が大きいでしょう。韓流とかなんとか。上の世代の人から見たら、えーなんで?と思うかもしれないけれど、ボクらの頃でもイタ語やロシア語よりはメジャーな言語でしたよ。 (2010/03/19 05:11:53 AM)

売春合法化は世界の流れ   鳩ポッポ9098 さん
>米兵のそういった行動に対し、それらを米軍が見て見ぬふりしていることはあっても、それを政府が“仕方が無いこと”などとは口が裂けても言わない。

日本政府も仕方がないなんて言っていないと思いますが。第一、キーセン観光というのは通称です。はっきり言って、その国で合法的な行為を日本人がやる事も、それを運び込む事も合法であって、それを抑制する事など出来るわけがありません。

一昔前に、これが問題になって日本人観光客が激減し、韓国の性産業は衰退したんでしょうか?とんでもない。2004年にキーセンが違法になりましたが、その時も売春婦が売春させろと大々的なデモを行いました。又、世界各国へ「遠征売春」に出かける者も多く、欧米人に人気のある日本人女性になり済まして営業しています。あんなに日本人を口汚くののしる癖に日本人になり済ますあたりが、気色悪い。

それと、ここ10年程の間に欧米は殆どの国が売春を合法化し、のみならず斡旋も合法化する国が増えています。これは、自国の性的不満は自国で処理するという事。日本の場合も赤線の禁止後、当時はトルコ風呂ぐらいしか行く所がなく、性サーヴィスが締め付けによって衰退していた為に、わざわざ海外へ出かける人がいたのであり、今ならわざわざ海外へ出かける人はあんまりいない。それだけ多種多様なサーヴィスを受けられるようになった事が一因です。 (2010/03/19 05:14:07 AM)

シナ人とは感覚が違って当たり前   鳩ポッポ9098 さん
>戦火の中、日本軍がしたことも、沖縄に上陸した米国人並に中国人は恐怖を感じたのでしょうね。

日本軍は租界に合法的に駐留していただけですが。日本がシナ人の嫌がらせのターゲットになる前は、イギリスがその標的でしたし。しょちゅう万単位の人間を殺し合いしてる民族と、元寇以来初めて自国内で外敵を迎えうった民族の感覚は、根本的に違います。それはどちらが正しいという事ではありませんけれども。

>日本に中国軍が上陸したら、同じように60余年たった今でも日本人は中国人を批判しているでしょう。

しないでしょう。戦争なんだから。その国の「政策」を非難する事はあってもね。実際、沖縄・広島などではアメリカへの非難より、国内の保守派を非難する人間の方が多いでしょ。まるで戦争大好きなエイリアンとでも言わんばかり。こういう反応が出てくるのは、まあ平和だからなんでしょうけど。普通の国なら、二度と領土を蹂躙されないように鉄壁の守りを造ろうとするもんですけど。

>で、”靖国だから袋叩きにした、新宿ではしないだろう”これが問題なんだと思います。

新宿でもするのが韓国人。「愛国無罪」は、どちらかというとシナ人よりも韓国人の方が言いそうなかんじです。 (2010/03/19 05:19:53 AM)

鳩さんと認識が食い違うのは、歳の差?咸鏡の差?男女の差?   ぼたんの花 さん
1.>それは、だから古い感覚なんですよ。昔の一部のエリートや国際人だけの特権だった感覚が残っており、アメリカが自分達の陣営の遥かに力の及ばない大親分だった認識が抜けないから、誇らしく思うわけで。そういう人はある意味学歴社会の犠牲者だと言えます。又、英語を話せなくても大して不利益がなかった故の右肩上がりのいい時代だったという事も言えるかもしれませんね。まあ、今でも国内勤務なら英語なんてクソの役にも立ちませんけど。

1.古い感覚と言っても、今、社会で現役で活躍している人たちの感覚ですよ。もし、鳩さんの世代の人達がそういう感覚が無いのなら、嬉しいことです。

しかし、所謂ネットウヨクさんたちの発言にも、その傾向を私は感じるのですよ。。。それこそネットウヨクの主流は、鳩さんたちの年令くらいでしょう。

通りがかりの白系外国人にサインをもらうような感覚の親の基に育った人達が、ネットウヨク系だと私は思いますよ。

だって、靖国参拝支持者の殆どが、”媚米派エセウヨク”でしょう。靖国信仰なら、”反米”であるのが最低条件じゃないですか(笑)。

それが証拠に駐米大使のシーハーさんの時に遊就館の展示物に書いてあるものの訂正を求められた時、抗議したネットウヨクちゃんたちは一人もいなかったあでしょう?これがお隣のお国の人達だったら、それこそ2チャンネルあたりで大騒ぎしたでしょう。

私は、2チャンネルは見ませんが、あの頃、そんな話題はあったのでしょうか?靖国側も、即、いうことを利きましたよね。

その状況と映画”靖国”の風景はまったく同じことです。
(2010/03/23 01:04:23 PM)

合法か合法で無いか、と民度は関係ないのでは?   ぼたんの花 さん
やはり鳩さんとは、男女の差もあるでしょうね。

私も、あの頃の日本の主婦であったなのなら、そういう所に大手を振って出かける夫に苦笑しながらお小遣いを渡したかもしれません。。。ま、そういう人を夫に選ぶとは考えませんが、自由な恋愛で結婚することなどは、稀な時代ならそういう人と結婚することもあるでしょうね。


これは、背景も問題でしょう?現代で考えて、イラクのような状態にしておおきながら、売春、買春は犯罪ではない、と主張するのと、他の仕事も自由に選べる状況下で、そういうことが合法化されるのとでは、問題の根本がまったく違うでしょう?


同じだと思いますか? (2010/03/23 01:13:41 PM)

これは私も一番疑問に思うことなんです   ぼたんの花 さん
1.>しないでしょう。戦争なんだから。その国の「政策」を非難する事はあってもね。実際、沖縄・広島などではアメリカへの非難より、国内の保守派を非難する人間の方が多いでしょ。まるで戦争大好きなエイリアンとでも言わんばかり。

1.国内の保守派を声高に非難する人達の多くが、911事件を無視する人が多いのですよ。私のブログは以前、会員でない人も書き込めたのですが、その書き込みの殆どが、”テロで被害にあった人達の気持を考えないのか!”と私は言われました。

そのテロの被害で、家族を亡くした人達のこと誰か気にして援助した人います?その人達に日本政府の対応がどうであったか知っています?

少なくとも米国内では、テロへの被害者へ政府以外の人達が支援しています。

もし、アメリカが言うようにアルカイダの仕業だとして、被害にあった日本人の家族は、どうなっているのか?ご存じの人いますかね。


20年くらい前に、北朝鮮による拉致ではないか?とテレビで報道したことがありましたが(増元さん)其の頃からずっと私は気にかけていました。また、湾岸戦争での劣化ウランによると思える症状のあった米兵の家族への取材、後日、その米兵の家族が家の仲もそのままで、行方不明になった、なんて報道もありました。どちらの報道も私はずっと気にかけていました。

今のマスコミより取材も少しは自由があったようですね。 (2010/03/23 01:27:26 PM)

読書言語と会話言語   鳩ポッポ9098 さん
>鳩さんの世代の人達がそういう感覚が無いのなら、嬉しいことです。

ないですね。英語を話せるのはむしろ特別な事でもなんでもなくなったからでしょう。個人的には、日常会話はスペイン語の方が得意です。まあ、ラテン人気質が合うだけかもしれませんが、言語ってのはそういうのも大事だと思いますから。

英語なんて留学時のGMATで先方の認めるギリギリの点数しかとれなくてかなり焦った記憶がありますけど、読むのは英語が一番読み易い。韓国人の友人は日常会話は朝鮮語でも、文献は日本語の方が断然読み易いと言っていました。読書言語と会話言語はズレている事も最近の人にはよくあるんじゃなかろうかと思いますよ。

>だって、靖国参拝支持者の殆どが、”媚米派エセウヨク”でしょう。靖国信仰なら、”反米”であるのが最低条件じゃないですか(笑)

靖国はイデオロギーの場ではありません。あそこで顕彰されているのは大東亜戦争で戦死された方ばかりではないのですが。そういう偏見はいただけません。まあ、神社サイドのPRの仕方も問題かもしれませんけど。敵が誰かというのは、所詮その時代の必要性の問題。敵が誰であろうと、国の為に戦って亡くなったという事が顕彰の唯一無二の根拠です。反米とか何とかいうのは、次元の違う問題です。

>それが証拠に駐米大使のシーハーさんの時に遊就館の展示物に書いてあるものの訂正を求められた時、抗議したネットウヨクちゃんたちは一人もいなかったあでしょう?

居ましたよ。というか、積極的に訂正すべきと言っていたのは、評論家の岡崎氏のグループぐらいだったんじゃなかろうかと。小林よしのりや西部邁あたりは激怒してましたし。 (2010/03/24 11:55:26 AM)

アングラ産業と共存できるのも民度ではないでしょうか   鳩ポッポ9098 さん
>現代で考えて、イラクのような状態にしておおきながら、売春、買春は犯罪ではない、と主張するのと、他の仕事も自由に選べる状況下で、そういうことが合法化されるのとでは、問題の根本がまったく違うでしょう?

昔は売春というのは貧困故に起こる、豊かになればそういう頽廃産業はなくなっていくはずだという固定観念がありましたが、それは違うというのが、近年明らかになってきただけの事です。豊かでも報酬目当てに体を売る女はいるし、高いカネを払ってでもサーヴィスを受けたい男はいるという事。

近年は女が男を買う逆パターンもかなり一般的になっていますし、韓国の売春婦のように売春させろというのは女であり、売春が出来なくなったら世界中に飛び出していくというように、女が被害者というのはマヤカシであった事が明らかです。豊かになった方が大した能力がなくても夢のような生活ができると志願者が増える傾向もあります。援助交際で摘発された女子高生は、特に普段から素行の悪い人や親の収入の少ない層に偏っているという事もないようですし。

「酒は人間を狂わせる、飲まなくても死なないだろう」というごもっともではあるが、浅はかな考えで禁酒法は出来ました。結局、それはギャングの暗躍という社会的弊害を引き起こし、すぐに潰されてしまいました。逆に日本は、ヤクザがたくさんいても社会治安は極めて良い。ポルノ規制の厳しい国よりも、性犯罪の発生件数が圧倒的に少ない。唯一賭博は認めないけど、パチンコは賭博じゃないよ、賭けマージャンの金は債務ですよと巧妙なヘリクツを考える。アングラな世界と日本は非常にうまく共存できる「民度」があったと言えます。 (2010/03/24 12:01:41 PM)

白人コンプレックスと靖国問題   ぼたんの花 さん
今の若い人たちが、何語に重点を置くかは、鳩さんの見解が正しいのかどうかは知りませんが、日本国民、一般的にみて、近隣国から批判されると、反射的に反応するのは、鳩さんの世代に限らずこれは間違いが無い現象です。

で、靖国参拝!靖国参拝!と声高に叫ぶ小泉強・姦売国元首相の民度の低さを批判せず、尻馬に乗って騒ぐ方達は、間違いなくアホです。

>靖国はイデオロギーの場ではありません。あそこで顕彰されているのは大東亜戦争で戦死された方ばかりではないのですが。そういう偏見はいただけません。まあ、神社サイドのPRの仕方も問題かもしれませんけど。

鳩さんがいくら正論を言おうと、あの遊就館があるかぎり、そんな言い訳は通じません。それなら遊就館を壊すべきでしょう。そして靖国神社が、政府もなんらかの関与しているのは既成事実です。

小泉アホさんが大騒ぎして参拝したことで、靖国神社への観光バスが大量に増えました。確か、加藤紘一自民党議員が、その時、靖国問題は、中国との問題ではなく、米国との関係に悪影響が出る、と言っていました。加藤紘一さんも遊就館が問題である、と言っていました。加藤紘一さん以前、靖国に何度も足を運んで展示物など全て調べたそうです。しかし、媚米派エセウヨクさんたちは、自分たちの主張と靖国の主張とは、まったく異なることさえ理解しないようです。

が、現代の日本国民に真正右翼がいないことでも解るように、靖国参拝しても深く考えない輩ばかりですから心配ご無用なんですがね。やはりそこは米国にとっては属国日本の分際で、生意気だ!ということなのでしょうね。靖国の主張をかえさせたいようです。。。

遊就館と靖国は別物である、という鳩さんの見解は、従軍慰安婦や買春、売春問題での考え方に類似しているような気がします(笑) (2010/03/25 01:04:30 PM)

女性は、お酒でもなければ、ギャンブルでもなく一人の人間ですよ   ぼたんの花 さん
「酒は人間を狂わせる、飲まなくても死なないだろう」というごもっともではあるが、浅はかな考えで禁酒法は出来ました。結局、それはギャングの暗躍という社会的弊害を引き起こし、すぐに潰されてしまいました。逆に日本は、ヤクザがたくさんいても社会治安は極めて良い。ポルノ規制の厳しい国よりも、性犯罪の発生件数が圧倒的に少ない。唯一賭博は認めないけど、パチンコは賭博じゃないよ、賭けマージャンの金は債務ですよと巧妙なヘリクツを考える。アングラな世界と日本は非常にうまく共存できる「民度」があったと言えます。


私も日本的考え方が浸透していますし、時代が時代ならそういうご主人を軽蔑せずに、苦笑いで送りだすかもしれません。

が、ですね、イラクのあの状態、戦後のあの状態をどれだけ現実的に受け止められるか、第三者的な立場ではなく、如何に自分の立場にたって考えられるか、の差であると思いますよ。

なんだか鳩さんの主張をきいていると法廷での弁護士の言い分をきいているようです。どんな人であれ被告の主張を正しいとして、ごり押しする悪徳弁護士のようです(笑) (2010/03/25 01:11:58 PM)

ちゃんと展示物見てらっしゃいます?   鳩ポッポ9098 さん
>鳩さんがいくら正論を言おうと、あの遊就館があるかぎり、そんな言い訳は通じません。それなら遊就館を壊すべきでしょう。そして靖国神社が、政府もなんらかの関与しているのは既成事実です。

政府が関与?まあ、他の神社と同程度には「関与」しているでしょうけど。遊就館?ちゃんと展示見てます?きちんとこれまでの戦史に関する展示がありますが。入口の紫電改や回天の模型を見て喜んだり、怒ったりしている連中など知った事ではありませんよ。遊就館が反米だなどというのは、デマカセもいい所です。

くどいようですが、敵が誰であったか等というのは大した問題ではありません。国の為に戦い名誉の戦死を遂げられた、それだけで彼らは顕彰に値します。遊就館も戦争の展示を通して、「英霊斯く戦えり」という宣伝をしているに過ぎません。その価値観自体に拒否反応を示すならば、それはそれで価値観が異なるだけとしか言えませんけれども。 (2010/03/25 02:47:44 PM)

時代が変わりつつある   鳩ポッポ9098 さん
>女性は、お酒でもなければ、ギャンブルでもなく一人の人間ですよ

そういう事は、自分ひとりの力ではどうにもならない人に対して言うべき事であって、現代の売買春には当てはまりません。それに現代は男が「供給側」である場合も一般的です。そういう男を「一人の人間」であり、被害者だと思えますか?むしろ女性の敵とか何とか非難する人が大半なんじゃないんですかね(笑)女性ならば被害者であり、男性ならば加害者だというのは、差別もいい所です。

今は、新たな段階に入っていると見るべきです。欧米も人身売買を非常に重く見ているからこそ、売春や斡旋を合法化して販路を明確化し、競争原理の中でサーヴィスの「品質向上」を促進しようとしているのです。ボロ儲けが出来ないなら誰もリスクを冒してまで「人の取引」をしようなどとは思わなくなるでしょ。大昔は売春が公営だった、それを違法化したけれども、豊かになるにつれて新たな弊害が出てきた為に合法化してきているという流れです。

>が、ですね、イラクのあの状態、戦後のあの状態をどれだけ現実的に受け止められるか、第三者的な立場ではなく、如何に自分の立場にたって考えられるか、の差であると思いますよ。

第三者が特定の人物・集団の「立場に立つ」というのは、それだけで「他の利害関係人の立場に立っていない」という事なんですよ。第三者は、第三者として社会のニーズから公平に判断するべきです。個人的には、弱者利権といわれる物はそういう所から発生し、とてつもなく傲慢で尊大な物に膨れ上がっていくのだと思います。 (2010/03/25 02:49:06 PM)

くどいようですが   ぼたんの花 さん
鳩さんが、どういう認識でいようと、米国がどう思うか、なのですよ。
小泉アホさんが騒がなければ、靖国に参拝する人は
ごく限られた人達だったのですが、
あの時の8/15靖国神社参拝は異常でしたよ。

私は、2004年から2008年まで毎年、夏に行っていました。
米国に言われて訂正した個所も見てきました。
靖国に詳しいガイド付きでは、2回です。

それまで北の丸にお花見に行っても靖国の中には
入りませんでしたが、これを機に行ってよかったと
思っています。

鳩さんの言われることが本来の靖国であっても
あの遊就館の存在はごまかすわけにはいきません。

靖国と旧厚生省がかかわっていたのは、これも事実です。

(2010/03/25 05:35:55 PM)

続き   ぼたんの花 さん
以下転載

靖国神社遊就館:米が批判の記述修正 アジア関連は変えず (毎日新聞)
変更するのは、大戦時の世界情勢に関する「ルーズベルト(米大統領)の大戦略/(不況下の)ルーズベルトに残された道は資源に乏しい日本を禁輸で追い詰めて開戦を強要することだった。(日本の)参戦によって米経済は完全に復興した」との記述。米側が反発し、7月にはシーファー駐日大使やアーミテージ元国務副長官もこうした歴史観を公然と非難した。

 国内でも首相参拝支持の代表的論客である岡崎久彦・元駐タイ大使が8月24日付産経新聞に「遊就館から未熟な反米史観を廃せ」と寄稿。南部利昭宮司らは即日、岡崎氏を招いて意見を聞いた。

 神社は軍事史専門家らと協議。タイトルを「ルーズベルトとアメリカの大戦参加」と改め、「開戦の強要」「米経済の復興」の表現を削るほか、日本を侵略的と非難したルーズベルト演説を新たに盛り込むなど、米側に配慮した変更案をまとめ、5日の総代会に報告。「なぜ国内から批判が出るのか」などの疑問も出たが、了承された。

 総代からの「中国関係の記述も見直しを検討するのか」という質問に、神社側は「今のところ具体的な指摘がない」と回答。実際は昨年11月、劉建超・中国外務省報道官が同館を「軍国主義を美化する靖国史観の中心施設」などと批判している。

  (2010/03/25 05:36:41 PM)

続き2   ぼたんの花 さん
神社側は「来年7月の開館5周年に向け、英霊顕彰の観点からの見直しも検討する」と説明。関係者は「今回の変更は誤解を与えかねない表現の修正だが、侵略行為を認めるのは英霊顕彰にふさわしくない」としている。【田所柳子、野口武則】

 ■ことば(遊就館) 1882年に軍事博物館として開館。戦後は民間企業の事務所だったが、A級戦犯を合祀(ごうし)した松平永芳宮司が再開した。02年の増改築でビデオやパネルなど視聴覚展示を拡充。歴史の記述も大幅に書き直された。

毎日新聞 2006年10月6日 3時00分



(2010/03/25 05:36:58 PM)

続き3   ぼたんの花 さん
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/ad1f467b5584947820e56e29b52cf5a4


写真は、国立国会図書館が公表した「新編 靖国神社問題資料集」(上)
  (共同通信Web版より引用)


昨日、国会図書館が公開した歴史文献の中で、戦犯の靖国合祀に関して、従来説明されてきた「靖国神社自身の判断による」との見解を突き崩す事実が明らかになった。
厚生省(当時)が、名簿を示し密接に協議していたのはもとより、
厚生省は「個別審議して、差し支えない程度で、しかも目立たないよう合祀に入れてはいかが」と提案していたという。
『目立たないように』と言ったところに問題の本質が現れているようだ (2010/03/25 05:39:46 PM)

英雄を賛美するという事   鳩ポッポ9098 さん
>小泉アホさんが騒がなければ、靖国に参拝する人はごく限られた人達だったのですが、

中曽根以前はずっと歴代首相や要人が参拝していましたが。

ボクは、三木閣下の「私人として」発言が非常に問題であったと考えていますが、何れにせよ、中曽根から後、小泉以前の首相は御注進報道を恐れて何も出来なかったのを、流れを変える契機を作ったという意味では小泉閣下の功績は非常に大きい。外圧が効くという既成事実を作る事は、それだけで交渉の地点を退歩させる事ですから。

>鳩さんの言われることが本来の靖国であってもあの遊就館の存在はごまかすわけにはいきません。

だから、何を誤魔化すんですか?単なる軍事史博物館でしょ。あの博物館をきちんとご覧になったのなら、大東亜戦争に関する展示だけではない事ぐらい分かりませんか?反米というのは、大東亜戦争というごく一時期の思想であって、靖国も遊就館もそういう思想をコンセプトにしているのではありません。

アメリカ人がデイビー・クロケットの名を聞いてアラモの英雄を想像する時、反メキシコ感情を持ちますか?国歌を聞くたびに、英国憎しの感情が湧いてくるのでしょうか?英雄的行為を賛美する事は、相手を貶める事ではないという事です。

>靖国と旧厚生省がかかわっていたのは、これも事実です。

関わっていたって…どうかかわっていたかが問題でしょう。ソースとして貼られているのは、A級戦犯の合祀をめぐる議論の過程の話であって、靖国の思想的な問題とは全く関係ありませんけど。 (2010/03/26 03:34:54 AM)

なんとも   ぼたんの花 さん
三木さんが発言したからどうのこうの、と言う問題ではないでしょう?

鳩さんは、他のことでも、法廷闘争のようなことを言われることがありますが、こと靖国に関しては、まったく自己中心的な意見を言いますね。

これは歴代の自民党議員が、政争にしてしまったことにあるわけです。鳩さんの言われるように主張するのなら、遺族会などの票田などという姑息な考えなどせず、まったく関わらなければよいのです。

遊就館が、ただの博物館というのは、私のような立場、スタンスの者が言えることであって、あのような仰々しいお参りをすれば、隣にある遊就館などいらないのです。

私はあの館の中で放映される”私たちは忘れない!”
という映画が好きですね。しかし、最後のほうに生き残った1人の元軍人が泣きながら言う言葉があります。あの涙を流しながら自己陶酔している方が言う言葉があの映画をくだらないものにしています。

”靖国で会おうと誓ったんだから云々・・・”恥ずかしながら生きて帰った”人が自分勝手に酔いしれているだけです。

戦死した人たちは、靖国なんかに帰りたくない、自分の故郷へ帰りたいのですよ。生き恥晒している人が、自分は戦後、平和な生活を満喫して、戦死した人の代弁しているような勝手なことをするな、ということです。

郵政民営化問題や基地問題、トヨタ問題などでもわかるように、日本が対戦した米国という国がどういう国であるか、今、この情報化社会に生きている人たちより、先人達のほうが、どれほど見据えていたかがわかるでしょう。

戦争というものは、そういうものです。戦争というのもは、”正論”が通じないところなのです。開戦も、戦時中も、終戦後も。

そこから物事を考えなくてはいけません。

マニュアルやルールなんて戦争には無いんですよ。

そこが鳩さんには、わかっていない。

(2010/03/27 01:02:26 AM)

続き   ぼたんの花 さん
靖国に参拝することが、鳩さんの言われるようなことであれば、遊就館もいらないし、”内閣総理大臣誰誰”なんていらないのです。

そこに拘るのは、自己顕示欲でしかなく、純粋に戦った人たちをお参りしたいのなら、そのほかの余計なものを取り払うべきです。

”国”という言葉を出してお参りするのなら、迷惑であり、そういう人は、自己愛しかないでしょうね。

私は、純粋にお参りしたいですが、その時はすぐ近くにある戦没者墓苑に行きます。ところで、戦没者墓苑には骨が散乱していて、酷いそうですね。

歴代総理が、如何に自己愛の強い人たちであったかは、ニューギニアや硫黄島などに、まだ日本人の遺骨が散乱していて、それらは政府はまったく無関心。それらの遺骨を政府が率先して持ち帰り、その上で靖国に参拝するのであれば、それこそ近隣国だろうが、米国だろうが、堂々と主張し、参拝すればいいのです。

それをしないで、生き恥晒す人々が靖国参拝されても、英霊達はアホらしくて逃げ出して故郷に帰っているでしょうね(笑)

(2010/03/27 01:21:01 AM)

続き2   ぼたんの花 さん
私の父は、”A級戦犯の遺族はかわいそうだ”と言っていました。遺族年金ももらえないで、世間の風当たりも強くて、と。911以後、私は、その意味がよくわかります。イラクの様子を聴いたりすると、米国は占領する上で邪魔な人たちを”テロリスト”が誘拐したり、爆撃したりしています。これは手法はちがくとも、日本と同じです。言いかえれば、本当に愛国心のあった人々は、戦死しているか、戦犯になって処刑されているか、なんですね。

で、戦犯にならず生き残っている卑怯な奴等、またその息子や孫達が靖国参拝に拘るのです(笑)

お参りすることで、罪悪感が少しでも和らぐのでしょう(笑)。または生き残り組みが、”悪いのは軍部だ!天皇だ!と喚いている。

どちらも同じですね。

私の父は、そのどちらでも無かったですね。
死んでいった戦友たちに心から”すまない”と思っていたようです。

それは、国立競技場に試合など何も無いときに、ただ見学、父と行った時の様子でわかります。小学生だった私は、無言でずっと観客席にすわっていた父の心中を察するなんてことができませんでした。

しかし、このブログを始めて、YOU TUBE などで学徒出陣の様子を見たら、あの時の父の姿が思い出されました。

本当にお国のために、家族のために戦地へ行った人を悼むのなら、遊就館もいらない。他にもっと大切なことがあるでしょうね。

”戦友が沢山死んでいるのに国から軍人恩給なんかもらって暮せない・・・”父の言った意味が、911以後、私は、やっと理解できるようになりました。 (2010/03/27 01:23:14 AM)

戦犯は国内法では無罪です   鳩ポッポ9098 さん
>遺族会などの票田などという姑息な考えなどせず、まったく関わらなければよいのです。

遺族会が靖国参拝を訴えて明確にうたい文句にしたのは、橋本がそういう事を言い出して以降の話です。中曽根以前は、遺族会の票田もクソも、当たり前のごとく参拝してたんだから。物事の順序という物を考えてください。外圧に屈したのが先。票田になるというのは、そういう「障害」があるからでしょ。

>マニュアルやルールなんて戦争には無いんですよ。

有ります(笑)そういう事にルーズなほうが必ず負ける。戦争を単なる殴り合いとしか見られないからそういう考えに陥るのです。百年兵を練るのは一日の戦の為。その一日を笑う者は、必ず一日で滅びる。戦術的にも、技術的にも、法手続的にも、最も不合理な世界であるがゆえに、最も合理的、もっといえば冷然、冷酷に考えた者が勝つ。それが戦争です。

>戦死した人たちは、靖国なんかに帰りたくない、自分の故郷へ帰りたいのですよ。

それこそ傲慢というものでしょ。戦死した者の気持ちや価値観を後世の人間が勝手に解釈するなんて事は。剣林弾雨の中を共に戦った戦友が言うならまだしもね。靖国神社の地縛霊になるでもあるまいし、「東京招魂社」という名称の意味をよく考えてください。「靖国で会おう」という合言葉は、シェイクスピアの「Band Of Brothers」と同じ事。

>遺族年金ももらえないで、世間の風当たりも強くて、と。

もらえます。というか、靖国神社の合祀要件は戦傷病者戦没者遺族等援護法及び恩給法のいずれかに該当するということです。ちなみに、戦犯の地位改善に奔走したのは、何故か社会党だったりするんですけど。社民党の諸君は、先輩方の業績を知らないのかしら(笑) (2010/03/27 04:12:03 AM)

靖国は哀悼の為の施設ではない   鳩ポッポ9098 さん
>本当に愛国心のあった人々は、戦死しているか、戦犯になって処刑されているか、なんですね。

なんですかそれ。殺されなければ愛国者じゃないと?御都合主義というか、ある意味ひどい差別です。ちなみに朝鮮人148名、台湾人173名が戦犯になり、刑死している人もいるんですけど。

>本当にお国のために、家族のために戦地へ行った人を悼むのなら、遊就館もいらない。

根本的に違います。靖国は「顕彰」する、つまり英霊の「栄誉を称える」為の施設です。「悼む」つまり「哀悼」の為の施設ではない。死者への哀悼は個人の墓やら何やら別の処でやればよい。

だから、戦地で散った「英霊」だけが祀られていて、民間人の犠牲者は祀られていないのです。小泉もこの点認識を誤っていましたが、ここを間違えてもらっては困ります。 (2010/03/27 04:14:19 AM)

こんばんは   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん
1.>遺族会が靖国参拝を訴えて明確にうたい文句にしたのは、橋本がそういう事を言い出して以降の話です。中曽根以前は、遺族会の票田もクソも、当たり前のごとく参拝してたんだから。物事の順序という物を考えてください。外圧に屈したのが先。票田になるというのは、そういう「障害」があるからでしょ。


1.だから政争になっている、と言っているのです(笑)
この点では、安倍さんの言っていることを支持しますが、安倍さんは売国奴と化した人の孫ですからね~
私は、岸さんより安倍家の血筋に期待したいのですが、、、無理ですかね。

2.>有ります(笑)そういう事にルーズなほうが必ず負ける。戦争を単なる殴り合いとしか見られないからそういう考えに陥るのです。百年兵を練るのは一日の戦の為。その一日を笑う者は、必ず一日で滅びる。戦術的にも、技術的にも、法手続的にも、最も不合理な世界であるがゆえに、最も合理的、もっといえば冷然、冷酷に考えた者が勝つ。それが戦争です。

2.冷酷に考えた者が勝つ<マニュアルがあるとしたら、この一点だけですね(爆)しかし、ルールなんて絵に書いた餅である、ということもマニュアルに加えるべきかもしれませんね。


(2010/03/27 08:18:16 PM)

続き   ぼたんの花 さん
3.>それこそ傲慢というものでしょ。戦死した者の気持ちや価値観を後世の人間が勝手に解釈するなんて事は。剣林弾雨の中を共に戦った戦友が言うならまだしもね。靖国神社の地縛霊になるでもあるまいし、「東京招魂社」という名称の意味をよく考えてください。「靖国で会おう」という合言葉は、シェイクスピアの「Band Of Brothers」と同じ事。

3.ですからその約束は当時のご時世だったっだけで、その約束は夢か幻ですよ。。その証拠に家族の意向も聞かずに勝手に祀られてしまった人も多いわけです。お国のため!と背中を押して自分の子供を送り出す、親達の自己愛を覆い隠すように靖国に祀られて自分の気持ちを騙している親の気持ちのあらわれ。

4.>もらえます。というか、靖国神社の合祀要件は戦傷病者戦没者遺族等援護法及び恩給法のいずれかに該当するということです。ちなみに、戦犯の地位改善に奔走したのは、何故か社会党だったりするんですけど。社民党の諸君は、先輩方の業績を知らないのかしら(笑)

4.だからそれ以前はもらえてなくて、”かわいそう”だったわけです。多分、その話題が新聞に載ったころなのでしょうね。私もその言葉だけ覚えているだけですから。父は昭和元年生まれです(苦笑)
(2010/03/27 08:18:46 PM)

続き 2   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

5.>なんですかそれ。殺されなければ愛国者じゃないと?御都合主義というか、ある意味ひどい差別です。ちなみに朝鮮人148名、台湾人173名が戦犯になり、刑死している人もいるんですけど。

5.イラクの現状を見ていると、米国が支配する上で都合の悪い人は殺される、ということですよ。そこに朝鮮人と台湾人がいる、ということは、靖国の主張も全て間違っている、ということではない、ということで、大好きだった私の父を全面的に否定することが出来ない出来事ですので、ちょっと良かったとおもっていますよ。

ニューギニアの戦記を読んだ時に上官を助けようと数人が海に飛び込んだとき、”俺はもういい、若い新兵を助けろ!”と怒鳴りながら沈んでいた、というような話しが出てきます。無言館に訪れた人たちの記帳を読むと、同じようなことが書かれています。あの戦争で亡くなった人たちが生きていたら、もっと今の日本はよくなったであろう、と。

(2010/03/27 08:48:21 PM)

続き 3   ぼたんの花 さん
6.>根本的に違います。靖国は「顕彰」する、つまり英霊の「栄誉を称える」為の施設です。「悼む」つまり「哀悼」の為の施設ではない。死者への哀悼は個人の墓やら何やら別の処でやればよい。

>だから、戦地で散った「英霊」だけが祀られていて、民間人の犠牲者は祀られていないのです。小泉もこの点認識を誤っていましたが、ここを間違えてもらっては困ります。


6.それなら尚のこと、自民党が政争にしてしまったわけでしょ?あの頃の靖国は、異常な光景でしたからね。

しかし、小泉売国奴にしても、ご実家は戦争で儲けている、それは過去のことだとしても、大日本帝国だろうが、鬼畜米英であろうが、要は、自分の家が儲かればいい、という考えが染み付いている家系であるのに私としては、小泉売国奴が参拝しているとことろに出会ったら、罵ってやりますけれどね~
そして石投げてやります!売国奴よ!され!とね(笑)
ここに眠る人はお前とは格が違う!とね(爆)

映画”靖国”に出てくる、少しだけマトモなことを言っているオジサンがいましたよ。あの小泉支持のプラカードを持ってきたサングラスをかけた米国人に、”靖国参拝だけを支持してるだけであって、小泉さんの政策には反対してるんだ”というようなことを言いましたね。勿論、それは”郵政米営化”のことです。
(2010/03/27 08:49:53 PM)

売国奴ではない   鳩ポッポ9098 さん
>安倍さんは売国奴と化した人の孫ですからね~

岸がCIAのエージェントだったのは事実ですが、売国奴ではないでしょ。それぐらい緊迫した時代だったという事。むしろ、経済政策では後任の池田の方がよっぽど「従米」姿勢が強い。韓国の朴大統領も同様のエージェントですが、彼も韓国の発展に大きな貢献をした独裁者。

ドイツはもっとエージェントだらけ、というかアメリカCIAの基礎を作ったのはゲーレンやスコルツェニーといった旧ナチス幹部の面々。何故なら、アメリカは戦中に殆ど対共産主義の諜報活動や工作訓練をやっていなかった物だから、戦後ソ連に大きく情報力の面で劣っていました。アメリカは、西ドイツに独自の諜報機関を設立させ、西ドイツを保護すると共に、旧ナチスのエージェントから多くの対ソ情報を得たのです。彼らエージェントを売国奴呼ばわりするのは簡単ですが、それはあまりにも単細胞な話。アメリカの為に自国を滅ぼす工作をしたのならまだしも、実際、アメリカの支援を受けて国が繁栄したのですから。

>冷酷に考えた者が勝つ<マニュアルがあるとしたら、この一点だけですね(爆)しかし、ルールなんて絵に書いた餅である、ということもマニュアルに加えるべきかもしれませんね。

ルールが無いなら考えても無駄でしょ(笑)勝つも負けるも出たとこ勝負なら、ツキのあるお守りでも大切にしてた方がいい。でも、現実の戦争はそうじゃない。勝つために徹底的に合理的に考える。確率論を考える性根と頭のない者が精神論に走って失敗するのです。 (2010/03/28 11:44:43 AM)

私人と公人の感情   鳩ポッポ9098 さん
>その証拠に家族の意向も聞かずに勝手に祀られてしまった人も多いわけです。

宗教的人格権は、遺族固有の物でもないし法的利益でもありません。

>自分の気持ちを騙している親の気持ちのあらわれ。

私人としての気持ちと、公人としての気持ちが相反しても何も不思議ではありません。ボクの祖母も夫や兄弟が死んで私人としてはつらかったでしょうが、彼らの死を名誉であるとする矜持は持っておりました。

キケローがくしくも言うように、死ぬというのは結果にすぎない。人の死を悲しいと思うのも、立派だったと称えるのも、所詮は生きながらえた「他人」のする事。その感情のどれが正しく、どれが間違っているという事でもありませんし、単一の感情しか持ってはならないという事でもありません。

>ですからその約束は当時のご時世だったっだけで、その約束は夢か幻ですよ。。

勿論、そういう価値観もアリです。もっとも、「靖国で会おう」という価値観は、大東亜戦争時代に発生した物ではありませんけど。

死ねばそれまでよと思えばいい。ボクは仏教徒なので率直な所、そういう価値観です。故にボクは生きる事には執着しません。

でも、靖国という物は本質的にそういうニヒルな思想で作られたもんじゃないし、哀悼の為に作られた物でもない。 (2010/03/28 12:40:26 PM)

設立思想を理解しましょう   鳩ポッポ9098 さん
>それなら尚のこと、自民党が政争にしてしまったわけでしょ?

小泉氏自身が認識を間違っていましたけど、戦死者の栄誉を称える事が政争になるならば政争にするべきです。外圧をかける事自体が間違っているのだから。

>ここに眠る人はお前とは格が違う!とね(爆)

英霊は人でもなければ、そこに祀られているのであって眠っているのではない。日光東照宮に祀られているのは、東照大権現であって徳川家康ではないのと同じ事。そこに存在するのは、死者ではないのです。靖国の思想はまさにシェイクスピアのBand Of Brothersです。生ける者が軍神たる英霊の前でその栄誉を称え、後世まで聖クリスピアヌスの日の戦いを父から子へ語り継ぐ。そういう施設なのです。

そういう思想をくだらねーと思うのは、その人の勝手です。称え方ももっと他のやり方でもいいでしょう。しかし、小泉が参ったからとか、そんな世俗的で矮小な理由で靖国をどうこう言うのは、筋違いも甚だしいという事です。 (2010/03/28 12:43:04 PM)

訂正です   ぼたんの花 さん
私の父は昭和元年ではなく、大正元年の生まれです。

すいません。。。 (2010/03/28 12:57:40 PM)

だから   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

CIA<だから売国奴なんですよ。

池田さんも吉田さんも、従米であったのは、鳩さんの言われるように緊迫していた。

同じ従米でも、その先に何を考えているか、です。

小泉・竹中売国奴ペアのように、まず最初に考えるのは
どんなに汚いことでも、自分の保身が先にあることです。

池田さんも吉田さんも、緊迫した中で如何に日本の国民に有利なように動くか?という駆け引きをしています。

今の時代に吉田さんと池田さんがいたら、同じような従米なことをしたか?ということです。

ルールもマニュアルも”勝てば官軍”ということです。

”風の男白洲次郎”でしたっけ?その中に出てくるのは、B29をバックにして、交渉された、ということです。

第三の原爆投下もあり得る、ということを米国はちらつかせた。

これは、宮沢さんの時の”プラザ合意”でも同じ事が言えます。

米国の利益になるように日本は動かないと、JAL123便のようなことになりますよ、ということです。

(2010/03/28 01:09:37 PM)

とにかく   ぼたんの花 さん
靖国参拝をする政治家はアホですよ。

私利私欲で参拝しているのが、ありありです。

生き残った人たちに利用されているだけです。

自分の息子を”お国のため”と言って送り出した人たちの自己愛、そして生き恥を晒し、のうのうと生きている自分への言い訳。靖国参拝というだけで、反射的に反対する輩と大差が無い、これが結論です。 (2010/03/28 01:14:50 PM)

小泉は天才ギャンブラー   鳩ポッポ9098 さん
>池田さんも吉田さんも、従米であったのは、鳩さんの言われるように緊迫していた。

岸も、一身を賭して新安保を通す事が国益になると信じ、またその政治判断は正しかったのだから、売国奴ではありません。ナチスのゲーレンやスコルツェニーと同じです。まあ、彼らは主体的にCIAというバケモノを作った張本人だから、彼らと比べると、岸はちと小者臭がありますが。

>小泉・竹中売国奴ペアのように、まず最初に考えるのはどんなに汚いことでも、自分の保身が先にあることです。

竹中先生はともかく、小泉閣下は恐ろしい程に私欲のない人物です。

知人で小泉閣下に直接会った人は、誰も彼も彼の「私欲のなさ」を言います。小泉という人物が、政界のギャンブラーと言われる所以はここにあります。欲のある人物がギャンブルをやると、簡単に転ぶ。小泉氏は、自分の手をよく見極め、まずいと思ったら攻め方を変える典型的な臨機応変タイプ。攻め時をよく心得た政治家とも言える。

だから、あまり小賢しい陰謀を考えたり、カネに汚なかったりするタイプではございません。ボクはギャンブラーは好きではないので、あまり好きなタイプではありませんが。彼が唯一私的な欲を見せたのは、自身が引退し、息子に跡目を継がせた時だけです。小泉が憎いのは分かりますが、あまりにも突拍子もない事を言うのはやめましょう。

それにしても、郵政民営化の時に散々言われた「懸念」って5年間でどれだけ実現したんでしょ。私怨で憤懣やる方なしの亀井氏を金融大臣に据えたら、こういうゴタゴタが起こるのなんてはじめから分かっていたでしょうに。財金分離という概念も理解できない生きた化石、預貯金を増やして一体何がしたいのかしら。預貯金を増やす前に黒字を維持する事に心血を注ぎなさいよと言いたい。モラトリアム法案といい、今回の騒動といい、この人は本当に金融政策を無茶苦茶にするでしょう。 (2010/03/29 01:42:25 AM)

麻生はやはり吉田の血を引く者   鳩ポッポ9098 さん
>今の時代に吉田さんと池田さんがいたら、同じような従米なことをしたか?ということです。

したでしょう。むしろ、アメリカの力が相対的に低下した今の方がより「従米」の価値は高いと判断しますよ。中川閣下や麻生閣下のサミットでの活躍は、おそらく日本外交でここまでリーダーシップを発揮した事は未だかつてありません。サルコジを面と向かって恫喝した麻生太郎という人物は、やはり吉田の血を引く政治家です。

>ルールもマニュアルも”勝てば官軍”ということです。

「勝てば」という必要条件は、絶対条件ではありません。勝った方に有利に進む、これならその通り。それが戦争する究極的な目的なんだから。でも、それは双方の力関係によってどれだけ有利に進むかも違いますし、ルールを無視していいという事ではない。極東国際軍事裁判が今なお批判されるのは、ルールがあったからです。ルールが無ければ、収容所にぶちこまれて皆殺しにされていても、文句は言えません。

>自分の息子を”お国のため”と言って送り出した人たちの自己愛、そして生き恥を晒し、のうのうと生きている自分への言い訳。靖国参拝というだけで、反射的に反対する輩と大差が無い

もし、前段が正しいとするならば、それは靖国神社思想のあり方についての否定です。英霊を顕彰する人々の心を自己愛や言い訳と表現するならば靖国の思想その物に「反射的に反対」しているのです。それはそれで一つの考え方だと思います。しかし、ならば英霊を反米に利用するのは辞めて頂きたい。「眠っている人」という表現を使用されているように、恐らく靖国の思想その物を否定なさっているのでしょうから。

個人的には、実体のなくなった者を具象化する宗教行為そのものが、生ける者の自己満足以外の何物でもないと思っています。顕彰も哀悼も身も蓋もない言い方をすれば自己満である事に変わりはありません。 (2010/03/29 02:47:27 AM)

鳩さんはあまりにも世間知らずです   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

1.>だから、あまり小賢しい陰謀を考えたり、カネに汚なかったりするタイプではございません。ボクはギャンブラーは好きではないので、あまり好きなタイプではありませんが。彼が唯一私的な欲を見せたのは、自身が引退し、息子に跡目を継がせた時だけです。小泉が憎いのは分かりますが、あまりにも突拍子もない事を言うのはやめましょう。

1.鳩さんは小泉売国奴が、無欲だと言いますが、それは見る目が無い、といことの一言につきます。彼が自分の息子をアメリカのシンクタンクに預けたのです。これは次のジャパンハンドラーズの手先を育てるためです。

彼にはもう一人息子がいます。その息子が会いに行こうとしたのに彼は会いませんでした。そこでもわかるように離婚した、自分に背いた妻、そしてお腹にいた子には冷酷です。郵政民営化反対にあからさまに刺客をたてたことでも解ります。彼は徹底的にやるのです。盟友と言われる(愛人問題で助けてもらったからだろうけど)山崎拓さんも言っているように小泉さんは、なんにも解らない馬鹿殿なんですよ。小泉売国奴の実家をみればわかるでしょう。横須賀は小泉天下です。だからあの息子も当選したのですよ。それがなかったらあのバカ息子も受かりません。そして問題は小泉売国奴の姉です。

慶応時代には、太陽族を気どり、遊び呆けていた、ですからレイプ事件も真実です。その時、警官に”俺の親を誰だか知っているのか!”
(2010/03/29 01:16:12 PM)

小泉の質の悪さは天下一品   ぼたんの花 さん
彼が総理の時、お金や女性の噂メディアでは流れなかった、それは米国の意向でしょう。こんなに素行の悪いのが首相になるとは思わなかったのですよ。首相を退いてからだからこんなことも書けるのでしょうね。




(2010/03/29 01:20:33 PM)

以下転載   ぼたんの花 さん
学生時代 [編集]
慶應横須賀学生会の元メンバーは「当時の小泉はナンパ系学生の代表格だった。横須賀の現役慶應大生で作る『慶應横須賀学生会』の会長をしていた彼はOLや女子学生を集めてはダンスパーティを開いていた」と述べている[18]。

慶應横須賀学生会の軟式野球チームが長野県菅平で合宿を行なったときのこと。小泉は学生会長として新入生にむかってこんなことを言い放った。当時の新入生は語る。「合宿といっても早朝から千本ノックをするようなものでなく、親睦というか、昼間に連係プレイの練習をして、夜は酒を飲んで騒ぐ、いまの大学生のサークル活動と変わらない遊び気分のものでした。その宿には部屋付きの仲居さんがいて、若くて綺麗だったんです。彼女を見た小泉さんが“おい、あのオンナ色っぽいな。夜やっつけようか”」と平然と言ってのけたのでびっくりした。いまでも記憶に残ってますから」。横須賀では強・姦を“やっつける”という。つまり小泉は学生会のメンバーに向かって“今夜、いっちょレイプでもどーよ”と言ったのである。その日の小泉は決行こそしなかったが、自分がこれまでどのように女性をものにしてきたのか朗々と語ったという。

中略
第43回衆議院議員総選挙で落選した盟友・山崎拓を首相特別補佐官として登用している。その後、靖国参拝問題や人事などで山崎との関係は疎遠化したとも言われている。
長年選挙対策本部長を務めた竹内清(前神奈川県議会議長)は、暴力団稲川会の元組員であり、石井会長と非常に親しい関係にあった[20]。写真週刊誌『FRIDAY』(2004年6月25日号)は「小泉首相の選挙経歴 - 選挙対策本部長が元暴力団」というスクープ記事を掲載し、この竹内清の証言を引き出している[21]

(2010/03/29 01:22:19 PM)

Xジャパンや歌舞伎、オペラのファンというが中身は空っぽ   ぼたんの花 さん
解散したロックバンド、X JAPANの大ファンであると公言している。(X JAPANは2008年3月に再結成)その流れから自民党のCMにX JAPANのヒット曲『Forever Love』を採用した。
小泉内閣で経済産業副大臣を務めた高市早苗によれば、小泉とカラオケをした際にX JAPANのシングル曲である『Rusty Nail』を歌ったが、小泉はこの曲を知らなかったという。本人はバラード曲である『Tears』を最も好んでおり、2004年の参議院選挙に向けたCMのBGMへの使用を考えていたが、選挙戦に涙はまずいとして、以前にも自民党が採用した『Forever Love』が再度採用された経緯がある。
1998年5月2日に死去した元X JAPANのメンバー(ギタリスト)で、同郷でもあるhideの記念館(地元の神奈川県横須賀市)の設立に協力した。 (2010/03/29 01:23:47 PM)

これが短歌?無教養この上ない   ぼたんの花 さん
オールディーズ時代のロックンローラー、エルヴィス・プレスリーの大ファンである。首相就任後の2001年には、自ら選曲し解説を著したエルヴィスのCDアルバムを発表した。
2006年6月30日に日米首脳会談後、エアフォースワンにブッシュ夫妻と同乗し、エルヴィスの旧居である「グレイスランド」を公務として訪問した。そこで「グローリー、グローリー、ハレルーヤ、っと」と熱唱しながらエアギターを披露し、失笑を誘った。
エルヴィスとは誕生日が同じ1月8日である。
小泉内閣最後の官邸メールマガジンに、ありがとう / ささえてくれて / ありがとう / 激励協力 / 只々感謝 という自作短歌を掲載した。 (2010/03/29 01:25:19 PM)

こん売国奴、靖国参拝する資格など無い   ぼたんの花 さん
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060712


船井幸雄氏によれば、小泉政権誕生後の三年間で、銀行の90%、製造業の70%、そして流通も、食糧も、土木建築も、都内のホテルのほとんどもアメリカ資本の傘下に組み入れられたとのこと。

故意であろうと過失であろうと、結果的に相当な国富が失われたことに変わりはないのですが、その責任を問うことさえおこなわれていません。

イメージやフレーズに惑わされ、このような政権を支持してきた日本国民は、愚民と言われても反論のしようがありませんね。

(2010/03/29 01:31:52 PM)

↑こん<こんな売国奴  の間違いです   ぼたんの花 さん
以下転載

 もしそれが真実であるのであれば、あの就任後直ちにやった北鮮入りも頷けるし、『改革』と称して米国外資の侵略し易き様法改正して外堀埋めるような事を何故敢えて日本の総理であるにも関わらずやったのかという疑問も自ずから解けてくる。
 安倍総理の強調する『愛国心』とか、日本国への忠誠心など、口当たりのいい弁舌ではあるが、もともと持ち合わせてなどいなかったのだという事になる。
 
 韓国人へのピザ免除も、ナルホド、、、と納得できる。
 
 国民間に表れた悲惨なまでの『所得格差』なんぞには、ナンの痛痒も感じなかったって事か。 

『靖国参拝』へのこだわりは何だったんだろう?...
 総理になるまでは、全然参拝もしていないっていうから、これは総裁選前の公約を守らんが為、又ブッシュ陣営の対中隔離策にも乗っての事か。 あるいは
日本人である事を誇張せんが為?...

 北にさんざ送金の末偽装?破綻した朝鮮銀行に1兆4000億円もの血税使って助けたのも、朝鮮総連の総会で祝辞述べたってのもそれなら頷けてくる。

 女系天皇制を合法化、権威を無くさせようと謀ったのも、天皇を侮辱したような台詞を吐く(皇室は最後の抵抗勢力などと嘯くとか)のもそれならナルホド、、と頷ける。

http://plaza.rakuten.co.jp/kannon/diary/200703010001/ (2010/03/29 05:23:59 PM)

きっこさんを全ては信用していないけれどこれは本当です   ぼたんの花 さん
転載するのも汚らわしいのでアドレスを貼ります。


小泉迷言集

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20041208 (2010/03/29 05:26:23 PM)

懐かしいなぁ…外資脅威論   鳩ポッポ9098 さん
>彼が総理の時、お金や女性の噂メディアでは流れなかった、それは米国の意向でしょう。

レイプ事件とか…坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはこの事でしょう。米国の意向?対日工作費だけでアメリカの財政がパンクしますわ(笑)日本のマスコミは椿事件とかKY珊瑚とかアメリカ様なんかに言われなくても、ちゃんと自分達で捏造してチョンバレになるほど愚かです。ブッシュ大統領閣下も心配で夜も眠れなかった事でしょう。

>船井幸雄氏によれば、小泉政権誕生後の三年間で、銀行の90%、製造業の70%
>故意であろうと過失であろうと、結果的に相当な国富が失われたことに変わりはないのですが、その責任を問うことさえおこなわれていません。

ソースが船井氏ってのが何ともな感じなのですが、数字が無茶苦茶(多分、外資が「入っている」企業割合だと思います)な上に国富が失われる?日本語!?外資の資って、資本の資なんですけど(笑)

>『改革』と称して米国外資の侵略し易き様法改正して外堀埋めるような事を何故敢えて日本の総理であるにも関わらずやったのか

居ましたねーこういう事言ってた人達…その後、外資諸君がどうなったかは歴史が証明する所。日本は、不良債権処理が完了していたおかげで、G8で大威張りの歴史的な外交が展開される伏線になりましたと。結局、外資脅威論というのは、尊王攘夷思想となんも変わらなかったという事です。森永とか浅井とか船井とか副島とか、どのツラ下げて…(失敬 (2010/03/29 08:10:24 PM)

織田信長との共通性   鳩ポッポ9098 さん
>自分に背いた妻、そしてお腹にいた子には冷酷です。郵政民営化反対にあからさまに刺客をたてたことでも解ります。彼は徹底的にやるのです。

だから、欲が無いのです。欲のある人間は、本質的な意味で冷酷にはなれません。どんなにイヤな奴と言われている人間でも。世間体もあるし、愛憎もある。党を割ってしまったら、王座を追われる危険もある。普通の人はそう考えます。それは私欲以外の何物でもありません。

しかし、小泉閣下が郵政選挙の大決断を下す時、参院で否決させて小泉の意向を頓挫させてやろうと陰謀を練った者達は小泉の本質的な冷酷さを見誤ったと言うしかありません。何故なら、彼はそれまで道路公団民営化のように是々非々で臨機応変に対応してきていたから、まさかストレートフラッシュを出すとは夢にも思わなかった。今回も派閥政治の論理で行けるだろうという甘い見通しが当時の亀井氏の「解散なんてできっこない」という発言に如実に表れております。

小泉氏は、ガンガン推し進めるワンマンの強権指導者、あるいは織田信長に例えられますが、強権指導者という意味合いでなら、それは織田信長という人物を理解していない。彼は、駄目だと思ったら重臣達を敵の中に残してスタコラサッサと逃げてしまう。兵力を増強し、ひたすら数と装備の優位性を尊び、ここ一番の大勝負を判断する目を持っていたという点で小泉氏と共通しているのです。

残念ながら、後任の自民党の宰相はいずれも欲があり、愛情があり、仕事をしていればいつかみんな理解してくれるという誠実さというかナイーブさがあった。

「幸運の女神は女である。だから、捕まえる為には、ぶん殴ればいい」とは、マキャヴェリの言葉。要は待っているだけでは幸運は巡ってこないよという事。彼らに寸分でも小泉氏のような「攻め時を見る目」があればと悔やまれてなりません。 (2010/03/29 08:27:12 PM)

鳩さんはそうとうに重症です。。。   ぼたんの花 さん
まるでオウム真理教ですよ。

ま、慶応は元々外国かぶれが多いので有名でしたが
鳩さんの場合は新興宗教化していますね。

麻原のしてきたことと、小泉となんらかわりは無い。

とにかく、これほどの売国奴が見破れないというのは
呆れるばかりです。

私は、去年、小泉の講演を聴きにいきました。

郵政民営化にしても、後期高齢者の医療のことも
何が問題であるのか、、、、というか
どういうことを自分の政権が進めたかわかっていない。

IQの低いB層に支持されると竹中売国奴の友人が分析したようですが
今は、IQが高いだけで、実際の社会がどういうものか
わかっていないアホも支持しているのでしょう。

小泉売国奴のワンフレーズは、他に言う事がないからであって
自分の好きな色話には、熱弁をふるうのですよ。

こんな下品な首相は、今までにないでしょうね。

それをかばうのは、オウム真理教の信者が麻原をかばうようなものです。 (2010/03/29 08:49:00 PM)

しかし   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん
1.>それにしても、郵政民営化の時に散々言われた「懸念」って5年間でどれだけ実現したんでしょ。私怨で憤懣やる方なしの亀井氏を金融大臣に据えたら、こういうゴタゴタが起こるのなんてはじめから分かっていたでしょうに。財金分離という概念も理解できない生きた化石、預貯金を増やして一体何がしたいのかしら。預貯金を増やす前に黒字を維持する事に心血を注ぎなさいよと言いたい。モラトリアム法案といい、今回の騒動といい、この人は本当に金融政策を無茶苦茶にするでしょう。


1.今日のお昼休みにテレビ朝日に猪瀬の馬鹿が出ていました。殺されたt民主党の石井さんを支持していたようなのでもう少しマシかと思ったら思いっきりバカでした。ま、石原慎太郎にくっついていった時点でアホですが。国民新党の下地議員に鼻であしらわれていました(笑)。こういう時のテレビの生放送はいいですね。司会や解説者だけだったら、猪瀬のアホは少しはマシに見えたでしょうが。とにかく本当にアホでした。
亀井さんを起用したことで、民営化の見直しは既に決まっていたのですよ。その詳細がどうなるか、ということです。

猪瀬さんは、税金が、税金が、と言っていましたが、下地さんが、”一銭も税金は今まで使われていない、むしろ民営の銀行に公的資金を大量に投入してきたでしょう”と言われたときの猪瀬さんのうろたえた顔、もう完全な負けでした。


(2010/03/29 08:59:34 PM)

たしか   ぼたんの花 さん
この件での国会での質疑の時に、亀井さんは、旧自民党政権でもこの件は、8割が反対していた”と言ったようです。

以前も言っていたように民主党も民営化という案だったのです。ただ、小泉売国奴の操り人形がその違いさえ理解できないアホだったのですよ。

あの小泉ジュニアの発言、自分の父親がしてきたことさえ知らないで、果たして政治家になれるのでしょうか?ま、竹中売国奴のように米国のお守役がついているのですから、アホでいいのですが、私は一つだけ米国に感心するのは、岸をはじめ小泉&竹中、それに小泉ジュニア、適材を選ぶ目だけは確かですよね~

で、麻生さんは、吉田家の血筋というより、お母様の血筋もかなり受け継いでいますよね。髭の殿下の奥様も心の病があるようで、髭の殿下も孤独ですよね。 (2010/03/29 09:06:15 PM)

ということは   ぼたんの花 さん
2.>竹中先生はともかく、小泉閣下は恐ろしい程に私欲のない人物です。

2.実際に動いたのは、竹中売国奴ですよ。
それも米国は小泉売国奴が、子ブッシュと同じようにアホだから、小泉に竹中売国奴を起用させたのですよ。勿論、米国の支持でね。で、竹中売国奴もアホだからプラザ合意の下書きをしたフレッド・バーグステンが教育係りになって、竹中売国奴お守にはロバート・フェルドマン。

このようなバックがついて米国へ貢ぐようにしているのに、いくら慶応の先輩だからと言って小泉を庇うのは、、、、ちょっと常識を疑います。

もしかして、鳩さんのお父さまは私と同じような意見じゃないですか?

鳩さんの書き込みを読むと、親に逆らいたいがための屁理屈を並べているように見えます(笑)

だって全然、話の筋が通らない。


で、私の父は靖国支持派ではないと思いますよ。A級戦犯に関しての考え方は同じでも、多分、戦後、一回も靖国参拝はしていないでしょう。末っ子の私を父は、何処にでも連れていきました。兄や姉が成長して、私しか父について行かなかったこともありますし、母を早くに亡くしたので、仕事場にでも何処でも私を連れていきました。

しかし、私は一度も父と靖国神社に行ったことはありませんから。また、小林よしのりさんのお祖父さまのように孫にあの大戦のことをとうとうと話すような下品なことはしませんでしたから。
(2010/03/29 09:26:23 PM)

ところで   ぼたんの花 さん
この日記の本題、女子フィギアですが、世界選手権を見ているとあからさまに判りますね。正直、私はキムヨナちゃんの背中、肩、手先がとても美しいと思っています。オリンピックは仕方がないとしても、今回はショートプログラムでも酷く、またフリーでもミスの連続、それなのに真央ちゃんとの点差が約7点。

これは、陰謀ですよ(笑)

私の世代は、日本がオリンピックで金メダルととる種目は必ずと言っていいほど、採点の仕方や、ルールを変えていく、ということがあるのですよ。

しかし、先日、日体大の現役の学生も言っていましたよ。”キムヨナちゃんのほうが僕は好みだけれど、採点方法はおかしいですよね。なんか柔道も細かいルールをかえられてしまったんですよ”と。

きっと先生に聞いているのでしょうね。

(2010/03/29 09:45:51 PM)

世界的な選手は、特定の人をライバルにしない   ぼたんの花 さん
でも、真央ちゃんも、ヨナちゃんばかりマークしていると、四年後には別の強敵が現れるかもしれないですよ。世界選手権での放送でアナウンサーが、うっかり言っていました。”今度のオリンピックにむけて米国はメダルを狙ってくるでしょうね”と。

どうしても日本に金メダルをとらせたくない、これも日本を支配する上で不可欠なのかもしれませんよ。WBCでの日米野球でもそれが顕著でしたし、四年前に荒川静香さんが金メダルと取った時は米国のメディアは、荒川さんをよくは報道しませんでした。

しかし、どんな報道しても、実際の競技を生で観る視聴者の目は誤魔化せないでしょうね。

真央ちゃんも一週間の休みには、スケート以外のものも楽しむようです。バレエを観たり、絵を鑑賞したり、素晴らしい音楽を聴いたり、恋愛をしたり、そういうもの全てがスケートに影響を与えると思いますよ。そうしたら、どんな採点をされても観衆が正当な評価をしてくれる。

ヨナちゃんが荒川静香さんにも勝っているとは、私は思っていない。もし、ヨナちゃんを目標にするなら、真央ちゃんの志が低すぎる。それも年齢と共に成長すると思いますがね。

(2010/03/29 09:46:41 PM)

二番じゃ駄目なんですレンホウ先生ww   鳩ポッポ9098 さん
>世界的な選手は、特定の人をライバルにしない

します。他人をライバルにしないのは、ライバルにする相手がいない程、卓越した能力のあるイチローのような人間だけ。彼とて、一番になるまでは目標とする選手が居て、それを乗り越える事が習慣化し、過去の自分が最大のライバルになってしまっただけの事。王貞治も「王貞治としての野球が出来なくなった」という引退理由は、王者のプライドでしょう。誰しもライバルは必要なのであり、優秀な選手であればあるほど達成した時の充実感は、達成して「しまった」という喪失感に変わり易い。

ただ、性格的にそういう闘争心のあまりないタイプの人もいます。しかし、そんな人はいい物を持っていても、あまり結果を残せない。名前を挙げるのもなんですが、元巨人の桑田選手なんかはそういう「いい人」タイプ。「野球が本当に好きなんですよ」と仰っていましたが、心底そうなんだなと思いました。いい年したベテラン投手が、打たれても打たれても、色々工夫しながら投げ続ける事は、よっぽど好きでもなけりゃプロとしてのプライドが許しませんから。王貞治とは対称的。

スケートの世界で言うと、織田選手やジュニアの村上選手が典型的にそういうタイプなので、少し勿体ない気がします。技術の完成度がいくら上がっても、最後の紙一重で負ける可能性が高いです、ああいうタイプは。 (2010/03/31 09:41:49 AM)

下品だと思うのは、個人の自由です   鳩ポッポ9098 さん
>私は一度も父と靖国神社に行ったことはありませんから。また、小林よしのりさんのお祖父さまのように孫にあの大戦のことをとうとうと話すような下品なことはしませんでしたから。

下品と感じるのは、靖国思想その物に対する感覚でしょう。思う人にそう思うなとはいいません。それは、あくまでも主観的な問題なのでどちらが正しいという事ではありませんので。

ただ、ボクは下品だとは思いません。武勇を蔑む風潮は、儒教の流れをくむ国家の典型的な悪弊だと思っています。漢字文化圏でもベトナムのように、歴史的に大国相手に何度も戦争をしている気概のある国は、武勇を疎かにしてはおりません。イスラエルも日本人から見れば「やりすぎ」ですが、周りをアラブ諸国に包囲された小さな国が独立を守る事に対する執念は、我々には絶対に理解できない。トルコが日本に親日感情を持っていると言っても、日本人からしてみればはぁ?って感じなのも、我々がいかに伝承という物を疎かにしているかの表れでしょう。

彼らの信念を支える物は何か。それは父祖より受け継いだ精神以外の何物でもありません。そしてその精神を支える物は、具体的な「伝承」です。賢者は歴史に学ぶとは、個人の経験できる範囲などたかがしれているという事。ボクは忠臣蔵の価値観なんて理解できません。しかし、ああいう「義挙」に到った経緯、彼らの持っていた信念の強さという物はよくわかる。そういう物が人々の信念となるには、くどいほどの伝承が必要。それこそ、アメリカではないですが、九九もろくに出来ないガキに、建国の父達の武勇伝をひたすら覚えさせるような。

話は戻りますが下品だと思うなら、英霊を反米に利用するのは辞めて頂きたい。我々は、人々の抽象化された精神(の一部)を称えているのであって、かつて生きていた個人個人の思惑を継承しているわけではありませんので。 (2010/03/31 10:34:24 AM)

フェルドマンといえばWBS   鳩ポッポ9098 さん
>亀井さんを起用したことで、民営化の見直しは既に決まっていたのですよ。

見直しするのはいいんです。民主党だってその為にミスター大蔵省を国民の反発を覚悟で天下りさせたんだから。それで民主党としては、溜飲下げて貰うつもりだったんでしょ。

>この件での国会での質疑の時に、亀井さんは、旧自民党政権でもこの件は、8割が反対していた”と言ったようです。

ええ、世耕議員の質疑。その時、彼はその後どのような手続をふんで物事が進んでいったか、当時出ていた「懸念」が如何に的外れな物であったかをデータを示しながら指摘し、これだけの重大な変更をするならば、経営試算はしているんだろうなと詰め寄ったところ、亀井氏はそんな物はしていないと開き直り、代わって矛先を向けられた大塚副大臣が大変苦しい答弁を強いられる一幕がありました。

預金残高増やして、また赤字事業に戻されたんじゃ、たまったもんじゃないんですけど。正直、西川という人物は、三井住友をエコヒイキしたりしてあまり好きな人物ではありませんでしたけど、政策に翻弄されてかわいそう。

>竹中売国奴もアホだからプラザ合意の下書きをしたフレッド・バーグステンが教育係りになって、竹中売国奴お守にはロバート・フェルドマン。

これこそ、副島陰謀論のウケウリもいい所だと思いますが、フェルドマン氏は、「イラク短期決戦論」「原油価格低下論」を主張していた人物。まあ、ドミノ理論華やかなりし頃なので分からないでもありませんが、彼のようなのが公的資金を注入し終えた小泉竹中の逆襲に遭ったという意味では、アメリカにとって国賊じゃなかろうか(笑)バーグステン氏は、強硬なドル安論者であり、円安政策を推進した小泉竹中とは、政策的には全く対立します。ま、アメリカがぶっ壊れる事で彼の持論の1ドル90円時代は到来しましたが、当の本人は御満足かしらと一度聞いてみたい(笑) (2010/03/31 10:56:30 AM)

スポーツセンスの問題   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

真央ちゃんは、かなりの”負けず嫌い”だそうです。
自分のお姉ちゃんへのライバル意識もすごかったそうです。

負けず嫌いにも二通りの種類があるのですよ。

マイケルジャクソンも相当な負けず嫌いだったようです。

しかし、レベルの低い負けず嫌いではなく目標が常人とは違う負けず嫌い。


最近は、熱心にフィギアスケートを観ていなかったのでわからないので真央ちゃんがどれだけすごいかは私には、解りません。

伊藤みどりちゃんっを応援していた私には、三回転半を飛んだ真央ちゃんには、それプラス何か、が無いと”すごい”とは思わないのです。

オリンピック参加選手とだけの”記憶”の残りたいのなら、別にヨナちゃんをライバル視してもいいんですがね。
とにかく私の記憶にある伊藤みどりちゃんや荒川静香さんより、真央ちゃんやヨナちゃんの演技に感動しないので、そこに真央ちゃんが留まるのなら別に誰をライバル視しようとかまいませんよ(笑)

ヨナちゃんは、精神的に真央ちゃんより大人のように私は思えます。

(2010/03/31 12:41:26 PM)

桑田選手の評価   ぼたんの花 さん
この件に桑田さんを出すのは、私には理解できませんね。
桑田さんは、清原選手とのことでは、清原は良い人で桑田は悪い人、というイメージでしたが、その後、なんだ桑田さんて良い人じゃん、となりましたが、桑田さんに例えるのなら、ヨナちゃんのほうが、いいんじゃないですか?

自分の実力で巨人のエースになれたのではなく、スタートからジャイアンツの”陰謀”がついてきた。その時点で本当の意味の”一流選手”からは離脱しています。そういう意味ではヨナちゃんが似ていますね。自分の実力以上に周りが期待し、利用するという点でしょうね。

(2010/03/31 12:51:14 PM)

小林よしのりさんは下品です   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

1.>下品と感じるのは、靖国思想その物に対する感覚でしょう。思う人にそう思うなとはいいません。それは、あくまでも主観的な問題なのでどちらが正しいという事ではありませんので。


1.鳩さんの言われる靖国の主張とは、”遊就館”のことですか?私は別に靖国を支持していませんよ。


私の父は水戸出身ですから、文武両道の精神は持っていますよ。”義を見てせざるは勇なきなり”は、父の生きているなかで忘れたことはなかったでしょうね。
(2010/03/31 12:57:44 PM)

イスラエルとい国の認識の違い   ぼたんの花 さん
2>イスラエルも日本人から見れば「やりすぎ」ですが、周りをアラブ諸国に包囲された小さな国が独立を守る事に対する執念は、我々には絶対に理解できない。トルコが日本に親日感情を持っていると言っても、日本人からしてみればはぁ?って感じなのも、我々がいかに伝承という物を疎かにしているかの表れでしょう。


2.イスラエルが独立を守る、と言っても過去からのいざこざが原因ですから、日本と一緒に考えるのは間違っていますよね。

トルコについては、確かイランイラク戦争の時に、まったく役に立たない外務省&日本政府にかわって、中東に取り残された日本人を助けてくれたことがありますから、そのときに私は知りました。

米国のイラク侵攻で、拉致された高遠さんをふくむ三人をイスラームの聖職者たちのネットワークで助けてくれたことも嬉しいことでした。これも先人たちの行いが現代にも通じて助けてくれたことでしょう。


伝承といことについては、占領軍であるアメリカが消し去ることを徹底的にしたことが原因でもありますが、こと原爆に対してもそうでしょうね。今、振り返ってみると、私は”東京ドーム”と名前をつけたときから、ジャイアンツ徹底的に嫌いになったように思われます。

(日本人とユダヤ人の本の内容を取り違えていたようなので再度、訂正して貼りました) (2010/03/31 06:12:00 PM)

今日、お昼から原口さんが出演していたようですが   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

1.>預金残高増やして、また赤字事業に戻されたんじゃ、たまったもんじゃないんですけど。正直、西川という人物は、三井住友をエコヒイキしたりしてあまり好きな人物ではありませんでしたけど、政策に翻弄されてかわいそう。

1.西川さんがどういう人か知りませんが、副島さんは西川さんをほめています。竹中さんも西川さんをほめてますね。今日は原口大臣が出演していましたが、テレビを見ることができませんでした。兎に角一つ一つ検討しなければならないのは事実であり、大雑把に民営化議論をしても、無駄でしょうね。

3.>これこそ、副島陰謀論のウケウリもいい所だと思いますが、フェルドマン氏は、「イラク短期決戦論」「原油価格低下論」を主張していた人物。まあ、ドミノ理論華やかなりし頃なので分からないでもありませんが、彼のようなのが公的資金を注入し終えた小泉竹中の逆襲に遭ったという意味では、アメリカにとって国賊じゃなかろうか(笑)バーグステン氏は、強硬なドル安論者であり、円安政策を推進した小泉竹中とは、政策的には全く対立します。ま、アメリカがぶっ壊れる事で彼の持論の1ドル90円時代は到来しましたが、当の本人は御満足かしらと一度聞いてみたい(笑)

3.副島さんの受け売りということは、鳩さんもずいぶん副島さんの本を読んでいますね。

ところで、郵政は赤字にはまだなっていませんし、昔も黒字でした。分社化したら、郵便事業が赤字になるのは当たり前。鳩さんを私は郵便がどういうかたちであるべきか?というところから違っていましたよね。とにかく公的資金を投入してその後は外資が買い取る、という流れを止めたのは正解でしたよ。

大塚さんは竹中売国奴とサンプロに出演した時、素晴らしい人材だな、とびっくりしたので、もし、そのテレビの映像がどこかにあるのなら貼って欲しいですね。

(2010/04/01 01:18:56 PM)

そういえば   ぼたんの花 さん
杉原千畝さん、教科書で習いましたか?

ユダヤ人を助けたのですから、もっと大きく取り上げて
子供たちに教えればよいのに。

これなどは、伝承されるべき出来ごとですのに。 (2010/04/01 01:29:53 PM)

今回はただではすまない   鳩ポッポ9098 さん
>分社化したら、郵便事業が赤字になるのは当たり前。

8年ぶりに赤字転落したんですが。ちゃんと黒字化に成功していたんですよ。

>とにかく公的資金を投入してその後は外資が買い取る、という流れを止めたのは正解でしたよ。

公的資金は全く注入されておりません。第一、(買えないけれど)外資が買って何か不都合な事でもあるのですか?ボクは、外資脅威論というのは尊王攘夷論と同一だと断じざるを得ない。外資だけが特別に何かを出来るのなら、話はわかります。しかしそうではないのだから、悔しかったら、日本人が買えばいいんですよ。それも出来ないくせに外資を非難するのは筋違いも甚だしい。日本人が誰も欲しがらない、あるいは手が出せない物をガイジンが買って収益構造を作る事の何がいけないのか理解に苦しみます。

なんか郵政絡みでは、日本人の財産が海外に収奪されるみたいな頭の悪さ大爆発の話がありましたが、先日のリンク先の「外資が増えると、日本の国富が失われる」という意味不明な文でも分かる通り、こういう論理を展開する人は、財表の読み方知らないんじゃないのかと。株式の取得と、運用の評価損益がごっちゃになってたり、銀行預金と運用資金の区別がついていなかったり。伝わってくるのは、ガイジンに対する差別感情だけ。

それとボクは、今回の件は財政的理由によるものだと思っています。選挙対策という側面も否定できないけれど。管や仙石は、さすがに財投で税収のアナを埋めるのはまずいと思ったのでしょう。巷間言われる民業圧迫程度の話では済みませんよ、今回は。

>大塚さんは竹中売国奴とサンプロに出演した時、素晴らしい人材だな、とびっくりした

彼は優秀な人ですよ。亀井閣下の暴走を苦々しく思っているようですが、辞表を叩きつける勇気がないらしい。逃げるなら今がチャンスなのに、彼も時期を見る目がない人ですわ。 (2010/04/01 05:26:02 PM)

Re:今回はただではすまない(03/07)   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん
1.>8年ぶりに赤字転落したんですが。ちゃんと黒字化に成功していたんですよ。

1.どれについて言っているのですか?


2.>公的資金は全く注入されておりません。第一、(買えないけれど)外資が買って何か不都合な事でもあるのですか?ボクは、外資脅威論というのは尊王攘夷論と同一だと断じざるを得ない。外資だけが特別に何かを出来るのなら、話はわかります。しかしそうではないのだから、悔しかったら、日本人が買えばいいんですよ。それも出来ないくせに外資を非難するのは筋違いも甚だしい。日本人が誰も欲しがらない、あるいは手が出せない物をガイジンが買って収益構造を作る事の何がいけないのか理解に苦しみます。

2.郵貯銀行のことを言ってはいませんよ。


3.>なんか郵政絡みでは、日本人の財産が海外に収奪されるみたいな頭の悪さ大爆発の話がありましたが、先日のリンク先の「外資が増えると、日本の国富が失われる」という意味不明な文でも分かる通り、こういう論理を展開する人は、財表の読み方知らないんじゃないのかと。株式の取得と、運用の評価損益がごっちゃになってたり、銀行預金と運用資金の区別がついていなかったり。伝わってくるのは、ガイジンに対する差別感情だけ。

3.鳩さんの思考回路がわかりません。。。日本企業に貸し渋りして潰し、海外にお金が出て行くんですよ。

(2010/04/02 12:26:45 AM)

続き   ぼたんの花 さん
4.>それとボクは、今回の件は財政的理由によるものだと思っています。選挙対策という側面も否定できないけれど。管や仙石は、さすがに財投で税収のアナを埋めるのはまずいと思ったのでしょう。巷間言われる民業圧迫程度の話では済みませんよ、今回は。

4.私は選挙対策ではなく、対米政策だと思っています。どちらにしても自民党のままで良いはずはありませんから。菅さんもとても不機嫌な顔をしていましたね。方向が決まれば詳細についての議論は大いにやって欲しいですね。

竹中さんが以前にサンプロで言っていましたが、郵便局が減ったか減らないか、というところで、まったくあの方は異常な脳をしている、ということですよ。あの田原さんでさえ、グラフを見て竹中さんの間違いを言っているのに、、、、あの竹中さんて、本当にアホですね。徹子の部屋に出たときのバカさ加減には呆れました。

5.>彼は優秀な人ですよ。亀井閣下の暴走を苦々しく思っているようですが、辞表を叩きつける勇気がないらしい。逃げるなら今がチャンスなのに、彼も時期を見る目がない人ですわ。

5.その時の映像を是非見たいですね。どこかに無いですか?

関岡英之さんのどの本かに書いてありましたが、関岡さんの”拒否できない日本”を読んで、議員の勉強会に呼んでくれたのは、自民党議員だった、だから関岡さんは、自民党の中の本当の愛国者たちに期待している、と書いていました。しかし、テレビに映る自民議員が、小泉ジュニアじゃ、、、ね。

で、りそな銀行は、どういう理由で竹中売国奴さんは潰さなかったのですか? (2010/04/02 12:27:12 AM)

銀行業を個人商店の感覚で語るのはやめてください   鳩ポッポ9098 さん
>どれについて言っているのですか?

郵便事業です。

>鳩さんの思考回路がわかりません。日本企業に貸し渋りして潰し、海外にお金が出て行くんですよ。

なんか話が無茶苦茶。融資は融資、運用は運用、株式売買は株式売買、預金は預金。個人商店みたいな感覚であっちが足りないからこっちから回そうという出鱈目な仕組で考えて貰っては困ります。金融業は、銀行法や金融商品取引法を始めとする厳しい規制と鬼の金融庁の監督の元にあります。財金分離の精神のもと、かつてのように高金利で預金を集めて融資し、利ざやで稼げばいいやといういい加減な経営をしてもらったら困るという事。

外資が入るってのは、お金を企業に「入れて」評価益や配当で儲けるというのが「手口」でしょ。どこに出ていく要素があるんですか?評価益や配当は、むしろ「入れてもらっている」事に対するコスト。加えて失敗すれば評価損を抱え、配当が減るなど実質的にマイナスにもなるのだから、「出ていく」等と言えるものではありません。

そんなにガイジンが簡単に儲けていると思うなら、日本人もやればいいだけでしょ。誰もやるななんて言っていないし、日本人でもる投資家はみんな条件一緒。ボクには儲けている一部のガイジンに嫉妬心剥き出しで差別しているだけの事だとしか思えません。実際、日本から撤退した外資は小売りを始め山ほどあります。彼らは基本的に「損した」から撤退しているのです。

>私は選挙対策ではなく、対米政策だと思っています。

だから、なんでそこでアメリカが出てくるのですか?なんでもかんでもアメリカに結びつけるのはやめて頂けませんかね。今の制度でもアメリカからの圧力があったとして、中間に日本政府を通さなければ郵政を動かす事は出来ません。 (2010/04/02 01:23:01 AM)

大悪法の生贄   鳩ポッポ9098 さん
今回は、おそらく子供手当の財源の将来的な見通しが立てられなくなった為です。あんなザル法を選挙対策で通してバカじゃないのかと思いますが。

ハゲファンドは儲けたとしてもカネを動かして日本経済に寄与してくれますが、子供手当のカネは、完全な一方通行。長妻閣下も苦しい答弁を強いられて御苦労さまな事だけど、歴史の大罪人として記憶される事でしょう。

与謝野氏や中川氏の足元にも及ばないし、自民党の陣笠議員にボロクソにその財政知識のなさをバカにされている菅氏も、流石に財投でやる事には、財務大臣としての矜持が許さない物があったようですが、元の木阿弥。

選挙対策という点では、あまりにも露骨すぎ。次回の参院選は、まちがいなく投票率がガタ落ちしますので、組織票が非常に重要になる。この点、郵政票の票田は非常に大きい。

又、普天間で一服すれば、首相の首を挿げ替えてニュューフェイスにし、組織戦でやっていこうっていう小沢の御大の魂胆が見えすぎて腹立ちますわ。医師会もひっくり返すのに成功したみたいだし。こういうセコい陰謀を考えるのは、田中角栄そっくりです。 (2010/04/02 01:51:38 AM)

悲願無き民族の不幸   鳩ポッポ9098 さん
>イスラエルが独立を守る、と言っても過去からのいざこざが原因

だから、彼らの「執念」を日本人が理解する事など絶対に出来ないと言っているのです。彼らにとって専守防衛は死への一本道。

ユダヤ人という「人種」は存在しません。民族系統的には滅びてしまったとも言われます。父祖の伝承だけが「ユダヤ人」としてのアイデンティティを構成しています。血は水より濃いと言いますが、伝承は血よりも濃い。そういう「悲願」を経験していない日本人というのは、ある意味幸せでもあり、また非常に不幸でもある。

>トルコについては、確かイランイラク戦争の時に、まったく役に立たない外務省&日本政府にかわって、中東に取り残された日本人を助けてくれた

外務省の馬鹿はその時、臆面もなく日本がトルコにカネを援助してやっていたからだろうという事を言いました。浅ましく、恥しい事この上ない。日本人でエルトゥールル号事件なんて知っている人は少数派でしょう。

>伝承といことについては、占領軍であるアメリカが消し去ることを徹底的にしたことが原因でもあります

靖国は、その伝承を守る存在です。だからこそ、GHQは本気でこれを焼き払って跡形もなくしてしまおうと考えておりました。

>杉原千畝さん、教科書で習いましたか?ユダヤ人を助けたのですから、もっと大きく取り上げて子供たちに教えればよいのに。

これに関しても、外務省が杉原の頼みを拒否し冷遇したという事ばかりを言ってる人間がいます。当たり前の事を何ほざいてんだと。外務省が杉原えらいぞ、よくやったなんて言ったらどうなったか考える頭も無いのだろうか。杉原がユダヤ人を逃がした後も、彼だけの力ではどうにもなりませんでした。ビザがハッタリだなんてのは、官憲は知っていて敢えて通しました。そういう無名の人達が示した勧進帳の富樫のような心根も忘れてはなりません。 (2010/04/02 01:56:29 AM)

桑田真澄という人   鳩ポッポ9098 さん
>自分の実力で巨人のエースになれたのではなく、スタートからジャイアンツの”陰謀”がついてきた。

彼が実力的にエースであったのは間違いありません。近鉄が野茂に、西武が松坂に、日ハムがダルビッシュにしているのと全く同じ。彼はスターになる事を宿命づけられた別格の存在でした。彼の当初の実力でいえば、200勝なんて屁でも無かったでしょう。

桑田が他の多くの選手と同じように巨人に潰されたという見方は、その通りだと思います。しかし、ボクが特に言いたいのは、振るわなくなってからの彼の野球への取り組み方。素人目から見ても、未練がましく、また、痛々しいぐらい。虚飾の帝王ならば、真っ先に逃げ出すでしょう。針の筵のマウンドに敢えて立った勇気をボクは率直に称賛します。

しかし、如何せん彼は誠実なスポーツマンであり「執念」が決定的に欠けていました。プライドや闘争心はあっても、根本的な執念の欠如。それが、プロに入るまでの人生で挫折を殆ど経験しなかった天才の甘さだったという評価をされても仕方がないと思います。彼と正反対の執念の塊みたいなのがイチロー選手。何だか彼の様な生き方は疲れないかなとも思いますが。 (2010/04/02 02:09:42 AM)

Re:銀行業を個人商店の感覚で語るのはやめてください(03/07)   ぼたんの花 さん
鳩ポッポ9098さん

鳩さんの意見は、どうも竹中平蔵に洗脳されているようですね。

まず、日本の企業が買収されていない、ということの認識の違いがあります。どなたか評論家の方書いていましたが、投資と投機の違いをもう一度、確認されたほうがよいかと。。。


長銀は、会社の財形貯蓄の預け先でした。勿論、解約になり、会社としては以後財形はやらないことになりました。外資が好きですね、と鳩さんに言われた、私が、かけていた保険会社、二社とも若いころから義理で加入していたのですが、元は外資では無く日本の保険会社でした。それが買収されたのです。

日本企業でもずいぶん前から合併する会社が増えました。これは外資に対する防御です。私の勤め先も数年前に合併しました。

企業は、敏感です。お役人や政治家たちのボケにつきあってはいられません。


金融をゲーム化して楽しむのならアメリカへ行ってやってください。今のアメリカを見て鳩さんが良いと思われるのなら、話は並線です。


私は、アメリカのような国だけにはなりたくない。田中宇さんが、2002年に書かれていました。アメリカの911以後を見ていると、まるで北朝鮮だと。それでもアメリカが素晴らしい、と思えるところは、愛国者法制定以後でも、市民が911真相究明を求めるところ、そしてマイケルジャクソンのようにあの酷い裁判後でも、また立ち上がり、世界に呼びかけようとしたところです。あの差別と馬鹿で危険な群衆に立ち向かうというエネルギーです。 (2010/04/07 12:54:09 PM)

桑田選手の評価   ぼたんの花 さん
なぜ、この話題に桑田さんが、出てくるのか、私には理解できません。あのことが無くとも、桑田さんへの評価は、巨人のエースと”言われた人”だけの認識です。

清原、桑田のようなことは、似たようなことは今まであったでしょう。なにしろ、読売ジャイアンツには、米国から資金が出ていたのですから。それでもその後、早稲田はPLからの推薦は、とらないことにしたとか。


桑田、江川、本人がどれほど良い人であっても、私にとっての一流選手とは全く違います。こうなると鳩さんと私の好みの違いの問題かと。 (2010/04/07 01:00:39 PM)

郵便   ぼたんの花 さん
まず、鳩さんと私と以前話したときに、郵便についてのあり方が、まったく違っていました。どんなに遠い地方にでも、同一料金で郵便を届ける、これが私の郵便に対する最低限の条件です。山奥だろうが離れ島だろうが、です。

今はメールがあるからよいだろう、という考えにはなりません。私も年賀状は、殆ど最近は出しませんが、古い手紙などは、読む価値がありますし、これは一つの文化です。

ヤマト運輸などでも、メール便というものが出来ましたが、”請求書”や重要書類は扱いません。当然でしょう。扱えないですよね。

アメリカでの郵便事業はどうなっているのでしょうかね?日本に郵政民営化を要求してきたのは、アメリカです。それに従って動いたのは、小泉&竹中です。以前も書いたように後藤田さんも郵貯や簡保にある資金を市場に流さなくてはならないだろう、というような事も書いてます。そして民主党が野党の時も”民営化”を言っていました。
(2010/04/07 07:51:45 PM)

郵貯   ぼたんの花 さん
この間、前原さんがテレビに出演してましたが、郵貯などの上限を現状より上げる、ことに対し、半永久的なものではなく、資金が流れすぎている現状に対する一時的な処置であることを条件に賛成した、と言っていました。

鳩さんが、公社化してからでの黒字、赤字、というのは、まったく判断が出来ないデータです。私の友達のご主人が、郵政省、日本橋郵便局へ勤務していました。公社化、民営化を前提に、約1000人いた局員を半分の500人に減らし始め、彼女のご主人は500人の中に残りました。

しかし、半分に減らすまで、同僚たちが互いに足の引っ張り合い、告げ口、などなど、とても酷い状況だったそうです。

友達のご主人は、どういう状態に嫌気が差してきましたが、1人息子の進学、学費の問題、共働きで、すっと来た奥さん(私の友達)も、一流企業を突然辞めてしまって、ご主人はこれから不安定な転職をするわけにはいかなかったのです。

普段、私とは社交辞令程度の会話しかなかったご主人が、友達が留守中に電話したこともあり、珍しくご主人が、電話を切らずにいろいろと仕事のことを話出しました。私は、その頃、年次改革要望書も知る事も勿論なく、公社化、民営化、というものなのか漠然としか知らなかったのです。

一時間近く電話で話し、最後に”愚痴を言ってスッキリしました。T子には、こういう話をしても未だにお嬢さんだから聴いてもらえないから”と。最後に”こういう話をしたことをT子に内緒にしてくださいね”とも付け加え、そしてその一ヶ月も経たない頃、くも膜下出血で亡くなりました。そうとうなストレスだったのでしょうね。

その頃、マスコミでも殆どこの話題は流れませんでしたから。もう、10年くらいになりましたかね。 (2010/04/07 07:52:15 PM)

杉原千畝さん   ぼたんの花 さん
シンドラーのリストより、もっと大勢のユダヤ人を助けていますよね?

スピルバーグさんに言って、ぜひこれを映画化して欲しいですね。

しかし、断わるでしょうね。

ホロコーストとの折り合いに頭を痛めるでしょうから。

しかし、ユダヤ人の方が多いですね。

あのCIAかモサドか、と言われる男、デーブ・スペクターさんもユダヤ系、あのベンジャミン・フルフォードさんもユダヤ系、スピルバーグさんも、バーバラ・ストライザンドさんも、副島さんのお話しですとロックフェラー家もユダヤ系だとか。もちろんロスチャイルド家も。

ところで阿刀田さんは、キリスト教について、イスラム教について、の本は書かれますが、ユダヤ教については書いていませんね。

ユダヤ教というのは、どういうものなのでしょうかね。ユダヤ系だという人たちは、何を根拠に”ユダヤ系”となるのか、よくわかりませんが。。。

ハリウッドって、ユダヤ系で成り立っているんですって? (2010/04/07 08:24:41 PM)

攘夷運動と何が違うのか   鳩ポッポ9098 さん
>日本企業でもずいぶん前から合併する会社が増えました。これは外資に対する防御です。

外資を入れてグローバル展開を目指す企業もあれば、他の投資家に守ってもらってなんとしても企業風土を守りたいという企業があってもいい。いずれにせよ、そうやって売買が交錯する事で市場は活性化する。市場というものは、本来そういう物なんですよ。嫌なら、上場なんてしないか、自分が独占的なオーナーになればいいだけの話。大企業でも一人会社はありますし。

当事者としていわせて貰えれば、M&Aは、企業防衛だけしか眼中にない例は殆どありません。それなら、持ち合いスクラムでも殆どの外資は撃退できるから。実際、企業スクラムで撃退されて撤退した外資なんて山ほどありますし。

>金融をゲーム化して楽しむのならアメリカへ行ってやってください。

意味が分かりません。投資家はアメリカだろうが日本だろうが、どこだってやります。アメリカにハゲが多いのは、資金調達や市場参入の機会が多いからってだけ。運用というものは、どう転んでも賭けの要素は出ます。でも、運用しないという選択肢も賭けだという事分かってます?周囲のGDPが上昇すれば、日本の富は相対的に目減りしたことになるから。

そもそも投資をゲームと捉えるか資産運用と捉えるか職業と捉えるか、はたまたバクチと捉えるか、それは投資家個々人の心象の問題であって、国籍なんか関係あるわけないし、自己責任でやればいいこと。ましてやどこかの国へ行ってやれなどというのは、インターバンク市場という物を全く理解していない発言です。まさに軍艦が攻めてきたと言って、錆びついた刀を研いでいる者たちと同じメンタリティ。 (2010/04/09 06:59:59 PM)

アメリカはFedex   鳩ポッポ9098 さん
>アメリカでの郵便事業はどうなっているのでしょうかね?

アメリカは値段が高くてもFedexかUPSですが。それだけのサービスを提供できますから。日本の民間企業は物理的にムリですね。

>しかし、半分に減らすまで、同僚たちが互いに足の引っ張り合い、告げ口、などなど、とても酷い状況だったそうです。

そんなの一般企業では当たり前です。というか、今まで恒常的な固定費を生み出す公務員でいられた事自体がそもそも間違い。人員削減した事で、サーヴィスは低下したのか?全くそんな事はないですし、郵便局の数も殆ど減っていない。つまり、その例に例えるなら500人で出来る仕事を1000人でやってた事になる。こんな放漫経営が許されるのは、民間では金融系ぐらいじゃないんですかね(笑)

>資金が流れすぎている現状に対する一時的な処置であることを条件に賛成した、と言っていました。

流れすぎて…って、流さないと景気なんかよくなりっこないのが、何故わからないのでしょう。
まあ、分かっているんだろうけれど、言えないところなんでしょう。長妻といい、前原といい、大塚といい…自分の信念も率直に言えないのなら大臣やるなよと思いますわ。 (2010/04/09 07:09:57 PM)

とりあえず   ぼたんの花 さん
1.ツインタワーは、将来、老朽化した時点で、床と柱のジョイント部分に爆薬を仕掛ければ、少量の爆薬で簡単に破壊できる設計になっていた。ダブルチューブ方式の外側部分に、八幡製鉄(当時)自慢のH型鋼が用いられていた。


2.ツインタワーは、両棟ともに63階までは、耐火性にすぐれたアスベストを使用、64階からは、アスベスト有害説が持ち上がり、1973年に防火対策より、環境対策を重視し、アスベストの代わりに耐火スプレーが使用されていた。



3.軽量化のために床には鉄骨が使用されていない。水平に鉄骨は敷かれていない。金属を敷いた上に軽度のコンクリートを流して固めただけであった。コンクリートに砂利を混ぜず、床の軽量化を優先した。


4.サウジのビンラディン家は、中東最大手の建築会社を所有(サウジ・ビンラディングループ)。中東全域にビジネスを展開している。勿論、ビルの制御解体もする。航空会社(ビンラディン航空)も所有。

(2010/04/10 09:14:22 PM)

続き   ぼたんの花 さん
5.父親モハメッド、長男サレムは、二人とも飛行機操縦が得意、自ら操縦する飛行機事故で死亡。その後、ビンラディン家の建築会社は、サウジの大手銀行家のカリッド・マフーズが采配を振るようになる。ブッシュ・ジュニアと親しいジェームズ・バス(ブッシュ・ジュニアが1978年に立ち上げた石油採掘会社・”アルバスト”の資金提供者)は、マフーズの対米投資資産の管理も任されている。


6.パパブッシュとビンラデディン家は、ビジネスパートナー。テキサスを頻繁に訪問していた。パパブッシュがCIA長官時代、1976年から、ジェームズ・バスはCIAとアラブの連絡調整役をしていた。



7.ツインタワーの北棟の22階から24階にはFBIの資料分析センターがあった。火災があった場合は、最優先でビルの警備員が駆けるようになっており、救出部隊を送り込むリストもあったが、消防隊がいったときには、飛行機激突による衝撃?が既にあり、FBIスタッフと警備員は倒れていた。FBIが捜査中の金融犯罪に関する物的証拠や関係書類が破壊されてしまった。

8.ペンタゴンの西側の内部には、米陸軍の対テロセンターがあり、西側地下には、世界貿易センタービルで稼動する株式や先物取引のバックアップシステムがあった。五階建てのペンタゴンに、旅客機が東側からまわり込んで、西側に激突するような操縦は、軍関係者でも無理である (2010/04/10 09:14:55 PM)

千里の道も一歩から   ぼたんの花 さん
石の上にも三年


幸福になる近道も、お金持ちになる近道も

世の中にはありません。


まずは、地道に一歩一歩進むことでしょうね (2010/04/10 09:18:37 PM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.