845974 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぼたんの花

全4件 (4件中 1-4件目)

1

アメリカの嘘

2011/05/21
XML
カテゴリ:アメリカの嘘


http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


私がよく読んでいた副島隆彦さんのHP,この掲示板にある会員の方が、
今回の事故の放射線の影響を載せていますが、放射線のことを語るときにこの資料を堂々と載せる、ということが、いかに宗教的な感覚であるかが問われます。


以下転載


微量放射線の健康への好影響を30年前から研究している有名なT.ラッキー博士の最新論文(Dose-Response,2008)を読んだので、かいつまんでまとめます。

本文中には日本人研究者の論文からの引用も多数あります。電力中央研究所(ここから研究者や政治家へ金がばらまかれている)は電力会社の設立なので差し引いても、放射線影響研究所(広島と長崎にある日米共同運営機関)が綿密に収集したデータベースを用いて導き出されたヒバクシャの結果には一瞥する価値があります。

論文中にで近藤という名前がしばしば出てます。
大阪大学近藤宗平教授もラッキー教授と同様の指摘をされています。
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub081128kondo.html


1.胎児への影響

先天性欠陥、死産、白血病、癌、死亡率、男女割合、幼少期の成長・発達度、遺伝子異常、突然変異から血清タンパク中のDNAを50年にわたり調査した結果
(1)広島・長崎298,868名の子供達からは何の影響も見いだされなかった。
(2)1Sv以下で10-90mSvを浴びた胎児の方が死産・先天性異常・新生児死亡率が低かった。
(3)3Sv以上浴びた胎児に小頭症や知的障害が発生している。

2.癌(白血病)発生率
(1)長崎で310-690mSvの被曝をした人々(2,527名)に白血病での死者は0
(2)長崎で390mSvの被爆者(25,643名)に白血病での死者は0
(3)広島・長崎で260mSv以下の被爆者は白血病死亡率は平均値(1万人に18名)以下
(4)1950-78年でガン死亡率は1.2Sv以下の被爆者は年平均(2.3人/1000人)以下の年2.1人/1000であった。
(5)1950-78年で広島・長崎の250mSv以下の被爆者のガン死亡率は一般平均を1とすると0.9となる。
(6)長崎では3Sv以下の被爆者のガン死亡率は一般平均を上回ることはなかった。
(7)広島・長崎でのガン死亡率は60mSvを被曝したグループ23,000名は一般平均より低く、かつ平均寿命が長い。
(8)広島・長崎でのガン死亡率は20mSvを被曝したグループ7,400名ではさらに著しい低下があった。

3.寿命について
(1)100mSv~1Svの被爆者の子供50,689名の死亡率は一般平均より低い。
(2)同年齢のグループとの比較では癌を除く死亡率では1.8Sv以下の被爆者は65%であった。
(3)広島・長崎で2Sv未満の被爆者20,000人の平均寿命の短縮は認められなかった。
(4)1950-85年の死亡率は700mSv以下の被爆者で相対的な低下が認められた。最小値は140mSvの被爆者。
(5)45歳から75歳の年齢では、5mSvよりも10mSvの被爆者の方が死亡率が1~3割少ない。(より強い放射線の方が長寿であったという意味)

3.水爆とチェルノブイリ
1954年(昭和29年)のビキニ環礁で被曝した第五福竜丸の乗組員23名中、6.7Sv被曝した一人は206日後に死亡した。
しかし他の2~5.75Svの被爆者は(論文作成時1993年までの)40年間癌の発生はない。
第五福竜丸はチェルノブイリの場合と酷似している。つまり2Sv未満の作業員209名は誰も死亡していない。

4.考察
引用した論文によると、急性の低線量放射線は日本の原爆生存者へ生涯にわたり健康に寄与したことを示唆している。広島と長崎の人々が浴びた放射線は、いわば「放射線ワクチン」と言える。

一時的に浴びるにせよ、慢性的に受けるにせよ、動物を使った1991年の実験によれば、たとえば以下のような長期的効果があることが判明した。

 1)大量の電離放射線への影響
 2)傷の治癒が早いこと
 3)ミクロではDNAや細胞の修復力の改善
 4)免疫力の強化
 5)罹病率の低下(特に感染症からの)
 6)健全な子孫
 7)死亡率の低下
 8)平均寿命の伸び
など

原爆による放射線の影響を総括すると、結果的には「電離放射線は生命体には不可欠なもので、我々はその不可欠な物質が不足しているかもしれないという仮説」を裏付けるものである。原爆生存者に関する諸研究により、放射線には有益と有害の境界があることが明らかになった。この結論によりフランスの権威ある委員会も全ての放射線は有害であるという考えは間違っているというという確証を発表した。

以上

※全訳文の入手先は 茂木弘道氏 http://hassin.org/まで


********
転載終わり


湾岸戦争ほかでの劣化ウランの使用、チェルノブイリ以後、日本の原爆での調査を基にしたもので放射線の害を推し量るのは、現代では”科学”の世界ではなく、宗教の世界になっています。今現在、広島・長崎の資料を基に放射線の影響を語るのは、”生きている化石”というより、カルト教の信者ということです。私がウラン、放射線関係でいろいろな方のお話を聴いたり、本を読んで感じることは、科学者には二通りのタイプがいて、一つはバートランド・ラッセル型の科学者、もう一つは宗教的科学者、自分が尊敬できる先生、憧れる先生の一言一句を信じ込み、それが真実の”科学”である、いったん決めたら、少し疑問に感じても一心不乱についていく。特攻隊を組んで突き進む”疑似科学者”。

”原子力村”と原発推進派、放射能危なくない派に属する人をこう呼んでいるそうですが、これは甘い見方です。”ウラン真理教”の狂った信徒、と呼ぶほうが、適当かと思います。
この福島の原子力事故で、起こった現実を認めたく無い、という精神的作用がそうさせるのでしょう。まさに現実逃避です。


今回の事故の危険性を語ると”危険を煽る”と言われますが、”煽る”と感じる人は、今まで原子力発電をそれほど危険なものと認識していなかった人たちだと考えます。まさに”日本は原子力発電が必要だから安全である”小泉元首相の、”自衛隊が行くところが非戦闘地域”という言葉と同類です。


福島事故のことを冷静に見つめている人たちが危険性を指摘しているわけで、危険を煽るな、というのは、”思考停止”を求めていることと同じ。そして山下俊一教授のお話をありがたく聴く人は、もう自分の心の動揺を鎮めてくれる人なら、”どんな人でもかまわない”という、カルトの信者になってしまったことと同じ。


この山下俊一教授は、福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーに就任したとか。現在の福島県知事の佐藤さんは、あの原子力マネーどっぷり浸かった偽黄門さまの甥。あれだけテレビに出てきた渡部恒三衆議院議員、事故後は姿を見せない偽黄門が叔父にあたる。そして前の知事の佐藤栄佐久さん、プルサーマル導入に反対、その人を陥れて知事の座を奪い、自分の甥を知事にした、ということは簡単に想像できます。その佐藤雄平知事が選んだアドバイザーが山下俊一。



この山下俊一さんの言葉をよく分析すれば、安心なんて出来ないのに、この落ち着いた話し振りを聞くと、気持ちが安らぐのでしょうか。別の場所で話している姿をみれば、この山下俊一さんの二面性が垣間見えます。この講演を聴いて本当に安心できたり、気持ちが落ち着く人はそうとう神経が疲れている人です。私は、この内容を聴いて、私が考えている以上に危険である、と思った次第です。一言一句、受け取り方が違うのは、やはり福島原発事故前にどれだけ調べていたか、ということだと思います。



山下俊一氏講演(5月3日・二本松市)【前半/講演】
http://www.youtube.com/watch?v=7364GahFWKI&feature=related
山下俊一氏講演(5月3日・二本松市)【後半/質疑】
http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY


冷静に聴くと、とても怖いことを言っていますよ。






Last updated  2011/05/21 05:18:27 PM
コメント(5) | コメントを書く


2007/03/15
テーマ:戦争反対(1068)
カテゴリ:アメリカの嘘
米国のイラク侵攻の目的はなんだったのか?


石油・天然ガスの支配、フセインさんが米ドルからユーロにシフトしようとしたから。


そしてもう一つ、中東の市場の開拓。




イラク侵略の前に、米政府から日本の企業にイラクでのインフラの施設の図面を提出するように



との要望が来た。それを断ると今度は、日本政府から企業に提出するようよう強制した。



米軍は、イラクのインフラなどの施設を徹底的に破壊した。



人々は、水も飲めない状態に陥り、米軍はタンクローリーを持っているイラクのお金持ちに



たくさんの水を無料で供給し、そのお金持ちのイラク人に”水が無くて困っている人々に


その水を売りなさい!”と命令する。



イスラームという宗教は、『正当な労働の対価以外は受け取ってはならない』という戒律がある。


それを壊す為のことを米軍は徹底的に強制していった。



これはフリードマンの原則の資本主義を教える為のレッスンワン。


市場経済がいかに良いか、いかに楽をしてお金を儲けるか、を教えていく。



この悪魔の教科書は、レッスンテンまであるそうな。



イスラム圏の市場化こそが、イラク侵略の目的。



そう考えると、アブグレイブの収容所で起きたレイプ事件なども


その写真などが、わざと中東に流れるような報道をされたことがよくわかる。



もちろん 兵士の一存で行われたのではなく政府の命令で組織的に。


60年前の従軍慰安婦のことを謝罪する決議をしている暇があったら


自分の国が今、行っていることを審議したらいいのにね


イスラームの人は、男女共にお風呂には一人で入り、


一人でお風呂に入るときでさえ 男女とも下半身に布を捲く。


まだ少女でも女性であれば収監され、強姦され家に帰される。




自殺は禁止されているイスラームの女性でも自殺してしまった人が多い。




で、徴兵制。


徴兵制は効率が悪い。



まさにそうでしょうね。



米国で兵士になる人は、グリーンカードソルジャー、永住権が欲しくて志願する。


ブッシュさんになってから、軍隊に入ればもっとグリーンカードがとりやすくなるよう法を改正。




アメリカもレーガン政権から今の日本と同じように”規制緩和”を推進し



中流がなくなり、一気に貧困層が増えた



で、この米兵の所得、最低年収180万円



たったこれだけの報酬でも軍隊に喜んで入る。





日本も二極化が進めば、この程度の年収でも軍隊に入る人が増えるだろう。







そうですよ、やっぱり徴兵制は効率が悪い


米国流の市場を開発するのには、徴兵制では効率が悪い、、、



というより 徴兵制では支障をきたす




イスラームで禁止されている同性愛者の兵士を派兵し



ロリコン兵士がまだ幼い少女まで強姦し



民間人まで虐殺し、金品を奪う




そして 嘘の報道をして宗派対立を煽る






そんなことは 徴兵された人々には出来ませんからね。





これからの戦争の目的を考えれば 徴兵制にしたら



”ベトナムの時のように反戦運動が盛んになってしまう”




なぜなら日本も米国と同じで 自分が戦地に行かなければ



自分の身内が戦地にいかなければ




”非戦なんて平和ボケがいうことだ!”


恥知らずなことを平気でいうのです




で、米国のごくごく一部の階層のための戦争に借り出される日本人が




”靖国参拝”を支持する不思議。



小泉さん&小泉支持派さん!  貴方たちのような売国奴は靖国参拝しないでね!







(北朝鮮を応援しているアメリカを悪く言わないウヨクさんていったい何?)















Last updated  2007/03/15 01:42:27 PM
コメント(3) | コメントを書く
2007/02/15
テーマ:戦争反対(1068)
カテゴリ:アメリカの嘘
”アメリカ政府は、個人では何もできない、状態は何も変わらないと思わせたがっているようです”


『グアンタナモ、僕達が見た真実』の映画監督マット・ホワイトクロス監督は、こう言っている。


この映画の監督のご両親は、アルゼンチン政府が投獄を隠していたが、世界からの励ましと運動によって開放されてた経験がある。
だから個人の力が集まれば、世の中が変わることができる、と信じてこの映画を作った。



事実、この映画の主人公の二人には、帰国後、日本、エジプト、フランス、世界中から手紙が届いたそうだ。


『私は、貴方を信じます。応援します。』と。




先月、この映画の主人公お二人のお話しを聞いてきた。



グアンタナモ、キューバの東部にある116キロ平方メートルの敷地。米国は100年前に締結されたとして、キューバ政府の返還の要求を拒否し、居座っている。


ここは、アメリカの法律も国際法にも適用されない、というより、しないことに米国が勝手に決めている。


ここでのおぞましい虐待の数々。9.11のアフガニスタン侵攻後に捕らえられたテロリスト?の容疑者が約500人ほど未だに拘束されている。


この映画に出てくるお二人は、パキスタン系イギリス人。
結婚式にパキスタンに向かったが、隣国のアフガニスタンが気になり、ボランティアとして入国してしまう。


人間の盾としてイラクヘ入国した日本人は、同じ日本国民から世間知らずだのとバッシングを受けた。
しかし、この人間の盾になった人たちのほうが、よほど世界を知っていた。


バカの一つ覚えのように、米国信仰を捨てない日本政府や、”知識人”を気取っている一般の人たちより、ずっと世界を知っていて、アメリカの本質を熟知している人だった。


第二次大戦では、ナチスを支持し、今度は悪の枢軸のアメリカを支持する、、、なんとも日本政府はいつもセンスが無い。



が、このパキスタン系のイギリス人のワカモノ二人は、本当に世の中を知らない”正義感”を持っただけの優しい人たちであったと思う。


あの時のアフガンに、イスラームが入っていくことの危険性を感じないとは。。。


映画の中で”イギリスに住めば、アメリカ人に気をゆるす”と彼らは語っていた。



イギリスに住んでいるときは、ラップ音楽が好きで、あまり宗教に熱心ではない二人が

”グアンタナモで、人間性を失わせるような数々の拷問をされ、それでも気が狂わずにいたのは、何が支えになっていたのですか?”という質問に、”気が狂う人、自殺する人、を目の当たりにして、宗教に思いをはせ、コーランを読んだ。アラビア語を学び、他の人に英語を教えた。今の状況を忘れるよう努力した”

アフガンで投降したのにも関わらず、米英軍は3万5千人をコンテナに入れて輸送した。
コンテナ一台に、300人を押し込め、アメリカ軍の基地につくまでには殆どが窒息死、コンテナ一台あたり20人くらいしか生き残らない。



こういうことを現在の米英軍がしており、米政府がこのグアンタナモ収容所の存続を認めている。

そういう国と日本は、日米同盟を結んでいる、という自覚が日本国民にあるのだろうか?


アル・ゴアさんの映画”不都合な真実”にも出てきたが、蛙は、熱湯に入れればびっくりして逃げる。

ところが、水から蛙を入れて煮ていけば、熱くなって危険だ、という感覚がない。


日米同盟には そんな危うさを私は感じる。




この映画に映し出されているグアンタナモの収容所より、実際はもっともっともっともっと酷いんですよ。


この映画をそこまでに仕上げなかったのは、憎しみの連鎖を断ち切るためもあったのか?と思うほどに現実のグアンタナモはもっと酷い。



先月、世界の人々がこのグアンタナモの収容所に抗議し、行動を起こしました。




アメリカ国民にも
”アメリカ政府は、個人では何もできない、状態は何も変わらないと思わせたがっているようです”



”沈黙が、裏切りであるときが来た”



この映画は、ビデオで観るのではなく映画館で観て欲しい。そしてプログラムを買って読んで欲しい。


グアンタナモ 4




グアンタナモ 2



グアンタナモ 3




グアンタナモ 1



グアンタナモで彼らを拷問した米兵をどう思うか?


という質問に”彼らは米政府に僕らが犯人だとマインドコントロールされているのだから・・”と言った。あれほど酷い状況を経験し、今、彼らはこう答える。




彼らは、二年以上、こういう状況に置かれ、今、こう答える。。。




そして未だにグアンタナモに収容されている人々を救い出すのが、自分達の使命だ、と言っている。





素晴らしい彼らの心の中に”本当の神の姿”を私は見る思いがした。





テロリストは誰?






Last updated  2007/02/15 08:56:10 PM
コメント(3) | コメントを書く
2007/02/01
カテゴリ:アメリカの嘘
まず、アメリカの嘘を見破ることが政府の仕事、としている国は多い。


だが、日本は米政府の見解を何も精査することなく、多くのメディアが垂れ流しをする。


フセイン大統領が米軍に捕らえられたとき、ドイツの国営放送ZDFは偽者と判断し、

イギリスのガーディアン紙も偽者と判断している。

発表された映像と本物のフセインさんとは、顔はそっくりでも歯並び、頭囲が違うと分析。

それにしても日本のメディアの情け無いこと。。。




http://www.hamadakazuyuki.com/news/index.html#news100204

12月30日、フセイン元大統領(と言われている人物)が処刑された。
絞首刑に処せられる直前のビデオが繰り返し放映されたが、その裁判のあり方にはさまざまな問題があった。
詳しくは別の機会に譲るが、アメリカとの連携で実行されたイラン・イラク戦争の実態は解明されないままで、ブッシュ(父)元大統領の関与も闇に葬られたようだ。

この間のいきさつや幕引きの予想は拙著「イラク戦争:日本の分け前」(光文社)で明らかにした通り。これまでフセイン元大統領と見なされてきた人物のDNA鑑定の結果は公表されないまま。なぜなのか。彼と面会した妻や愛人は皆、「偽者だ」と断定している。本物と今回処刑された人物の歯並びや歯型は明らかに違っているようだ。

「大量破壊兵器」で世界を騙したブッシュ政権による更なるウソが重ねられた可能性も否定できない。騙す側が悪いのか。騙される側が悪いのか。新しい年を迎える前にじっくり考察しておきたいものだ。






Last updated  2007/02/01 01:30:44 PM
コメント(6) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.