1426727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ソクラテスの妻用事

2021年09月17日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
奇策を気さくに『変形政権交代』の提案​​​​​​​

コロナ禍の最中、自民党総裁選が今日告示した。
報道では、安倍路線の継承・右傾化の維持を目論む「守旧派」と、「党改革」を旨とする「改革派」の権力闘争となっているようだ。もちろん総選挙を睨んでのことだが。
安倍麻生の天敵・石破氏は河野氏を支持。石破氏等は保守改革リベラル派とするならば――
昨日の拙記事へ「ザビ神父さん」からコメントをいただいた。
その内容は――自民党リベラル派と立憲民主党が連携しても良いのでは?
と言うような。
以前わたしもブログ記事で気さくにそうも書いていたことがある。が、結構真面目に検討する余地がありそうかな。
自民党総裁選。結果は、いずれにせよ「安倍麻生らの守旧派」が優位となろうなら、総選挙後の「政権」の在り様の意外性も検討の余地がありそう。
つまり、立憲民主党&日本共産党・社民党・れいわ新選組連合が過半数を取ろうが、過半数に足りなかろうが、「首班指名」で奇策を打っても良いのではなかろうか、と。
これには当然、事前の根回しが必要だが。
【緊急事態救国内閣】の発足である。
立憲民主党主軸の野党連合と「自民党改革リベラル派」との連合政権である。
(基本方針の合意をする)
・コロナ総合対策
・再生エネルギーの促進
・社会保障と経済対策
・沖縄辺野古米軍基地の再検討(沖縄の米軍基地を総合的に見直し、新たな妥協点で一致する)
・日本国憲法改正に関しては、凍結。
・日米安保と関係法案に関しては再検討をする。
・モリカケ問題などは、再調査する。
・防衛課題の再検討。
・拉致問題を日本独自で解決の努力をする。
・等々
奇策とも言えるが、気さくに考えてみた。
「自民党改革リベラル派」が50~60人が合意すれば、
首班指名で「変形政権交代」が可能とも言えそう。
イデオロギーを抜きにし、「政策本位」で「変形政権交代」の大義を見出すのである。
三本の矢より、束の矢は強い。
右傾化し沈みゆく日本を救う、双胴の日本丸救国政権とするのだ。
この「奇策・変形政権交代」は!
気さくに記した。







最終更新日  2021年09月17日 21時55分09秒
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.