092965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気ままに

PR

X

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

登山

2008.06.18
XML
カテゴリ:登山

この道を、歩く人スニーカーって
年間どのぐらいいるのだろう・・・って感じの道


ロープが張られた山道を
エッチラオッチラ。


雲の巣が張られているので
ステッキを振り回しながら、歩きます。


まだ今日は誰も歩いていない証拠ですね。



18番へ札所に行く遍路道と合流しましたが

山頂へ行くから、歩きたいけど(ー_ー )ノ" パス


視界が広がったと思ったら

最高点に到着してました。



(〃 ̄∇)」やっほ~♪

 


ここで一休み。ε=( ̄。 ̄;)フゥ


最高点からの展望です。


これからは下りになるから

少しは楽に歩けるかも・・・




ここは、まだ笹が低い方です。

もう少しいくと、膝まで笹が生い茂っていました。



歩きにくい階段を下りると

車道に出てきました。


ここからは、この道を歩いて
ロープウェイまで行くだけです。



ベンチがあったので

休もうとしたら

尺取虫みたいなのが


.....Σヾ(;゜□゜)ノギャアアーー!!


山はいいけど、虫はダメです。
泣き笑い

 




平地に出てきたら
必ず、リュックとパンツ・シャツを
パンパン叩いて
虫を落とす
ようにしています。



虫が落ちたかどうかはわかんないけど

こうすると安心なもので(*^.^*)

 

 

家を時計9:40に出て、

帰ったら15:20でした。

道に迷ったわりには、以外と早く帰れましたねスマイル

 

 


そろそろ、買い替えの時期が・・・

トレッキングシューズ

トレッキングシューズは、ワンサイズ大きめを

買いましょう~~

 







最終更新日  2008.06.18 09:29:31
コメント(16) | コメントを書く


2008.06.17
カテゴリ:登山

またしても昨日、眉山へ歩く人


だって、歩くコースが10もあるって聞いたら
やっぱり・・・((o(> <)o))じっとしていられない

 


今回は徳島駅より4つ手前の駅で降りて
地蔵院横からのコースに挑戦です。
(@⌒ο⌒@)b

 

 


駅から地蔵院まで3km弱。
ここまでは迷わず到着。


お参りをしてから
眉山ウォーキング実行委員会が発行してる
「眉山を歩こう」に書かれてあるコースへ



お墓の横から入るとあったので
これ?と歩いていくと
民家で行き止まり。

じゃあ、こっちの道へ。
これもさっきの民家へ続く道だった。

ここで、40分のロス。
ブー!('ε'*)



この道は、あきらめて
遍路道に入ってみました。



水飲み場があって、手作りの可愛い水車がありました。

ここは沢沿いを歩くので
水の音と、しし落としの音が
気持を和らげてくれます。



5つぐらい、作られていましたよ。



道に迷ったおかげで、
心が和む遍路道を歩くことが出来ました。



おとついの雨で、石が滑りやすくなっているので
慎重に歩いて行きます。



車道に出て、パンフレットに出ている地蔵峠を目指していると
途中で

木が倒れて、道を塞いでいます。

ちょうど、おまわりさんが到着。

私は歩きだから、なんなく通れるけど
車はUターンするしかないですね。



ここで、眉山へ行く道を尋ねてみることに。
「ここからは行けないよ。
西部公園から行きなさい。」

 


そんなぁ~(┯_┯) ウルウル

 



地図を見せると
「そんな道があるんですね。
じゃあ真っ直ぐ行ってみるといいですよ。」


お礼を言って、先に進みました。


そうだよね~
登山道が10もあるし、
しかも1番遠い所からだし
歩いて行ける道を知らなくて当然だよね。


注意して歩いていないと見落としそうな標識が


笹をかきわけながら、登って行くことに・・・



長くなるので、続きます<(_ _)>







最終更新日  2008.06.17 10:05:41
コメント(20) | コメントを書く
2008.06.15
カテゴリ:登山

昨日、8時過ぎのJRに乗って

眉山を歩いてきました。

 

もちろん、母も一緒です。

(本当に歩けるのだろうか・・・)

 

駅から阿波踊り会館まで徒歩で15分ぐらい。

この横の天神社横から歩きます。



 

 

山と渓谷社の「徳島県の山」によると

初心者向きで歩きやすいみたい。

標高も277mウィンク

 

神社から、いきなりの階段に母は

すでに及び腰!!

 

先が思いやられるわ~┐(-。ー;)┌

何で、山に階段があるんよ~怒ってる

と、ブツブツいう母に

階段のない山ってあったけ?

( ̄~ ̄;) ウーンと、考えてしまった。しょんぼり

 

この道で山頂までは35分のはず・・・

 

 

なんとか手すりを持って階段を登ることが

出来た母は

ヨレヨレ状態!! 

 

止めると言いだすだろうな・・・と思ってたけど

頑張りを出して着いて来ます。

 

私のペースも母に合わせるため

超ゆっくりスローペース。


石の多い坂道で

手をつきながらなんとか登っています。

 

途中で

リュックの金具が、背中に当たって痛い涙ぽろりと言うので

タオルを巻いてみたり

重たいのかとお茶を私のリュックに移し変えたり・・・

 

後ろからお尻を押したり

休憩をさせたり・・・・

 

1時間かかってようやく山頂につきました。

 

 

 

最後までよく頑張った。

^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ

 

でもね、もうこれきっりにしてほしいわ。

 


山頂から見たロープウェイ。

 


展望台からの徳島市内です。

 

山頂で30分ほど休んで

帰りはロープウェイに乗ってもらいました。

 

私は登山道を引き返しましたよ。ちょき

 

もらってきたパンプレットを見ると

登山口は全部で10あって

私たちが登った道は

時間はかからないけど、

難易度は高かったです。。。。

 

それに最高点まで、行けてないし。

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

 

 

今度は、最高点を通過して

山頂を目指す1番長いコースに挑戦しなくちゃ。

もちろん、1人で行きますともぐー

 

 

 







最終更新日  2008.06.15 11:25:23
コメント(16) | コメントを書く
2008.06.11
カテゴリ:登山

昨日は曇り空だったし、しばらく歩いていない気がしたので

朝起きて、急に思いついて出かけました。歩く人

 

水筒と一眼レフを持って

11番札所の藤井寺が登り口になっている

焼山寺までのへんろ道へ。

 

 

自転車で藤井寺まで行き(10分ぐらい)

お参りをしてから



ここが登り口。

10分で汗が雫したたり落ちてきます。

 

 

少し歩くと、休憩所



霞んでるけど、ここが唯一の展望所。

後は山に囲まれて木々しか見えない。

 

(◎_◎;) ドキッ!! 

なんだか気配がするな。と振り返ると

同じように運動に来ている女性が2人。

山道で人に会うのはいいけど、

後ろから忍び寄られると警戒してしまいますショック

 

 

これが男性でなくて(´▽`) ホッ。

もちろん変な人には、未だ会ってないけど

なんとなく・・・ねっ( '∇^*)^

 

 

先に行ってもらうため、道を譲りました~


ここで水補給が出来るみたいだけど

あまり、いい水とは思えなかったので

口だけゆすぎました。

出発から1時間とちょっとで

目的地の長戸庵到着です。

先の女性二人も休憩中で

お弁当を食べていました。

どうやらこの道が気に入ってるらしく

今年で3回目だそうです。


この道を進むと、柳水庵へ行けますが 

今日は(ー_ー )ノ" パスします。

暑くてバテ気味なんですよぉ~

 

 

リュックを降ろして、私も休憩ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

背中までビッショリ。 

 


長袖シャツ ドライ
 やっぱ、数枚ある方が便利ですね。

 

帰り道に出会った沢カニ。

境内で咲いていたあじさい。




往復3時間の≒7キロの山道でした~

 

 

 

 

 









最終更新日  2008.06.11 12:39:46
コメント(14) | コメントを書く
2008.05.26
カテゴリ:登山

ようやく、目と体が目覚めて洗濯中です。

(ノ・_・)ノ凹 ┣凹━凹━凹┫オセンタク♪

 

 

トレッキングアイテムのパンツ

試着した時に裾が長いのは分かってたけど

自分で直そうと買って帰りました。

 

 

早速、友人Tv( ̄ー ̄)vに見せると

やっぱ、直した方がいいよと言われたので

自分で直すのは、あきらめてお店に持って行くことに歩く人

 

どんなパンツを買っても長い

どんなパンツを買っても短い友人Tv( ̄ー ̄)v

 

 

お互いなんて、平均じゃない体型なんだ・・・

 

私:10cmちょうだいよ。

T:私に5cmちょうだい。

 

(・_・)......ン?

 

 

私が言ったのは、友人Tv( ̄ー ̄)vの身長を

10cm分けてほしいの意味。

 

 

友人Tv( ̄ー ̄)vが言ってるのは

不要になった、私の裾や袖の長さの意味。

 

 

パチッ☆-(^ー'*)bナルホド

身長はもらえないけど、はぎれはあげれるよ

 

 

友人Tv( ̄ー ̄)vの勝利!! 

 

 などと、バカなことを言ってました。

 

 

 

さて、パンツに話しは戻って・・・

 

裾にゴムがついているので

自分ではムリ

(キ▼д▼;)トホホ・・

 

 

ゴムをあきらめて、裾を上げるだけなら

なんとかなるけど

これがあるからこそ、

このパンツの良さなんだよね。

 

 

で、直し賃だけど

パンツ代の20%ですびっくり

 

 

ちょっと、どうかと思う値段だけど・・・・・・・・

しょうがないです。しょんぼり

 

 

 

その後、

トレッキングには欠かせないボトル

どうしても1リットル入りがほしかったので

これもゲットしました。


しかし、1キロと重たくなっちゃう( ̄~ ̄;) ウーン

 

 

非常用簡易寝袋 あったかい寝 大人用
      

このサバイバルシート、もしビバークするようになったら

役に立ちそうだし

銀色で目立つので、

遭難した時なんかも目だって探しやすいんだって。

 

使わないに越したことはないけど

持ってると安心できそうです。ちょき

 

 

 

またも余分な物を買ってしまった?

 

だから、出かけちゃいけないんだった。。。

ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
 

 

 

 

 







最終更新日  2008.05.26 11:09:52
コメント(16) | コメントを書く
2008.05.24
カテゴリ:登山

昨日の続きです。

坂東収容所の中には
食肉工場や印刷所もあります。





捕虜たちのプライベート空間



パンも作っていたようです。








洗面所


浴場



マッサージも受けれるように・・・


この時代、日本人には考えられないような生活水準を見て

ずいぶん、ビックリすることがあったでしょうね。



酒保


捕虜たちも、ビールを飲んで



こんな時でも、アルコールが飲めたなんて・・・

 

捕虜の人達が自由に過ごせたこの収容所は

他の捕虜たちの憧れの場所だったのかも知れません。




管理棟




所長室。 松平健さんが演じています。



広場と鉄棒

ここで、毎朝ラジオ体操?

私にはこの鉄棒
高くてとても手が届きません。



この広いロケ現場に私一人の客でした。


そろそろ帰ろうかなと思ってたら


DVDで映画の上映をしていますから
こちらへどうぞ!!



どらどら。
どんな映画なのか気になりますから
喜んで入りました。

 

たった1人の私のためだけに

上映してくれました。

 



上映時間はどのぐらいですか?

2時間です。



w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!
そんなに見てたら、5時すぎちゃいますよ。



触りだけ見ることにしました。



大正時代にタイムスリップ。。。



なんかいい時代だったんですね~スマイル

 

 







最終更新日  2008.05.24 09:08:53
コメント(22) | コメントを書く
2008.05.23
カテゴリ:登山

BANDOロケ村、 「バルトの楽園(がくえん)」 へ

ここは
第一次世界大戦の大正7年~9年
徳島の坂東
というところに
収容所があり


そこで捕虜となったドイツ人と
地元に人達の交流があった~歓喜の郷~
です。



なんじゃ~それ?ショック



はいはい、
その疑問よく分かりますよ。大笑い




エェー、コホンッ!(;-o-)o"


その昔
中国・青島(チンタオ)で、ドイツ兵と戦い
ドイツ軍捕虜は日本各地に設けられた

14箇所の捕虜収容所
に入れられました。


阿波の坂東もその1つです。


比較的自由な取り扱いを受けた
徳島県の板東俘虜収容所では

地元住民との交流があり、
ドイツパン、ドイツ菓子、楽器演奏、

鉄棒体操等が広められたそうです。


そして
ベートーベン作曲「交響曲第九番 歓喜の歌」が、
日本で初めて演奏されたという真実の物語を
壮大なスケールで描く

感動巨編・映画「バルトの楽園(がくえん)」の
ロケに使われたオープンセットなのです。

 

 

 


分かったかな?大笑い



って、これネットとかパンフレットの
受売りですけど・・・(*^.^*)エヘッ

 

 


さて、入場券を買って入ってみましょう。

 




ここは地元民が住んでた場所のようですね。


着物を干してます。


これが大正時代なんでしょうね。



郵便局の前にはこんな自転車が



すごくガッチリとした、重たそうな自転車ですね。

 


そしてここからが、収容所


上の部分が切れてます。

ちょっと、ショック( ̄□||||!!

 

写真がたくさんあるので、

またまた続きます............

 

 







最終更新日  2008.05.23 10:21:13
コメント(18) | コメントを書く
2008.05.22
カテゴリ:登山

いざ、出発進行~♪歩く人


今日は、母を車で待たせてるわけでもなく
ゆっくり登ってみようと
神社から登山口に向かう。


途中で散歩中のご婦人に
「どのぐらいで行けますか?」
と尋ねると


「エートォ (・o・) エートォ
どのぐらいだろう。。。初めてですか?」

と、反対に聞かれちゃって

「はい」と返事をすると

「階段が多くて大変ですよ~」

「頑張ります(o^∇^o)ノ」と別れました。




四国のみちの案内板

これをみると、確かに階段の道になってる。



できたら、頂上まで行って
卯辰峠も回ってみたいなぁ~



最初は、足取りも軽やかV(○⌒∇⌒○)
しかしこの階段、
疲れる・・・


坂道の方が、よっぽどマシ!
(。 ̄x ̄。)


休憩もせずなんとかここまで登ってきた

残り、1/4!!


汗が頭からポトポト落ちてくる。


山つつじも満開だけど


シャッターを押す手も、なんだか疲れてるわ~




階段に疲れた・・・( ̄‥ ̄) = =3



遠回りだけど、こっちの坂道に進路変更。



やっぱ、歩きやすいです。
落ち葉を踏みしめながら、誰もいない小道を進むと



真名井の水に到着。
ここでリュックを下ろし
手を洗い、観音扉を開いて


σ◇(・_・;)ゴクゴク



あま~い♪ぺろり


ペットボトルの水と入れ替えました。



さてと、あと少し!!気合を入れて行くとしますかっ!


ちょっと、急な坂道だけど
上っていくと、階段道と合流。


どうしても、この道なんね。
…( ̄。 ̄;)ブツブツ



表参道と裏参道の分岐点で
またもや遠回りだけど、裏参道へ。



木々が揺れる、さわやかな風台風が吹いてきて
一瞬で汗が乾くような心地よさ。


もう頂上かな?

やっぱ、そうだ。


538mって書いてあるだけの頂上。

神社らしき建物の横にベンチがあったので
ここで昼食タイム。



えーと、
時間は12:35です。



今日のおにぎりは
豆ご飯に昆布の佃煮入り。


帽子をみると、つばの半分ぐらいまで
汗で濡れていました。



ここは、木に囲まれていて
展望は丸っきりよくないけど
風と空気は、抜群でした~


さて、帰りは
予定通り峠を越えてみよう。

本を見るとこの峠からの景色はいいらしい。


15分ほど休んで
頂上の裏から、回って行くことにします。


ところがこの道
半端じゃない!!!怒ってる



昨日の雨で落ち葉が濡れている。
しかも落ち葉で埋め尽くされていて
誰も通っていない雰囲気が・・・


下り坂............


20mぐらい降りたところで
15cmぐらいの段差に足がすくんできました


なんとか降りたものの
その先の道をみると
ものすごい傾斜のヘアピンカーブの道。




こわいよぉ~~~~
(((p(>◇<)q)))


 



こんなところで、滑り落ちたら
元もこうもありません。


景色は断念して
頂上に引き返し、階段道を帰ることに。


自信がない道はムリをしない!




後で思ったけど、
峠から頂上を目指す方がいいみたい。


今度は
そっちのコースで再チャレンジですね。
自信があったらの話だけど(^o^)ゞ


山の中腹での見晴らし



帰りは1時間かかったかな。


下界は暑いなぁ~~



まだ、時間があるので

バルトの楽園へ寄ってみることに♪





明日へ続く・・・・・・・・

 

 







最終更新日  2008.05.22 08:34:02
コメント(16) | コメントを書く
2008.05.21
カテゴリ:登山

図書館で借りた「徳島の山」


家から近いところで、初心者向きの山を探すと
鳴門市に大麻山が載っていました。


(□。□-) フムフム
大麻比古神社に無料駐車場があって
そこから登山口まで近いみたい。
(○゜▽゜○)/


1番札所のすぐ近くだから30分もあれば
車で行けそう。



またも、おにぎりを作って
...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪


今回は、重いけど
一眼レフカメラを持って行ったよ。



大麻比古神社の駐車場に無事到着。



せっかく来たのだから
お参りもしていかなきゃね。v(*'-^*)b♪



この橋を渡って、神社へ


ご神木

樹齢1,000年?立派です。

境内にあるメガネ橋とドイツ橋




どちらも捕虜になったドイツ兵が
作った橋だそうです。





さて、11時になったので
登山口に向かうスニーカーことにします。



今回の山は
体力度:1
危険度:1
歩行時間:3時間
歩行距離:9キロ

 



楽勝??ウィンク

 

 

 

とんでもなかったです。(キ▼д▼;)

 

 

 







最終更新日  2008.05.21 01:18:02
コメント(16) | コメントを書く
2008.05.13
カテゴリ:登山

剣山に登ってみて、山富士山スニーカーに行きたい病が
沸々と・・・

で、本で調べると
なんと、わが町から隣町までのコースが載っている。



よし!これだ。

 


でも
体力度:3
危険度:1
歩行距離:18.5km
歩行時間:6時間


標高は212.3mと低いけれど
距離が長い。


JR駅でいうと4駅分あります。
( ̄~ ̄;) ウーン


でも、きっと大丈夫だな。( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪

 



とりあえず、登山口を探しに
自転車で出かけようとすると
母が、私も行くとついて来ました。


きっとここだよ。
と、私が指差した道を見て



こんなところを1人で歩くのはやめなさい!!
絶対、(;`O´)oダメーーー!!

 

きっと、言うと思った号泣


だから、来てほしくなかったのに・・・
o><)oモォォォォ~ッ!!

 


道はあるけれど、あまり人は入らないような気もする。
でも、山道だからこんなもの上向き矢印


とは、思うのだけど。



あまりにも激しい母の反対に
抵抗する気持ちにもならず
下見を終えて帰ってきました。

 


そんなに心配なら
一緒に登ればいいものを
出来ないくせに、口キスマークだけは出す。
( ̄Σ ̄;)ブー

 

 


今回は、大人しくしてわからん
違う峠に行くけど

 

 

 



しかし
そんなに簡単には
引き下がりませんよぉ~


ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ







最終更新日  2008.05.13 08:45:37
コメント(14) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.