1052510 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

宮城県防災・危機管理ブログ

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

宮城県職員のブログ 宮城県職員ブログ担当さん

ニューストピックス

このブログを普段からご覧いただき、災害時の情報を得る手段の1つにしてください。
防災コラム 防災・危機管理ミニ知識 災害支援目録
2019年03月08日
XML

県で発行した「東日本大震災~宮城県の発災後1年間の災害対応の記録とその検証~」で取りまとめた教訓のうち,伝承に係る教訓を一つ紹介したいと思います。

 

【教訓】
「災害に関する知恵や経験、教訓を様々な形で記録に残し、正しく国内外に向け後世へと伝承していくことが必要である。」

 

東日本大震災では,過去の記録や教訓が伝承されていたことにより命を守ることができた例がある一方で,教訓の持つ意味が正しく伝承されず,忘却され,命を守ることができなかった例がありました。

 

災害に関する知恵や経験は,様々な形で残すとともに,「正しく」後世へと伝承していくことが必要です。教訓は,正しく伝えられ防災対策に活かされて,初めて意味を持つものと言えます。

東日本大震災から,まもなく8年目を迎えます。震災が発生した3月11日(みやぎ鎮魂の日)に,ご家族,友人,職場の皆様と,震災での経験を振り返り,考える機会としては如何でしょうか。

 

○「東日本大震災 宮城の記録」(危機対策課ホームページ)

  







最終更新日  2019年03月08日 08時30分06秒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.