1580452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

書評日記  パペッティア通信

PR

Calendar

Category

Favorite Blog

「弥生時代人物造形… New! KUMA0504さん

マカエンセ文学への… New! 現代インドネシアさん

佐倉のハチロク New! GKenさん

いぬやしき作者、ち… New! SGIのORZさん

白菜とトマトの肉団… ひめようこさん

─ 灼熱 ─ HEAT1836さん
余多歩き くれどさん
tabaccosen breton005さん
ミョウの魅 stadanさん
ぶらぶらブラジル日記 Gaobrazilさん

Comments

山本22@ ブランド時計コピー 最高等級時計 世界の一流ブランド品N級の…
山本11@ 最高等級時計 店舗URL: <small> <a href="http://www.c…
よしはー@ Re:★ 小島毅 『近代日本の陽明学』 講談社選書メチエ (新刊)(09/26) 作者の独善性、非客観性をバッサリ切り捨…
高校生でした@ Re:一番大切なものは?(11/30) Joeさん >左翼は幼稚。 >それ以外に云う…

Recent Posts

Archives

Nov , 2017
Oct , 2017
Sep , 2017
Aug , 2017
Jul , 2017
Jun , 2017
May , 2017
Apr , 2017
Mar , 2017
Feb , 2017

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Sep 11, 2005
XML
カテゴリ:政治


今回の総選挙は、いずれにせよ、歴史的な選挙になるでしょう。
それは、左右社会党合同・保守合同によって始まった、「55年体制」の完全な終焉をつげるものです。もはや、自民党は名前こそ同じであれ、以前と中身はまるで違うものになってしまった。


自民党。
日本の政治の「すべて」であったモンスター。
あまりにも隔絶した、偉大そのものであった巨大政党。
世界憲政史上の、ある種の「奇跡」


これを読んでいるみなさんより、私の方が政治関心歴が短かいかもしれない。それなら申し訳ないので謝りたい。恐縮ながら、私の政治にまつわる記憶は、「鈴木善幸首相、岩手にお国入り」を報じた『サンデー毎日』の記事からはじまっている。岩手でソバをすする首相の顔。池田・大平両首相の元で秘書官をつとめた伊藤昌哉は、その著書『自民党戦国史』の中で、こう書いていたことを覚えている。「故郷に錦をかざる気になった以上、池田首相の例をみても、首相は必ず退陣するだろう」


たしかに、その後、鈴木後継をめぐって、自民党のすさまじい党内抗争がおきて、中曽根にバトンタッチすることになる。二階堂擁立劇、創政会、自民党分裂…この報道を皮切りにして、今まで新聞朝刊政治面を読まない日は、ほとんどなかった。


意外におもわれるかもしれないが、わたしは自民党が好きです。
キラ星のような人材に、目を奪われるほどでした。
それでいながら、批判を受け止める度量の深さ。
傲慢と紙一重の執権党としての矜持の高さ。


自民党には、すべてがあった。

超エリート官僚から、企業経営者、泥臭い党人派までいた。高潔をうたわれた賢人(自民党三賢人)もいれば、策士縦横・政略家までいる。戦犯宰相岸信介から、協同主義の三木武夫、宇都宮徳馬まで。恐ろしいまでの幅広さ。自民党は、「資本主義体制を擁護する人たち」以上の集まりではなかった。前述の鈴木善幸首相が、社会党出身者であったことは、皆様もご存じでしょう。とりわけ私が好きだったのが、松野鶴平、川島正次郎、大野伴睦、保利茂、金丸信、野中広務たちです。自民党の派閥領袖は、「金脈」が必須でした。それを欠きがちだったのに、その絶大な政治的嗅覚で、影響力を振るった、政治家たち。そのあまりにも人間くさい群像に惚れました。


自民党政治は、だから面白かった。
そして、深かった。


緒方竹虎といい、安倍晋太郎といい、朝日新聞の記者ですら自民党で出馬したのだ。社会党政権なんて、誰も本気で考えたことなかったに違いない。わたしも、大きくなったら自民党に一票を入れるんだろうな、と半ば覚悟していた。野党を足しあわせたって、自民党に太刀打ちできるはずがなかった。


そんな、自民党がおかしくなったのは、86年衆参ダブル選挙で大勝した頃からだった。矜持は、驕慢にかわった。リクルート、佐川急便と連続する汚職劇。「おたかさん」のマドンナブームの直撃以降、矜持は妙な傲慢さをおび、焦りは「偏狭さ」「他党への誹謗まがいの攻撃」へとかわってゆく。自民党から、その懐の深さが失われはじめたのだ。90年総選挙で、海部・小沢コンビが打ち出した、「体制の選択」キャンペーン。その「大人げなさ」には、興ざめさせられた。自分が支持する内閣が支持率1割を切るというのを、2回も経験させられたのもこの頃だった。その後、若手改革派をなのる得体のしれない連中による、「政治改革」の狂騒劇は、忘れられない。


かくて私は、いつしか自民党支持者の列から離れることになった。
自民党がいつの日にか、懐の深い、それでいて汚職の少ない政党に生まれかわる日が来ることを信じて。それは、いっときの別れのはずだった。


あれから何年がたったのだろう。
今まで私は、一回も、自民党に投票したことがない。「共産党を50議席与えれば、日本の保守勢力は目覚めるはず」と共産党に一票いれたこともあったし、政権交替を期待して新進党に入れたこともあった。それなのに、地方議会レベルですら、私は自民党に入れたことはない。自民党はすっかり変わってしまった。私が愛した自民党は、どこにいってしまったのか。


まず、総理大臣クラスの人材がまったくいない。

安倍晋三?バカも休み休みいえ。
その程度の人間なら、かつての自民党には、腐るほどゴロゴロいた。あまりにもゴロゴロしているので、総理大臣になれなかった、薄幸の有力政治家は、20指でさえあまるくらいだ。緒方竹虎、石井光二郎からはじまって、藤山愛一郎、河野一郎、大野伴睦、前尾繁三郎、椎名悦三郎、山下元利、江崎真澄、後藤田正晴、伊東正義、中川一郎、安倍晋太郎…あまりにもバカバカしいので、この辺でやめておきたい。高村?加藤?。彼らはもはや総理大臣になれはしまい。福田首相の息子?どうみても中継ぎでしかなく、本格政権にはなれそうにない。はっきりいって、今では民主党の方が、厚みははるかに上である。


そして、成り上がり者が、誰もいない。
ギラギラした権力欲、上昇欲をたぎらせて、一代で上り詰めた政治家が、自民党から姿を消してしまった。田中角栄をはじめとして、山中貞則、中川一郎、村上正邦、野中広務…アクの強すぎる、なりあがりたち。もはや、「自民党は自分党だ」といわれたほど、強烈な個性をもった政治家は、どこにもいない。野中広務の引退。亀井静香の離党。執行部、何する者ぞ。気概をもった政治家は、どこにもいない。


現在、自民党にいるのは、小泉たち執行部に飼い慣らされた、ペットのような政治家だけ。そんな、情けない政治家の姿をみたいがために、俺は自民党支持を止めた訳ではないのに。


今回、「公募」という名のパックにつつまれ、小泉劇場に上演された「刺客」候補たち。「自民党はかわった。改革政党になった」というプロパガンダによって、世論調査では、自民党は好調のようだ。心よりいえる。おめでとう。


かれらは自民党をなのっている。しかし、こんな自民党を自民党支持者は、求めていたのだろうか。少なくとも、自民党支持者が理想とする自民党は、こんな姿だったのだろうか。私にはとてもそうはおもえない。人材も、人材供給も、度量の広さも、懐の深さも、何もかも小泉によって、徹底的に壊されてしまった。それなのに、汚職だけは以前とかわらない。金太郎飴のような「消毒済み」「滅菌」された2世・3世・公募議員たちと、老い先短い、地方政界出身の名誉職議員に占領されてしまった自民党。なにか、悪い夢でも見ているかのようだ。夢なら醒めてほしい。


いっときの別れは、もはや永遠の別れに終わりそうな気配である。
わたしの好きだった自民党は、どこにもいない。おそらく、自民党に一度も投票する機会が与えられないまま、私は生涯をおえるのだろう。今でも敬意をはらっているにもかかわらず… それはいい。


ただ、中国共産党のように、政権交替を恐れ、権力によってメディアを支配し、政権基盤の養成に奔走して、政権の永続を願う政党は、その辺の並の政党にすぎない。「ぶっ壊した」挙げ句が、中国共産党のような政党への脱皮、「美しい日本の自民党」の終焉にすぎないことが、私にはとても悲しい。

これからはじまる開票速報。
日本にとって幸あらんことを。

 ←このブログを応援してくれる方は、クリックして頂ければ幸いです 






Last updated  Sep 26, 2005 04:33:36 PM
コメント(14) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.