1776939 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

書評日記  パペッティア通信

PR

Calendar

Category

Favorite Blog

「春と修羅」再読 New! KUMA0504さん

復刻塗装の近鉄の電車 GKenさん

─ 灼熱 ─ HEAT1836さん
余多歩き くれどさん
tabaccosen breton005さん
ミョウの魅 stadanさん
ぶらぶらブラジル日記 Gaobrazilさん
沖縄でよんなよんな sinarsinarさん
りゅうちゃんミスト… りゅうちゃんミストラルさん

Comments

山本22@ ブランド時計コピー 最高等級時計 世界の一流ブランド品N級の…
山本11@ 最高等級時計 店舗URL: <small> <a href="http://www.c…
よしはー@ Re:★ 小島毅 『近代日本の陽明学』 講談社選書メチエ (新刊)(09/26) 作者の独善性、非客観性をバッサリ切り捨…
高校生でした@ Re:一番大切なものは?(11/30) Joeさん >左翼は幼稚。 >それ以外に云う…

Recent Posts

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Sep 21, 2005
XML


統一戦線、人民戦線…
左翼を結集して、小泉政権にも民主党にもかわる、第三勢力を。
最近、こうした声が目立ちます。

もともと、社・共両党の主張は、「護憲」「平和」「再分配」と極めて似ている。となると、誰ともなしに、統一戦線だの、人民戦線だの、いいはじめるようです。「違いは棚上げ」にして、たがいに「主張が同じ」部分について、手を組んで戦えばいいじゃないか。それは、社民・共産には止まりません。ヘタすれば、その「共闘を結べ!!」とされる対象範囲は、民主党の旧・社会党系の護憲派から、共産党の左、つまり極左まで、含まれてしまうことが多いようです。社民党と共産党のちがいを知らない、脳天気な右の人たちが言うのなら、まだいい。微笑ましい誤解について、笑って許せます。ところが、ちがいを知っているはずの古参の左翼まで、主張するものもいるのです。ほとんど確信犯であろう。許し難い。

てか、どうして提携しようとする「相手側」の都合というものを
この人たち、誰も考えようとしないのだろうか。

だいたいだね。
そもそも統一戦線、人民戦線なんてのは、「小さい左」が「大きな右」をのっとるための運動論でしょうが。「小さな左」は、「主張が同じ」をテコに、さんざん「大きな右」をふりまわして、その基盤を浸食してきた。提携した右は、いつも小さな左に引っかき回されてバカをみた。最終的には、いつも「喧嘩別れ」して右が出て行くことによって、その試みは終わった。


1937年、国共合作で、抗日民族<統一戦線>は、どうなったか。
1945年、「労働戦線の統一」で出発した日本社会党は、どうなったか。
1960年代、社会・共産両党の<社共共闘>は、どうなったか。

共産党と同調して戦争したら、戦後、台湾に追い出されてしまった国民党。

「労働戦線統一の夢を壊すな!」
そのため嫌々、戦前の最左派、鈴木茂三郎などの労農党系を受け入れた、日本社会党。そうしたら社会党は、議会制民主主義を前提としない、彼ら左派にのっとられた。最右派だった社会民衆党系は、1959年、「西尾統制問題」で党外にたたき出されてしまう。彼らは民主社会党、民社党を経由して、民主党に合流にしている。今をときめく西村真吾代議士と、その父、西村英一は、そんな代表的な人物です。

因果はまわる。

「革新自治体」を創り出した社共共闘。山村工作隊がたたって見る影もなかった共産党は、60年代を通して、それまで社会党の支持基盤だった低所得者層の組織化に成功する。低迷する社会党に、躍進する共産党。1970年代、全野党共闘路線は、共産党の躍進のみを生んでしまい、共産党への不満感から崩壊してしまう。社会党は、公明党との提携に舵をきって、社公民路線がはじまる。

事情を良く知らない、右の論者が脳天気に言うのならいい。
事情を良く知っているはずの、左の論者まで言う始末。
むしろこの人たちこそ、始末におえない。

いったい、提携相手のあなたより「右」の方々は誰なのでしょう。
社民?
民主の左?

提携してほしいはずの「相手」は、全員、「統一戦線」「人民戦線」によって、痛い目にあった人たちばかりじゃないの。どの面さげて、こんな「小さな左」にとってのみ都合のよい運動論に、「目を向けよ」なんて言えるんでしょうか。かつての甘い汁が忘れられない。党勢拡大のため、またしても「大きな右」をのっとろうとして、「統一戦線」という甘い言葉をかけているつもりなんでしょうか?

だいたい、よく考えてみればいいのですよ。
「大きな右」は、「小さな左」には、もともとあまり注意を払いません。むしろ「大きな右」は、「より大きな右」との提携に、傾きがちになりやすい。社民の支持者は、民主党の動向に目が向くしエールをおくる。極左は、議会では共産党の活躍にエールを贈るでしょう。しかし民主の支持者は、社民にエールを贈ることはないし、共産党は極左を毛嫌いしています。つねに呼びかけるのは、「小さな左」が「大きな右」に対してのみ。それでやってきたことは、ほとんど「引っかき回し」ばかりとくれば、一体、だれが統一戦線だの人民戦線だのに振り向いてくれるんでしょうか。

おまけに、この「小さな左」は、無茶苦茶タチが悪い
「統一戦線・人民戦線」を組まないと、今度は別のアプローチで誹謗中傷が用意されている。自分たちの「統一戦線論」に従わない相手には、「社会ファシズム」論を源流とする悪罵が投げつけられるのです。

「社会ファシズム」論というのは、いったい何かご存じでしょうか?
「統一戦線」論は、トロツキーに由来するものらしいですが、
「社会ファシズム論」は、スターリンが使ったレトリックなのです。

ぶっちゃけ分かりやすくいえば、
あの2つは対立しているように見えるけど、実は同じ
というものです。ワイマール共和国では、ドイツ共産党はナチスと提携しながらドイツ社民党を攻撃して、ワイマール共和国崩壊に一役買う。なぜなら、社会主義者たちはナチスと対立しているようにみえるけど、実は同じだから(社会ファシズム)。日本では、さまざまなバリエーションに変奏されていて、数えきれないくらいです。一昔前、革命的な労働運動を思考する人は、「民社党は、自民党と同じ」とやっていた。過激派は、「共産党は自民党と同じ」とやって、「代々木打倒!!」をとなえた。今回の総選挙でも日本共産党は、「社民党は民主党と同じ」「民主党は自民党と同じ」とやって、相手を叩きまくったのです。

融通無碍に「統一戦線論」と「社会ファシズム論」を使い分け、やりたい放題。悪罵を投げつけながら、手をむすべとせまるのです。いや、手をむすばせるために悪罵? どっちでもいいですけど、どうして昨日までの罵倒対象と手を結べるんですか? まさか相手が非を認めた、とプロパガンダする訳ではありますまい?

まともな感性をもつ人間なら、こんな奴らへの答えは決まっています。
「小さな左」とは関わりあいをもたないようにすること、これでしょう。それ以外に、どんな対応策がありますか。

提起するのならかつての自分たちの運動ついて、
そして、自分たちの原理・主義を振りかざして、引っかき回したことなどについて、反省されるべきだと思うのですがいかがでしょう。

すくなくとも、それが「誠実」というものではないでしょうか。
そして、その誠実さこそ、迂遠ではありますが、目的達成のために必要なことなのではありませんか?

あ。そんなもの運動には邪魔になる、ですか。
それは失礼致しましたね。

 ←このブログを応援してくれる方は、クリックして頂ければ幸いです 






Last updated  Sep 26, 2005 04:32:46 PM
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.